« THE DOCUMENT COMPANY | トップページ | H2S »

2008年4月28日 (月)

Life's work

「背中を押してもらった感じ」=紫綬褒章の桃井かおりさん

「90歳ぐらいまでやりたい。死んでも死体の役があるからね」。ちょっぴり暴走気味に、生涯女優を誓った。

正直女優としての仕事ぶりはあまり見たことがないのだけど(映画それほど見ないし)、たまにテレビに出たり紙媒体でインタビュー受けたりしてるのを見るのが好きな人である。独特の言い回しと存在感が楽しい。57歳なのな。

Early retirement とか夢見る一方で、諸葛亮とか竹中半兵衛とかGaudi とか手塚治虫とかみたいに「まだやり残したことが…」という人生の終え方をしたいような、つーかそれぐらいの仕事とか主君(企業)に出会いたいような気も。
今はどっちかというとマターリしちゃってるんだよな。望むのなら作るにしろ探すにしろ自分から動き出さねばならんのだが。

|

« THE DOCUMENT COMPANY | トップページ | H2S »

戯言」カテゴリの記事

コメント

> 「やりきった」って生きてるうちに思える

そうね。生きてるというか、元気も時間もある時にそう思うのは寂しいな。

でも、死ぬ直前には「我無念也…」よりは「やれる事はやったかな...」と思いたいなぁ。

例えは悪いかもしれないけど、信長も天下布武はならなかったかもしれないけど、人生全うしたというか、生きてる時間やれる事やったんじゃないか本能寺で最期を迎えながら思えたんじゃないか…とかね。
逆に、秀吉が、金も権威も時間もあって手持無沙汰だった系かな。

投稿: shun | 2008年4月30日 (水) 17:45

何か、お金と時間があって手持ち無沙汰な人が結構いる気がするのな。そう考えると「やりきった」って生きてるうちに思えるのは不幸なのかもと思ったり。(ちょっと逆説的)

投稿: しげお | 2008年4月30日 (水) 08:47

>まだやり残したこと
少なくとも、遺書の変更が終わってねぇ…とか、家族に見られたくない本を処分しないと... 部屋の掃除が...とかは悲しいよね(笑

という冗談は置いておいて、僕も死ぬ前に「やるだけの事はやった&生きてて楽しかった!」と思って最期を迎えたいと思ってたけど、「まだやり残したことが...」と熱く思えるだけの事に出会いたいというのも確かにありだなと思った。 とマジれす。

投稿: shun | 2008年4月28日 (月) 13:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749800

この記事へのトラックバック一覧です: Life's work:

« THE DOCUMENT COMPANY | トップページ | H2S »