« コンビニ | トップページ | うなじをつかんで歩く »

2008年10月17日 (金)

コンスコン強襲

秀吉の「黄金茶室」復元、総額3億5千万円

今を遡ること9年弱前に辞めた古巣。移転をしたというので、見に行くという"先輩方"からお誘いを受け、ご相伴に与ることに。駅から古巣の受付まで行き、5分ほど待っている間、誰か知っている顔にあって「おー」とかいうのを期待というか想像していたのだけど、出入りする人は多いのに一人も知った顔が無く。時の流れを痛感

案内してもらった社内は、競争率2倍とか3倍とか言う"椅子取り合戦オフィス"らしく(固定の席がなく、自宅作業も可能)、なんつーか、凄かった。社員の人も「どこに誰がいるかわからない」「机の電話は3人で一つぐらいだから俺使ったことない(携帯が支給されてるらしい)」「ここ、何の部署か知らないんだよね」なんて感じで大きな会社になったもんだなぁ、と思ったのでした。
多分、髪型とか体型とか毎日見てると変化に対して気付かないように、毎日通っていればそんなに変わった感じもしないんだろうけど、一緒に行った人とは「うわー、何かもうこういうところじゃ働けない気がする」なんて感想を話していたのでした。低いパーティションで区切られた机に人が一杯並んで座ってPCに向かって仕事してるの。この9年、比較的少人数のオフィスでずっと過ごしてきたので、ああいうところの one of them になるのは無理かもしんない、と。

ふらふらしていると、北海道に移ったはずの同期Dに遭遇。単身赴任で戻ってきてるらしい。何だかすんごい増量していて最初は他人かと思ったぐらい。大きな会社にいると増量しやすいのかな。データセンタでケーブルと格闘していた同期Lは相変わらずだったけど。てか、本当にハード屋さんになってるとは思いもしなかった。

で、上記の通り、ぎっしり詰め込まれているオフィスなのに、何故か上のフロアには茶室が。
聞いてはいたので、てっきり1室が茶室になってるんだと思ったら、1度京都だかで組んだ奴を解体して運び込んで建物ごとビルの中に作ってあるのな。
最早、どういう費用対効果があるのかよくわからないけど凄いことは確か。


建物の中に建物(ここは打ち合わせ用?)

そうそう、秩父宮は真下過ぎて見難かった。

|

« コンビニ | トップページ | うなじをつかんで歩く »

戯言」カテゴリの記事

コメント

茶室自体はまぁ普通ですが。

犬を飼うのに比べると初期、月額とも結構掛かってる気が。それに比べて効果が上がるのかというと謎だなぁ、とおもいますた。ま、もうとっくに株主辞めてるのでどうでもいいんですがw

投稿: しげお | 2008年10月20日 (月) 13:00

茶室ってこれのことか。すごい成金趣味に見えるねぇ。

投稿: kaz | 2008年10月18日 (土) 00:26

NOKK は、僕らがいたころからオフィス環境はあまり良くなかったと思う。
僕が経験した会社の中ではワーストだった。

やっぱ、個室 w/ 窓&TV がいいな。

投稿: shun | 2008年10月17日 (金) 19:23

正確には写真は掘りごたつ形式の打ち合わせスペースみたいなとこで、茶室は右手前ぐらいにあるのですよ。

D氏は北海道での幸せ太りではなく、単身赴任の不摂生とストレス太りだと言っていました(自称

投稿: しげお | 2008年10月17日 (金) 11:32

ほぉー。これが例の茶室ですが。そしてD氏はそんなに増量ですがー。やっぱり飯の美味い北海道が羨ましい。。

投稿: hidekoji | 2008年10月17日 (金) 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749928

この記事へのトラックバック一覧です: コンスコン強襲:

« コンビニ | トップページ | うなじをつかんで歩く »