« Bledisloe Cup | トップページ | 景福宮 »

2008年11月10日 (月)

서울

少しは興味があったものの、わざわざ自分の金を払ってまでは行く気もなかったところ。近くて遠い国と言われていたお隣韓国。「仕事でもなきゃいかねーよ」と言っていたら本当に仕事絡みで行くことになった。
週末に自由時間を1日取ってもらい、その他向こうの知人に3年ぶりぐらいに会ってみたり過密日程をこなして参りました。

ということで基本情報。

  • 羽田から2時間半。新千歳と感覚的に変わらない。時差なし。
  • ここのところは1円=13ウォン程度。ところがこれが1時間単位で1ウォンぐらい動いちゃう。一応、到着した空港(HNDからはGMP)の両替所がレートがいいとされるんだけど、1万円=13万ウォンで両替して外で時間潰してると1万円=14万ウォンになってたり、ってことも普通だったりするわけで。手数料とか気にしても仕方ないレベルね。
    知人によれば3年前は1円=6Wか8Wぐらいだったと思うとのこと。ま、ウォンがどうこうってこともあるけど、全世界で円が強いしね。ちなみに、空港や町中の免税店はドル(USD)表示なので、ウォンが安くても嬉しくない。ま、今はドルも安いからいいんだけど。
    てか、大抵のところでカード使えるし、1万円あれば3日ぐらいは普通に食って遊んでおつりが出ると思う。チップの習慣もないから本当にCashが必要なシーンって自販機ぐらいなのかな。
  • 物価はメチャクチャ安いわけでもない気がしたけど、やっぱ安いかな。地下鉄とタクシーは異常に安い。ソウル市内なら地下鉄はほとんど1000W ぐらいで動けるので、80円ぐらい?上カルビが1人前 27,000W とかだった気が。これはそんなメチャクチャ安い訳でもないな。Hyatt の Bar で Moet&Chandon 1杯24000W 、最後の日に裏道のきったない食堂みたいなとこで食った純豆腐は4000Wだった。一緒に行った人が頼んだ「さんま?き?」というメニュー(無理して日本語で書いているがやたら?が多い)も4000Wで秋刀魚2匹。これが焼かれた奴が店外から持ち込まれたので、帰りに外を見たら道ばたに塩した秋刀魚を入れたバットが放置されてた。クオリティ高杉。
  • ソウルには外国人専用のカジノがあるんだけど、近頃2つ増えて全部で3つ。自分のホテルに近いヒルトンのに行ってみたんだけど狭くて混んでて興ざめ。まあヒルトンのが一番小さいらしいからしょうがないか。
  • タクシーは普通のと模範ってのがあって、前者が初乗り1900W, 後者が 4500W。言ったところで150円と400円ぐらいなんでどうでもいいんだけど。模範の方が日本語とか英語が通じやすいぐらいの差。
    日本人の男だけでタクシーに夜乗ると運転手からやたらエロ系の誘いをされる。運転手と店でアフィリエイト契約があるらしい。あまりに開けっぴろげに勧誘されるので却って面白いぐらい。東京じゃ考えにくいなぁ、と思った。
  • 韓国国内では十分な教育が受けられない(と思ってる親が多い)とか、教育費がかかりすぎる(公教育以外に)とかで留学する人が多い、というのは聞いたことがあったのだけど、今では小学校から留学するのも珍しくないそうな。お母さんと子供が国外に行って、お父さんは韓国に残って稼いで仕送りするとのこと。ところが近頃ウォンが落ちたもんでお父さんが頑張って働いても稼ぎが足りなくて大変になってきてるんだとか。行き先はAUSとかCANとかNZが多いみたいだけど南アとかまで行く人もいるとか。英語教育が重視されてるので英語圏に行かせるらしい。
  • 街中に教会多発。夜の街を見ると赤い十字架が一杯見える。日曜に礼拝に行く人を何組も見た。教会は儲かってそうで、立派なのも多い。
  • 知人は賃貸なんだけど、日本と違って家賃を払わないそうな。入居するときに大家さんにまとまった金を渡して、出るときに返してもらうらしい。知人の場合は8000万Wだから今だと700万ぐらい?を大家さんに2年契約で払ったそうな。で、大家さんは銀行に預けるとか適当に運用したりで利益をだすので、それが家賃相当になるとのこと。2年経ったら8000万Wが帰ってくる。最初にまとまった金が用意できないと大変だけど、結構いい制度かな?と思った。大家側が投資好きだと却って大家がリスキーな気もするけど。
  • 初めてアルファベット圏外の国に行ったんだけど、地下鉄で遠出がキツイ。オーストリーとかチェコとかなら少々ウムラウトとか付いてても何となく見て音に出来るんだけど、ハングルをぱっと見ても音に出来ないので、自分がどこにいるのか、正しい方向に向かってるのかが分からなくて精神的に疲れる。駅に番号は振ってあるけど、途中で分岐してたりもするのよね。アルファベットの表示があるとは言え、メインはハングルな訳で。ひたすら形を覚えたり一瞬電光掲示板に表示されるローマ字表記を待ったり。
    日本に来た欧米の観光客も同じような不安を持ってるんだろうなぁ、と思ってみた。「御成門」とかただの記号だべ。
  • 何となく女性が綺麗なイメージを持ってたんだけど、個人的に正直グッと来なかった。ただ、焼き肉屋のユニフォームにエプロンの店員と、地下鉄で見かけたおされな姉妹(っぽかった)1組がかなり綺麗だったので、一般的なファッションセンスがオイラにはまらないだけで、素材は綺麗なのかもしれない。街中のポスターの芸能人はポーズとか目線のせいか、妙に古い感じが。その辺りが今の日本にない純粋っぽさを感じさせるのか。
  • 芸能人と言えば、行きの飛行機が「東方神起なんとかツアー」の団体と一緒だった。免税店とかでもTシャツやらファイルやら東方神起グッズ買いあさる日本人オバチャンネーチャンが大量発生。レジに長蛇の列。順番待ちしてPOPと写真撮影とか。噂は聞いてたけどあんなに熱狂的ファンがいるんだな。頭が痛いよ兄さん
  • 飯食った後、出口にコーヒーベンダーのある店が多い。これはタダなので自分でボタン押して出して飲みながら店を出る。ただすげぇ甘い
  • 何故か明洞では佐藤藍子押し。化粧品店はIKKO押し。
  • 眼鏡率高し。iPod は余り普及して無くて代わりに韓国メーカ製のプレイヤー持ってる。電車の中では携帯電話(?)でドラマ見てる人が多い。携帯電話はスライド式かタッチパネル式が多いみたい。
    日本の携帯は Softbank, DoCoMo は勝手にローミングする。ただ、GSM が全く無いので、GSMのみの機種はNG。DoCoMo はワールドウイング対応でも一部機種はダメかも。国番号は82。本当にお隣の国。
  • 焼き肉のサイドメニューは全てタダでお代わり自由。KEi さんに前に連れて行ってもらった US の Korean BBQ で知ってたんだけど、初めてだとインパクト大きいよね。あれと Steamed Rice があればそれだけで十分です。ちなみに肉は店員が焼いて切ってくれる。今回初めて知ったのは、ホルモンが分厚いこと。暑さ1cm以上あるんだけどこれが美味かった。牛タンは無い。
    概して飯は美味いけど、ちょっと油っこいものが多いかな。パジョン(ちぢみ)とかもアブラギッシュな感じ。

日本とあまり変わりのない町並みと文化(表向き)だと思いましたよ。ちょっと色遣いが強烈だけど。服装は赤系の使い方が凄いけど、それ以外は地味な色が多いかな。何となく髪型と服装で日本人かどうかわかる気がする。
ColdStone、 スタバ、ミスド、ファミマ、うにくろ、ZARA、新宿さぼてんまであったな。2002年頃にとんかつブームが巻き起こったとか。英語より日本語が通じる印象の国でした。
まぁ、買い物にもエステにも興味のないオイラは観光目的で行くとこではないな、と。大抵のモノは大久保や赤坂で揃いそうだし。

|

« Bledisloe Cup | トップページ | 景福宮 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749943

この記事へのトラックバック一覧です: 서울:

« Bledisloe Cup | トップページ | 景福宮 »