« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

Blog Parts

先日の為替の件で KEi-san が Blog Parts を作ってくれた。

先日のレートで50万ずつを EUR(124) と AUD(64) にして、今のレートでJPYに戻したときの金額。AUDの方が高ければオイラの勝ち。なんだけど、金属価額の低下を受けてかAUDがよろしくない。
ま、ちなみにオイラは個人的に59円のAUDと118円のEURを持っているのでな。今のところ損はしてないけどどうなることやら。

このココログフリーは nifty が承認した Blog Parts しか貼れないんだよなぁ。貼れるんだったら色々作る気もするんだろうけどなぁ。Google App Engine も興味はあるけどいじってないし。

でも、こんなくだらない日記崩れに金を払う気もしないのでまあこのまんまかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

増量宣言

三洋電機SOブラウンが離脱/TL

というわけで日本語のメディアでは初めて目にした Tony Brown の怪我情報。

「最悪の場合は生命の危機もあったが、いまでは病院内のコーヒー店に出歩いている」と現状を説明した。

十分に重大事だし、1ヶ月も入院を続けているということで復帰できるかどうかが不安。

それはそうと、下の方にあるプロフィールを見ると、178cm 85kg とのこと。トップリーグでも決して大柄ではない Brown であるが、BMI は26.8 という残念な数字になる。標準体重15kgオーバー。
ちなみに、CABs として国立競技場で小野澤とジャージ交換するときに全盛期のダイナマイトキッドばりの鋼の肉体を誇示した Doug Howlette は 185cm 95kg なので BMI 27.7 で 19kg オーバー。数字だけ見ると世間的にはタダのデブである。

何だかダイエット(減量)しているイメージが定着しているようだが、オイラはもうダイエットしてないよ、と。今年の正月に太ったので3ヶ月ぐらいで標準体重に戻してからは維持しているだけなので、結構普通に食って飲んでしてるわけです。毎朝 Wii Fit で測定して。
ジムとダイエットは実は無関係で、ちょうど腰を痛めたりしたので少し体幹を鍛えておこうと思ったのが始まりで。

んで、こないだ久しぶりにジムで対ソ性、体組成を測定してもらったのですが、ここ2ヶ月あまり変化が無く。現状維持という意味では無問題なんですが、カウンセラーのおねーさん曰く「これ以上体重維持を気にしてると筋肉が増えませんよ」と。BMI はジャスト22ぐらいなものの、筋肉つけたので体脂肪率は10%台前半となってしまって、普通のリーマン生活的には限界らしい。「体重を気にしないで体脂肪と筋肉を見るようにしてください」と言われてしまった。
べ、別にマッチョを目指してるわけではないんだからね!我が家の筋肉担当は愚弟なんだし…と思いつつもおねーさんがそこそこカワイイので乗ってみるかと。まぁ、継続するにしても目標があった方がいいしな。うん、少し回数を減らしても負荷高めで頑張って見よう。


先日肉食いまくって韓国から帰国したら0.6kg減。
カプサイシン効果?

そんな感じで過負荷で右肩を痛めたので、ここ1週間は大人しくしてます(馬鹿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

feels like

Nirvana ではない。まえーに KEi さんと話したことを整理しておく。

日本では天気予報で体感温度って気にしないけど、USの天気予報サイトに行くと feels like ... というのがある。88°F (Feels Like 97°F) みたいなの。今の東京の気温は31度だけど、36度に感じるよ、ってなもんですがな。

でもよく考えると東京人の31度の感覚は飽くまで31度なんであって、誰にとって36度に感じるのかと。feels like は誰が feel しているのか?ブルース=リー?

で、調べると、これは Heat Index なるものなんだそうな。誰がどこで感じる温度というわけでもなく、温度(ふぁーれんはいと)と湿度から式で導かれるらしい。

ごめんなさい俺が悪かった。行列の積なんて勘弁。

興味のある人はこちら
Heat index - Wikipedia, the free encyclopedia

ということで今朝のTokyoは 48F(9℃) feels like 46F(8℃) とのこと。湿度が低いとあまり変わらないのかな。温度が低いからかな。何せ行列見てもぱっとこない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

今朝搾り

甲子正宗という銘柄で知られる飯沼本家という千葉の蔵があるわけですが、そこが今朝搾りと称して朝搾った原酒をその日の内に出荷してくれると。なんと東京ならその日の内に届いてしまうわけですな。

先日お会いしたM女史が日本酒好きの集まりに誘ってくださり、22日限定の今朝搾りを飲む会に呼ばれまして。参加者8人(+1人後から)に対して、四合瓶が6本。一人1本弱という数に、「残ればXXさんが持って帰るよね」などと言っていたのが、飲んでみたらマスカットベースの白ワインのように飲みやすく。それでいて青背の刺身を食べても生臭く無いのは確かに日本酒。軽く炭酸の感覚がすることもあってグイグイ行けてしまい、結局3時間ほどで全て飲んでしまいましたとさ。


1日限定の割に気合いの入ったラベル

「日本酒が好き」というだけで集まった人々も皆楽しい方ばかりで酒好きで良かったなぁと思ったのでした。
ちなみに一番ツボにはまったのは「酔っぱらって意味不明な例えを使いつつダイヤモンドサッカーを熱く語る女医」でしたことよ。

日曜は用事があったので結局連休はあまり動けず、月曜は雨が降る前に散歩を、と午前中に目黒の庭園美術館へ。庭園のみのチケットで入って散策。
まだ紅葉は本番で無いものの、一部が色づいているのも美しい。日照時間の長いところから赤くなるのだとか。曇り空が残念だけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

void

昨日昔の仲間と飲んでたときに出た話

  • mixi に void がいるらしい
  • 相変わらず素人を釣ってるらしい
  • 30過ぎぐらいだともうNNTP知らないらしい
  • てか、「void って mixi で初めてしりましたよ」とか
  • 高城剛はただのエリカ様の彼氏らしい

lala とか何してるんだろうなぁ。あの頃はネットが全般に紳士的だったけど、局所的に殺伐としてたなぁ。

多分このエントリも分かる人少ないんだろうなぁ。35と32ぐらいの間に超えられない壁があるんだろうか。オイラが学部を卒業したのが96年。大学入った時点で Win95 があったかどうかとかなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

電車の客層

不動産屋が教えない、生活レベルを知るためのもうひとつのポイント

オイラはレンタルビデオを生涯借りたことがないので(これってレア?)、こっちは確かめようが無いんだけど、コンビニなら分かる。でもなぁ、比べようが無いなぁ。前住んでたところなんて3年以上前だし、そもそもコンビニヘビーユーザじゃないので、棚の内容なんて気にしたことなかった。

とりあえず、引っ越してきてからコンビニのパンとアイスクリームが高くなった気がしたのは、物価高なのか地域特性なのか謎。パン高杉。

しかし地域の物価というのは不思議なもので、先日綱島のヨーカドーに行ったときは、オイラが特売で148円でゲットしたスナックパン(通常168円~)が平気で138円で売られているのに驚愕し(驚愕するほどでもないが)、1玉250円台のレタスが150円台なのに倒れそうになった。もっとも、レタスはちょっと萎びた感じは否めなかったけど。そんなレタスも1ヶ月経つと地元でも98円。どうなってるんだサプライチェーン。
レタスはまだしも、スナックパンの仕入れが違うというのは考えにくい。でも、やっぱ天下のIYがバルクで叩きに叩いているのかな。うちの近所にはデカめのチェーンが無いんだよなぁ。

しかしなんだ、路線による電車内の雰囲気ってのはあるわけで、前回の引っ越しに関してはその点も大きいかな。何となく好きなのは池上線と南北線。好きじゃないのは東西線かなぁ。何か肌に合わない。三田線もそんな好きじゃないかも。その他はニュートラルかな。千代田線ちょっと好きかも。井の頭線とか浅草線は好きも嫌いも客層雑多すぎ。
銀座線は客層は別にいいんだけど、車内とホームが暑すぎるよ。昨日も汗かきそうになった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年11月19日 (水)

WPA

ちょっと前の話題だけど。

「WEPは10秒で解読可能」、神戸大と広島大のグループが発表

恐らく一部の人しか騒いでいないこの事実。なれど、今時、家庭内に無線LANを組んでる人はかなりいると思われ。要はご家庭の無線LANに他人が入ってきますよ、ということで何が起こるかというと

  • 共有フォルダからあんなファイルやこんなファイルを持って行かれたり、見覚えのないファイルが増えたりする
  • 何かネットワーク重たいなぁ、と思ったら知らない人が家のネットワークででっかいファイルの上げ下げやってる
  • 家の無線LAN経由でSPAM送信されて家に警察が来る
  • 家の無線LAN経由で企業/公共機関サイトを攻撃されて警察が来る
  • 家の無線LAN経由で2chに犯罪予告されて、家に警察が来る
  • プリンタから身に覚えのないメールが印刷されて夫婦げんかになる

その他諸々面倒なことが起こるかもよ、ということですな。学生時代の友人Mが電話代が安いな、と思ってたら全く同じ機種を使ってた隣の部屋の住人の親機につながってたみたいな。

回避するためには WEP じゃなくて WPA/WPA2 を使えと。

で、我が家のWi-Fi は元はと言えば音楽を無線で飛ばしたいだけで導入したもので、PCは未だに有線で繋いでいるのだけど、今では AirMac Express を中心に PIXUS i4100R(プリンタ) と Wii が繋がってる。たまーに DS。
調べてみると、Wii と i4100R は WPA に対応している。AirMac Express も対応していると言うことで、まずはベースとなるこいつを WPA に設定。Wii も設定完了。で、PC のワイヤレスネットワークの設定を変更しようと思ったら「このネットワークドライバはWPAに対応していません」とのこと。

こ、こんなところで2003年製PCの限界が来るとは…PC-MV1-5CAのサポートページを見てもアップデートは無く。Intel のサポートページに行ってみたら何故かNotebook ManufacturersにSHARPが入ってない。何これ?喧嘩でもしたの?
ということは、PC買い換えるか、USB のアダプタ買うかだなぁ、と絶望して検索掛けたら徳島大学のページに、IBMが提供しているドライバで接続出来るという情報が。ここはダメもとで SHARP ではなく Intel 提供の2100 ドライバーをインストール。

なんとすんなりWPA2対応ですわよ、奥さん。無事に無線でスピーカを鳴らすことに成功して、後はプリンタのみ。で、久々に説明書を取り出して読んでみると「AESには対応しておりません」と。んが、無線LAN対応プリンタのはしりを購入したのが徒に。

んー、AirMac Express を"AirMac ユーティリティ" ってので WPA にしたら勝手にAESになったんだけど…TKIP には対応してないとか?だとするとプリンタ廃棄ですか?それはちょっと痛い。

ここで、何故かもう1つ入ってる "AirMac 管理ユーティリティ" というのを起動すると無事 TKIP に設定できた。いつもながら AirMac の設定の仕方はよく分からん。ということで、久々にプリンタをUSB接続して設定完了。最後に W-ZERO3 の設定を変更。これで Nintendo DS 以外は全てWPAで組み直し完了。

何か、PCとAirMac Express の接続が不安定になった気がするんだけど、AirMac Express も挙動不審だし、寿命なのかなぁ。

DS なぁ。お試し版ダウンロードはいいとして、レイトン教授の追加問題とか出来なくなるのがちょっと痛いなぁ。そのためにまた設定変えるのも面倒くさいし…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

気仙沼

先日知人と飯を食っていて気仙沼がどこにあるかという話に。
知人曰く「岩手だ。岩手出身の友達がよく話してたし」と言うのだけど、オイラはもっと南だと。

で、調べたところ宮城県な訳ですが、沼がないのに気仙沼とはこれいかに。

やっぱり同じような疑問を持つ人はいるようで、地元の人がやってそうなサイトでは

「気仙沼から海を見ると、目の前に「大島」があり、その内湾がまるで沼のように見えたので、気仙沼と呼ばれるようになった」という由来があります。

と。 ただ、検索して多く引っかかるのはアイヌ語もしくはエミシ語で「ケセモイ(一番南の港)」という言葉が語源だとするもの。なんかこっちっぽいな、と思ってみたり。でも、気仙郡というのは鎌倉時代以前から存在するんだよな。だとするとやっぱ「沼」は後付なのか。

ちなみにオイラが気仙沼を茨城か福島当たりだと思っていたのは秘密だ(いわきと勘違いしてた)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

USA 19-29 JPN

アルゼンチンがトライネーションズ入りへ

普通の日本人がアルゼンチンと聞くとサッカーのイメージだが、ラグビーでも前回のWorld Cup ではフランスを2度にわたって破るなど実力は折り紙付きの強豪国である。欧州のプロチームにも多くの選手が在籍しているものの、その立地故に強豪国とのテストマッチが組まれにくく不平があった。

同じ言語圏のスペインをベースに北半球6カ国対抗に参加するとか、南半球3カ国に加わるとか色々噂があったが、このほど SANZAR+ARG という形になる方向で固まったと。あ、SANZAR のARはおーすとれいりあなんだけど、アルゼンチンが参加すると SANZARAR になってややこしいな(どーでもいい)
早くても2012年からのようだけど。同時期に Super14 の expand の話もあり、日本も参加する噂があるので、ここ3年ほどで世界のラグビー勢力図がまた変わっていくかもしれない。

ということで、11月は全世界でテストマッチの季節。Japan も名古屋でUSA Eagles と戦い、10点差で勝利。USAのトライは日本のミスやいい加減なプレーからだったので、内容は完勝かと(逆に言えばミスやちゃらんぽらんプレーがあったということなんだけど)。これまで16戦して3勝とずっとUSAに苦戦してきた日本ではあったのだけど、世界のラグビーのレベルが上がる中で日本の組織力も上がり、体格と個人技でやってきたUSAとは少し差がついたのだろうか。だってUSAのキャプテンなんてどうみてもドン=フライなんだもの。
次は今週末の秩父宮での試合である。

今回のUSA代表は地元のクラブチームでのアマチュア、一部ヨーロッパのプロチーム、残りは強引に海外から連れてきた選手で構成されていた。"Gentlemen of Aspen [CO]" なんてクラブチーム名を見ると何だか羨ましくなってしまうのだけど、強引に連れてきた選手、というのは海外に移住したアメリカ人の子孫ということ。USA に限らずラグビーの各国代表を見ていると「母方の祖父がアイルランド人なアイルランド代表」みたいな選手が多い。特に北半球。
今、日本で国籍法云々と議論されているようだけど、外国人に生ませた子供がどうこうよりも、二重国籍を認可した方がスポーツ界には効きそうだなぁ、と。単純に外国人に国籍与えて強化するってことじゃなくて、強豪国で育った日本人の子孫が代表になれるようにするってことでね。海外の国籍を取ってしまう=日本国籍を捨てることになるので、基本的に子供は日本代表資格を得ることができないんだもの。

ちなみに日本代表に入っているトンガ人などは、トンガの国籍を捨てないまま日本国籍を持っている。本当は2年立つとトンガ国籍を捨てなきゃいけないんだけど、日本政府に対して「捨てます」と意思表示をすればいいらしい。ただ、「捨てます」ってのは日本国内での処理なので当然トンガ側とリンクするわけではなく。トンガ側は二重国籍認めてるから、いつでもトンガ人として活動できるし。
日本政府に対しては国籍1つだけどトンガ政府に対しては国籍2つ。

何か、国籍ってのが国によって決まりが違うってのも変な話だと思ったり。もう一つ上のレイヤーで規則を決めるべきではないのかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

水原華城

宗廟を出たところで12時半過ぎ。もうちょっとゆっくり見ても良かったのだけど、秘めたる野望というのは「1日に3つ世界遺産をみてやろう」ということなのである。
ということで、ソウル市を離れて水原市へGo!

水原とかいてスウォンへ行くにはソウル駅から地下鉄1号線でいくか国鉄でいくか。国鉄の方が2倍速く(60分=>30分)て2倍高い(1600W=>3200W)。宗廟から一番近いのは地下鉄1号線の鍾路3街という駅。とりあえず駅に向かうんだけど、なんだか門前仲町ばりにジジババが多い。ジジババの多さだけじゃなく謎の出店が出てて、何か焼いたの食べながら焼酒飲んでたり。後、御徒町的な宝石や金を売ってる店が一杯。
なんとか駅にたどり着き、1700Wで水原までの切符を買う。ソウルで乗り換えたりしてると結局時間かかりそうなので、そのまま行こうと。で、ホームに降りたのだけど来た電車に乗っていいのかわからなーい。結構遠方まで行くし、途中で分岐してるので適当に乗ったらどこに連れて行かれるか分からない。けど、来た電車見ても行き先表示がハングル、ホームの表示もハングル。とりあえず確実に分かる電車が来るまではスルーしようと思ってきょろきょろしてたら、電光掲示板に "for Suwon の train は just arrived なんだよ" みたいなルー語(Ys ではない)が表示されたので慌てて飛び乗る。ドアが閉まるギリであった。

地下鉄に揺られること70分ほど。ソウルを過ぎてからは地上に出る。しかしこの長い道中が不安なのよね。ちゃんと行き先あってるんだろうなー、と。
そんなこと考えてると、緑のカートを押して入ってきたオッサンがすげー大声で怒鳴り始めた。こえぇと思ってたら物売りらしい。ピップエレキバン的なものか湿布か何かを売ってるらしく「地下鉄の中で物売りするなよ」と思ってたら、周りの人も冷ややかに無視、オッサンは隣の車両へ消えていった。
と、しばらくして、今度は隣の車両からオバチャン登場。ビニール袋に入れたタクアンなのか餅なのか棒状のものを2本セットで売り始めた。これは座ってるオバチャンたちに人気らしくどんどん売れる。子連れのオカンは買ってその場で子供に食べさせ始めた。何なんだろう?いかにも手作り感のある食品をビニール袋に直で入れて売るというか買って食べるというのはちょっと怖い気がするんだけど普通なんだなぁ、と思って見てた。そういえば大久保辺りでもビニール袋に入れたキムチ売ってるね。
で、どうやらこの人達は地下鉄公認の商売人のようです。東京ドームのビール売りみたいなものかな。

そんなこんなで水原到着。結構デカイ駅。なんというか大宮って感じ?駅から目的の水原華城までは距離があるのでバスかタクシーで向かうのだけど、地下鉄でMP消耗してるし、そもそも日本国内でも地方に行くとバスの乗り方が分からなかったりするので、ここはタクシーで。
タクシー乗り場に行くと雨の品川駅ばりの長蛇の列。うへー、これはバスにするかな?と思ったのだけど、よく見ると「模範Taxi」の列は誰も並んでいない。みんな安い方にならんでるみたい。だもんで、貴族なオイラは模範タクシーに。「ぱるだるむん」と告げても通じなかったので屈辱感にまみれつつ「八達門」という文字を見せる。ちょっと詰まった感じの音が違うらしいのよね。

目的の水原華城は18世紀末に遷都が計画されながらも城壁完成直後に王様が亡くなったので、そのまま幻の都となったところである。平清盛の福原遷都みたいなもんかね。韓国語読みは「すうぉんふぁそん」。んで、南門である八達門からスタートするのだ。

道が混んでいたので15分ほどかかったけど、5500W で到着。500円弱。東京の初乗りよりかなり安い。時刻は14時。
で、降りたはいいけど見えるのは八達門だけで、周りをぐるっと商店が囲んでいてどこから城壁が始まるのか分からない。えいや、とロッテリアの横の細道を入ったら当たり。階段が見える。

そう、世界遺産といえば忘れてはならないのが階段。ということでスペインのヒラルダ、チェコのプラハ城、日本の姫路城に勝るとも劣らない石段開始でございます。結局2分ぐらい登ったのかな、もっとかな。頂上と思しきところについたら汗だく。この日は11月の韓国というのに快晴で暖かかったのよね。寒いと聞いて東京12月互換の格好で来たのに。
食事も取っていないことを思い出し、ベンチに座って体を冷却しつつ、こんなことも有ろうかとニホンから持ってきた SOYJOY を食す。本当は水原は味付け肉とかキムチが有名らしいのだが如何せん時間がない。

んでもって後はひたすら城壁に沿って歩くのみ。5km ちょっとで普通の人だと2時間半かかるらしい。で、階段や坂道を上り下りしながらひたすら歩く。
狭間とか暗門(敵にばれないように物資を出し入れする門)とか結構実戦に備えて作られている感じなのは面白いですよ。

まあ散歩好きなので、それなりに変化があって見晴らしもよくて良かったんですが、流石に最後の1/4ぐらいは飽きた。飽きた頃に城壁の向こうに見えたのがここが韓国とは思えない立派な教会っつーかカテドラル。水原第一教会というらしい。ホントにクリスチャン多いんだな。

結局2時間弱で一周歩いた。そうそう、ここは拝観料(?) 1000W が必要で、3カ所にチェックポイントがあって、チケットを持ってないと通してくれないんだけど、城壁の内側は普通に街になっていて、特に隔離もされていないのでチケットが無くてもチェックポイントを回避して歩けてしまう。チェックポイントも特にゲートが無く、人が3人ぐらい並んで歩けるような道幅のところにオバチャンが立ってるだけだったり。
オイラはよく分からなかったのとパンフレットが欲しかったこともあってチケット買ったんだけど韓国人の観光客は怒鳴るオバチャンを無視してヘラヘラ笑いながら突破していくのでした。80円ぐらい払ったらええやん、と思うんだけどな。

降りたところは何だか汚い市場みたいになってるのでちょっと怖いんだけど、橋を渡って八達門まで戻る。ここで折良くタクシーが来たので乗る。今度は模範ではなく白い普通のタクシー。"Suwon Station" が通じなくて焦るが、「駅」を「ヨッ(ク)」というので「スウォンヨッ」と言うと通じた。運転手がずっと咳き込んでいて早く降りたかったのだけど、帰りは道も空いていて運転も粗かったので10分弱で到着。2700W ということで行きの半額でした。

帰りは国鉄に乗ってみるか、と思って2Fの国鉄の駅にいったら切符売り場に長蛇の列。更には乗ろうと思ったムグンファ号という列車は、どうやらロマンスカーのようなものらしく、当日ホイホイ乗れる感じでは無さそうだった(後で調べたら当日立ち乗りチケットもあるらしい)ので諦めて地下から地下鉄の駅へ(駅のホームは地上だが改札は地下)。来た電車に乗ったらすげー混んでやんの。もう歩き通しで疲れてるんだけど結局30分ぐらい立った挙げ句にやっと座れた。帰りの地下鉄でも何か枝切り鋏みたいなのを売ってるオッサンがいた。売れてなかったけど。もうちょっと売れそうなもの持ち込めばいいのに。
往復2時間、ずっと車内の電光掲示板に交互に出るハングルの駅名とローマ字の駅名を見てたらだいぶハングルが読めるようになった。基本的に左に子音、右に母音、下にオプションで子音や母音が着く形なのでパターン化が日本の仮名と違って簡単。

17時半ごろにホテルに辿り着いてシャワーを浴び、ストレッチ。劇的に眠くなったが晩餐も仕事の内ということで豚肉食いにいったのでした。
何せ1日3世界遺産の野望は達成。南欧、東欧、日本に比べて重要度メインで見た目のインパクトにかけるというのが今回の正直な感想かな。他のも全部見た訳じゃないからこれで韓国の世界遺産を語るのは危険だけど。そういえば、テレビで韓国の世界遺産を紹介しているのを見たことがない気がする。アマルフィ海岸なんて腐るほど見てるのに。

[おまけ]
華城の内側に建ってた謎のアンテナ。日本であまり見かけない気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

宗廟

地図を見ると昌徳宮から少し東に行くと宗廟の北に出るはずである。位置関係としては昌徳宮を中心に西に景福宮、南に宗廟、東には昌慶宮というのがある。ということで宗廟の北側の塀沿いに歩いて行ったのだけど、北側には入り口がなく。焦る。
ただ、北側から陸橋で入れるようなので北上。宗廟は南北に細長いので南の入り口に回っては遠回りなのだ。
宗廟の北側、昌徳宮の東側にある昌慶宮、読みはチャンギョングン。もう訳分からん。ここも宮殿だったのを日本軍が動物園にして一般人に開放してしまったらしいので、今のものは復元されたもの。てか、ここは宗廟へ渡るためなので写真を一枚とってスルー。入場は宗廟と共通で1000W。


ね、全部同じ感じでしょ

陸橋を渡って宗廟へ。


陸橋から見下ろす道路。車は左ハンドルの右側通行

ここは、李氏朝鮮時代の代々の王と王妃、重臣たちの墓というか廟なのである。ということで重要性は分かるのだけど、それだけなのねん。面白いのは普通の王と悪政をした王を分けて祀ってあるところかな。そういえばローマ帝国でも悪政を敷いた皇帝は歴史から抹消するっていうのがあったな。日本だと帝の政治を後世が評価するとかそういうの無いね。


廟だから扉も閉ざされてるしね、外から見るしかないのね


なんというか琉球っぽい。というかこっちがオリジナルか?

が、例によって基本的には建物は同じ感じなのでした。急ぎ足でざざっと片付けて南から出る。

しかし、宮殿を動物園にするってぇのもどうかと。小田原城じゃあるまいし。
竹島云々とかもこういう下らんことの蓄積の結果ではないのかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

昌徳宮

景福宮の観光時間の目安は90分とあったのだけど、先述のように似たような建物ばかりで食傷気味となり、最後は飛ばし気味に見たせいか、40分程度で見終わってしまった。朝一なので空いてたのもあると思う。トイレ行ったりして時間を調整し、10時にチャンドックン(昌徳宮)へ向かってスタート。
チャンドックンはキョンボックンの前の大きな道路沿いに東に歩いて15分ほどである。途中、現代(Hyundai)の本社と思しき建物の前を通過。なんだか県庁みたいな建物だった。

チャンドックンについたのが10時15分。ちょうど韓国語のツアー開始らしく人混み。西側のチケット売り場で3000W払う。毎度ながら安い。iPod 聞きながら時間を潰していると10時30分に日本語の上手なチマチョゴリのおねーちゃんがスピーカ持って出てきて入場。
チャンドックンも文禄の役で焼失したものの、キョンボックンとは異なり17世紀初頭に再建されたものが残っているのでありました。建物もバリエーションに富んでいる。


屋根に見えるのは西遊記由来の魔除け
先頭が三蔵法師で…みたいな話


ツアーなのでこんな感じ。なかなか写真が撮りにくいのでした

こちらもまた紅葉が見事。特に秘苑と呼ばれる奥の庭へ向かう道、庭園は美しいのでした。

中々興味深いツアーでしたよ。ただ、チャングムマニアの厚化粧オバハンが下らんことばっかりガイドに質問しててうざかった。お前、韓流ドラマに凝る暇あったら、まず小西行長とか李方子とかちゃんと勉強しろよと(ここはチャングムのロケ地だったらしい)。個人的にはキリシタン大名の潔さとしては高山友照の方がお勧めだが(全く無関係)

このツアーは80分で2.5km歩くもの。途中10分休憩。終わって出たのが12時。この時点でほぼ3時間歩き通しで軽い疲労感あり。しかし頑張ってソウル市内もう一つの世界遺産、宗廟(ジョンミョ)を目指さねばならぬのでした。

明日は宗廟に向かいます。はぁはぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

景福宮

ソウルで自由行動を1日もらい(とはいえ晩餐は決まっているので夕方までだが)、前日に個人行動することを宣言しておく。誠に申し訳ないが団体行動は苦手だ

今回は予習の時間がほとんどなかったのだけど、リアルDMZも日帰りで見学できるとか。でも、DMZは 19inch ラックの中だけでよい。
ベタに 大韓民国の世界遺産 - Wikipedia を見るとソウルには2つの世界遺産が。まずは昌徳宮を見ることにしたのだけど、ここは保存のため木曜以外は勝手に見学できない。全て案内つきのツアーでないとダメ。午後からは秘めたる計画があるので、できるだけ早めに見学したいのだけど、最初の日本語ツアーが9:30。ちょっと時間が勿体ない。
実は昌徳宮は離宮なのであって、メインは景福宮という宮殿。昌徳宮と景福宮。何となく字が似ていてよくわからないのだけど、韓国語読みではチャンドックンとキョンボックン。やっぱり似てる。これにイビョンホンとチャングムとチャンドンゴン辺りを混ぜればもう「アナタノコトガチュキダカラァ~」ってぐらい意味不明だ。

とりあえず、キョンボックンは9時オープン。じゃ、こっちをまず見よう。
ホテルから30分ぐらいで着きそうなので朝の仁寺洞でも抜けながら散歩するか、と思ったのだけど、自分のホテルの前の道が東西なのを何故か南北と勘違いしていて見事に道に迷う。迷うというか迷っている意識もなく気がついたら逆方向の地下鉄の駅に辿り着いてた。時間が無駄なので散歩を諦めて地下鉄で景福宮駅へ。5番出口だったかな、ちゃんと"Gyeongbokgung"と案内が出てるので歩いて行けば入り口の広場西側に出る。8:59到着。素晴らしい。


地下鉄出口でてすぐ。奥がチケット売り場

3000Wのチケットを買って入る。250円ぐらいか。安すぎ。入ってすぐが正殿である勤政殿。

パノラマにすると小さくなりすぎだな。奥の山を借景にして中々見事。正殿には皇帝がいて、庭の石のところに武官と文官が順番に並ぶそうな。左が武官で右が文官だったかな。
ちなみにこの宮殿の奥、山の手前に青瓦台があるらしい。2週間前までに予約すれば見学できるとか。

で、他にも色々と建物があるんですが、形や塗装などほとんど同じなんですな。もうちょっと変化があればなぁ、と思うのでした。

しかしながら、ソウルは38度線に近いわけで。緯度としては新潟とか福島辺りなのかな。内陸と言うこともあり既に紅葉が綺麗でした。

で、何故正式な宮殿ではなくて離宮の方が世界遺産かというと、このキョンボックンの方は文禄の役で加藤清正らの漢城攻略の際に放火で炎上、その後再建したものの20世紀初頭に併合した日本軍が破壊の限りを尽くして、宮殿正面に総督府を建てるということを行ったので、今あるのは200あったという建物の数少ない残り(10ぐらい?)なんですな。実は最初の入り口の広場の前にも立派な門があったんですが、総督府を建てるに当たって移設してしまっていたので、今は復旧のための工事中(総督府が撤去されたのはつい10年ほど前らしい)
同じ日本人として何でそこまで嫌がらせをせなアカンかったのかとも思うわけですが。戦う相手の心を折るのは大切だろうけど、統治する相手の扱いとしてはどうなんだろう?

ま、そういうわけで歴史的な価値というのはちょいと低いのでした。現在、全域の復元工事中で2025年完成予定とか。

明日はチャンドックンに向かいます(提供:富士通)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

서울

少しは興味があったものの、わざわざ自分の金を払ってまでは行く気もなかったところ。近くて遠い国と言われていたお隣韓国。「仕事でもなきゃいかねーよ」と言っていたら本当に仕事絡みで行くことになった。
週末に自由時間を1日取ってもらい、その他向こうの知人に3年ぶりぐらいに会ってみたり過密日程をこなして参りました。

ということで基本情報。

  • 羽田から2時間半。新千歳と感覚的に変わらない。時差なし。
  • ここのところは1円=13ウォン程度。ところがこれが1時間単位で1ウォンぐらい動いちゃう。一応、到着した空港(HNDからはGMP)の両替所がレートがいいとされるんだけど、1万円=13万ウォンで両替して外で時間潰してると1万円=14万ウォンになってたり、ってことも普通だったりするわけで。手数料とか気にしても仕方ないレベルね。
    知人によれば3年前は1円=6Wか8Wぐらいだったと思うとのこと。ま、ウォンがどうこうってこともあるけど、全世界で円が強いしね。ちなみに、空港や町中の免税店はドル(USD)表示なので、ウォンが安くても嬉しくない。ま、今はドルも安いからいいんだけど。
    てか、大抵のところでカード使えるし、1万円あれば3日ぐらいは普通に食って遊んでおつりが出ると思う。チップの習慣もないから本当にCashが必要なシーンって自販機ぐらいなのかな。
  • 物価はメチャクチャ安いわけでもない気がしたけど、やっぱ安いかな。地下鉄とタクシーは異常に安い。ソウル市内なら地下鉄はほとんど1000W ぐらいで動けるので、80円ぐらい?上カルビが1人前 27,000W とかだった気が。これはそんなメチャクチャ安い訳でもないな。Hyatt の Bar で Moet&Chandon 1杯24000W 、最後の日に裏道のきったない食堂みたいなとこで食った純豆腐は4000Wだった。一緒に行った人が頼んだ「さんま?き?」というメニュー(無理して日本語で書いているがやたら?が多い)も4000Wで秋刀魚2匹。これが焼かれた奴が店外から持ち込まれたので、帰りに外を見たら道ばたに塩した秋刀魚を入れたバットが放置されてた。クオリティ高杉。
  • ソウルには外国人専用のカジノがあるんだけど、近頃2つ増えて全部で3つ。自分のホテルに近いヒルトンのに行ってみたんだけど狭くて混んでて興ざめ。まあヒルトンのが一番小さいらしいからしょうがないか。
  • タクシーは普通のと模範ってのがあって、前者が初乗り1900W, 後者が 4500W。言ったところで150円と400円ぐらいなんでどうでもいいんだけど。模範の方が日本語とか英語が通じやすいぐらいの差。
    日本人の男だけでタクシーに夜乗ると運転手からやたらエロ系の誘いをされる。運転手と店でアフィリエイト契約があるらしい。あまりに開けっぴろげに勧誘されるので却って面白いぐらい。東京じゃ考えにくいなぁ、と思った。
  • 韓国国内では十分な教育が受けられない(と思ってる親が多い)とか、教育費がかかりすぎる(公教育以外に)とかで留学する人が多い、というのは聞いたことがあったのだけど、今では小学校から留学するのも珍しくないそうな。お母さんと子供が国外に行って、お父さんは韓国に残って稼いで仕送りするとのこと。ところが近頃ウォンが落ちたもんでお父さんが頑張って働いても稼ぎが足りなくて大変になってきてるんだとか。行き先はAUSとかCANとかNZが多いみたいだけど南アとかまで行く人もいるとか。英語教育が重視されてるので英語圏に行かせるらしい。
  • 街中に教会多発。夜の街を見ると赤い十字架が一杯見える。日曜に礼拝に行く人を何組も見た。教会は儲かってそうで、立派なのも多い。
  • 知人は賃貸なんだけど、日本と違って家賃を払わないそうな。入居するときに大家さんにまとまった金を渡して、出るときに返してもらうらしい。知人の場合は8000万Wだから今だと700万ぐらい?を大家さんに2年契約で払ったそうな。で、大家さんは銀行に預けるとか適当に運用したりで利益をだすので、それが家賃相当になるとのこと。2年経ったら8000万Wが帰ってくる。最初にまとまった金が用意できないと大変だけど、結構いい制度かな?と思った。大家側が投資好きだと却って大家がリスキーな気もするけど。
  • 初めてアルファベット圏外の国に行ったんだけど、地下鉄で遠出がキツイ。オーストリーとかチェコとかなら少々ウムラウトとか付いてても何となく見て音に出来るんだけど、ハングルをぱっと見ても音に出来ないので、自分がどこにいるのか、正しい方向に向かってるのかが分からなくて精神的に疲れる。駅に番号は振ってあるけど、途中で分岐してたりもするのよね。アルファベットの表示があるとは言え、メインはハングルな訳で。ひたすら形を覚えたり一瞬電光掲示板に表示されるローマ字表記を待ったり。
    日本に来た欧米の観光客も同じような不安を持ってるんだろうなぁ、と思ってみた。「御成門」とかただの記号だべ。
  • 何となく女性が綺麗なイメージを持ってたんだけど、個人的に正直グッと来なかった。ただ、焼き肉屋のユニフォームにエプロンの店員と、地下鉄で見かけたおされな姉妹(っぽかった)1組がかなり綺麗だったので、一般的なファッションセンスがオイラにはまらないだけで、素材は綺麗なのかもしれない。街中のポスターの芸能人はポーズとか目線のせいか、妙に古い感じが。その辺りが今の日本にない純粋っぽさを感じさせるのか。
  • 芸能人と言えば、行きの飛行機が「東方神起なんとかツアー」の団体と一緒だった。免税店とかでもTシャツやらファイルやら東方神起グッズ買いあさる日本人オバチャンネーチャンが大量発生。レジに長蛇の列。順番待ちしてPOPと写真撮影とか。噂は聞いてたけどあんなに熱狂的ファンがいるんだな。頭が痛いよ兄さん
  • 飯食った後、出口にコーヒーベンダーのある店が多い。これはタダなので自分でボタン押して出して飲みながら店を出る。ただすげぇ甘い
  • 何故か明洞では佐藤藍子押し。化粧品店はIKKO押し。
  • 眼鏡率高し。iPod は余り普及して無くて代わりに韓国メーカ製のプレイヤー持ってる。電車の中では携帯電話(?)でドラマ見てる人が多い。携帯電話はスライド式かタッチパネル式が多いみたい。
    日本の携帯は Softbank, DoCoMo は勝手にローミングする。ただ、GSM が全く無いので、GSMのみの機種はNG。DoCoMo はワールドウイング対応でも一部機種はダメかも。国番号は82。本当にお隣の国。
  • 焼き肉のサイドメニューは全てタダでお代わり自由。KEi さんに前に連れて行ってもらった US の Korean BBQ で知ってたんだけど、初めてだとインパクト大きいよね。あれと Steamed Rice があればそれだけで十分です。ちなみに肉は店員が焼いて切ってくれる。今回初めて知ったのは、ホルモンが分厚いこと。暑さ1cm以上あるんだけどこれが美味かった。牛タンは無い。
    概して飯は美味いけど、ちょっと油っこいものが多いかな。パジョン(ちぢみ)とかもアブラギッシュな感じ。

日本とあまり変わりのない町並みと文化(表向き)だと思いましたよ。ちょっと色遣いが強烈だけど。服装は赤系の使い方が凄いけど、それ以外は地味な色が多いかな。何となく髪型と服装で日本人かどうかわかる気がする。
ColdStone、 スタバ、ミスド、ファミマ、うにくろ、ZARA、新宿さぼてんまであったな。2002年頃にとんかつブームが巻き起こったとか。英語より日本語が通じる印象の国でした。
まぁ、買い物にもエステにも興味のないオイラは観光目的で行くとこではないな、と。大抵のモノは大久保や赤坂で揃いそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

Bledisloe Cup

先週末に香港で行われた Bledisloe Cup、AUS と NZ が意地をかけて毎年争うカップ戦である。2003年からは All Blacks がキープし続けているのだが、基本的には両国どちらかで開催される試合をカウントする。今年は初めて国外で1戦行われた。前半 Wallabies がリードしたものの最終的には 19-14 で All Blacks が勝利。既に2勝1敗とリードしていたし、香港での開催ということで、両国が手抜きをするのではないかという噂があったが、Wallabies のディフェンスの堅さが光り好勝負であった。個人的には FB に入った NZ Toeava のハンドリングが心配だったんだけど、World Cup でのプレーが嘘のように素晴らしい動きだった。

で、その Bledisloe Cup での両国協会の収入が400万ドル(USD)前後との話。ほくほくの両国は来年以降も海外で行うことを画策中で、2009年は Denver との噂。客入りの良いスタジアムがあるためという。
当初、2009年は東京でという話があったのだけど、日本代表戦も一緒に組みたいということで調整が難航し2009年は見送られたらしい。

で、何故か国内(日本語)メディアに出ない Tony Brown の怪我。
Wild Knights' Brown seriously injured

近鉄戦で試合中に激しいコンタクトで倒れたものの、80分プレーし続けた Brown は膵臓辺りにダメージを負ったとか。次期の Super14 では Otago に復帰と目されていたもののリストには名前が無かったという。親父さんは現役引退の可能性まで口にしているということで、三洋がどうこうとかより偉大なプレーヤーのキャリアが気になりまする。
ex-All Blacks の技術はもちろん、ラックに巻き込まれながらもボールの行方を目で追い続ける集中力などプロの魂を見せてくれるトッププレーヤーだったのだが。再び見られることを祈って止まない。

そのトップリーグはアメリカ代表戦(16日、22日)を控えて1ヶ月の休止期間。しばらく暇であるが、混戦模様の今季、各チームがどう調整してくるかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

Jelly Beans

土鍋を買いに行った際、ふと目に入った Jelly Beans。
KEi さんの中でのアメリカ人度のランキングでは堂々4位に入るらしいのだが、ガキの頃に好きだった記憶が。好きだった記憶はあるのだけど、味が全然思い出せない

ということでご購入。84円。

食べてみた。

ぐにょっとしてて甘い。ひたすら甘いし歯にくっつくし。しまいには甘すぎて喉が痛くなってきた。ありえない甘さ。US製はきっとこれより更に甘いと想像される(チェリーパイとか諸々の日米格差考えると)
ゼリービーンズ - Wikipedia によれば

アメリカ合衆国大統領のロナルド・レーガンはこの菓子が大好きだった事でも良く知られている。1967年のカリフォルニア州知事に就任の際に、禁煙のために食べ始めたのが最初とされているが、1981年の大統領就任の際には、3.5トンのゼリービーンズが就任式典で消費されたという。

ロナルド自重。

なんで30年前はこんなもん好きだったんだろう。味を覚えていないってことは、単純にカラフルなのが嬉しかっただけなのか。

ごく少量買ったつもりだけど、これは消費できない。オフィスに置いておいて血糖値低下時の燃料にするか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

Bible

日本は水曜だけど、西海岸はすーぱーちゅーずでー。

KEi さんのBlog の「教会で投票」というエントリで

彼の今年の投票場所は教会、なんだそうです。「それって一般的なの?」って聞いたら、「やっぱり学校とかが一般的だけど、教会も結構使われてるんじゃないかな?」とのこと。

ほう。日本だと公民館とか学校とかで、宗教施設は聞いたこと無い。そういえば、小学校の修学旅行で伊勢神宮の内宮・外宮の見学で石段を上がることを「親の指令」で拒否した奴がいたんだよな。もう名前も覚えてないけど、確か輸血できない宗教の家に生まれてしまった子供だったような。
そんな奴(の親)に「あなたの投票所はXX神社です」とか言ったら発狂しそうなんだけどな。

で、確かアメリカの大統領って就任の時に聖書に手を置いて宣誓するんだよな、と思って聞いてみたら、別に聖書とは限らないとか。今までは偶々歴代大統領が聖書を使ってるだけで、使う聖書も宗派によって異なっているようだ。Yahoo!知恵袋によるとコーランでも共産党宣言でもよさそうな感じ(残念ながら、ナポリターノ大統領が共産党宣言で宣誓したという記事は見あたらなかった)。アメリカ下院でコーランで宣誓すると予告して問題を醸し出した議員がいるとか。実際したかどうかは知らないけど。

でも何かに手を置かなきゃならないらしく。よく考えたら日本人って仏教徒がメジャーだと思うんだけど仏典を見たことある人ってほとんどいないんじゃね?オイラも見たことない。逆にギデオン協会が配りまくってる聖書を見たことない人の方が少なそうな。ほらホテルの引き出しに入ってる奴。

オイラが宣誓することはなさそうだけど、何かに手を置くとしたら何なんだろう?と思いしばし迷う。所謂「バイブル」的な書籍ってねーなー。Bass 弾きの KEi さんは Rush のスコアとか言うけど(元)ピアノ弾きのオイラにはそんなもんないし。色々考えたんだけど誓えそうなモノって「北斗の拳」か「星の王子さま」ぐらいかな。「星の王子さま」に誓うって何となく信頼性高そうだ。

それにしても、これだけ選挙で人種がクローズアップされると Springboks(南ア代表)の監督人事や選手のセレクションと同じく、却って差別意識がまだまだ残っていることを印象づけられる気がしたのでした。US でも「人種じゃなくて人で選ぼう」みたいなキャンペーンがあるみたいだけど。

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目には見えないんだよ」

Don't think. Feel It. ってことだな(違

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

土鍋

今、壊れて欲しいもの、炊飯器と掃除機。

なんて不謹慎な言葉だけど、両方とも量販店に行くとよさげなものが並んでいて物欲を刺激されるのである。Furo嬢 も自慢してるし。が、壊れてないものはよほどパフォーマンスが低下しない限り捨てられない性格なので、我慢の子。
まぁ狭い拙宅だし、別に掃除機はいいんだけど、炊飯器は上京したときに石丸電気で購入したもの。もう17年モノ

先日、待ち合わせに早く着いてしまった寿司屋で大将に茶と一緒に渡された danchu。炊飯器特集。5万とか7万とかする炊飯器が凄いらしい。保温40時間とか信じられんし。寿司屋にやってきた KEi さんも渡米したときに持って行った炊飯器が10年選手らしく、買い換えを検討していると言うことで danchu を渡してみた。

で、大将と話してみると「土鍋が美味しく炊けますよ」とのこと。あぁ、そういえば自由が丘辺りでご飯用土鍋みたいなの見たことあったな。調べてみると案外簡単に炊けるらしい。
東急ハンズで見てみるといくつかあるね。よさげな奴は3合炊きで1万ぐらい。うーむ、炊飯器にしては安いけど感覚的に高いなぁ。と思いつつ、友人と飲んでるときに話をしてみたら、姉からご飯用土鍋を貰って炊いてみたけど大して美味しくなかった、とか、高いの買って1回炊いて割ってしまった人の話など聞かされた。

だったらこれでいいや、と無印良品の8号の土鍋。3000円ちょっと。実は寿司屋の大将も「無印の土鍋が案外美味しく炊けるらしいですよ」と言っていたのだ。ホットプレートより小さい鍋も欲しかったし。

で、無印のガイドラインに従って、まずは底を強化するために、おかゆを炊く。1合ちょっと炊いたんだけど、これまた勿体ないオバケが出てしまって、捨てるわけにもいかず一人で食ったら腹パンパン。当然ご飯1合よりおかゆ1合の方が多いわけで。で、肝心の炊飯は改めて後日。

土鍋ごはん.COM:土鍋でふっくらおいしいごはん を参考に2合に水400mlちょっとで炊いてみる。途中で開けたら何となくダメっぽいし、「おかゆになってたらどうしよう」「芯が残ってたらどうしよう」などとドキドキしながら開けゴマ

んー、つやがどうこうとか、粒が立ってるとかそういうのはよくわからんな。ということで、ちょっと食ってみた。普通にご飯。おかゆとか芯が残ってるとかいうことはないので一安心。
椀に入れて食う。あれ?美味しいんじゃない?プラセボ効果?いやでも美味しいんじゃない?なんつーか、硬い訳じゃないけど米粒がしっかりしてる。安かったので買ってきた「ごはんですよ」を少し乗っけて食う。うめぇ。これは美味いよ。

ということで、太りそうなので適当なところで止めたんだけど、大成功のようです。欠点としては場所によって水分量が違ったりというムラがあることと、炊飯器の内釜に比べて洗いにくいことかな。まあ、ムラは「おこげ」も含めて味わいか。
頻繁に炊くわけではないので、いい買い物だったかも。この週末は栗おこわなど炊いてみたのでした。これも美味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »