« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

ハラジュク

上京して16年ほどになるのだけど、まともに原宿を散策ことがなかった。悪意が淀んでるから。
表参道に抜けるために歩いたり、新宿から明治通り沿いに散歩して通ったりはしたけど。

先日、クライアントご訪問が2つ続いたのだけど、最初のが30分ほど早く終わった。オフィスに戻ってもスクリーンセーバー解除したらまた出かけなきゃ行けないぐらいの中途半端な時間なので、客先手前の原宿を探検してみることに。無論、平日である。

ジム用=>ランニング用=>ジム用にコンバートしていた10年弱落ちのシューズの底がめくれてきたので新しいトレーニング用シューズを探していて。原宿なら何かあるだろうと思って降りたのですが。

すげー人。世の中は夏休みか?大学生には見えないような若者がイパーイ。高校生なのかなぁ。後、何故か異邦人が多い。原宿って観光地なの?日本を見るならもっとマシなとこが一杯あると思うんだけど…更にはラフォーレに横付けされたベントレーから出てくる高校生と思しき女子。運転席にはサングラスのオッサン。どう見てもエンコーです、本当にありがとうございました。一応、金持ちで平日も暇なお父様がいかれた格好の娘を送ってきたと理解する。

で、何かもう目がチカチカするんすよ。奴らのファッションセンスに。俺様のファッションセンスがダメなのかと思うぐらいの Away 感。とりあえず男に生まれたなら髪の毛は金髪。それを下手くそな店で切ってもらって毛先は絶対にそろわない感じにする。んでもって、よく分からない英語の書かれたTシャツの上にお好みで半袖のシャツを着て。下は引きちぎったようなショートのジーンズにサンダル。これが標準。
後、黒のノースリーブ着て革の籠手みたいなの着けた奴もいたな。DAIGO ってネタじゃないんだ、実在するんだと思った(リンク先はネタw)。

肝心のシューズ。まず駅の近くにPUMAを発見。これがまた、まともに運動する用のグッズがほぼ0でファッションアイテムのみなんですな。使えない。そのまま明治通り沿いにABC Martを見つけて入って見るも、ここも同じようなもの。そのくせスケボー用のシューズのコーナーがちゃんとあったり。なるほどマーケティングの「4つのP」を再認識。
唯一まともだったのは Adidas で、店員もちゃんとしていて、ジムやスタジオならフットサル用がいいですよ、と勧められたもののサイズが無く。結局後日六本木のAdidas でご購入。

いやー、もう本当にすごいところでしたよ、平日の原宿。休日の方が濃度がまだ薄まってる気がする。
そんなメガテン的な別世界の意味を込めてタイトルはカタカナで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

課税対象

都税事務所から郵便物が来まして。「まだこれ以上毟り取ろうというのかっ!」と思いつつ開けてみると「業務内容を書け」と。
詳しく書くのは面倒なんだけど「やればやっただけ貰う仕事」という形でやってる(やらないと何も貰えない業務体系)のよ。で、適当に「ITコンサルティング、システム構築等」とか書いて送ったところ数日後に電話がかかってきまして。「コンサルタントですか?エンジニアですか?」と。

大きな会社に属してる人はわかんないかもしれないけど、中小企業なんて情シスが独立してなかったりそもそもなかったり。あってもせいぜい社員のPCの設定したりメールアカウント作ったりぐらいってのがほとんど。
で、そういう会社で相談乗ったりすると、その延長でシステム作ることになったりメンテナンスすることになったりするので、対価のどんだけがコンサルティングか、なんて契約で決めてないのよ。

なんでそんなこと聞くの?と都税事務所のねーちゃんに聞いたら「エンジニア業務は非課税です」と。

な、なんだってーーーーーーーーーーー!!

主税局のページで事業税の法定業種を調べてみると、確かにSE/PGに相当する業務は課税対象に見あたらない。「装蹄師」までカバーしているのに。ということで、3年分遡って内訳を提出することになりました。ええ、銭が戻ってくるなら頑張って提出しますわよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

サバンナ

どうでもいいことを知ったので。

  1. cmd か何かシェル立ち上げる
  2. nslookup もしくはそれ互換起動
  3. set q=ns
  4. mazda.co.jp を調べる

mazda.co.jp     nameserver = rx7.mazda.co.jp

これわざとだよねぇ。情シスの担当者の思い入れか何かなのかしら?
もう5年以上前に無くなってるはずなんだけど…そこに想いを感じる。

でも、少しでも広告効果狙うなら、自社のネームサーバに製品名っていいかもね。Web Server のCNAMEとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

舎人ライナー

先日、西新井なる場所に用事がありまして。クライアントがいるんすよ。東武で行くのかと思えば、舎人ライナーが便利なんだそうな。便利っても、オフィスから1時間弱かかるんすけどね。

日暮里から舎人ってとこまでまーっすぐ走ってる電車なんだけど、走らせる候補地は色々ありそうなのに敢えてここをセレクトした理由がイマイチ分からない場所。で、西日暮里で降りて何となくな標識に従って歩くと駅があるので乗る。こういっちゃ失礼だけど案外人乗ってる。

で、これメチャクチャ揺れるんですよ。小学生の頃乗ったポートピア時代のポートライナーみたいな。いや、あれ以上かな。いくら無人運転っつっても30年経ってるんだから制御も進化してそうなもんだけど、もうバンバン制御。スピードアップ、あ、上がりすぎたからブレーキ、みたいなのを繰り返すのよ。アップダウンも激しいし。オイラの中では出雲の一畑電鉄に次ぐ乗り心地の悪さ。高架を走っているのにアップダウンがあるのは高速道路をまたいだりするためらしい。

何で思い出したかっていうと、先週の"月9"のモヤモヤさまぁ~ず2(スペシャル)見てたら、舎人ライナー沿線を歩いてて。80過ぎのお婆ちゃんが「舎人ライナーは揺れて怖い」と言ってたから。「怖い」の中には無人運転に対する不安も込みっぽかったけどね。

ちなみに行ったのは西新井大師西なる駅。目がチカチカするんだけど、この路線、妙に長くて土地勘の効かない駅名が多いのよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

近頃の魔法瓶

大体、月曜日の行きにコンビニで1リットルのお茶を買い、それをオフィスに置いて5日(時には4日)ぐらいで飲むというのをやっていたのだけど、こう暑いと冷たいのが飲みたいし、ということで色々探してみる。

すると、案外小さな魔法瓶発見。これに朝冷蔵庫から茶を入れて持って行けばいいんじゃないかということで即刻購入。昔は魔法瓶といえば、重いしデカイ割に量は入らないしというものだったのだけど、これは外径がペットボトルと同じで500ml入ると。
キャップ部分はこんなんでいいの?って感じの作りなんだけどちゃんとこぼれない。そのまま飲めるように飲み口がついてるし。

で、オフィスでお茶飲んだ後はジムに行って、これにスポーツドリンクを入れると快適。ちゃんとドリンクホルダーにも刺さる。

後は内容物のコストダウンということで、ネットで大量に買えないかと見たんだけど、お茶って案外安くないのね。冷やして飲むなら爽健美茶が一番だと思って探してみるも、イマイチ安いのが見つからない。
近所のスーパーで2l で180円台で売ってるので結局それを買うのが良さそうだ。清涼飲料水だと結構安い通販があるのに、コカコーラグループの卸に何かあるのか。それともお茶は流通に何かあるのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

メタボの設定温度

「設定温度を下げたい!」と思ったら、"メタボのサイン!?"

オイラのオフィスは個室になってるんですよ。エアコンも付いてるんだけど、この制御が隣のオフィスと共通で。何か知らんけど隣の住人は異様に設定温度を下げたがる。今日も出社してきたら24度。とりあえずギリギリ耐えられる26度まで上げて、オフィスでは長袖を羽織っているんですな。

家ではエアコンをつけるとしても28度。どっちかというと温度より除湿の方が体感的に効き目があるし、クーラーで温度下げると腹をこわしやすいのよね。夜寝るときは扇風機。
ガキの頃は30度だろうが32度だろうが扇風機しかなかったし。それでも皆寝て起きて働いてたのよ。

やっぱメタボって断熱材でエンジンくるんでるみたいなもんだから、体内で発生した熱を逃がしにくいんだろうなぁ。でも、断熱材の外から空冷で冷やすってのも実に非効率な気がする。かき氷を大量に食うとかすれば、逆に普通の人よりも断熱が効いてしばらくは外を歩いても涼しくいられるんじゃないだろうか?内蔵への影響は知らぬ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

醴泉

何かで見かけた「鶴梅」という酒のブランド。
夏になると何かしらさっぱりした酒が飲みたくなるもので、これまでも Fiji に行ってからはしばらく(冬もだけど)キューバリブレを作って飲んでいたり、知り合いから梅のリキュール(梅酒ではない)を貰っては氷入れて飲んでたりしてた。今年はどうするかと思っていたところに上述の「鶴梅」。

良い酒かどうかもよくわからないのだけど、気になって調べると、どうやら日本酒と梅酒を基本に造ってる和歌山のらしい。梅酒メインなのかな。いちいち送料払ってまで取り寄せるのも何なので、都内で売っているところを聞くと麻布十番にあると。
仕事が早く終わった日に夕涼みがてら歩いてはせがわ酒店へ。表参道ヒルズに日本酒の店を出してるところだけど、麻布十番に行くのは初めて。梅酒以外に、柚子、檸檬、夏蜜柑とあったので柚子を求める。四斗瓶で1500円。レジに持って行こうとすると冷蔵庫の中の1本が目につく。

「醴泉正宗」なる瓶。岐阜の蔵らしく飲んだことが無い。少々値が張るのだけど何かの縁とご購入。連休前だったので3日に分けてゆっくりと飲むかと。
関係ないけど閉店間際に店を出ようとしたら、すげーきれーなネーチャン2人が入ってきた。場所柄ギロッポン辺りへの出勤途中、お客さんのお祝いか何かと。

で、開けてみるとこれは久しぶりに良い酒かもしれぬ。さっぱりした所謂淡麗が好きな人には合わないけど、しっかりとした味があり、純米じゃないんじゃないかというぐらいに丸い味がする。これ良いよ。数の子と山葵漬を和えるなどさっぱりした肴がよろしい。もちろん冷やで。クーラーじゃなく扇風機で。

鶴梅の柚子は、簡単に言うとリモンチェッロですな。アルコール度数は低い(7%ぐらい)けど。味といい、少し喉に残る渋味といい、リモンチェッロそっくりです。これを炭酸で割ると酒とは分からないぐらい飲みやすいので結構危険。夏の終わりぐらいに夏蜜柑も求めてみようかと。

というわけで、三連休、ジムに行っては酒を飲み、TDFを見て寝るという生活を繰り返したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

ESET Smart Security

今まで自分のPCがウイルスに感染したことなんてないんすよ。いきなりプレビューするお馬鹿なメーラとか使わないし。なんだけど、一応常識みたいな感じで anti-virus ソフト入れるよね。ほんと、一応。今まで当たったこと無いけどとりあえず入れるよね。35年火事に遭ったことないけど火災保険入るみたいな。

で、「とりあえず」で「一応」な感じなので「普通に」Nortonさんを入れてたんですよね。近頃の人はハードディスクに聴診器当てるノートン先生知らないんだろな、どうでもいいけど。これがバージョンアップするたびに重くなる気がするし。

で、ライセンス切れを機会に ESET Smart Security の試用版を入れてみた。とりあえず1ヶ月使えるって言うし。「す、すげー軽い!」って感覚はないのだけど、前みたいにすげー重いなぁ、と思ってプロセス見たら LUCOMS.EXE がリソース食いまくり、ってことは無くなった。フルスキャンもしれーっとバックグラウンドで走ってるし。

試用版を入れたのはちょうど1ヶ月ぐらい前で、Firefox3 を入れたぐらいと被る。しばらくはFirefox が不正終了する度に ekrn.exe なる ESET のプロセスが暴走してて、「やっぱこれはダメかもしれんね」と思ってたんだけど、いつしかその症状も出なくなり。1ヶ月試用期間が過ぎたのでライセンス購入しました。

元上司のOさんには申し訳ないんだけど…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

Riccardo Riccò

TDFも中盤12ステージになって、やってきました恒例の Doping 祭り

Riccò fails doping test – Saunier Duval out of Tour

ここまで、Liquigas と Barloworld のアシスト1人ずつが陽性でレースを追われたものの、各チームは通常通りレースを続けてきたわけですが。最初の Beltrán の陽性のときから「疑われているのは10人ぐらいいて、中にはトップ選手が含まれている」という噂があって。
11ステージ終了時点で総合9位、山岳1位、新人賞1位で期待の若手イタリア人 Riccardo Riccò がテストで陽性に。今年のTDFでは第6,第9の2ステージで優勝していた。

第3世代EPOと言われる CERA なる薬物を使用していたらしく、従来のEPOより効果が長続き(=頻繁に摂取しなくて良い)で、その分子構造は尿検査で見つからないとされていたもの。EPO っていうのはエリスロポエチンなるホルモンで、赤血球の生成を促進する。これがあると体の酸素運搬効率がアップするので持久力がアップする。別に特殊な薬ではなく、普通の人間の体内で生成されるホルモン。
で、CERAは天下の Roche が開発した貧血の人向けの治療薬。

第1報が出たときは、検出できない薬の陽性反応ということで、「きっと現物がRiccò の部屋から見つかったに違いない」とされていたのだけど、WADA(World Anti-Doping Agency)と Roche が共同してドーピング検査の開発をしていたらしい。ということで、尿検査で発覚しないとされていたCERAの検出方法が確立したらしく、めでたく Riccò が第1号のようでございます。

将来を嘱望され、先輩方にも食ってかかるぐらいの気の強さを見せた24歳の追放に、Saunier Duval-Scott もレースを続けることを断念してチームごと撤退。CSC と並んで今回チーム力トップと言われたのに残念でございます。

これからイタリアアルプスに向かうのになぁ。ピレネーで強さを見せた Piepoli や Cobo まで割を食ってしまったのがかわいそう。

[追記]
なんてことを書いてたら、Piepoli も "because of a violation of the team's ethics code" とのことで Riccò と一緒にチームから解雇されたそうな。エース級2人を失って UCI プロチームとして存続できるのかしら?
Piepoli, Ricco sacked over doping

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

大盛堂

オイラが上京して間もない頃の渋谷。ちょうど、渋谷にチーマーや高校生が氾濫し始めた頃だった。何故か渋谷のど真ん中に住んでる友人がいて、根城というか雀荘と化してたのだけど、大学2年ぐらいから本当に居心地の悪い街になってしまった。

まだ居心地の良い頃、タワレコもTSUTAYAもBook1st も無く、本屋と言えば大盛堂か旭屋。大盛堂の方が大きく、英語の教材の訳本を探しに行ったりしたものである。
ちなみに92年当時はインターネットなんて生活に入ってなかったからね。知識は紙媒体から得るものです。で、ひたすら紙でコピー。

そんな大盛堂本店も無くなって2年以上か。前述のTSUTAYAと Book1st に比べて圧倒的に古くて存在感のないビルだった(中は大きいんだけどね)のが痛かったのかな。

で、全く関係なく舩坂弘という人名に辿り着き。Wikipedia で見ると戦後渋谷の大盛堂書店を開いた(?)っぽい。少なくとも社長やっててその後会長になったと。もう亡くなってるけど。

んで、そのWikipedia の記事を読むとタダの本屋のオヤジではない。

アンガウルの戦い (Battle of Angaur) は第二次世界大戦におけるパラオ‐マリアナ戦役最後の戦いであり、この戦いで舩坂は多大な戦果を上げることになる。    擲弾筒および臼砲にて米兵を200人以上殺傷。米兵から鹵獲した短機関銃で数人斃し、左足と両腕を負傷した状態で銃剣で一人刺殺し、短機関銃を手にしていたもう一人に銃剣を投げて顎部に突き刺して殺すなど、鬼神を泣かしめる奮戦をした。

この後の武勇伝も半端ない
舩坂弘 - Wikipedia

本当だとしたらランボーとかケンシロウとかスネークとかそんな感じなんだけどな。本当っぽいんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

予定

一昔前に流行ったマーフィーの法則ではないが。

US行ったのは2末だったか3月だったか。あの時は結構大きなプロジェクトが終わってるはずの予定でスケジュール組んだら結局旅行期間までかかってしまってさぁ大変だったのだけど。
そのプロジェクトが終わってからずーっと暇で。こんなんでええのかってぐらい暇で。3ヶ月ぐらい経過してるわけです。

昔から、スペインに行ったときも仕事が被ってて、現地でも仕事できるように一式揃えて旅行して、ああ無事だったと思って CDG=>NRT の Air France 乗ってる間にサーバトラブル発生で成田で平謝りとか。Fiji で毎日午後仕事とか。Prague のホテルでぼーっとしてたら Softbank の携帯が鳴って…とか。

今週末が3連休であることを先週知って、だったら久々に神戸に帰るかなーと思ったらすでに飛行機混んでるし(神戸空港発着はね)&安いチケット無い。めんどっちーからやめて盆の前ぐらいに帰るか、とおもってチケット手配。その途端に8月15日オープンの企画が持ち込まれましたよ。

この分で行くと、もう年末の予定とか決めてしまえば、6ヶ月ぐらいの大型プロジェクトが舞い込んでくるのかしら?試してみたいようなみたくないような…

まぁ、「やった分だけ評価される(お金もらえる)」生き方は素人にはお勧めできませんな。ちゃんと休みたければ、バックアップのいるサラリマン人生がいいやね。歯車なら交換が利くので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

原材料高騰@不動産

先日不動産業界の人と話す機会があった。

結構意外だなーと思ったのが2つ。
1. タワー型マンションって暑い
元々面倒そうだし何かあったら怖い気がするので高層マンションって興味ないんだけど、タワー型マンションって(比較的)夏は暑いらしい。普通にマンションで両側が部屋で挟まれてるだけで冬暖かいと言われるんだけど、さらに上下左右囲まれてるタワー型は確実に内廊下であることもあって低層に比べて夏暑めなんだそうな。
つーこともあって、普通はマンションって日当たりのいい東南側がお高いのだけど、タワー型では北側が高い(価値がある)とか。

2. 原材料高騰中
中国国内での鉄鋼消費量がうなぎ上りで、鉄鉱石や石炭の供給が追いつかないため鉄鋼高騰中。何も小麦や大豆だけの話じゃないそうな。原油とかと同じでどこまで行けば落ち着くのか現状不明。なので地価が下がったとか何とか言っても、建築費が確実に上昇中で、用地と建設トータルでのコストは上がってる。それに加えてマンション供給過多とか言われているので、近頃は駅近で大きな土地が出ても分譲マンションにしないというか出来ないんだとか。分譲にすると従来の同じサイズに比べて価格が高くなりすぎるので、そういうところは賃貸にするかテナントビルにして家賃収入にするんだそうな。
で、賃貸にすると建設費の回収が非常に遅くなるのもあって、業界内でも資金的に苦しいところはもうカツカツなんだとか。

後は然もあらんという感じの、田町~品川~大崎辺りが山手線内外で格差があるとかそういう話を聞いたり。価値どうこうというか、中古の売り手が多すぎて商いが成り立たないとか。

長~い目で見て日本の人口減ってるわけだし、日本に住む人が減る=日本に土地欲しい人が減る=日本の土地の価値って全体で下がるんだろうなぁってなことを感じたのでした。アジアのハブ的な役割も早晩北京に取って代わられそうだし、もし産業まで中国やインドに勝負できなくなったとしたら、ただの小さな島だからなぁ。資産として子供達に不動産を残す、なんて時代はもう終わりかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

中型免許

免許更新のお知らせが来たのだけど、オイラの居住地域は近所の警察署での更新ができず。

金曜の夕方に門前仲町に用事があったので、ついでに神田の更新センターに寄ろうと。神田と行っても大手町から徒歩10分弱。
オイラはゴールドなので講習は30分。門前仲町の用事は17時からなので、16時ぐらいから受ければちょうどいいかな。じゃ、オフィスは15時半に出るかなとか考えながら15時過ぎにハガキを見ると、「受付は16時まで」と。
ちきしょー、お役所体質でふざけやがって」と思いつつ急いでオフィスを飛び出したのだけど、着いてガラーンとした更新センターで暇そうな再雇用っぽいオッチャンオバチャンを見ると怒る気も無くなった。平日だから空いているのかと思ったけど、よく考えたら更新センターは平日しかやってないんだな。この人達毎日暇なんだ…

で、更新した免許証。

オイラは普通免許を持ってたのだけど、もらったのは「中型免許」。昔は普通の上は大型だったのだけど、去年の6月から中型が出来たそうな。で、新しい普通免許で乗れる車輌は、古い普通免許で乗れる車輌より少ないらしく、上位互換性(?)を保つために従来の普通免許ホルダーはもれなく中型免許に更新されると。但し、「8t未満」までという限定が付くそうな。

その他、ICチップが入って本籍が空白になった。何故か本籍だけ伏せられて、住所は従来通り記載されているという不思議な仕様。プライバシーを思うならむしろ本籍むき出しで住所を伏せるべきだろうと思うんだけど、郵便物受け取りとかの身分証明のためなのか、本籍による差別とかその辺の問題なのか。どっちにしろ、空白の本籍欄は要らないとおもうんだけどなー。

そんなわけで、次の更新は無事であれば40歳の誕生日でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

アイフォーン

iPhone発売、表参道で1キロ超す行列に

正午からの全国一斉発売に先駆け、東京・表参道の「ソフトバンク表参道」では、午前7時から販売を開始。1500人以上が1キロ超にわたって並んで新製品を求めた。

ドラクエ、PS3 並ですな。Vista の時って騒ぎになったっけ?

W53T でもでかすぎて失敗したと思い、毎月無料通話分を使い切れないオイラには、大きくかつ維持費用がかかる端末は無用。とりあえず沈静化したら開発用として経費で申請してみよう。

元(間接的)上司の N さんは表参道で徹夜してたらしい。5つぐらい上なはずなんだけど、さすがギャル好きだけあって気が若い。しかし、飯食いに行こうと言うと忙しくて1ヶ月先とかになるのに、こういうお祭り騒ぎだけは外さないのな。

で、新聞社の記事は iPhone と書いた横に決まって「(アイフォーン)」と書かれていて、これが気持ち悪い。Perfume のことを「パフューム」って書かれるような仮名書きの気持ち悪さもあるのだけど、US で iPhone が発売された時からオイラの周りは皆「あいふぉん」って言ってる気がするのよね。確かに phone number とかは"ふぉーんなんばー"なので、それで行けば「アイフォーン」でよさげなもんだけど。
ねいちぶはどちらなんだ?Jobs のスピーチとか見ればいいのか。

うーん、ちょうど中間ぐらいか?でも「アイフォーン」ではないよな。「あいふぉぅん」?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

ポケットティッシュ

ジムの往路。某駅前でティッシュ配りのにーちゃん。
普段は受け取りもしないのだけど、その瞬間に限って人通りが無く、ピンポイントで狙われてしまい。両手が空いていたのもあって受け取る。もしかしたら原油高でティッシュペーパーが高騰しているというのが脳みそのどこかにあったのかも。

昔はティッシュ配りは消金の独壇場だと思ってたのだけど、近頃はキャリアも配るのか。なにぶん長らくティッシュもらった覚えがないモノで。まぁ先月だだ凹みのau は必死か。
ソフトバンク<9984.T>が14カ月連続で純増数トップ、6月携帯契約数

ジムの復路。ヘロヘロになってバス停に向かうも目の前でバスを逃し。待つのも何なので徒歩30分で帰路につく。また同じ駅前でティッシュ配りのおにーちゃん。「これももらってみるか」と思って手を出す。

渡されたモノ。

なるほど、転職も悪くないかもしれん、と思って差し込まれた紙を見たのだけど一番範囲の広い一般曹候補生と男子2士でも応募資格は27歳未満までとのこと。
「きゃーあたしって若く見られたんだわ」というよりは、彼のノルマ達成のためなんだろな。

まぁどうせなら下士官を目指したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

Tri-Nations開幕/PNC閉幕

やっと週末の4試合を消化。

[SA@NZ (Tri-Nations)]
開幕戦はSA@NZ。気温4℃、天気予報では雪になるかもという悪条件のウェリントン。南半球は冬へ向けてまっしぐらである。昨年のRWC優勝、Super14後のテストマッチには海外組も招集して絶好調の Springboks と、引き続き海外への流出により面子が落ちた感の否めない All Blacks。
実力均衡の3カ国対抗ということもあって、手堅く進める NZ が19ー8で勝利。SAは Handling Error や Penalty などで自滅した感じか。Habana のトライは鮮やかだったんだけどなぁ。個人的には前半早々の NZ LO Thorn のプレーが Sin-bin ものだと思ったのだけど、レフェリーは取らず。あれで1人減っていたら試合は分からなかったかもしれない。
ただ、Super14で採用されたELV(試験的ルール)が今年からテストマッチに適用されることもあり、ELV の影響でSupre14で下位に沈んだ Bulls 中心+ELVの無いフランスリーグの選手で組織された南アは辛かったのかも。

[FRA@AUS]
France のオーストラリア遠征、とは言うものの、フランス国内リーグの選手権(決勝トーナメント)があるため、国内Top4チームの主力がいないフランス代表。なんつーか、阪神と中日抜きのセリーグ代表みたいなもので迫力不足。一方の Wallabies は SO Matt Giteau がキレる。ゴールキック、フラットなパス、切れのあるスピンムーブなどで、次々と得点を演出。フランスは BK も FW も良いところ無し。その中でも、LO で登場した Chabal の外連味のないタックルだけが光った。神戸黄金時代のLO林を思い出させる。
結果は 40-10 で Wallabies だったが、これが世界でも最後の旧ルールでの試合、フランスは2軍ということで、本当に新体制の Wallabies の地力がどれぐらいなのかは Tri-Nations までお預け。

[JPN@SAM (PNC)]
PNC 最後の一戦はサモア戦。ここまで Tonga に1勝のみということで、どうしても2勝目が欲しかったJPNだが、結果は 31-37 と僅差負け。最後一本取れれば…というのは昨年の RWC の Fiji 戦のような感じだったのだけど勝てず。Tier2 と言われる国々に対し、いいところまでは行くんだけど勝ちきれないという、ナイスネイチャのような感じがずっと続いている。結局1勝4敗で 6カ国中5位で終えた。
日本代表は恥も外聞も無くバックスにずらっと海外出身選手を並べたんだけどな、なんだかな。

[NZ Maori@Aus A (PNC)]
ということで、2軍を出してきても死ぬほど強かったNZとAUS。共に4勝0敗での頂上決戦。ここまで力差があると日本代表に何を期待するのか、という感じだけど。
PNC の序盤はイマイチまとまりの無かった NZ Maori と、初戦に日本に楽勝してから順調に突き進んだAUS A は試合前で勝ち点でAUSがリード。
メンバーを見るとさほどに差は無いようだけど、BK ラインの迫力で Wallabies の方が上かな?という感じ。試合は序盤からAUS AがリードしてはNZ Maori がすがりつく展開だったのだけど、18-14 AUS A リードで迎えた終了3分前に NZ Maori の FL T.Waldrom がトライし、ゴールも決まって 21-18 と逆転。ところが時間をつぶしにかかった Maori がロスタイムにペナルティを犯す。AUS A はPG3点を加えれば同点で勝ち点差で優勝が決まるところだったのだが、 Gerrard のキックは45mにわずか届かず試合終了。
結局なんだかんだ言っても NZ Maori が勝ってしまうのだなぁ、という感想であった。

なんか Sébastien Chabal のオモロイ写真見つけたので貼っておこう。
French monster EATS babies!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

Bretagne

ブルターニュ地方から始まった今年の tour de France。

ぼーっと見てると沿道の観客の中に白黒の星条旗を持った人がちらほら。アメリカ人選手を応援してるにしても何で白黒なんだろうか?フランス人独特のUSに対する政治的な抗議とか嫌味の一種なのかしら?と思ってみていた。でも、何か違うような。

Image:Flag of Brittany.svg

ちょっと調べてみるとあれはブルターニュ旗。ブルターニュ地方はフランスの一地域でありながら、文化的・人種的にはケルト系で、Wales などに近しいらしい。そういえば、ブリタニアのフランス語読みがブルターニュだったような。
で、1500年代にブルターニュ公国がフランスに併合されて以来ずっとフランスの一部なのに、未だに古来のブルトン語回帰の動きがあったりするようだ。こういうところ、日本やUSではあまり見られない、古来からの地域や国家の対立や文化への回帰などが見られてヨーロッパは面白い。

旗のブルトン語での名称は Gwenn-ha-du といい、「白と黒」という意味だそうな。なるほど。Wkipedia を見てみると、

The nine horizontal stripes represent the traditional dioceses of Brittany into which the duchy was divided historically. The five black stripes represent the French or Gallo speaking dioceses of Dol, Nantes, Rennes, Saint-Malo and Saint-Brieuc—while the four white stripes represent the Breton speaking dioceses of Trégor, Léon, Cornouaille and Vannes. The ermine canton recalls the ducal arms of Brittany.

で、古い旗なのかと思いきや1900年代に作られたものだとか。

tour de France は今日で4日目。ナントの南東(洒落ではない)、Cholet での個人T.T. を経て明日からはブルターニュを離れ、どんどんとスペイン国境目指して南下するのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

浄水場

nonoさんのBlogで面白い話を知って。

これでもまだ水を買い続けますか?

昭和50年代に浄水器ってほとんど無く(少なくとも友達の家とかで見ることはなかった)。そのうち実家は当時電器屋勤務の親父が持って帰ってきた浄水器をつけて「へぇ~」と珍しがっていたわけですが、ま、水道水だって普通に飲めたわけですよ。ゴミ集積場の横とかに蛇口ついてて、野球とかやったら普通に飲んでたし。実家は神戸でも山の方だったので、六甲山の裏側が水源。ちなみに神戸でも市街地の方は琵琶湖・淀川水系。今ではシジミがいるという淀川だけどオイラが小学生の頃は本当に汚い河であった。

日本人が水を買って飲むようになったきっかけは「六甲のおいしい水」だったと思うのだけど、出た当時は「何で水を買うねん」「芦屋ではあれを植木にやるらしい」などちょっとした話題になった。調べてみると昭和58年(1983年)発売とのことで、オイラは10歳である。こないだ「実は西区で取水してた」とかで問題になってたね。
ガキの頃、よく家族で山登りに出かけた我が家では、登山の途中に湧き水やガチャポンプで汲み出す井戸水を飲むことが多く、それこそ六甲の水をお金を出して買うなんて「あほらしい」のであった。

東京に来て最初に借りた高井戸の家。新築で2階建て(1階部分は全部駐車場)、水道管からの給水がそれほど長いとも思えないのに、出していきなり水が臭かった。カルキ臭というより、ほのかにドブに近い系。最初の頃は顔を洗うのも違和感があった。夏場になると臭さ爆発。なもんで、東京に来てから水を飲まなくなった。ちなみに上京したのは1992年のこと。

オイラの気のせいだったのかと思ったけど、調べてみると 金町浄水場 - Wikipedia の記事辺りなかなか激しい。金町浄水場は高度浄水処理の走りのようで、1992年に開始したというからオイラも上京して墨東に住めば「東京の水はくさい」と思わなかったのかもしれない。

で、最初の記事に戻ると今では東京の水道水は今では飲めると。東京都水道局の浄水施設の紹介を見るとここ15年ぐらいで東京の浄水場はオゾン処理などの高度処理を施しているらしく、かなり水質が上がっているようだ。おそらく、杉並区高井戸の最初の家に引かれていたのは朝霞浄水場系だと思うのだけど、ここも平成16年というから4年前から高度浄水設備が稼働しているそうである。
しかしあれだな。ずっと東京育ちの人たちはあの水道水がスタンダードで育ってきたのかと思うとすげーな。

つーことで、東京の水道水はキレイになったよ、と。ただ、今の家は100戸弱の集合住宅なので、浄水器いれてるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

TDF 2008

さてと、明日から tour de France でございますよ。
Tour de France - 2008

Du samedi 5 au dimanche 27 juillet 2008, le 95e Tour de France comprendra 21 étapes pour une distance d’environ 3 500 kilomètres.

おフランス語は分からぬが、明日5日から27日まで3週間かけてフランスを南下し、パリまで北上して戻ってくる。
それに合わせたかのようにニュースが2つ。

CAS ランディスの申し立て退ける
Rasmussen suspended

Floyd Landis は2006年優勝したものの後の検査でドーピング発覚。本人は断固として否定したため検査が長引き、2年間かかった結果がクロ。この検査に要した費用なども含め USADA に10万ドル支払えとのこと。色々と高くついたねぇ。
一方の Rasmussen は昨年2007のTDFで終盤戦に入ってトップだったのにドーピング検査に関して虚偽の申告を行っていたことが発覚しチームからレース中に解雇された。これで新人賞ジャージの Contador がマイヨジョンヌを得て一躍ヒーローになったものの、何となく後味が悪かったのは記憶に新しいところ。

今年も春のレース中からキナ臭い話はチラホラ。今年の TDF はキレイに終わって欲しい。オイラはLIQUIGAS と CSC 応援で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

迷走中

ついカッとして(ry

ジムワークの後はタンパク質取りたいなと。でもアブラとか無駄なのいらないし、と思って豆腐とか鰹節とか検討したんだけど、タンパク質20gとか摂取しようとかすると結構大変なのよね。凄い量食べなきゃダメで。業務用乾燥卵白とかそれだけ食ってたら変な病気になりそうだし。てか凄い味しそうだし。
そんな感じで追求してたら何故か家にプロテインが届いてしまった。当初の目的からはずいぶんと大袈裟な方向に来てしまった感じが。

10年ぐらい前にもプロテイン系を飲んでた頃が一瞬あるんだけど、もうダマダマになるし、後でシェイカー洗うの大変だったし。筋肉馬鹿マニアの愚弟に「飲みやすいお勧めは無いのか」と聞いたら「スプーンから直接口に投入すればシェイカー洗う必要もないぞ」というふざけた返事しかもらえなかったので地力で適当に探して買いましたよ。1kg 4000円と決して安くは無いけど、他の食品で摂取することを考えるとタンパク質1g当たりは安い。
久々に飲んでみたらミロっぽくて、ずいぶんと飲みやすくなったもんだ。

ま、日頃の節制も脂の乗った美味いもん食うためにあるのでな。そこを間違えると楽しみのない人生になってしまう。鰹、新子、雲丹…美味い物は幸せを呼びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

洞爺湖サミット

洞爺湖サミット開催に合わせて都内は厳戒だとか。数年前にスコットランドでサミットがあったときにロンドンでテロがあった => 洞爺湖でサミットだけど東京が狙われるかも、ということ。Scotland と England は別やろ、とテロリストに言いたい気もするけど、ま、なんせ首都だから厳戒態勢だそうですよ。

徒歩通勤なので関係ないね、と思っていたのだけど、仕事で山手線に乗ったら確かに駅のホームに警視庁のベストをした人が歩いてる。特殊警棒伸ばしたまま歩くのはどうかと思うけど。

で、夜走ってたんですよ。終盤、日向坂を死にそうになりながら駆け上り、オーストラリア大使館前通過。麻布十番の再開発でどんどん東京タワーが見えなくなる。
で、綱坂に曲がったところに暇そうな警官3名。ん?と思いながら走っていくとイタリア大使館前にも2名、駆け下りたところでは検問してるんだろうか、バントラックと警官3名、オマケのようにハンガリー大使館前に1名。オーストラリア大使館の方がでかいのにな、サミット参加国だからイタリア大使館は重要拠点ですか。イタリア軍ってイラクに派兵してたっけ?どうだっけ?わがんね。

でも、考えてみると、日頃の韓国大使館から中国大使館一帯の警備体制と大して変わらないような。みんな超過勤務手当でるんだよねぇ。税金から…

ちなみにイタリア大使館は伊予松山藩松平家の屋敷跡であり、忠臣蔵の大石主税や堀部安兵衛切腹の地なのよね。史跡としては魅力的な場所なのだけど当然訪れることは出来ず。たまにイケメンなイタリアーンが前で談笑してたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

ちぢむ!

題名を見てベッドに横たわる戸隠博士(だっけ?)の絵が頭に浮かんだらツワモノだ。分からない人はブラックジャック全巻読もう。
結局、半年間、食生活を気にしてトレーニングしてたら大学4年の時より体が軽くなり、高3の時より4km のタイムが良くなった。俺様はどこを目指してるんだろう…

先日、仕事で飯に行ったときに3つぐらい年上の人が水をもらって粉末を飲み出した。「これ飲んでから食事すると太らないらしいんですよ」とのこと。聞けば2ヶ月ほど続けているらしいのだけど、「効果あります?」と聞くと「どうなんだろうねぇ」とのこと。痩せるのと筋肉つけるのには近道は無い。

経験から行くと、というか常識でもあるけど質量保存の法則というのがあるわけで。1kg食うと1kg太る。1kg出すと1kg痩せる。出す、つーのは排泄だけじゃなくて汗もね。サウナで500ml汗かくと -0.5kg で、その後「プハーッ」とビール飲むと +0.35kg 。
運動して脂肪燃焼とかいうけど、実際に1g の物質が無くなったらすんごいエネルギーが放出されてしまうので、まあ何らかの形で体外に出るようにしてるってことですよ。近頃のエアロバイクには指標が表示されたりするので見てみると絶望的になれる。雑誌読みながら30分ぐらい漕ぐと大体 100kcal ぐらいで、これご飯お茶碗半分以下ね。ちょっとの有酸素運動をしても、毎日ガッツリ食ってたら余裕で太る。もちろん継続的に長時間やれば効果はあるけど。

ということで、体重減らしたかったら「食わない」か「出しまくる」のが解決策なんだけど、後者はなかなか難しいね。一昨年の年末だったかにノロにやられたときは食ったら吐くのにゲーリーが止まらないっていう状況で間違いなく痩せたんだけど素人にはお勧めできない。ということで「満腹まで食わない」「空腹じゃないのに手を出さない」ってのを守ると案外簡単に痩せる。無理する必要はない。特に栄養が偏ったり、運動して水分摂らないとかは絶対NGなので。

ただ空腹だと動物の本能として眠れなくなるらしいので、そこは気をつける。逆に満腹で眠りにつくと消化のために神経が使われて睡眠が浅くなるのでこれまた注意。同じ理由で「空腹だと勉強/仕事に集中できない」という太った人に多い言い訳があるのだけど、これは真逆で腹が満ちた状態で考え事をすると消化と思考がどっちつかずのアイウォンチューになるのでNG。ハンガーノック(血糖値低下)で手が震えるぐらいになれば問題有るけど、そこそこの空腹は思考にプラスでございます。

後は普段歩くスピードをちょっと早くしてみるとかやたら座らないとかいう習慣をつけることかなぁ。先日も友人の結婚パーティ行ったんだけど、立食パーティなのにすぐ座ってるのって大体栄養的な方。でも食うんだよね。ずっと何か食ってるの。悪循環だなぁと。

なので、普通に死なない程度を保って食ってればそんなに太らない。でも、お腹は出てくるので、ここは腹筋を適度に鍛えると内臓の前に筋肉の壁が出来てよろしい。別に 6-pack を目指さなくても「ああ、腹筋って縦についてるんだ」と思えるぐらいになればOK。
痩せるためにはそんなに筋トレは必要ないのだけど、1つには大きい筋肉を鍛えることで普段の生活のベースとなる基礎代謝を大きくできる。つまり、他の人と比べてほっといても消費してしまうカロリーが増えるわけで、マッチョは燃費の悪い車みたいなもの。その他、腕とかふくらはぎとかは適度に筋肉をつけると影が入って女性なんかは格好良く見えるようだ。ま、この辺は結構努力がいるしオプション扱いですな。

高カロリー食品というのは摂取すると保存の利く脂肪として体に溜め込みやすいという、野生動物にとっては夢のような食品。高カロリーがおいしい理由によればカロリーのあるものは食感や味覚だけでなく胃でも感じてるのではないかということだが、これも動物的な本能としては理解できる。でも、ほぼ1日3食が保証されてしまっている人にとっては厄介。なので過度の摂取は避けた方が良いかと。特に菓子パンとか半端無く高かったりするので、要注意である。でもたまには美味しいモノ食べないと人生味気ないもんね。ということで食生活にもメリハリを。

とはいえ、痩せた自分が好きかどうか、ってのはそれこそ価値観なので、太った自分が好きな方は、どうせならワンランク上のD-Lifeを目指してみるのが良いかと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »