« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月29日 (金)

鼠除け

nono さんのとこで猫撃退装置の話題があったもので。

先日知り合った日本酒好き仲間のM嬢の苦手が「鼠除け音」だと聞いて。
何それ?と思ったんだけど、どうやら都内には何箇所か鼠除けの音を出している場所があるらしい。

デイリーポータルZ:バビビビビ!街のあの怪音波めぐり!

オイラは聞いたこと無かったのだけど、かなり周波数高めということで、もうオッサンのオイラには聞こえないのかと思ってた。ほら、ガキにだけ聞こえる着信音とかやってたじゃない。年取ると高い周波数が聞こえなくなっていく。

でも、聞いてみたいなぁと思っていたのだけど、先日新丸ビルを出るところで地下街に多いというのを思い出して。iPod のヘッドホンを外しながら自動ドアを出たら「キシキシキシキシ」という何とも不快な音が直撃。見上げると一見監視カメラのような箱があるのだけど、よく見るとスピーカーっぽい。


お、お前かー!!!

オッサンからかもしれんけど、ちょっと離れると音は無くなった。人がいなかったので、どっきりカメラばりにゆっくり後ずさりすると、やっぱり聞こえる。発泡スチロールを擦るような、アルミホイルをくしゃくしゃにするような音、それをギュッと圧縮したような「キシキシ」という音。

場所は新丸ビルから丸ビルへ向かう地下通路の出たところ。丸ビル側の入り口は気をつけてみたけどそれらしいものは見あたらず。もちろん聞こえず。

どうやら地下駐車場とか地下街の入り口とかに設置されてることが多いみたいなので、他でも気をつけてみるとあるかも。ま、何にせよ人間にも不愉快な音でしたよ。あそこで待ち合わせは出来ない。

でも、聞こえた自分がちょっと嬉しかったのでした。まだ若い

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

抵当権抹消登記(続編)

昨日は雨の予報が全く外れの夏の晴れ。急な仕事が入ってその反動で昼過ぎ暇になったので、「そういや法務局行くか」と。25日以降にまた来いって言われてたからな。
歩いていく途中に不安になる。確か印鑑だけ持ってこいって言われたけど、提出書類の写しとか本当に要らないんだろうか…

行って窓口に行くと相変わらず暇そうな担当のおにいちゃん。提出したときと同じ人である。
「えっと、20日に抵当権抹消登記の提出をしたんですけど」
「あ、はい。お名前は?」
名前を告げると
「印鑑お持ちですか?」
ということで提出時に使った三文判を渡すと登記完了証2通と不動産抵当権設定契約証書、銀行の履歴事項証明を返してくれて終わり。後は履歴事項証明を銀行に送り返すだけ。

やったよ、これで晴れて自由の身だよ!もう忌々しい奴等に毎月金を毟り取られなくていいんだよ!

てか、日本人どんだけ印鑑が好きなんだよ。氏名と印鑑だけで書類が受け取れる。
あの印鑑なんて、昔何かの書類に押そうと思ったら無くって、部下に頼んで初台の文房具屋で300円で買ってきて貰ったものなのに…いい加減すぐる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

ナイススティック

かなり前に近頃の主婦は料理をしないという話になり、見せてもらった週刊誌に様々な食卓の写真が。オイラも週末スーパーでカゴ山盛りに総菜を買ってる若夫婦を見て唖然としたんだけど、結構そういうご家庭は多いみたいな。

で、そこに載ってたある4人家族の朝食。朝食として 1人1本ナイススティックが支給されるらしい。

その場で実はこのナイススティックが非常に高カロリーだという話題になったのだけど、結局どのぐらいかわからなかったので調べてみた。
山崎パンの栄養成分表によれば、ナイススティックは1個488kcalとのこと。2時間半ぐらい自転車漕げます。

昔コンビニで見かけてびっくりしたローズネットクッキーはなんと658kcalというクオリティの高さ。1日の必要摂取カロリーは体重x20~30 (kcal)と言われるので、1個食べると体重30kg分ぐらいは行けちゃうわけです。夢の食品ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

だだへこみ

Home from Beijing

オリンピックが終わってたのを知ったのは月曜の夕方。日曜が閉会式だとは知らず、夕方から蕎麦を手繰って風呂入って違うテレビ見て寝たので知らなかった。結局USAのバスケ1試合も見なかったなぁ。いつやってたんだろ。

上記リンクは Bradley McGee のBlog。現在CSC所属だが、トラック競技(追い抜き)の選手としてアトランタで銅2つ、シドニーでも銅、アテネで金と銀の5つのメダルを持つ選手である。

I come away from these Beijing Olympics with a feeling of nakedness. My neck feels bare. I have felt exposed and strange. No medals. No victorious salutes and no bursting celebrations. No elation. No feelings of amazement, relief and satisfaction that success on the world stage offers. It hurts. It is embarrassing and it has, for a time, made my stomach churn.

優勝して当然、最低でも争うところまで、という実力を持っていると外したときのショックは如何ばかりか。オイラも遠い昔(小学校~中学校)にジャンルは違うし母集団はもっと小さいけど常にトップ争いする立場から転がり落ちたことがあって、その時は McGeeのように立ち直ることもなく、しばらくはただただ凹んでいたのだけど。

ましてや、自分の自信じゃなく周囲やマスコミに勝手に持ち上げられてダメで叩かれたらどんなものかと。
変な民族主義とか愛国心と結びつけられがちなオリンピックは、ただ好きな競技を頑張って1番になったから出場することになった純なアスリートには重たすぎるような。「日の丸」とか「ニッポン」とかやたら目や耳にするのが気持ち悪い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

Google Insights for Search

Google Insights for Search なるものがあって、Google であるキーワードについて「いつ」検索されたか、とか「どこから」検索されたか、なんてのを調べることが出来るもの。ちょっと前に発表されてたけど、あんま気にしなかった。場所については先日発表されたAPI 関係のDB使ってるんだろう。

暇なのでいじってみた。


めばちこ」(関東でのものもらい)


もんじゃ

やっぱ、もんじゃは全国区か。一応東京近辺が濃いけど。その他色々入れてみたけど、基本東京強い。地方からの流入も多いだろうし、そもそもの検索数も多いだろうし。先日北海道ネタで盛り上がった「角食」も結果はいまいち。
時系列の方は「サンドイッチマン」とか入れると昨年末から急激に立ち上がってて、宮城からの検索が多いのがわかる。

ちなみに本当のコンビ名は「サンドウィッチマン」な。ATOKが教えてくれた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

本城直季ごっこ

実家に帰ったところ、菊水山という無人駅が消滅しており。消滅したのはもっと以前(2005年)らしいのだけど、神戸電鉄に乗ったのが久しぶりだったので。

何でなくなったかというとダムが造られて線路が変更になったのが大きいようだ。元々乗降客ほとんどいなかったけど。
で、母親が「アスワンハイダムに連れて行ってやる」と素っ頓狂な事を言うので件のダムに連れて行ってもらった。途中まで車で入って保守用の道路を歩いていくと堰堤の上に出ることが出来る。

堰堤の上から下流を眺めると右側に以前電車が通っていたトンネル跡、正面に新しい鉄橋が。霞んでいなければ正面奥に紀州が見えるはずである。なんとなくジオラマぽくて良い。

で、なんてことない写真なんだけど、せっかく高いところから見下ろした写真なので鉄橋部分を切り出してミニチュア風に処理。案外上手くいったかも。

ついでに、書写山食堂から見る本多家の廟も。少しピンに難ありか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

竹泉

先日帰省した折、久しぶりに神戸三宮のデパ地下へ。
以前、どこぞの店で飲んだ王禄という日本酒が美味しかったのだけど、聞くと島根の蔵。石高が小さいもので東は大阪の問屋までしか卸していないのだとか。その店も大阪の問屋から取り寄せてると言っていた。
神戸なら王禄があるかもしれないと思い、デパ地下ではさほど期待できないものの探してみた次第。

案の定、そごうにも大丸にも無かったのだけど、大丸の売り場に竹泉(ちくせん)が5種類ならんでおり。これもオイラの大好きな酒であるが関東ではあまりお目にかかれない。親もオイラの竹泉好きを知っていて、帰省するのに合わせて家に置いておいてくれたりするのだけど。

なんてボーっと見てたらいつの間にか隣に同い年ぐらい(?)の「竹泉」の前掛けを掛けたにーちゃんが。「丹波の小さな蔵なんですがよろしかったらどうですか?」と。
関西弁には即座に関西弁I/Fが起動するので、以前から竹泉、田治米(会社の名前)が好きであること、今は中々飲める店がないことなど話をすると「神戸なら何軒か卸してるお店がありますけど?」と不思議そうな顔で言われた。神戸人だと思われたらしいので、今羽田から着いたところだと話をすると珍しがったのか喜んだのか、やたらと試飲を勧めてくれて。
折角なので、見たことの無いラベルの酒をお願いすると、試飲用の小さなカップに8分ぐらい入れてくれた。普通半分ぐらいじゃね?と思いつつ頂くと、「じゃあこれも」と次のを注いでくれて・・・結局5種類全部飲ませてくれた。
御礼を言って大吟の四合瓶を購入。親がいつも買いに行く店に卸していないと言っていたのでこれなら被らないだろうと。

帰省した日は平日に仕事を休んだのだけど午前中に急な作業が入って、ほとんど昼飯を食べずに(低脂肪乳の賞味期限が切れそうだったので何故かプロテインだけ飲んだ)神戸入りしたところへ、日本酒ちゃんぽんで約1合。体温上がるし。平日から酒臭い怪しいオッサンになってないかと心配しながら電車に乗って実家へ帰宅。

で、江戸に戻ってからチビチビやってるわけです。美味い。

サイトできてたんだな。知らなかった。
竹泉 創業元禄十五年 三百年の伝統を誇る銘酒 「竹泉」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

抵当権抹消登記

親の教育のせいなのか借金というのが嫌いで。借金の残りを早めに返しちゃったんですが、借りるときに家に抵当権が設定されており。これを解除しなきゃなんないんですが、借り手の仕事らしいです。
銀行からは「こちらで司法書士に委任することができますけど」と言ってきたので費用を聞くと「だいたい2万~3万円だと思います」とのこと。ちょっと検索すると数千円でやってくれるところがあるようなので「だが断る

お金を払い終わって3日ぐらいしたら銀行から書類が届きまして。色々調べると書類作って法務局へ行けば自分でも出来るらしい。一般人には馴染みのない法務局だが、オイラは会社作ったり、費用を支払わずに逃げた客を追跡したりで何度となく行ったことがあるので、ここは自分でやってみようと。徒歩圏内だし。

まずは法務局ホームページから「新不動産登記法の施行に伴う登記申請書等の様式について(お知らせ)」っつーページに行くと「抵当権抹消登記申請書」というのをWordでダウンロードできる。一太郎版もあるのでお好みでどうぞ。で、これを読むんだけどのっけから分からん。どうも不動産に限らず登記関係ってややこしいのは司法書士と連んでるんじゃないかと。
同じ書類で呼び名が違ったりするのよね。銀行から来るのは「不動産抵当権設定契約証書」「解除証書」「委任状」「履歴事項全部証明書」の4点。銀行によって呼び名が違ったり履歴事項には閉鎖事項証明がついてくるかもしれない。
で、「不動産抵当権設定契約証書=登記識別情報」「解除証書=登記原因証明情報」「履歴事項証明=資格証明書」「委任状=代理権限証書」と読み替えて先のWordのひな形の説明書を読む。むーん。

とりあえず家買ったときの権利書と一緒に付いてきた建物の全部事項証明を引っ張り出してきて、ひな形を元に修正する。が、このひな形は戸建て用でマンソンにはフィットしないのな。一番下の「不動産の表記」ってところがダメ。なので、マンション向けに修正。

不動産の表示
  一棟の建物の表示
   所  在  X区XX N丁目N番地N
   建物の名称  ほげほげまんそん
  専有部分の建物の表示
   家屋番号  XX N丁目 N番NのYY
   建物の名称  YY
   種  類  居宅
   構  造  鉄筋コンクリート造 N階建
   床 面 積  N階部分 XX.XX㎡
  敷地権の表示
   所在及び地番  X区XX N丁目N番N
   地  目  宅地
   地  積  XXXX.XX㎡
   敷地権の種類  所有権
   敷地権の割合  XXXXXX分のXXXX

後は分からないところを空白にして家のプリンタで2部印刷したら法務局へGo! 下手に書くと取り返しが付かないので。特に銀行から送ってきた委任状とかは間違うと面倒。 法務局には相談コーナーがあるので、そこで相談。何か高校の時の司書のおばちゃんそっくりな人(なんつーか昔の教育ママみたいなの)が出てきてびびったんだけど懇切丁寧に教えてくれた。特に大きな間違いもなかったようで、コピーしたりで時間はかかったものの10分ほどで終了。

マンソンの場合は土地と建物で2点なので2000円の印紙を買って貼って提出。借地権だと建物だけで1000円なのかな?
5日でできあがるから再度来い、と言われて解放。「何か預かり証みたいなものはないんですか?」と聞いたら、「今日押した印鑑をお持ちください」とのこと。何かすんごい不安なんですけど

2000円が3万円とは司法書士ぼったくりじゃね?と思うので、東京に住んでて福岡の物件持ってるとかなら別だけど、自宅に関しては地力でやった方がいいような気がするのでした。

とりあえず今月中には小さいながらも楽しい我が家を手に入れられそうです。

[追記]
抵当権抹消登記(続編)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

国立/国定

先日行った日光は日光国立公園という国立公園だったのだけど、世の中には国定公園というのもあるわけで。

この2種類の違いは小学校5年か6年で習ったような記憶がうっすらとあるのだけど覚えていない。
で、調べてみた。

  • 国立公園: 国が定めた公園。国が管理。
  • 国定公園: 都道府県が上申して国が定めた公園。都道府県が管理。

ということらしい。ちゃんちゃん♪。国立公園は案外少なくて29カ所。

世界で初めての国立公園は Yellowstone National Park だそうで。公園内のハイキングコースは全部つなぐと1900kmとか。大泉洋辺りに踏破して貰いたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

捨て頃

よく書いているがオイラは貧乏性だ。貧乏性って端的に言うと「勿体ない」と思う性格だと思うのだけど、別に金銭の支出をけちるわけではなく。むしろ外食とか家具買うとかそういうときはガッツリ掛けている方かと。もちろん、無駄遣いはしたくないけど。

KEiさんのパンツの下りを読んで触発されてパンツを買った。かなり久しぶりに

どうもパンツとか靴下を捨てるのが下手なのである。洗濯した後で捨てることが出来ない。
「どうせならもう1回履いてから捨てよう」と思って履く => 脱いで洗濯機に放り込む => 洗濯物畳むときに気付く => 「どうせなら(ry

同じ靴下やパンツでも洗濯してしまうと捨てるのが惜しくなる。汚れたままなら捨てられるのに。我ながら不思議。歯ブラシは「使ってから捨てよう」という気分にはならない。コンタクトレンズも替え時だと思えば付ける前に捨てる。

どうも労力とかかけたエネルギーが無駄になるのが「勿体ない」のだなぁ。

USとかイタリアで残すの前提で出されるレストランの食事とかも気持ちが悪い。周り見ると異邦人どもも残してたりして。だったら最初から適量サーブすれば良いのに…と思ってしまうのである。食材もそうだけど掛けた労力が勿体ない。
ローマ行ったときは頑張って食べて夜中に食べ過ぎで腹壊して目が覚めたものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

ガッツポーズ

なんちゃって ex-柔道部であり、なんちゃって柔道初段なので、柔道は見る。
とはいえ、変なナショナリズムは無いので特に日本人選手が云々ということはないのだけど。

ここんとこ、見ていてオイラの習った柔道とは違うものが展開されており。組み手争いはまだいいとして、レスリングばりのタックル、寝技の出来ない選手、ポイントをリードしたら闘牛士の如く相手の技を避けて時間を使う、勝負が決まって敗者が帯を直している間にガッツポーズなど。オイラが現役時代にやったら日体大出身の顧問に半殺しにされてスクワット200回ぐらいやらされそうなことが普通に行われてるのな。

と、こんな記事が。
ガッツポーズは生まれつき 米・カナダ、五輪柔道を分析

「勝利や敗北のポーズは、学習で身につけたものというより、人間にもともと備わっている癖である可能性が大きい」と結論づけた。

まあ、確かに日本古来の「道」というものは人間の自然な感情の発露を抑えたものが多いんだろうな。茶道なんてそれの極致と言っても過言ではない。勝ったら喜ぶのが自然。それが不自然に感じる俺様は年寄りなのかもしれぬ。つーか、青い柔道着や赤畳の無い試合場など、もはや違うスポーツなのか。
以前はまともに組まず、下半身を狙う選手は「変則」と言われたものであるが、今では主流で、しっかり組む選手の方が異端のようだし。馬鹿正直に組もうとするのが愚かなのかもしれぬ。

そんな中でも、見事に美しい柔道を取り切った谷本選手はぐれーとである(ガッツポーズは大目に見よう)と思うのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

オレオレ証明書

北京オリンピックの公式サイトで Photo Gallary のリンクを押したらこんな画面が…

何で https に飛ばされるのかも分からんけど、クオリティ高杉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 Summer Olympics - Men's Road Time Trial

Results  Men's Individual Time Trial

カンチェラーラが優勝した。
前回オリンピックは10位。現在2年連続タイムトライアルの世界チャンピオン。なのに、今年のTour de France では2つのタイムトライアルで優勝候補と言われながら両方落としてがっくり。4年に一度の舞台で見事に優勝。
先日の Road Race では残り1kmで猛然と追い込んで3位だったのだけど、何せ絵になる男だ。

2位のラーションもCSC所属ということで、やはりここでも強さを見せるCSC。驚きは昨年のTDF総合優勝、今年の Giro 総合優勝のコンタドールが4位に入っていること。平坦はもちろん山岳でアタックできて、タイムトライアルでオリンピック4位というのはすごすぐる。82年生まれの26歳だから、これから一時代を築いてもおかしくない。
TDF2008のタイムトライアルでカンチェラーラを押さえて両方優勝したドイツのシューマッハーは13位。山岳での一人逃げなんかもあったし、フランスでの疲労が蓄積していたのだろう。

と、独りで盛り上がったところで、日本では録画中継すらなく。まぁ、タイムトライアルなんて一人ずつ順番に走るだけで地味だからな。
なんて思う一方で、バレーや柔道のように直接対決しない、他の選手による空気抵抗や展開などが関係しない競技は実は予選とかいらないんじゃないか、と思ってみたり。水泳とか、陸上とか。1回やろうが3回やろうが5回やろうが、一番速い奴が1位なんだから。実際マラソンとかはそうなんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

姫路城

書写山の後は法華山一乗寺に国宝三重塔でも見に行こうかと言っていたのだけど、昼も過ぎ腹も減り、そういえば好古園の中のレストランの穴子弁当が美味いらしいと親が言うので「じゃあ行こう」と。
好古園って何かと思えば、姫路藩の下屋敷跡だかに数年前に作られた日本庭園ということで、そう聞くと有り難みが無いのだけど、どうして中々綺麗な庭園でしたよ。

ここ最近、鎌倉・日光と江戸前の鰻を食べ慣れた軟弱関西人のオイラは、蒸さずに硬く焼かれた穴子に一瞬違和感を感じたけど、美味しい物でした。

で、隣まで来たので25年ぶりぐらいに姫路城に行ってみることに。当時は単なる国宝姫路城だったものも、今では世界遺産でございます。日光に続いて2週連続世界遺産
「日本一美しい城」と言われるだけあって、非常に写真の撮りやすい(どっから撮っても絵になる)城でございます。夏で暑かったけれども、雲と青空とのコントラストも素晴らしく中々良い眺めでございました。

ただ、世界遺産と言えば階段。姫路城の天守閣は彦根城と並んで建築当時の姿を残している貴重なもので、5層6階建てのもの。作らせたのは名将池田輝政。
彦根城の中はメチャクチャ急な階段があったのだけど、姫路城の天守にもかなりの階段があり彦根城の3層3階の倍、6階に上がりきったときは汗だく。通り抜ける風が非常に気持ちよいのでした。

この天守閣は他の郭と比べて古さからか少しグレーがかっており、来年から5年間、平成の大修復に入る予定とか。ということで見るなら来年の夏まででごんす。もしくは6年後以降。

日光と同じく、昔に比べると非常に異人さんが多く。それでいながら、英語を話しているのは1家族しか行き会わなかった。親父さんがアクエリアスとミネラルウォーターの2リットルペットボトルを両手に持って、アクエリアスを飲んでは水を飲むというように胃の中で希釈していたので、あのガサツダイナミックさはアメ人に違いない。
バカンスの季節ということと相まってかフランス人多し。日光でも見かけなかった英語圏の人々はあまり文化遺産に興味が無いのかもしれず。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

書寫山圓教寺

週末神戸に帰っておりました。

第一の目的は書寫山圓教寺の訪問。知名度は低いが天台宗の別格本山であり、かつては西の叡山と言われ、はるばる京の都から行幸があったり、平家追討の折には頼朝が梶原景時を遣わせて祈願したりという由緒ある寺なのである。

とか説明しても長たらしいのだけど、「The Last Samurai で Ken Watanabe の本拠地だったとこ」という、ある意味異国の人に一番説明しやすい寺。場所は姫路駅からバスで30分。姫路城は県外からも観光客が多いが、ここは大人の隠れ家的観光地である。スイーツ(笑)にお勧め。実際人が少ない。

15分に1本のロープウェイで4分昇り、そこから更に1kmほど歩いて到達する。もちろんロープウェイを使わず6本ある参道を利用することも可。すると見事な舞台造りの建物が登場。

Ken Watanabe が座っていた食堂(じきどう)も見事。


左が食堂

と、その向かいに一時期姫路城主であった本多氏の廟があり、桑名から改葬されたという本多平八郎忠勝の墓を発見。思いも寄らぬ遭遇で戦国武将墓マニアとしては嬉しい。(本多忠勝自身は桑名で亡くなっている)


左奥に本多家に仕えて殉死した宮本武蔵の養子の墓もある

ゆっくり見て回ると1時間半から2時間ぐらいか。ちょっとしたハイキング。緑が多く紅葉の木も多かったので秋も綺麗であろう。
おフランス人のカポーと一緒にロープウェイで降りて終了。中々良い寺であった。

[オマケ]
決して落書きは推奨しないが、まぁ昔からこんなもんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

2008 Summer Olympics - Men's road race

オリンピックで興味があるのは自転車と柔道。後はUSのバスケぐらいか。

世間の興味は違うので、自転車ロードレースは日曜朝5時半から録画放送という冷たい扱い。我らが Fumi は脱水症状で途中棄権ということだったのだけど、単純に各プロチームのエースが参加しているだけでも見るのは楽しい。

ただ、NHK の解説が中野浩一。ご存じ競輪やトラック競技では伝説の人物だがロードの解説が。ってか知識が俺様以下。サストレ(2008TDF優勝)とコンタドール(2007TDF優勝)がバルベルデ(2008スペインチャンピオン)引いてるとか垂涎ものなのにもっといじれよ!とか。シュレク兄弟はT.T.得意じゃねーよ!とか。アナウンサーも似たようなレベル。
まぁ、NHKでラグビー見ても反則を勘違いして実況したりするので、やはり慣れなのか。

でもだったら、そろそろテレ朝のサッカー中継は進化してもいいような(ぉ

レースは終盤にシュレク(弟)、レッベリン、Sサンチェスが逃げを成立させていたところに、T.T.世界チャンピオンのカンチェラーラが猛然と追走して残り1kmで追いつく。CSCのシュレクをCSCのカンチェラーラがコロブネフを連れて追うの絵。さすがTDFチーム優勝のCSC。
1 day race だったらレッベリンかなぁと思っていたら、サンチェス優勝。A.シュレクは 1day は向いてないかなぁ、という感じでハンドルを叩いて悔しがりながらの5位。2連覇を狙った世界チャンピオンのベッティーニは「ダメだったよー」といった感じでおどけながらのゴール(18位)。
Samuel Sánchez recibe el oro

期待された各国エースは暑さと湿度(90%)にやられた模様。まぁ、ロードの世界では3大ツールと世界選手権に比べればオリンピックは文字通りお祭りだけんね。みんなシャンゼリゼゴールの時点でピークを越えているのだ。

それにしても今年はスペインの年と言われているのだけど、本当に強いな。EURO、ウインブルドンもそうだったけど、自転車は Giro, Tour に続いてオリンピックでスペイン人が3連勝でございます。8末から地元で行われる la Vuelta a espana は誰が勝つのか。

[オマケ]
爆破予告で5便遅延

自転車競技に出場する別府史之選手の所属チームコーチの栗村修さん(36)は「徹底的に調べてもらわないと。着くまでは怖い」と不安顔で再び機内に乗り込んだ。

ホント迷惑。いつも明るい栗村さんもご愁傷様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

開幕?

何だか、反町ジャパンが負けてどうたらとマスコミが騒いでいるのだけど、一方でメッシが1ゴール1アシストなんてのを見ると、反町さんはどこまでやればマスコミに許してもらえるのかと思ってしまう。どういう結果が期待されてるんでしょう?まさか金メダルはねーよな。

で、何故か監督名を付けてもらえない"なでしこ"ジャパンと並んで、サッカーはオリンピックは始まっているのに開会式は今日。何かサッカーかわいそうじゃね?と思ったんだけど、オリンピック憲章規則第36条付属細則っつーのがあるそうな。

オリンピアード競技大会およびオリンピック冬季競技大会の競技期間は、開会式当日を含めて16日を超えてはならない。  但し、日曜日もしくは祝日に競技が予定されない場合には、オリンピック競技大会の開催期間は、IOC理事会の承認を得てその分だけ延長することができるものとする。

多分だけど、予選グループから始めて決勝トーナメントまで16日間でやったら選手死ぬんじゃね?野球よりヘビーなわけで、高校野球みたいには行かないだろうし。高校野球でも壊れてプロ行けない学生とかいるのに。

でも日程見ると、会場増やして男女一緒にやれば圧縮できそうな気も。放映権とかスポンサーとかの関係かしらね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TOP14

今年はJSports でフランス1部リーグの試合をちょこっと放送するということで昨晩が第1弾。

マルセイユで行われたClermont vs Perpignan。フランス TOP14 はサッカーで言うところの Premier League みたいなもので世界中のトップクラスの選手が所属する。一応EU枠的なものはあるのだけど、旧植民地系はEUと同じ枠だったりするので、南半球の選手も制限なしに入っていたり。

んで、初めてフランスリーグの試合を見たのだけど、審判に違和感が。全部フランス語なのな。

IRB の通達で2年前ぐらいから審判は英語を使うことになっているはず。なので、日本の Top League でも不自然なぐらい日本人審判が日本人選手に対して英語でファウルなどの指摘をする。もちろん細かい説明は日本語だし、谷口主審なんかは「7番!横入り!」なんて思いっきり日本語だったりするんだけど。(オフサイドって言葉があるのに横入りはねーだろよ、と思うんだけど)

このフランスリーグの主審は番号からファウル名から注意から全部フランス語で、見ていてどうなってるのかよーわからん。スクラムの際のかけ声「Touch, Pause, Engage」も「ふぃっしょん、ぷっしょん、の、あれ」みたいな感じだし。(空耳なのでかなり怪しいよ)
一応ルール分かってるから見てれば何となく分かるんだけどね。観戦初心者にはお勧め出来ない。

フランス語ってずーっと聞いてると未開地の原住民の言葉のようにも聞こえる。イタリア語やスペイン(カスティージャ)語と同じラテン系のはずなのに、あの歯切れの悪さが不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

銀座パノラマ

最初に言っておくと鉄オタではない。

  • 実家に帰れば今もNゲージがあるけど
  • 子供の頃川崎重工の兵庫工場で作りかけの新幹線とか見るの好きだったけど
  • 子供の頃毎月時刻表買って貰ってたけど
  • 学生の頃実習で大井工場行ったけど
  • 仙台の新幹線整備工場見学したことあるけど

鉄オタではない

今週月曜に誕生日を迎えまして。同期 T が飲みでも企画しようと言ってくれまして。何故かバー銀座パノラマへ。銀座と言うよりは限りなく新橋に近い所謂クラブの入っているようなビルの上に昇るとバーが。入って左壁面、カウンターに座っての背中側にはぎっしりとNゲージが展示されている。

水曜20時であるが15席ほどのカウンターは満席。予約しておいて吉。客はサラリーマンぽくないというか銀座ぽくないが、それほどオタ臭はしない。カウンターには複線で2階建てのレイアウトが組んであり、ぐるぐるとNゲージが走る。あの独特の軽いシャーっという走行音とレールの継ぎ目のカタカタいう音。野郎3人でしばし会話も無く眺める。


薄暗いので画質は悪いが満鉄「あじあ」

眺めていると「複線レイアウトって憧れだったなぁ」「うちに預けられた近所のガキがプラットフォーム踏みつぶして呆然としたなぁ」などと昔のことを思い出すのであった。

2時間ほどだべって帰りにもう一度陳列棚を見る。この店では非売品の機関車コレクション以外の展示車両は全て購入可能。昔欲しかったけど高嶺の花だった EF66 が5000円台。カウンターに座ってたカポーの女の方が「こういうのいいけどお金かかるんだよねぇ」と言っていたけど、お金はさほど問題ではない。3万もあれば基本レイアウトと電源関係、列車1編成が揃うし、特に維持費はかからない。問題はスペースなんだよな。
オイラが80平米とかに独り暮らししていたら、間違いなく489系「白山」あたりを勢いで連れて帰ってしまったことであらう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

便座の結界

こないだ渋谷に仕事に出かけた帰りに軽い腹痛を覚えまして。
ちょいと遠回りをして西武B館の地下へ。さすがにトイレもキレイなもんですよ。ウォシュレットだし。

で、座ったら便座があたたか~い。このクソ暑いのにあたたか~い

自宅と同じく松下改めパナソニック電工製のようなので、温度調整のところを操作しようとすると結界が張られているらしく、ボタンを押しても温度調節不可能。
所謂サービスマンコマンドを入れなきゃ調整出来ないらしい。ボタン長押しとか、複数ボタンを同時押しとか、↑↑↓↓←→←→BABA select start とか色々やってみたけど解除できず。
スッキリしたものの、"嫌な汗"をかいて出てきたのでした。

調べてみると「設定」ボタン5秒押しで解除できるとかあるなぁ。5秒って案外長いからオイラが待ちきれなかったのかも。機会があればやってみるか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iTunes

iTunes 7.7.1.11 にアップデートしたら、iPod 操作の画面が「ど」の付くピンクになった。
なんだこの下品な感じ。
俺様だけなのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

Un homme et une femme

昔は掲題の曲をピアノで弾けたものである。今じゃ全く無理だ。久々にやってみるかな。

心理学の本か何かで読んだ「男性は楽しかったことを覚えているが、女性は嫌だったことを覚えている」というのを思い出して。だから男は昔の女を引きずり、女は引きずらないのだと。

おそらく、このリストのベスト10のうち9つをダンナがやったとしても、やらなかった1つのことで後々まで「あのときはこうして欲しかった」「あなたはいつもXXしてくれない」なんて文句を言われるのがオチなのかなと。

だもんで、あんま女性っぽい女性は好きになれんのである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

日光

KEi さんが欧州紀行を書いているので羨ましくなって。とはいえ、暇も金もないので近場の世界遺産へ。

大学2年だから、15年前か。友人H (の家)のスカイラインに5人で乗って行って以来の日光。5人の内、当然Hは運転席として、残り4人がジャンケンか何かで助手席を争うのが通常なのだけど、当時(恐らく今も) 0.1t 超のM がいたので、もれなく奴が助手席。オイラを含む残り3人は後部座席に押し込まれたのである。何か納得いかなかったのを思い出す。

今回は浅草から東武で。東武日光で降りたのが昼前だったので、日光の入り口の神橋まで歩きながら飯屋を探すかと思ったんだけど、思った以上に寂れてるのよね。ま、神橋直前の店で昼餉をしたためて、いよいよ東照宮へ。
前回来たときは所謂「学生ノリ」というか、まともに観光もせずにふざけた写真を撮ったりしていたので、今回はちゃんと由緒などを学びつつ進む。他の神社仏閣と違って、無料で坊さん(日光も他に漏れず明治の神仏分離でややこしいことになってる)が解説してくれたりするのだけど、その反面「数珠買わんか」「お守り買わんか」「線香買わんか」という商売根性が見え隠れするのであった。まぁお陰で「正しい数珠の知識」を得ることが出来てよかった。もちろん無宗教のオイラは買わなかったけど。聞きたい人は日光行ってみるといいよ。結構意外な知識が身につく。
細かい各寺の説明は他に譲るとして、やはり日本には珍しい極彩色の施された建物はインパクトがあり、江戸幕府開府直後の勢力を偲ばせる各建物・門の彫刻が素晴らしい。色彩と彫刻が相まって、少しイスラームやローマっぽい雰囲気すら漂う。


東照宮入り口


彫刻が凄い陽明門


陽明門横の塀(?)

学生時代はタイムオーバーで見ることが出来なかった家康の墓にも参っておく。天麩羅食って死んだと言われる家康は最初駿府の久能山に葬られたが、その後江戸城の真北(北極星の方向)にある日光に移されて埋葬されたとのこと。今でもここに大権現として眠るのである。実は200段ほどの石段の先にあって汗だく。

江戸城と久能山、秀吉の墓?だかの位置関係にも面白い話があったのを、昔新幹線の中の冊子で読んだんだけど忘れた。その他3代将軍家光の霊廟である大猷院を回ってかき氷食って終了。


じっちゃん(家康)の東照宮ほど派手にするなと
遺言したと言われるけど十分派手

15年前と違って異邦人が非常に多かった。やっぱ、わーるどへりていじのパワーであろうか。
一番多かったのは韓国人。その他はラテン系が多かった。耳にするのはスペイン語・イタリア語・フランス語。英語と中国語は余り耳にしなかったのが意外。二荒山神社に「運試しの輪投げ」なるものがあるのだけど、上手く入れたイタリア人がガッツポーズで飛び跳ねて大騒ぎしてたのが、流石のお国柄といった感じ。

その他、おまけ。

霧降高原は本当に霧が降ってくるのでした。不思議な感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

人体実験

5末頃にジムで対ソ性、今時「対ソ」なんて変換するのかよ! > ATOK
5末頃にジムで体組成を測定してもらったんす。TANITA の体重計のお化けみたいな奴で。体の色んなとこから色んなパターンで電流流して体のインピーダンス(抵抗)を見るそうな。体脂肪とかそういうの以外に腕周りとか腰回りの推定値とか出てきてなんかすごい。
その時点でBMI 22(標準体重±0)だったので、係の人も拍子抜けだったみたいで。結果としては「全く問題ないけど、もうちょっと筋肉つけてもいいんじゃね?」って感じで。

なもんで、6月は週2回~3回、1回8kmほどを夜仕事終わってから走ってたんですよ。心なしか長く走っても苦しさがなくなってきた6末、満を持して再度測定してもらったら、筋肉量 -0.5kg との結果。「へ?」と思ってインストラクターの胸ぐらを掴んで詰め寄ると「有酸素運動メインの運動を繰り返すと筋肉量が減ることがあります」と。
そういえば、長距離トラックとかマラソンとかロードレースの選手とか、ひょろっとして栄養失調なんじゃないの?って感じの人多いな。個人的にあんま格好良くねぇな。なんつーか憧れる感じではない。別に「そのスーツどこで売ってるの?」みたいなムキムキマッチョにはなりたくないが(大学の体育講師の元ボディビルチャンピオンとかいう人がそんなスーツ着てた)

ということで弱まってしまった上半身の筋肉を取り返す目的もあって、「ほんならやってやろうやないかい」と以前書いたプロテインを導入し、仕事の暇さもあって7月は隔日で筋トレ。ジム行けない日は家で。走るのは週1に減らす。全く走らないと体重維持が難しいので。

7月も終わりに近づいたので今度こそと、再度の測定に望んだら見事筋肉量 +1.8kg ですよ。体重変わらず。1ヶ月で 65.8kg の3%弱が入れ替わったわけで。こんなにあっけなくやった分だけ結果が出るのかと感動いたしました。
今まで習字とかZ80とか英語とかゴルフとかビジネスモデル考えるとか会社経営とかフットサルとか結構頑張ったこと多かったけど、たった1ヶ月でここまでリニアに成績が出たのにビックリ。(もちろんスタートが素人の軟弱な体ではあるのだけど)

ただ、痩せたときは結構取引先の人とか担当の美容師さんとか色んな人に「痩せました?」って言われたんだけど、筋肉増えても誰も気づかないね。裸で歩く訳じゃないし、鍛えたのがコアメインだったのもあるけど。自分では感動したのに周りに気づかれないと、マッチョな奴等がナルシストっぽくなるのも理解できるような気がする。
多分、強化刺激が無いから続けていくためには自分で褒めるしかないんだね。そのうち、鏡を見ながらポーズとってニンマリとかいうようになっていくんだ、きっと。

さて、中学で柔道初段取ってから高校大学と何もしていなかったオイラは齢35目前にして、おそらく生涯最高の耐久性と筋肉量を手にしたんだけど。体幹鍛えたからゴルフ復活させれば前より飛ぶんだろうなぁ。でも金かかるしやる気しねぇなぁ。とりあえずプロテインが残ってるうちはトレーニング続けてみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »