« オレオレ証明書 | トップページ | 捨て頃 »

2008年8月15日 (金)

ガッツポーズ

なんちゃって ex-柔道部であり、なんちゃって柔道初段なので、柔道は見る。
とはいえ、変なナショナリズムは無いので特に日本人選手が云々ということはないのだけど。

ここんとこ、見ていてオイラの習った柔道とは違うものが展開されており。組み手争いはまだいいとして、レスリングばりのタックル、寝技の出来ない選手、ポイントをリードしたら闘牛士の如く相手の技を避けて時間を使う、勝負が決まって敗者が帯を直している間にガッツポーズなど。オイラが現役時代にやったら日体大出身の顧問に半殺しにされてスクワット200回ぐらいやらされそうなことが普通に行われてるのな。

と、こんな記事が。
ガッツポーズは生まれつき 米・カナダ、五輪柔道を分析

「勝利や敗北のポーズは、学習で身につけたものというより、人間にもともと備わっている癖である可能性が大きい」と結論づけた。

まあ、確かに日本古来の「道」というものは人間の自然な感情の発露を抑えたものが多いんだろうな。茶道なんてそれの極致と言っても過言ではない。勝ったら喜ぶのが自然。それが不自然に感じる俺様は年寄りなのかもしれぬ。つーか、青い柔道着や赤畳の無い試合場など、もはや違うスポーツなのか。
以前はまともに組まず、下半身を狙う選手は「変則」と言われたものであるが、今では主流で、しっかり組む選手の方が異端のようだし。馬鹿正直に組もうとするのが愚かなのかもしれぬ。

そんな中でも、見事に美しい柔道を取り切った谷本選手はぐれーとである(ガッツポーズは大目に見よう)と思うのでした。

|

« オレオレ証明書 | トップページ | 捨て頃 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

あれは良いヘッドオンタックルでしたな。ジャパンにも見習って欲しいものです。

投稿: しげお | 2008年8月15日 (金) 18:39

中学、高校時代に授業で柔道を取ってましたが、確かに最近の柔道はJUDOって感じで違う競技な感じがしますね。昨日鈴木桂治が負けたときもナイスタックルって感じで倒されてましたし。。

投稿: hidekoji | 2008年8月15日 (金) 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749882

この記事へのトラックバック一覧です: ガッツポーズ:

« オレオレ証明書 | トップページ | 捨て頃 »