« 悲報 | トップページ | 日本選手権1回戦 »

2009年2月 6日 (金)

スピーカケーブル

拙宅で音楽を聴くというと、iTunes+AirMac Express に BOSE の小型スピーカなのだ。まあ、大したオーディオへの拘りもないのだけど、親父はスピーカを自作してたような人なので、ガキの頃からその手の知識だけは刷り込まれており。

んで、朝、竹内まりやを流しながら親父がスピーカケーブルに凝っていたのを思い出した。銅が99.9999%とかなんとかそういう世界。でもさ、それってアナログ信号流すからなんだよね。
ラジオもデジタル化されてしまえば実はソースがアナログってことはもう余りないような。そう考えるとチューナやアンプやプレーヤの時点で D/A かけてアナログ信号にしてスピーカに送らなくても、スピーカに D/A 積んで直接デジタル信号入れてやった方が劣化しなくていいんじゃね?と。アナログ信号にしたら経路を最短にしてコーンを揺らすのだ。
PC用スピーカとかだとデジタル入力もあるようなのだけど、ちゃんとしたオーディオ向けだとあまり無いみたいなんだけど、なんか問題あるのかな。

もっと言えば、ケーブルなんてどーでもよくて Wi-Fi とか Bluetooth で飛ばしても劣化もへったくれもないはず。A2DP云々じゃなくて純粋にデータ転送ね。
でも何かオーディオマニアはいちゃもん付けるんだろうなぁ。ケーブルがあった方が音がいいとか。暖かみがあるとか。あと、飛ばすとしたら室内の湿度が云々とか言い出しそうだ。

そう言えば、オイラが高校時代にオーディオ雑誌に載ってた「CDの周囲を緑色のペンで塗ると音が良くなる」とかいう都市伝説は今でも生きてるんだろうか?後、CDを冷凍庫で保存すると音が良くなるってのもあったような。あの世界って一種トンデモ科学ワールドだからなぁ。

|

« 悲報 | トップページ | 日本選手権1回戦 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750004

この記事へのトラックバック一覧です: スピーカケーブル:

« 悲報 | トップページ | 日本選手権1回戦 »