« 電波枯渇@外苑前 | トップページ | Lance Armstrong coming back?? »

2008年9月 9日 (火)

角界汚染

露鵬は5倍、白露山10倍の大麻成分検出 国際機関基準

まぁ、前々から「他のスポーツでもドーピング検査を厳格にしたら色々でてくるんじゃねーの?」と言ってるんだけど、まさかの相撲。麻薬とドーピングは違うが。

他の競技も同じだと思うんだけど、自転車の世界でドーピングの手段や結果について争う場合は、A検体に続いて B検体のクロが出てから争うのが普通。なんか露鵬の弁護士は「検査手続きへの疑問」とかで B検体の調査を拒否したとかいうことで、謎な主張なんだな。B検体の検査拒否=「私はやっておりました。わるうございました」ってことなので。

この件でやたらと名前の出てくる「三菱化学メディエンス」なる企業、実は前身の三菱化学ビーシーエルという会社に仕事の関係で見学に行ったことがあり。メインは臨床検査なので、1階に倉庫みたいな搬入口があって、毎日すごい数の検体が全国の医院・病院から送られてくるんす。で、尿検査やら血液検査をするところなのですよ。
そういえばオイラが口唇ヘルペス騒ぎだったときに、皮膚科で血液採取されて帰ってきたレシートみたいな用紙にも三菱うんたらと財閥系の名前が書いてあって不思議な思いをしたのだけど、多分ここだったんだろう。

なもんで、施設のほとんどはそういう通常の臨床検査を行う工場のようになっていて、ほんの一部、ドーピング検査と警察関係から依頼された場合の薬物依存関係の検査室があった。ドーピングに関しては長野オリンピックの時にはわざわざ開催地に拠点を作って出張ったんだそうな。

まるで毒餃子の時の中国政府なみの抵抗をした両力士も解雇ということで。つーか、ステロイドとか含めて本格的に調査したら他にもボロボロでてくるんでねーのか?と思わざるを得ないような緩い管理/運営が明らかになったってことですな。舞の海の四股名が長尾な頃には幕下から録画して見ていた千代の富士ファンとしては残念を通り越して白けるようなここ最近の各界でございます。

|

« 電波枯渇@外苑前 | トップページ | Lance Armstrong coming back?? »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749900

この記事へのトラックバック一覧です: 角界汚染:

« 電波枯渇@外苑前 | トップページ | Lance Armstrong coming back?? »