« 左手小指 | トップページ | Processing.js »

2008年5月13日 (火)

右手人差し指

ふと思い立って某銀行のカードを生体認証付きに変更したのですよ。窓口に行って書類書いて、1週間ぐらいしたら家にカードが届く。
で、今度はこれを持って再度窓口へ。なんか面倒なんだが住所確認のためのこれ以上の手順はないのかね?そのくせ本人確認は免許証で済んだりするんだけど。

ま、それはそれでいいのだ。決まりなら仕方あるまい。窓口に行くとちょっと可愛い(飽くまで"ちょっと"だ)おねーちゃんが応対してくれた。正対した瞬間に左手薬指のいかにも安そうなリングと、それに反して右手薬指にカルティエのラブリングをスキャン。いつから習性になってしまったんだ、スキャン。
で、言われるがままに書類を再度書いたら(最初の申請時に書いた情報がほとんどなんだけど)
「どの指になさいますか?」
と。

「えっと、どの指って…」

Web サービスの利用に慣れていない人に突然「ログインID決めろ」とか言っても混乱するだけで、そこで利用をやめてしまう人がいる、とかいうのを昔聞いたことがあるのだけど、なるほどこういう状態か。
「どの指でも登録できるけどどれにしますか?」と聞かれて、生体認証マニアでもないオイラはスタンしてしまった。とりあえず「シェフのお薦めは?」と聞くと、右手の中指と人差し指だという。特に中指は静脈だかなんだかが採りやすいんだそうだ。

「じゃあ、それで」

と、なんだか自分でメニューを選べない「ダメな男」な劣等感を感じつつ登録作業へ。

スキャナに指を乗せること3度、最後にチェックを1度これで完了。中指が終わって人差し指を乗せたのだけどセンサが反応せず。

for (int i=0; i<10; i++) 「あれ?おかしいですねぇ。もう一度いいですか?」

なんか不憫になってきたので「別の指でもいいか?」と聞くと救われたように「そうですね。じゃあどれにしますか?」と。で、2本登録する理由を聞くと「怪我をしたとき用」と。だったら別の手の方がいいんじゃないの、常考?と思いつつ左手中指を登録して無事完了。(ATMの右側にセンサがあるので一応右手を勧めてるらしい)

しかし、両中指のすんなり登録出来具合に比べて、1度もひっかからない右手人差し指はなんだったのかと。センサには透けて見えるのかしら。
何か、1日に3回自動ドアが開かなかった知人のことを思い出した。と、あんパンを買ったら餡が入ってなかった大学時代の友人を思い出した。と、Chinese restaurant で fortune cookie を割ったら何も入ってなかった人のことを思い出した。

人間の脳みその連想する力ってすげーな(何の話?

|

« 左手小指 | トップページ | Processing.js »

寝言」カテゴリの記事

コメント

とうとう生体情報を外部に預けてしまったのね。
一旦情報漏洩すると、移植手術が必要になるぜcoldsweats02

投稿: shun | 2008年5月13日 (火) 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749808

この記事へのトラックバック一覧です: 右手人差し指:

« 左手小指 | トップページ | Processing.js »