« 競争社会 | トップページ | Running Shoes »

2008年6月12日 (木)

牛すじを煮てみた

前から興味あったのよ、牛すじ。でも、見かけることがなくて。

暇してた週末、日曜に近所のスーパーに行ったらあった。そもそも魚以外の肉を調理することが少ないので肉売り場を見ないのだけど、その上の棚にあった。興味だけでカゴに入れる。
帰宅してからネットで調理方法を探すけど色々書いてあって面倒っぽくてなんだかなー、という感じ。少なくとも分かったのはショウガとネギが必要だということ。両方ねぇや。ショウガはすり下ろして冷凍してしまってるしな。消費期限だかが火曜までというのでとりあえず日曜は却下。

月曜日にネギとショウガを用意して21時から調理開始。結局調理方法はいろんなサイトを参考に自己流で(面倒くさいだけという噂も)。今回用意したのは300gだったと思う。100g 100円ぐらいかな。もちょっとしたけな?安いけど国産って書いてある。何かボテっとしてて正直キモい

とりあえず水で煮てみた。激しくアクが出る。うわー、ひでーなーと思ってたらこれ以上は出なかった。画質は台所の照明で携帯で撮ってるので勘弁。

ザルに受けてみる。煮たら固くなったっぽい。こんなの食えるのか?っていうぐらい固い。

もう一度煮て湯を捨てて、デカイ固まりを包丁で切り分ける。もうなんか、ゴリゴリって感じなのよ。これが柔らかくなるのかしら??
次にシャトルシェフに入れて水で沸騰させる。5分ほど沸騰させて保温容器へ。こういう長時間グツグツものにはシャトルシェフは本当に便利。光熱費もかからないし。
30分ぐらい放置して開ける。便利と書いた直後に書くのもなんだが、シャトルシェフの欠点(?)は火にかけずに煮るので水分が飛ばないことである。なので事前に水の量は少なめにしておく必要があるのだけど、このときは忘れてたので、水を半分ぐらい捨てる。
で、料理酒用に置いてあった月桂冠を残り全部入れた。多分200ml ぐらい、後親の敵ほど醤油入れて、みりんいれて、薄切りのショウガをデカめの一かけ分、ネギの青い側半分、刻み唐辛子を入れて再度沸騰。

ここで今日はおしまい。その後再度保温容器へ入れて就寝。お休みなさい。
世の中的には iPhone 3G の発表がっ、とか言ってたそうだが、そんなの後から聞けばいいじゃん、と6時間ほど寝て起きて見るとこんな感じ。まだ容器は熱い。
なんかこの辺から煮る時間がよく分からなくなってきたのだけど、朝飯に牛すじってどうよ?と思ったので朝はスルー。ネギとすじだけで色気がないので、冷蔵庫にあった焼き豆腐を入れてみる。色味的にあんまかわんねーな…

再度5分間沸騰させて保温容器へ。シャワー浴びて出社。いってきます。
この日は色々とむかつくことがあったので、さっさと帰宅。18時過ぎに帰ってきたかな。雑に盛りつけてみる。残ったネギの白い部分を刻んで散らしてみる。

ああ、なんか最初はどうなることかと思ったゴリゴリのすじがプルプルですわよ。ってか煮すぎたかも。朝の段階で食べればちょうど良かったのかな。味付けはちょっとショウガが多すぎたのかなぁ、と思うけど、おかげでアッサリしていてそれはそれで良かった。適当に作った割には美味かったんじゃないかな。

結局300gを2日(晩飯)で食べて、最後は破片と汁をご飯にかけて牛丼風に食ってみた。

とりあえず食べられるものが作れることが分かったので、今度は味噌使ったのとかにチャレンジしてみようかと。後、反省点としては金曜に作り始めて週末食うべきだな。特に平日酒飲まないオイラは。

|

« 競争社会 | トップページ | Running Shoes »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749831

この記事へのトラックバック一覧です: 牛すじを煮てみた:

« 競争社会 | トップページ | Running Shoes »