« お子様向けデバイス | トップページ | 東芝 16-42 神戸 »

2008年12月15日 (月)

プロ化

ワールド、トップレベルから事実上撤退へ

今季が始まる前から選手は社員で、という方向を打ち出していたワールドだけど、トップリーグ再昇格が出来ないと決まり全社員化が決定した模様。
リコーや三菱などのチームはNZやAUSの元代表を入れたりと強化してトップリーグに昇ろうとしている中、逆行しているようにも見えるが、お金が大変なんだろう。
野球はプロが定着してるけど、サッカーも今年は経営難でいろいろなところで契約が難航しているようだし、バレーやバスケだっていきなり「プロ化」とか言われても困っちゃうチームオーナーは結構いるんだろうなぁ。

地域でのクラブチームによるスポーツが余り根付いていない日本では、代表選手やプロ化と言った場合の母体は企業スポーツがほとんどな訳で。企業がスポーツやる理由は宣伝もあるけど、もっと根本は福利厚生なので。社員達がレクリエーションとしてスポーツやりたい、ということで同好会などを作ったときに「よしよし、じゃあ会社で少しバックアップしてあげよう」というのが根本だと思うのな。ちっちゃい会社を立ち上げてみると分かるけど、いきなり宣伝目的なんて無理だから。
そう言う意味ではプロ化とは真逆といってもいい方向から始まっているので、「サントリーさんや東芝さんは盛り上がってるけど、うちは別に社員が楽しんでくれればいいのよ」っていうのも"正しい"気がする。

とはいえ、ex-神戸人としては全盛期は神戸製鋼と覇権を争い、神戸の連勝を止めて関西社会人優勝(確か全国優勝もしたっけ?)など輝かしい過去がある地元チームなだけに少し残念なのでした。

|

« お子様向けデバイス | トップページ | 東芝 16-42 神戸 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749969

この記事へのトラックバック一覧です: プロ化:

« お子様向けデバイス | トップページ | 東芝 16-42 神戸 »