« ハラジュク | トップページ | 日光 »

2008年8月 1日 (金)

人体実験

5末頃にジムで対ソ性、今時「対ソ」なんて変換するのかよ! > ATOK
5末頃にジムで体組成を測定してもらったんす。TANITA の体重計のお化けみたいな奴で。体の色んなとこから色んなパターンで電流流して体のインピーダンス(抵抗)を見るそうな。体脂肪とかそういうの以外に腕周りとか腰回りの推定値とか出てきてなんかすごい。
その時点でBMI 22(標準体重±0)だったので、係の人も拍子抜けだったみたいで。結果としては「全く問題ないけど、もうちょっと筋肉つけてもいいんじゃね?」って感じで。

なもんで、6月は週2回~3回、1回8kmほどを夜仕事終わってから走ってたんですよ。心なしか長く走っても苦しさがなくなってきた6末、満を持して再度測定してもらったら、筋肉量 -0.5kg との結果。「へ?」と思ってインストラクターの胸ぐらを掴んで詰め寄ると「有酸素運動メインの運動を繰り返すと筋肉量が減ることがあります」と。
そういえば、長距離トラックとかマラソンとかロードレースの選手とか、ひょろっとして栄養失調なんじゃないの?って感じの人多いな。個人的にあんま格好良くねぇな。なんつーか憧れる感じではない。別に「そのスーツどこで売ってるの?」みたいなムキムキマッチョにはなりたくないが(大学の体育講師の元ボディビルチャンピオンとかいう人がそんなスーツ着てた)

ということで弱まってしまった上半身の筋肉を取り返す目的もあって、「ほんならやってやろうやないかい」と以前書いたプロテインを導入し、仕事の暇さもあって7月は隔日で筋トレ。ジム行けない日は家で。走るのは週1に減らす。全く走らないと体重維持が難しいので。

7月も終わりに近づいたので今度こそと、再度の測定に望んだら見事筋肉量 +1.8kg ですよ。体重変わらず。1ヶ月で 65.8kg の3%弱が入れ替わったわけで。こんなにあっけなくやった分だけ結果が出るのかと感動いたしました。
今まで習字とかZ80とか英語とかゴルフとかビジネスモデル考えるとか会社経営とかフットサルとか結構頑張ったこと多かったけど、たった1ヶ月でここまでリニアに成績が出たのにビックリ。(もちろんスタートが素人の軟弱な体ではあるのだけど)

ただ、痩せたときは結構取引先の人とか担当の美容師さんとか色んな人に「痩せました?」って言われたんだけど、筋肉増えても誰も気づかないね。裸で歩く訳じゃないし、鍛えたのがコアメインだったのもあるけど。自分では感動したのに周りに気づかれないと、マッチョな奴等がナルシストっぽくなるのも理解できるような気がする。
多分、強化刺激が無いから続けていくためには自分で褒めるしかないんだね。そのうち、鏡を見ながらポーズとってニンマリとかいうようになっていくんだ、きっと。

さて、中学で柔道初段取ってから高校大学と何もしていなかったオイラは齢35目前にして、おそらく生涯最高の耐久性と筋肉量を手にしたんだけど。体幹鍛えたからゴルフ復活させれば前より飛ぶんだろうなぁ。でも金かかるしやる気しねぇなぁ。とりあえずプロテインが残ってるうちはトレーニング続けてみるか。

|

« ハラジュク | トップページ | 日光 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749868

この記事へのトラックバック一覧です: 人体実験:

« ハラジュク | トップページ | 日光 »