« 小麦が駄目なら米 | トップページ | Wiiのある生活 »

2008年3月10日 (月)

口説き下手

先日、知人の紹介で人に会うことに。「仕事の相談」ということだったので、会ってみたんだけど、何かとりとめもない(とオイラは感じた)話を2時間された挙句に「しげおさんはどこに興味がありますか?」ときたものである。いや、どこって、なんで上から目線なのよ。「こういうのに興味ありませんか?」とかそういうアプローチはないの?

具体的な内容は差し控えるけど、ある程度公共性の高い組織のWebページのリニューアルの話から始まって、内部の管理体制が紙ベースで非効率なので改善したいとか、パッケージ化して全国の似たような組織に持ち込みたいとか、実は前職でこんなことしてまして、とか1つずつの話は分かるんだけど、関連性が分からないし、正直荒唐無稽な気もするし。2時間たって「この人何をしに来たんだ?」といった感じ。ちょっと露骨に時計を見たりして帰ってもらった。

後から来たメールを読むと、予算もさほどないので、興味を持てたら「協業」してくれないか?ということのようだ。協業とは聞こえはいいけど、一部か全部かわからんけど手弁当でやってくれということらしい。
手弁当でやるって言うからには、最初から慈善事業なのか、将来的に収入か何かが見込めるから一緒に頑張りましょうなのか、どっちかだと思うんだけど、そういった説明は一切なし。「しげおさんのやりやすい方法をお知らせください」だと。いつの間に参画することになってるんだ?一応、やんわりと断りのメールを入れておいたのだけど、KYっぽいので通じるかどうかが怪しいなぁ。知人の先輩とかいうからバッサリってのもやりにくいし。

「オレ流」とか「人のコトを気にするのは馬鹿っぽい」とか言うのは勝手なんだけど、Man-Man interface が必要な時には相手を考えて話さなきゃ、いい話でも頭のいい人でも時間の無駄。相手がどういう知識を持っていることを前提として説明するのか、相手にどう伝えたいのか、相手がどう感じるだろうか、そういったことを常に考えながらプレゼンしないと伝わらないし、ましてや説得も出来ない。

オイラも安いFeeでプロジェクトに入ったことあるし、むしろ面白そうなら出資したことだって有るわけだし、金もらえる案件じゃないとやらないわけじゃないのよ。
そういえば、ネットバブル絶頂のころにこういう訳の分からん手合いがやたらと来たなぁ。当時はオイラのいた会社も名前があったし、やたら自信家の脱サラ親父とか、意味不明な事業計画書を広げて「今なら参加させてやるぞ」みたいな若造とかが来て相手させられたもんだ。ああいうのと同じなのかなぁ。

何せくそ忙しいのに waste of time.

|

« 小麦が駄目なら米 | トップページ | Wiiのある生活 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749764

この記事へのトラックバック一覧です: 口説き下手:

« 小麦が駄目なら米 | トップページ | Wiiのある生活 »