« 大盛堂 | トップページ | ESET Smart Security »

2008年7月18日 (金)

Riccardo Riccò

TDFも中盤12ステージになって、やってきました恒例の Doping 祭り

Riccò fails doping test – Saunier Duval out of Tour

ここまで、Liquigas と Barloworld のアシスト1人ずつが陽性でレースを追われたものの、各チームは通常通りレースを続けてきたわけですが。最初の Beltrán の陽性のときから「疑われているのは10人ぐらいいて、中にはトップ選手が含まれている」という噂があって。
11ステージ終了時点で総合9位、山岳1位、新人賞1位で期待の若手イタリア人 Riccardo Riccò がテストで陽性に。今年のTDFでは第6,第9の2ステージで優勝していた。

第3世代EPOと言われる CERA なる薬物を使用していたらしく、従来のEPOより効果が長続き(=頻繁に摂取しなくて良い)で、その分子構造は尿検査で見つからないとされていたもの。EPO っていうのはエリスロポエチンなるホルモンで、赤血球の生成を促進する。これがあると体の酸素運搬効率がアップするので持久力がアップする。別に特殊な薬ではなく、普通の人間の体内で生成されるホルモン。
で、CERAは天下の Roche が開発した貧血の人向けの治療薬。

第1報が出たときは、検出できない薬の陽性反応ということで、「きっと現物がRiccò の部屋から見つかったに違いない」とされていたのだけど、WADA(World Anti-Doping Agency)と Roche が共同してドーピング検査の開発をしていたらしい。ということで、尿検査で発覚しないとされていたCERAの検出方法が確立したらしく、めでたく Riccò が第1号のようでございます。

将来を嘱望され、先輩方にも食ってかかるぐらいの気の強さを見せた24歳の追放に、Saunier Duval-Scott もレースを続けることを断念してチームごと撤退。CSC と並んで今回チーム力トップと言われたのに残念でございます。

これからイタリアアルプスに向かうのになぁ。ピレネーで強さを見せた Piepoli や Cobo まで割を食ってしまったのがかわいそう。

[追記]
なんてことを書いてたら、Piepoli も "because of a violation of the team's ethics code" とのことで Riccò と一緒にチームから解雇されたそうな。エース級2人を失って UCI プロチームとして存続できるのかしら?
Piepoli, Ricco sacked over doping

|

« 大盛堂 | トップページ | ESET Smart Security »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749859

この記事へのトラックバック一覧です: Riccardo Riccò:

« 大盛堂 | トップページ | ESET Smart Security »