« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

1票

米下院、金融法案を否決

これを受けてダウが$777下落という非常にめでたい数字なんですが、どうせなら $666 にすればよかったのに
なんせ朝起きたら大変なことになってました。とは言え、USD絡みは全て売ってあるし、持ってる株は塩漬け(涙)なので大したダメージもなく、それよりも中東とか欧州絡みの外債が徐々に下げてきているのが怖い。
んで、朝から某株を見てたら30分たっても商い成立せず。すごいねー、と思いながら指してみたら底値+50円で買えましたよ。1時間たって+1000円なので短期的には上手くいっている様子。再度法案が否決されることがなければいいんじゃねーかなー、なんて楽観的に見てみる。

それにしても、今回の否決、いい加減な証文を右から左に流してた会社を税金で救うなんて国民に説明がつかん、という代議士の反対で決まったようなんですが。それはとってもよく分かるんですが。
朝 KEi さんと話してたんだけど、税金を一杯払ってる所謂お金持ちは、金融機関の救済をしてもらわないと資産が減る一方なんではないかと。
結局税金の多寡に関わらず 1人1票持ってるので、一杯払ってる人は「税金使ってクレイ」と絶叫してるかもしれなくても、そうじゃない人たちのご機嫌を取らなきゃいけない代議士は首を縦に振れないんですなぁ。
この辺り、ドライなまでに資本主義経済社会のメリケンでも、政治は持ち分(払い込んだ税金)で議決権は決まらないんだな、と改めて思ってみる。

イルボンもそろそろ選挙と言われて、この不況でもコールセンタ銘柄は下がらないんだけど、選挙のたびに思うのが1票の意味。議会制民主主義では代議士を多数決で選ぶ訳で、代議士ってのは選挙区の国民の意思を反映して出るはずな訳で、そう考えると都心在住30代独身としての利己的な意見で代議士を選んで、それぞれの総和で舵取りが決まるのを見守るべきなのか、それともマクロに日本の将来を考えて政党で選ぶべきなのか、よーわからんようになるのです。「太郎 vs 一郎」とかマスコミは騒いでるけど。
個人の立場でいけば、子育て支援とか高齢者の医療制度とか北朝鮮への対応とかどーでもいいのよね。ただ、日本全体を考えるとそうも言ってられない話もあるような気もするので。

誰かオイラに明確なメリットを見せてくれれば迷わず入れるんだけど。何かみんなふわっとしてるんだよなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

葬式フルコース

先日親戚が亡くなりまして。以前から体調が悪いことは聞いていたので特に驚きもなく。
いつも言うのだけど、オイラは無生物に興味はないので、「危ない」と聞いたら見舞いには行くけど(最後に生きている状態でご挨拶したい)、機能停止してしまってはどうしようもないのである。

が、今回は親戚とはいえ「従兄の舅」という"ふぁーらうぇー"な方であり。近ければ自己責任でボイコット出来るのだけど、従兄も来てくれ、というか「来てくれるよね」的なことを言うし、実際上京したときに世話になって以降家族ぐるみのようにお付き合いさせていただいていた時期もあるので参戦。両親も上京してくるとか言うし。

で、通夜に行ったら土地の名士ということもあってすげー人。何分並んだか分からんけど、やっと記帳して受付で香典を渡したところが、うちのオカンが「親戚です」と言ったか何かで「どうぞどうぞ、こちらへ」と焼香の列をすっ飛ばして一番前へ。オイラはしれっと一般客として終わらせてさっさと帰ろうと思ってたんだけど、気がついたら香典と引き替えに渡された「お楽しみ引換券」を手に持ったまま焼香の壇の前。急いで拳を券を礼服のポケットの中に仕舞ったものの、焼香の手順なんてそうそう慣れたものじゃないし、一般客のつもりが急に親族側になったので、礼をする順番はどっちからだ、えーっととかコンフュかかってる間に焼香終了。結局、どういう順番で頭下げてどうやったかよーわからん。焼香したらさっさと Hit & Away で帰ろうと思っていたのに椅子に座らされる始末。

翌日の告別式ではしっかりと親族マークを胸につけられて落ち着いて焼香。それはいいんだけど、親族マークなので焼き上がりまでフルコース参戦。途中からは社会勉強というか一種の見せ物的な興味で色々見てたんだけど、人間って面白いなぁ、と思ったのが、焼く前は親族皆泣いてるのに、焼き上がってくると急に科学的興味に変わるのな。みんな興味津々という感じでお骨の説明に聞き入っているのでした。

その後はしこたま食わされて飲まされて帰ってきたわけですが、128歩譲って霊魂の存在を信じるなら、オイラが死んだらあの「しこたま食って飲む」だけで送って欲しいものですよ。つーか、あんだけ親族や世話したり世話になった人間に退屈で肩の凝る思いをさせないと成仏出来ないというのは心がけが良くないと思うのな。みんなしっかり遺言しといた方が良いと思うよ。じゃないと、遺された者は踏み絵を踏むかのように試されてる気分で無駄なことにイパーイお金を使っちゃうから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

Microsoft Image Composite Editor (ICE)

複数画像をドロップするだけで簡単にパノラマ画像が作れる「Microsoft Image Composite Editor (ICE)」 - TERRAZINE

オイラのオリンパスのカメラはパノラマモードみたいなのと結合用ツールがあるんだけど、そのモードにしておかないと後でパノラマ合成が出来ない。で、往々にしてそのモードに入れるのを忘れて撮ってしまうんだよな。

で、掲題のMSFT謹製ツールを早速ダウンロードしてみました。
早速横浜三溪園の写真8枚を投入。1、2分待ってたら勝手に出来た。案外速い。メモリ増強の効果がでたのか?

精度高い。すげー。
ということで、神田の大糸桜を見に行ったときの3枚を投下。Trim して Export。(もちろんオリジナルファイルはめちゃデカイよ)

完全に自然な仕上がりでございます。 見ろ、人がご(ry

これはすごいね。別に三脚とか使わずに適当にぐるっと見回しながらパシパシシャッター切っただけでも十分。これからも旅先でモードとか気にせず撮り続けませう。

Image Composite Editor(ダウンロード)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

テレビ離れ?

NHK、視聴率トップに 上半期ゴールデンタイム

大体ゴールデンタイムの視聴率というとCXとNTVが争うものだったのが、今年は突然NHKだそうで。まあ、確かにオリンピックが効いたんだろうけど、7時のニュースとか大河ドラマが要因ってことは基本的にジジババ向けの番組が相対的に押し上げてるんだろうな、と。要は若い人が局に関わらずテレビ見なくなったところが、NHK が生き残ったんじゃないかな。
民放はスポンサーと視聴者の苦情が怖くて、芸能人使った常識テストしか出来なくなってるから。

オイラはここ数年は寧ろテレビを見る時間が増えてるので実感ないのだ。というより、その更に前の数年がメチャクチャ忙しかったからなんだけど。

こういうのって難しいんだよな。こないだも地方でカーテンの売上を上げるにはどーしたらいいか、なんてブレストに呼び出されたんだけど(システム担当が何故参加させられたのか分からんが)、地方の人たちのカーテンを購入する心理とか行動パターンなんて分かんない訳よ。出身地の神戸もそこそこの都市だし、東京住んで15年以上だし、そこらにインテリアショップとかショウルームとかある環境に慣れてるから。
そうじゃない環境で引っ越してカーテン買わなきゃってなったら皆様どうするのか分かんない。で、そうなるとリサーチ結果見ながらのブレストになるんだけど何か実感ないよね。若年層に携帯使って云々みたいな案件でもそう。
そういうのやってみると、大手代理店の仕掛け人とかすげーな、と思うわけですよ。ディズニーランドとか金さえあれば簡単だろうけど、全国展開してるものでヒット作を出すってのは結構難しいような。
逆にポニョがイマイチ子供にグッと来ないってのも、よく考えれば60過ぎたオッサンが今までよく子供に受ける映画作って来られたな、と思う。

オイラはどっちかというと「こういうの便利」とか「こういうの面白い」っていう主観的なものは思いついても、他人が「面白い」とか「便利」と思えるものを考える能力が弱いんだなぁ。弱いというか自信がないというのか。

とりあえず、今後の民放ゴールデン枠は時代劇で埋め尽くされること請け合い(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

メモリ増設

ふと自宅で使っているPCの型が気になって。型というより、どれぐらい古いのかが気になって。

SHARPのMURAMASA PC-MV1-5CA なる型番を検索してみると何故か BUFFALO のサイトがヒット。2003年05月22日 発表だそうです。んー、5年以上前なのね。
何となく買い換えようかなぁ、と思いつつも、別にゲームやったり Photoshop 使ったりするわけでもないので、動いているうちはいいか、と思っていたら5年ですか。

近頃は PC の最新機種を追っかけることもないので、このスペックがどれぐらいイケテナイものなのかもよくわからない。とりあえず、ちょっとしたプログラム書いたり(実行はサーバ上)、iTunes 動かしたり(ちょっともっさりするけど)、Firefox でブラウズしたりというのは問題ないからなぁ。

と、ひっかかった BUFFALO のページに 1280MB までメモリ増設ができるとの記載が。確か、サポートされてるのは760M (初期256+増設512) までだったんだけど、当時はこのサイズで 1G のメモリがなかったような。価格.com で見ると Amazon が最安で 9000円ほど。極めて微妙。
そういえば、軽い軽いと言う Google Chrome もしばらくするとちょっと重たかったりするしなあ、iTunes の曲の変わり目は結構重かったりするしなぁ。そんなことを思いながらご購入。

差し替えてみたんだけど、驚異的な変化はないねぇ。Firefox が「シャキッと」した気がする。後はメールの添付ファイルのウイルスチェックが軽くなったかなぁ。相変わらず iTunes の曲の変わり目はハング気味。仕方ないのか。

9000円の投資の価値があったかどうかは正直よく分からない、というか分からないならダメじゃん、という気もする…のだけど、大事に使うから地獄の底まで付き合って貰おう。手元に残った DN266-A512MZ どうすっかなぁ。動くんだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

懺悔

北斗の拳を収集した者としては、読まねばなるまいと読んでみたら gdgd のギャグマンガになっている蒼天の拳。一応惰性で買っているのだな。

半年ぶりぐらいに19巻が出るというのでアマゾンで予約。ところが発売日になってメールが到着。「在庫が確保できませんでした。発送予定は10月です」みたいなの。
「はぁ?」予約させといて在庫確保できずって何よ?と軽くキレて、キャンセル。キャンセルするときにご意見記入欄があったので「ありえへんやろが、おんどれ」をもう少し上品に記入して、一緒に買う予定だったプリンタのインクとかだけ購入。

街に出た折に、「ああ、そういえば」と書店で求めることに。で、結構大きめの書店を回ってみたり、オフィスの近くの書店に行ったりしても売ってないのよな。「なんかすごい売れ行きになるようなことでもあったのかしら?」と思って調べてみたら、何故か知らんが直前になって発売日が1ヶ月押したらしい…

「いや~、あのときは辛く当たって申し訳なかった」とアマゾンに思ってみたり。まぁ、向こうの説明が悪いと言えば悪いんだけど。システムが発送しようとしたら在庫が0だったもんで、自動的にメール送信っていうオチでしょうが。予約商品の発売日が押すって、ゲームとかだとそこそこありそうなもんだけどな。そういう分岐は無いのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

行司

朝青龍厳しい立ち会いにブチ切れ

幕内2人が空白になったまま始まった秋場所。新しく理事長になった武蔵川親方の鶴の一声で「立ち会いを厳格に見るように」との通達が行司と審判部にだけ行って、力士会には行かなかった模様。
で、律儀に両力士の両手がつかない仕切りは行司待ったになったんですが、両力士の息が合った上で、両手がついていなきゃいけないというので、取り直し連発。また、「土俵に手をつく」というのも、土に擦った程度をOKとする行司とそうじゃない行司がいたりで混乱気味。白鵬が思い切り投げた後で待ったがかかってたり、昨日の琴奨菊なんて立ち会い変化したり突っ込んだり3,4回色々やって全部待ったで、挙げ句にキレた千代大海にかちあげ食らって押し出されたり。

力士の不祥事もあって引き締めたいんだと思うんだけど、何か間違った手綱を引いてる感じ。力士は集中力欠いて立ち会いが甘くなってるし、見る方も何度も待ったかけられると白けるし。興行としては悪い方向に行ってるんでねーのかなぁ。つーか白黒テレビの頃の名勝負とか見ると片手どころか両手ついてないよ。

そもそも相撲の立ち会いって不思議よね。行司は「時間です」の後は「手を突いて見合って」ぐらいしか言わないで後は自発的にスタートするのを待ってるだけだし。ボクシングのゴングとか柔道の「始め」とかそういうの無いのよね。というか、じつは行司ってタダのにぎやかしなんだな。最終的な決定権は下に座ってる審判部の親方衆にあるわけだし。審判部の意向通りに仕切れば容認されるけど、そうじゃなきゃ差し違えということで。なんかそう考えるとちょっと行司が可哀想な気もしてきた。

「お互いに息が合ってるんだから、それでやらせた方がいいと思う」と朝青龍が言ってるようだが、正にそうだと思う。両手をついてるかどうかよりも、相手の仕切りを待ってからゆっくり仕切ってわざとタイミングをずらすような合わせようとしない力士を指導すべきだと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

透過

お仕事でグラントウキョウサウスタワーなるところへ行ってきました。
ええもう、某R社訪問ですが。

何か受付から各階のエレベータホールからやたらと案内のおねーちゃんがいて、どんだけ人件費使ってるんだろう?と思わせるところでしたが(オイラからすれば絶対に過剰な費用だ)。
で、33階だかの会議室でMtgして、帰りに担当者がエレベータホールまで見送ってくれるわけですよ。よくある感じですな。

ところが、このエレベータが4面ガラス張りでして。ドアも透明なんす。
ビジネスマナーとして、エレベータに乗ったら挨拶をしてドアが閉まるまで頭を下げるのは常識。なんだけど、ドアが透明なもんで、ドアが閉まっても頭上げれないんすよ。降り始めるまでの時間が結構長い。
そーっと様子をうかがうと、先方もドアの向こうで様子を窺ってる模様。何この変な感じ

R担当の別の営業に聞いたら「ええ、だから僕できるだけ死角(ボタンとかある柱かな)に隠れるんですよ」

レストランとかのテナントが入るフロアならいいけど、ビジネスで使うフロアのドアは透明じゃない方がいいよ、と思ったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

IVRC15周年記念祝賀会

今となっては全く活かされていないのだけど、学士時代はVRの研究をしていたわけですよ。で、当時「手作りバーチャルリアリティコンテスト」というのがあって、オイラの研究室からも出展したんだけど、何故かオイラは別の大学のサークルから出展したことがあったりして。

その後どうなったか知らなかったのだけど、毎年続いていたらしく今年が15年目だということで、過去の参加者に祝賀会の招待状が。知ってる奴いるのか?と思ったけど、当時違うチームながら一緒にやってた友人Yが行くというので、んじゃオイラも行くかと。3連休の中日だったけど暇だったし。

お台場の未来科学館?科学未来館?なる場所で今年の大会が行われているということで、少し早めに行って展示を見て学生に質問してみたり。オイラの頃と比べて3D CGのレンダリング能力と画像認識技術が段違いに良くなっているのもあってか、少しソフトウェア寄りになってる印象があった。昔はもっとメカっぽいのが多かったんだけど(というかリアルっぽさを出すにはそれしかなかった)。併設されていたインタラクティブ東京の展示では、いくつかの大学の研究室の展示もあって、少し未来を覗けるような面白い展示が2つほどあった。

祝賀会は立食のパーティのようなもの。大会開始当時20歳だったオイラが35歳ということで、オイラの知人でも大学に残った人の出世頭は某有名私大教授、その他准教授、講師などになっていたり、当時ちょうど大物になった感のある先生が来年退官とか、「(セーラー)ジュピターが1番だ」と言っていた助手の方が今では某国立大学の教授とか、そんな時間の流れを感じるのでした。特に一緒にバイトして馬鹿話してた人や、呼び捨てにしてた後輩が周りから「先生」呼ばわりされてるのは何か不思議。後、思いがけず研究室の先輩に12年ぶりに会えたのも嬉しかった。

祝賀会終了後も場所を新橋に移して飲み。8人中サラリマンはオイラとYだけ、後の6人はお国の研究員1人以外は「先生」。てか Y も大手メーカの研究所勤務なんだが。ということで、久しぶりにアカデミックな議論に花が咲くのを肴に飲みながら、たまにカットインしてみたりして中々面白かったっす。近頃は、所謂 Geek な人と飲んで話しても、IPO云々とかそんな話に落ち込みがち(別に悪いことではないが)なんだけど、まだ40手前の先生方って純粋に学問や技術としての可能性を四六時中考えてる人たちなので、もっと純な「面白さ」とか「問題点」というのをネタに話し合っている感じが新鮮。というか、Web2.0 とかその辺にいる人たちより、よっぽど尖った所攻めてるからねぇ。金になるかどうかとか考えずに。

結局5時間ほど飲み続けた結果、翌日の体重は +1.4kg であった。代償はデカイ orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

USD

リーマン・ブラザーズ証券に9月26日まで業務停止命令、支払い不能の恐れで

誰かリーマンに行った奴がいたはずなんだよな。週1で散髪に行くラクロス部のHだっけ?バイト先の名前も忘れた感じ悪い奴だっけ?記憶の彼方だ。当時は「何か給料の高い外資系らしい」ぐらいしか思わなかったんだけどな。そんなオイラも外資系に入ることになるんだが、オイラの方は当時ほとんど無名のソフト屋さんだったわけで。

今週知人が欧州へ旅行に行くとのことで、先々週の末ぐらいかな、銀行でユーロを入手したそうです。1Euro = 161円って行ってたかな。先週半ばで148円台(これ書いてる時点で 1Euro = 148.8円)。泣いてました。
オイラもこの冬辺りに USD が必要になるかなーとか思ってるんだけど、いつ両替するのがいいのかが全然読めない…
上記のニュースを受けて、今朝起きたら 1USD = 104.3円。オイラのよく知らないFXなる世界では大騒ぎなんだろうなぁ。さて問題は12月のUSDは何円なのか。またUSが「$買い支えろや、おらぁ」って言ってきたら誰が首相だろうと断り切れないから買うのかな。石原さんちの坊ちゃんが首相になったら「NOと言える」のかしら?

何か、ECもJPNもUSも仲良く「りせっしょん」っぽいのでどこかが良くてどこかが悪いから相場が…というよりはどこが踏みとどまれるか、みたいなとても後ろ向きなレースが始まってるようで見切りがムズイ。体力のポテンシャル以外に、抱えてる爆弾がわからんし。AUDもNZDもダメになってきたっぽいしなぁ、だからといって中国もオリンピック終わってから怪しいし。
東証もどうなるんだろう。こういうときこそ、バフェット的には大チャンスのはずなんだが。オイラにはその眼ががない。金もない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

iTunes8

起きたらAAPLから更新通知があったので、何も考えずに iTunes を更新。
なんかインターフェース変わったなぁ、と思ったらリスト表示が "どピンク"。
前から iPod 管理画面がピンクになってたんだけど、ついに普通の楽曲表示までピンクに…

いけてねーと思いつつ、再生したら音出ません。いつもは AirMac Express に飛ばしてBOSEのスピーカー鳴らしてるんだけど、うんともすんとも。スピーカーは認識されてる(Wi-Fi は飛んでる)っぽいし、スピーカーをPCのものに切り替えると音が出る。
起動し直したり、アンインストールしてインストールし直したりしたけどダメ。

むー、と思い、色々調べた結果、AirMac Express の Firmware が上がっているかも、ということで、AirMac Express Firmware Update 6.3 for Windows でアップデート。そしたら、今度は Wi-Fi 自体繋がらなくなって焦る。んだけど、DHCP でのIPアドレス取得失敗の表示の後何故か普通に繋がった表示が。謎。
で、iTunes を立てて再生しようとしたら

「リモートスピーカーに接続するときにエラーが起きました。不明なエラーが発生しました。(-3256)」

をいをい、何かエラーが深刻になっただけだぞ。と思ったのだけど別の曲を選んで再生したら普通に再生し始めた。もう激しく謎。てか、AAPL の Wi-Fi 周りの Utility って使いにくすぎ (怒

てか、このピンク直らないの???

[追記]
わかった。やっぱり色数。オイラ別に画像とかどうでもいいし、マシン古いので色数は16bitにしてるんだけど、これだとピンクになるらしい。グラフィックボードにもよるかもしれず。32bit にしたら普通の色になった。どんだけ微妙な色遣いしてるんだ? > AAPL

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Default 'Reply to all'

以前、「普通メールに返信する時って、送信者だけじゃなくて Cc に入ってる人も含めて返信したくない?」ってことで GreaseMonkey Script を作ったのだけど、GMail のバージョンアップで動かなくなり。面倒なので放置してたら、Gmail が対応してくれました。

Official Gmail Blog: New in Labs: Reply add-ons

GMail 右上の緑の人型みたいなの、多分フラスコなんだろうけど人型に見える、を押して enable にすればよろし。これで快適。
その他、一部だけを引用する機能もあったりするけど、現状は Chrome で動かないのな。Google Chrome をGMail専用ブラウザにしてるので、便利そうだけど未だ使えず。

Note: This doesn't quite work in Chrome or Safari yet, but it will in a few weeks.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

クリーニング

仕事をしてたら知らない番号から電話。出たらオネーサンの声で、年頭辺りに虫歯撲滅キャンペーンに通っていた歯医者であった。なんでオネーサンとオバハンの声って聞き分けられるんだろうな。ま、いっか。

で、半年たったのでクリーニングの季節ですよ、と。
春に治療が終わったときに希望すれば半年に1回クリーニングの召還をするけど、どうだ?と言われてお願いしたところ、電話か郵送かを選ばされたのよね。郵送だと俺様の弱い意志でシカトしそうな気がしたので電話をかけてもらうようにお願い。で、夏の終わりにかかってきたと。

半年ぶりに見てもらって特に問題なし。ただ、歯間ブラシの使い方が甘いらしく、クリーニング後は血反吐を吐かされて解放された。

子供の頃なんて自主的に歯医者に行くなんてありえなかったんだけどなぁ。中学の頃、部活でやらされてあんなに嫌だった筋トレなのに、今ではわざわざジムに金払って時間を作ってまで通っているのも変なの。いろいろ本買って自分で勉強してみたり。
こういうのが若い者に伝えておきたい事ってやつなのかな。つーか、やらせるから嫌だっただけか。ゴールとそのメリット、近づくためのステップを冷静に理解させれば中学生ぐらいでも案外色々自主的にこなすのかしら。それが理解できないのが若さかしら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

Lance Armstrong coming back??

VeloNews | Sources: Lance Armstrong coming back

別に自転車競技を知らない人でも名前ぐらいは知ってるだろう"ランス=アームストロング"。
US 出身で精巣癌からの競技復帰後1999年から tour de France を前人未踏の7連覇したという、オイラの2つ上だが伝説の選手である。優れた選手だっただけでなく、癌からの復帰や人工授精で子供を作ったことなどもあって引退後も講演や書籍で人気がある。

その Lance が所属していた U.S. Postal の流れを引き継ぐ Astana に4年ぶりに復帰するという噂が。それもノーギャラで tour de France(TDF) を含む5レースに出場するという。昨日の放送で栗村さんも言ってたけど「ノーギャラの意味が分からない」
Astana は現在絶好調で Vuelta a Espana を戦っており、若きエース Contador は昨年の TDF チャンピオンにして今年の Giro チャンピオン。Vuelta も現在総合2位ということで、十分狙える位置にいる。以前、生命も危ぶまれる脳の腫瘍から復帰した Contador は同じ境遇だった Armstrong  を崇めていたのだけど(昨年のTDFのT.T.に Armstrong が応援に来て感動してた)、同じチームに復帰してくるとしたら話は別のような。来年のTDFのエースはどっちなのか。Contador がエースだとしても、同じチームにアシストで伝説の選手がいるってやりにくくね?それもノーギャラ。

オイラはガセじゃねーかなーと思ってるんだけどなぁ。競技生活中は一度もドーピング検査にひっかかったことは無いものの、あまりの強さから常にドーピングの噂のあった Armstrong。無いとは思うけど万が一ドーピング検査に引っかかるようなことがあれば、これまでの栄光から転げ落ちることになるし、自転車界のイメージも低下は免れないのでなぁ。
そういうこともあって大人しくしておいて欲しいような。もちろん見てみたい気はちょっとはあるけど。

と思ったら…
Armstrong confirms comeback
いきなり動画とは便利な時代です。

Lance Armstrong has confirmed that he will indeed be part of the peloton in 2009, citing cancer awareness as the motivation for an unlikely return to the sport. Winning an eighth Tour de France is the goal for the Texan, who will be 37 years of age on September 18.
    "I am happy to announce that after talking with my children, my family and my closest friends, I have decided to return to professional cycling in order to raise awareness of the global cancer burden," he said in a statement released to The Associated Press. "This year alone, nearly eight million people will die of cancer worldwide. ... It's now time to address cancer on a global level."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

角界汚染

露鵬は5倍、白露山10倍の大麻成分検出 国際機関基準

まぁ、前々から「他のスポーツでもドーピング検査を厳格にしたら色々でてくるんじゃねーの?」と言ってるんだけど、まさかの相撲。麻薬とドーピングは違うが。

他の競技も同じだと思うんだけど、自転車の世界でドーピングの手段や結果について争う場合は、A検体に続いて B検体のクロが出てから争うのが普通。なんか露鵬の弁護士は「検査手続きへの疑問」とかで B検体の調査を拒否したとかいうことで、謎な主張なんだな。B検体の検査拒否=「私はやっておりました。わるうございました」ってことなので。

この件でやたらと名前の出てくる「三菱化学メディエンス」なる企業、実は前身の三菱化学ビーシーエルという会社に仕事の関係で見学に行ったことがあり。メインは臨床検査なので、1階に倉庫みたいな搬入口があって、毎日すごい数の検体が全国の医院・病院から送られてくるんす。で、尿検査やら血液検査をするところなのですよ。
そういえばオイラが口唇ヘルペス騒ぎだったときに、皮膚科で血液採取されて帰ってきたレシートみたいな用紙にも三菱うんたらと財閥系の名前が書いてあって不思議な思いをしたのだけど、多分ここだったんだろう。

なもんで、施設のほとんどはそういう通常の臨床検査を行う工場のようになっていて、ほんの一部、ドーピング検査と警察関係から依頼された場合の薬物依存関係の検査室があった。ドーピングに関しては長野オリンピックの時にはわざわざ開催地に拠点を作って出張ったんだそうな。

まるで毒餃子の時の中国政府なみの抵抗をした両力士も解雇ということで。つーか、ステロイドとか含めて本格的に調査したら他にもボロボロでてくるんでねーのか?と思わざるを得ないような緩い管理/運営が明らかになったってことですな。舞の海の四股名が長尾な頃には幕下から録画して見ていた千代の富士ファンとしては残念を通り越して白けるようなここ最近の各界でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

電波枯渇@外苑前

1万5000ファン熱狂/トップリーグ

金曜は40分前に行けば余裕だろうと高をくくっていたら、着いた頃にはバックスタンド劇混み。サントリーが社員を動員したのかなぁ?なんかサントリーの選手紹介でやたらと盛り上がり、試合中は汚い野次を飛ばす普段のゲームではあまりいない感じのオッサン多発。もちろん手にはモルツのビール。結局 14,901人動員ということで「ラグビー人気が来たのか?」と思わせる(勘違い?)盛況でしたよ。

試合はオイラの予想を裏切って 19-9 で三洋の勝ち。三洋はディフェンスが素晴らしく、敵陣で得たPGをBrowny がこつこつと決めて勝利。何度も鋭いタックルを食らったサントリーの選手が前にボールをはじくシーンが見られた。特に後半はサントリーはろくすっぽ敵陣に入ることが出来ないぐらい。小野澤が綺麗にダブルタックルを食らうシーンなんてなかなか見られるもんじゃない。

サントリーはスクラムでは圧倒するものの、SO の菅藤心が出来が悪く、自在にコントロールしたスクラムから世界最高のSH が球を出すものの、日本代表3人を並べるラインにまともに供給されない状況。また、No.8 ソンゲタも圧倒的な突破力で存在感を見せたが、後半10分ぐらいでエンスト。さらにサントリー全体として Tony Brown のハイパントの処理が下手すぎた。清宮監督は試合後いつもの強がりで「ただ蹴ってただけ」と吐き捨てたそうだが、その「ただ蹴っただけ」のボールをまともに処理出来ないようでは今後がつらそうだ。当然他チームも狙ってくるだろう。
サントリーで面白そうなのは7人制のEngland代表 Oduoza か。WTB と FB あたりをこなすらしいが、めちゃくちゃ足が長い。この試合では三洋がなんとか止めていたけれども結構な加速を見せるので他チームにとっては怖い存在になるかも。

Gregan は背後へのキック処理で流れるように走り込んでのキャッチで一度スタンドを沸かせたが、それ以外はSOの出来もあってあまり光らず。三洋の榎本キャプテンが「Tony Brown もチームにFitするのに1年かかった」と言っていたが、やはりまだ完全になじんではいないのか。とりあえず昨日の段階では評価不能といったところ。1月3日の神戸戦辺りでは良い感じになってるかなぁ。

で、掲題の件。
元ラガーのFと見に行って現地で待ち合わせにしてたんだけど、キックオフ15分前になったのに電話かかってこないから、かけたところが電波が枯渇してたらしく。向こうは Softbank, こっちは au だったのだけどお互い留守電になった(自分のキャリアに繋がるけど、相手の端末まで届かない)。後で聞くと Softbank は何度もトライしてやっと留守電になったと言っていたので Softbank の方が比較的"弱い"かもしれない。
隣の神宮球場で巨人@ヤクルト(観客数 18,856人)をやってたのは知ってたんだけど、実は嵐のツアー初日が国立競技場で行われていたらしく、ジャニオタを7万人動員してたそうです。あのエリアに10万人も居れば基地局も足りなくなるかな、と思ったのだけど、となると秩父宮に隣接する某社オフィスではしばしばオフィスで携帯使えない状態になるんでねーのかなー、と思ったのでした。前からある某商事とかどうなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

Top League 2008 開幕

サントリーのグレーガンV2へトライ/TL

ラグビーの今季トップリーグ(TL)が5日(東京・秩父宮ラグビー場)、三洋電機-サントリーで開幕する。TL2連覇を狙うサントリーに新加入した元豪州代表主将のSHで、世界最多キャップ保持者のジョージ・グレーガン(35)が日本デビューを果たす。一時帰国していたグレーガンは4日、11日ぶりに合流。直前の再来日となったが、世界的名選手に不安はない。

北京で一躍時の人となった感のあるG.G. であるが、あんなショッパイのじゃなくて、ラグビー界でG.G.と言えば George Gregan である。年俸8000万の2年契約ということであるが、これまでのキャリアで積み上げた財産と実業家としてのコーヒーショップチェーンの成功(実質奥さんがやってるんだっけ)もあって、彼にとっては大した金額では無いかもしれない。

ちなみに、日本に来て"餃子の王将"の餃子にはまっているらしい、というのを読んでオイラも久々に王将行きたくなった。「テンハンイー、イーガーコーテル」辺りでお願いしたい。

そのサントリーは、今夜秩父宮で三洋電機と開幕戦。某社新オフィスからも観戦できるはず。
いきなり、昨年のTL王者と日本選手権覇者の対戦ということで、見に行ってきます。外せないよね。Gregan も先発リストに入っていて楽しみ。一昨年だったか、オーストラリア首相XV で来日したときは名誉キャプテンみたいな立ち位置だったのでプレーはしてくれなかったもんね。初の生Gregan。
榎本キャプテンを含む怪我人が戻りきらない三洋は長いリーグ期間を見据えてこれから調子を上げていくような状態に見えるので、今日の所はBKライン充実のサントリーに分があるかな、という予想。

今年は暫定的に外国人枠が2人から3人に広げられたことと、World Cup翌年ということもあって大物が多く来日している。ヤマハのex-All Blacks 主将 Thorn を始め、神戸のデルポルト、サニックスの C.Ralph など生で見てみたい選手が多い。チームとしては、2強以外にヤマハの完成度が高そう。大畑、元木も帰ってくる我らが神戸を秩父宮で見れるのは1月3日か。先は長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

パンツ“こだわり派”

男性の心理と下着に関する意識調査

ワコールホールディングスの調査が面白い。

先日も書いたように基本的に無頓着なので、今日も自分がどのパンツ穿いてるか知らない。一応、トランクス派。
ただ、全く何も考えていない訳じゃなくて、一応カイロプラクティックに行くときはボロパンツは回避してる。後、タイトなパンツ(ズボン)穿くときはボクサーパンツ。トレーニングの時もボクサーパンツ。なんつーかトランクスだと落ち着かないしね。放送事故的な事も起こらないとも限らないし…

意外なのは「“気に入ったパンツ”がもたらす心理的効果」ってやつ。

・心理的効果は、『気合』『異性へのアピール』『癒し』『開運』『男らしさ』の5種類。
・ “こだわり派”は『気合』が5割に達し、『癒し』『開運』の効果で、女性をやや上回る。

はぁ?って感じ。パンツで気合い入るのか…癒しとか開運に至っては謎すぎる。開運パンツって売ってるのかなぁ。見たことねーけど。験担ぎで毎日同じの穿いてるとか? (ぉぃ

あー、ゲルマニウムとか水溶チタンとかトルマリンとかボクサーパンツに織り込んで売ると売れるのかな?ついでにマイナスイオンもつけておくか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

Google Chrome

Google Chrome

ありがちだけど、とりあえず書いておこう。後々「記念日」になるかもしれないし。

USの9月2日、なので日本の3日に Google が自作ブラウザの試験版をリリース。ということで、早速使ってみた。
ダウンロードしたファイルは475k と小さく、残りはインストーラがネット上から落っことして入れるもの。

Firefox でダウンロードしたからか、Firefox のブックマーク等をインポートしてくれる模様。で、社内で使ってるサイボウズの画面を開いてみたら描画が見えなかった。イントラネット上とは言え、一瞬で画像のように現れる画面にビビる。
その他、色々見てみたけど特に問題なさそう。Java Applet が動かないけど、Flash は動いてる。

1つのタブに1プロセスを割り当てているということで、右クリックすると「タスクマネージャ」なるもので、各タブが使っているメモリなど見ることが出来る。Firefox は3になってからよく落ちるのだけど、Chrome の場合は何らか不具合があってもそのタブだけ落ちて、全体が心中ということが無いようにしている模様。

ただ、しばらく使っていて FireGestures が無いのにストレスを感じた。結局使い慣れている自然な動作でブラウズ出来ないというのはちょっと参る。Greasemonkey ぐらいなら我慢するけど。
のでしばらくはGMail と Google Calendar 専用ブラウザにしておくかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

激動の1750日

普段、DVD見ないんですよ。ましてや任侠モノとか興味ないし。

何か一緒に仕事してる人が任侠モノ好きらしく。仕事と関係ない話をしてるときにそんな話になりまして。で、後日何故かDVDを貸し付けられました。

山一戦争を忠実にたどった話だと言われ、興味はないけど、いやちょっとあったんで暇な週末に見ましたよ。
若い人は知らないかもしれないけど、1984年から5年にわたって山口組と一和会が関西中心に日本各地で起こした抗争事件のことで。DVD貸してくれた人は東京育ちで「任侠カッコイイ」みたいな興味本位みたいなんだけど、神戸育ちのオイラには子供心に物騒な時代だったわけです。

小学5年から諸事情あって塾に通い出したんですけど、それが神戸の花隈というところでして。今調べて知ったんですけど、山口組最大派閥と言われる山健組の本部がすぐそばだったんですな。そんなこと知る由もなかったんだけど、歩いてるとジュラルミンの盾もってヘルメットの人がイパーイいたりとかしたもんですよ。ええ、今思えば正に山一戦争勃発の時だったんですな。

中学以降は電車通学で。中学の近くにも山口組系の事務所があって、監視カメラがいっぱいついた家の前で毎朝坊主頭のがっしりしたオッサンが箒使ってたもんです。別にオイラ達に危害加える訳じゃないけどね。むしろいい人だったり。
マスコミが煽ったのもあってしばらくは神戸市民みなガクブルで暮らしてたわけですよ。普通に発砲事件とか起こってたから。
今でも覚えてるのが元町の高架下辺りを歩いてたら、車が紙パックを踏んだらしく乾いた「パーン」という音が。今の東京なら誰も気にしないだろうけど、そんときはみんな銃声じゃないのかと振り向いてびびってたもんね。

何となく一和会っていう組織が山口組に喧嘩売ってるんだ、と認識してたんだけど、内部分裂だったとは知らなかった。「あの頃こういうことが起きてたのねー」ということを知ることが出来たので、そういう意味では役に立った(?)かな。別に人に勧めるものではないけど。

本筋とは関係なく兵庫県警のミーティングシーンが標準語なのが気になった。他にもたまに関西弁が変なんだけど、ひどいドラマとか多いから普通のドラマとかと比べればちゃんとした関西弁だと思う。
昔NHKのドラマに出たら笑福亭鶴瓶が方言指導の人に関西弁を修正されたって言ってたぐらいだし。
個人的には中条きよしが渋くて良かった。仕事人の三味線屋の時から渋いからなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

モンゴル場所

朝青龍の兄がモンゴル巡業毎年開催を熱望

「朝青龍の兄で新日本プロレスでブルーウルフの名で活躍し、巡業会場となるサーカス場の社長のドルゴルスレン・セルジブデ氏」とのことで、相当儲かるんでしょうなぁ。平均月収2万円の国でチケットの最高額は2万円だそうですよ。
まぁ、そのうち幕内の過半数がモンゴル人になりそうなんで、そうなったら両国開催1つ潰してモンゴル場所やればいいんじゃねーかと。

そういや、ロシア、韓国出身の幕内力士はいるけど中国はあんなにでかくていないのか。水滸伝に没面目焦挺とか浪子燕青とか相撲を取るシーンとかあるのにな。と思って調べたら幕下には結構いるらしい(中国出身力士一覧)。

トルコにもヌルヌル相撲があったと思うんだけどトルコ人は幕下にもおらず。
航空相撲のあるアフガニスタン人もいねーな(あたりめー

アフガン航空相撲 - アンサイクロペディア
アフガン航空相撲 - Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »