« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

サッカー日本代表

サッカー日本代表、人気急落 テレビ観戦度調査

テレビのソフトとしては魅力的でなくなってきたようです。

同財団の調査研究チームは「中田英寿選手の引退などスター不在が影響しているのかもしれない。特に試合を純粋に楽しむ男性に比べ、女性はスター選手を見るのが楽しみという傾向が強い」と分析している。

でも、オイラとしてはこっちの記事の方がしっくり来る。オイラもジーコジャパンぐらいまでは試合を見ていたと思う。
[スポーツの正しい見方] 代表チームよりもJリーグ - goo スポーツ:NumberWeb -

マスコミに煽られてるのもあるだろうし、実際強くなってWorld Cupが夢でも何でもなくなってることもあるんだろうけど、代表のポジションが中途半端よね。強豪国みたいな凄いチームワークや個人技を見せられるわけでもなく、でも負けるわけには行かない、みたいな。
こないだ仕事で行った某メーカは日本代表のスポンサーだかしてるらしく、エレベータホールにディスプレイ置いてゴールシーンの総集編みたいなのを流してたんだけど、まぁシュートがミートしてないこと。日頃バルサTV等を見慣れているせいか貧弱すぎて少し笑みを浮かべてしまいそうな感じ。

以前、元日本代表の森岡がインタビューで言っていたのけど、ドーハの悲劇辺りの日本代表は格好良かった、と。どうも中田以降はクールなのが流行なのかもしれないけど、ラモスやカズ、ゴンといった辺りの代表が持っていた玉砕覚悟の泥臭い格好良さが無くなってる気がする。だからといって、欧州のクールなプレイヤーのような実力があるかといえばそうでもなく。
中田は傑出した能力があったわけで、それなりのスター性があったんだろうけど、彼のいない今、子供達が憧れる選手って誰なんだろうなぁ。Jリーグで一番の選手っていうのがパッとイメージできない。オイラがガキの頃と違って海外の情報もあふれているから、憧れの選手というと C・ロナウドとかカカの名前が挙がるんだろうか。ラグビーやってる子供でも Daniel Carter の名前を挙げたりするというから。

地上波テレビの視聴率の話のもう一つはまともな実況と解説がいないことだと思いますよ。サッカー好きの芸能人とか叫ぶだけの元代表とか使わず本当に分かっている人間がやるべきだと思う。むしろ解説にはスポーツジャーナリストとかが相応しいのではないのかしら。JSports を見習って欲しい。

[追記]
折良く(?) こんな記事発見
W杯アジア最終予選中継 「危機感を煽る民放」と「冷静なNHK」、どっちを選ぶ?

ただし、ここに興味深いデータがある。それは「北京オリンピックの視聴率トップ10」。これを見ると、3位の女子マラソン(日本テレビ)以外はすべてNHKの中継が占めており、NHKの独り勝ち状態。民放各局はタレントを起用するなど派手な演出で盛り上げを図った。が、それは結果に結びつかなかったのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

配当金

先日帰宅したところ信託銀行から封書。

身に覚えがないのだけど、開封したところ書類が。
平成18年に所有していた株式の配当金を受け取っていないですよ、との通知。

てか、配当金226円なんですけど…

それも手続きするには書類の返送が必要らしく、その時点で80円必要。残り146円で書類書いて印鑑押して郵便局に持って行かなきゃなんないわけだ。時給1000円のバイトとして10分弱の仕事と等価。はたしてこれをやる意味があるのかどうか…

3年前もそう考えて処理しなかったんだよな。どうすっかな。放置すると信託銀行の人にも悪い気がするし(それが仕事なんだろうけど)。この郵送コストだって馬鹿になってないんだろうし。と思ってたんだけど、ちょうど郵便局に行く用事があったのでついでに出してきました。

146円に見合う仕事かどうかはやっぱり謎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

twitter

Lance Armstrong  が twitter を使っているのを知ってずっと見ているのだけど、中々の更新頻度で面白い。
Lance Armstrong (lancearmstrong) on Twitter
TwitterBerry を使っているので、どうやら BlackBerry 使いのようだ。

近頃、欧米では芸能人やスポーツ選手が Blog だけでなく Twitter を使うことも多いようだ。日本だといるんだろうか?前にキャンペーン絡みだかで IKKO がやってるのを見かけたけど。
かっちりBlog用の文章を書く必要もなく、記者にバイアスかけられることもないからミュージシャンとかスポーツ選手にはいいような。旅多いし。

Twitter って RSS Reader みたいなもんで、1ユーザに1個しかないんだなぁ、なんて改めて思う。1ユーザって書き手じゃなくて読み手ね。Blog だと色んな芸能人が色んな Platform(nifty, livedoor, ameblo...)などを利用できるけど、Twitter は Twitter だけよね。Wassr とかあるけど、Blogと違って複数チェックするのは面倒くさい。ま、似たようなものが出て replace することはあるかもしれないけど。

何かぐだぐだ書いたけど、とりあえず Lance の twit おもろいよと。自転車好きじゃなきゃ意味無いかもしれないけど。レースの敗因とか、骨折して痛いよーとか、監督の家でワイン飲んでるよ、とか。ブリュイネール監督も twitter 使いだったりね。
Bummer とか good ol' とかいう言い回しも初めて知った。

というわけで Lance さん、スペインのレースで落車(集団内で転けた選手に乗り上げて複数こける)事故に巻き込まれて鎖骨骨折。今回初の Contador と同時参加だったので注目されたのだけど、ゼッケン番号は2だったようなので、一応エースは Contador だったみたい。
これまでは無二のエースとして3週間の Tour de France をアシスト達に守られながらゴールまで送られていたため、落車に巻き込まれて骨折なんてことはプロのキャリアでほとんどなかったそうな。本人は"miserable"と凹んでるそうな。
で、ブリュイネール監督は「綺麗な骨折だったら大丈夫だろう」と 5/9 からの Giro d'Italia への参加に関してコメントしていたのだけど、twitter を見る限り、" I guess it wasn't such a "clean" fracture after all." とのこと。
手術中もマネジャーに BlackBerry を渡して更新させていたのだけど、"
Same guy just 12 screws in his collarbone." ということで、どうやら Giro への参加は無理なんじゃないかな。復帰の一番の目標が Giro での優勝だったのだけど。

手術を追えた Lance の最新の twit は

Surgery/anesthesia/jetlag = hurtin' like hell.

お大事に。

[追記]
タイミング良くこんな記事。
When Stars Twitter, a Ghost May Be Lurking
Lance の反応は

I agree w/ Shaq on this one.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

別にジュエリー屋ではない。

いつの間にやら終わっていたらしいWBC。先日、女子に「何回韓国とやれば終わるんですか?」と聞かれ、オイラも答えられなかった。敗者復活だなんだで分からなさすぎ。オイラは相変わらずラグビーと自転車の放送を消化するのに忙しくてスルー。ニュースサイト見てもマジでいつ終わるのか分からない。

今思えば決勝の日だったんだろうけど、昼過ぎに階段ですれ違った人に「やばいよ、同点にされたよ」と言われた。「あら、そうなんですか」と気のない返事をしておいたのだけど、3年ぐらい一緒に仕事をしている彼の人、野球ファンだという話を聞いたことがない。福岡出身だったと思うけど、だからといってライオンズファンとかホークスファンとか言う話も聞いたことが無く。リーグ優勝とか日本シリーズで盛り上がってるのも見たことない。突如として出現した野球ファン。
何だか、日韓同時開催のワールドカップを思い出しますなぁ。街中を埋め尽くしたブルーの軍団。でも、その後のJリーグが盛り上がったわけでもなく。

果たしてこれで今年のプロ野球の視聴率は上がるのかどうか。単なるナショナリズムの高揚で終わるのかしらね。
在日韓国人で元大洋の新浦が韓国がマウンドに旗を立てるのを批判し、翻って日本サイドも平常心ではないようだと嘆いていた。普通に勝負をすればよいのに、と。
そう言う点で近頃の、というか前のWBC辺りからのイチローは気持ち悪いと感じてしまう。海を渡ったばかりの頃は純粋に応援できる対象だったけど。ちょうど好きだった Sting が政治とか環境の事を言い始めて自分の中でちょっと変になってきたときと同じ感じ。

普通に音楽やっててくれればよかったのに。
普通に野球やっててくれればよかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

押しボタン信号

先頃近所に信号できたんすよ。片道2車線、往復4車線の道路なんだけど、うちから向こう岸に渡るには遠回りが必要だったので、結構 jaywalking 多発だったんですよ。
久々に行政GJ!と思ってたんだけど、これが押しボタンなのよね。

普通の押しボタンって通常は黄色点滅でボタンを押すと青、ほどなくして黄色から赤だと思うんだけど、今回のは通常青。で、押しボタン押しても何ら変わりなく、そのうち黄色になって赤になるんだけど、これが1分以上かかるのな。

思うに、押しボタン信号って、ボタンが押されたときはそこに渡りたい歩行者がいるわけで。いきなり赤にしたら問題だろうけど、即座に黄色にしてもいいんじゃね?と思ってみたり。だって車側の信号は on demand ではなく統計情報から信号切り替えしてるわけだから。
即座とまで言わなくても上述の一旦青からすぐ黄色みたいなフローが機能として望ましいと思うのだけど。じゃなきゃ50mぐらい手前に押しボタン作ってクレイ。

結果として、近隣住民は却ってストレスが溜まるような状況になっているようですよ。こないだも待ちかねて(バス停に急いでたっぽい)信号無視してるネーチャンいたし。意味無し法一。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

政府筋

「ミサイル迎撃は不可能」と政府筋

政府筋は23日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合の迎撃について「ピストルの弾をピストルで撃ち落とせるはずがない」と述べ、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)などミサイル防衛(MD)による迎撃は不可能との認識を示した。

軍オタではないのでよーわからんが、その「ピストルの弾をピストルで撃ち落と」そうとする技術を必死になって開発しとるんではないのかと。技術的な裏付けのある発言なのか単なる主観なのか謎なんだけど、

政府がミサイル迎撃の準備を検討している中で、政府筋がMDの実効性を否定したことは波紋を広げる可能性もある。

「政府」と「政府筋」は別らしい。よーわからんが、報道のソースとなるときに匿名性を守る必要があるときは具体的な名前や階級を伏せてこういう書き方をするそうな。ということで、Wikipedia によれば「政府筋 = 内閣官房副長官、内閣総理大臣秘書官」だそうです。って高々9人(副長官3+秘書官6)じゃねーかよ。

しかしこないだもKEiさんと話をしてたんだけど、地震がどうとか不動産が高いとかどうこうよりも、日本に住むリスクの一番大きいのは何するかわからん北の将軍様が隣にいるってことじゃないですかね。近頃じゃ国内の治安の面でもUSばりに隣人にぶっ殺されるなんて事件もザラになってきたし。ま、今度のミサイルはシアトルなどを射程内に収めるという分析もあって西海岸も安全とは言えないかもしれないけど、それでもカリフォルニアはまだ大丈夫っぽいしな。

国境からの距離を考えるとベストはコロラド辺りか。やっぱ住みたくないな…スキーには良さそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

Ireland's Call

先週末で幕を閉じた 6 Nations は Ireland のグランドスラム(全勝)達成であった。61年ぶりの快挙とのこと。
最終戦は13点以上の差を付けて勝てば Wales にも優勝のチャンスがあったのだけど、試合は最後まで2点差でもつれ込み、Wales の優勝の目は無くなったものの国別対抗というところの意地を見せた好試合であった。最後の最後、80分回ったところで2点負けていた Wales の PG が short して終了という好試合。
O'Driscoll や O'Connell といった世界屈指のプレイヤーを揃えたチームは非常に強力だったのだけど、何となく今がピークのような気もするなぁ。特に O'Driscoll はディフェンスの良さが光るものの、一時期のオフェンスの凄みが感じられないシーズンだった。次の World Cup まで持つかというと少し不安があるような。

そんな Ireland がゲーム前のセレモニーで流すのが Ireland's Call という歌。6 Nations での Ireland 代表というのは国としての"アイルランド" ではなく、所謂イギリスに所属する北アイルランドと、国家としてのアイルランドを合わせた代表なのである。
アイルランドの不幸な歴史は前にも書いたことがある気がするけど、そんな経緯もあってまさかアイルランド人がイギリス国歌の "God Save the Queen" を歌うわけにも行かず、とはいえアイルランドの国歌は "Soldier's Song" という物騒な名前の曲。これは1916年、当時イギリスに植民されていたアイルランド人がイースターに蜂起し、捕らえられたアイルランド兵士の間で流行したという謂われがあって、北アイルランド人(イギリス国民)としては堂々と歌いにくい。
そんな背景から95年の World Cup からラグビーチームが歌うように作られたのが Ireland's Call という曲。行進曲のような勢いのある曲であり、中々良い曲である。特に Croke Park で観衆の大合唱のシーンは感動的ですらある。とはいえ、改築中の正本拠地 Landsdowne Road が来年オープンということなので、今年が最後だったのかな。

2007年Croke Park初のEngland戦前には
Soldier's Song と一緒に演奏された

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

不景気

元々「いいときもあれば悪いときもある」ライフスタイルなので、世間の景気とは関係なかったのだけど、ここのところジワジワ来てる。別に仕事がどうとかではないのだけど。

友達がいないので携帯はほとんど鳴らないわけですよ。仕事用は良く鳴るよ。つーか、個人用はほとんど教えないんだよな。

久々に木曜に個人用が鳴って、何かと思えば証券会社の担当。前にも進められた外債を買わんかと。募集〆切りが明日なんだけど、予約で埋まってしまう可能性もあるので云々。「今、外にいるのでまた検討しておきます」と適当に切る。実際、仕事先から戻る途中だったから。
金曜はそこそこ忙しく。何度か電話が鳴っていたようだけど、丁度打ち合わせに入ってたりでこちらからかけ直すこともないだろうと。そしたら月曜日、またかかってきましたよ。どうやら〆切りまでに売り切れなかったみたいね。
去年の夏頃だかに同じ商品を勧めてきたときは本当に売り切れたっぽいんだけどな。やっぱ冷え込んでるのかな。

昨日は夕方トイレにいって戻ってきたら携帯がチカチカ。これまた知らない電話番号なのだけど留守電を聞くと、いつも行く紳士服ブランド。いつも行くって言っても、シーズンに数万程度買うか買わないかだし、まあ行く店は2つぐらいしかないからそれなりの比重でお金を落とすけど、どう考えても上得意じゃねぇだろうと。「週末からセールがありますので、ぜひお越しください」とのこと。

おまいら、必死だな

不景気と言えば今年のラグビーのPNC(Pacific Nations Cup)はオーストラリア協会が不参加と。AUDの下げを見れば分かるけど、まあ大変みたいですよ。元々AUS として PNCの重みはそれほどないので、今回不参加なのだけど、それ以外にも試合会場がほとんど Fiji に集中。これまでは参加国にそれぞれ遠征したりしてたので、秩父宮でNZ Maori を見たり出来たんだけど、各国協会とも遠征費用を節約ということで、Fiji での集中開催になったようです。
折角世界レベルのラグビーを見られるチャンスが無くなってしまうのは何だか寂しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

Skil-Shimano receives Tour de France invitation

Skil-Shimano receives Tour de France invitation
ツール・ド・フランス2009 出場決定!

日本自転車ロードレース界、いや日本のプロスポーツ界としても歴史的な瞬間がやってきました!    (株)シマノが第2スポンサーとして出資し、別府史之選手と土井雪広選手、そしてスポーツディレクターとして今西尚志が在籍するオランダ第2のプロチームスキル・シマノが、世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランス2009への出場を正式に勝ち取りました!

Skil-Shimano は元々シマノレーシングという日本のチーム。Shimanoは釣り用具や自転車用具で有名で、特に自転車用具では世界最大のパーツメーカーではあるが、もとは大阪の町工場(鉄工所)。ある意味日本の技術力の象徴のような会社といってもいいかも。
で、Skil-Shimano は Skil という工具メーカと組んでのスポンサーで(自転車チームは大抵2つのメインスポンサーがつくことが多い)オランダに本拠地を置くプロコンチネンタルチーム。所謂トップカテゴリから一つ下のチームなので Tour de France を含む大きなレースには招待して貰わないと参加できないのである。まぁ、近頃はUCI(世界自転車連盟)とASO(Amaury Sport Organisation:Tour de France の主催者; 実はダカールラリーとかも主催してたり)のゴタゴタとかドーピング疑惑等々でトップカテゴリのチームでも Tour から排除されたりするのだけど。

んで、今年は頭から活躍し、特に先週の Paris-Nice でステージ2位とかイベールが総合8位といった目覚ましい活躍があったのが評価されたと。2人の所属日本人選手が出られるかどうかは監督の意向次第だけれども、出られたとしたら1996年以来ということになる。ちなみに96年に出たのは今では JSports の解説やってる今中さん。完走したら日本人初になる(今中さんは途中ステージでタイムオーバー)。
そういえばトップカテゴリ(プロツール)のブイグテレコムには今年から新城選手も所属しているのだけどどうかしら。まぁ、フランスのチームに所属しながらフランス人以外で Tour de France に出るにはかなりの実力が必要だろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

仲間

そういえば柴又に行ったとき江戸川河川敷でラグビーやってたのでボーッと見てた。1時間ぐらい見てた。
芝と雑草が混ざってはげたような、土曜の雨で大きな水たまりが出来たグラウンドに、ねじ曲がったポストを立ててやっていた。そんなところに何故か秩父宮で勇躍していた選手と一緒に福岡にいるはずの愚弟がいたのは気のせいだと思う。

愚弟がラグビーを始めたのは中学の時。それから高校、大学、社会人クラブと続けているのだけど実は1度も試合を見たことが無く。奴が高校で一本目の頃にはオイラは東京。奴が大学で頑張ってる頃は学生ベンチャーやってたりで忙しく。
以前飲んだときに転勤と相まってそろそろ引退になりそうだと言っていたので、良いタイミングで見ることが出来た。登場は後半だけだったけど。

試合後に二言三言交わして「今日(福岡に)帰るんか?」と聞くと「帰るよ」とのこと。オイラも余り人のことは言えないが何とも贅沢な道楽ではある。

「じゃあな」とグラサンして振り向いたところで、奴のチームメイトが数名歩いてくるのにすれ違った。

「こんにちわ」

と明るく挨拶してきたので意表をつかれたのだけど、こちらも精一杯明るく「こんにちわ」と返しておいた。大学のサークルOBを元にクラブチーム創始した長老である愚弟と親しく言葉を交わしていたオイラのことをOBか何かと勘違いしたのかもしれない。まぁでも良い仲間とやっているようだ。オイラも友人には恵まれている方だと思うけど、柔道をかじっていただけで団体スポーツをやっていなかったので少し羨ましい気もした。

以前、清宮監督の著書だったかで、珍しく良いことを言うなあと思ったのがあった。いや、試合となると相手チームのことを悪く言うだけでセオリーとか通常のラグビー論はいいこという人なんだけど。

小さな子供はボールを持つと離したがらない。最初はそれでいい。つかまって、動けなくなって、どうしようもなくなったとき、そばに仲間がいてくれることの意味が分かる

仕事で凄い人と一緒になったことはあるけど、どうしようもなくなったときに助けてもらった記憶はまだないなぁ。目を覚ませてくれた一言をくれた人はいるけど。

思うに色々なスポーツの中でもラグビーは support play というのが大切なのだと思う。いいところにいるとか、いいところにパスするだけじゃなくて、チームのために自分を犠牲にする play が重要だし評価される。それで助けられる選手がいるし、それがトライに結びつくこともある。
野球のように攻守が別れていたり、ネットでコートを分ける球技と違って直接タックルで捕まえ、捕まえられる競技。怪我さえしなければ教育として良いスポーツかなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

帝釈天

ここのところ体調が芳しくなく。体調と言うよりは「どんな人にも躁鬱の波がある」というのに従えば、今は鬱の状態なのであろう。飽くまでオイラの個人的レベルでの「鬱」であって、周りから見ればいつも通り酔狂かもしれないけど。まあ気候の影響かもしれぬ。

で、日曜は朝から気持ちの良い青空。千葉の酒蔵祭りに誘われていたのだけど、休日出勤になるかもしれないので断っており。当日行っても良かったのだけどそこまでテンション上がらず。
そういえば、上京する度に江戸の寺社を巡る親父が「後は柴又帝釈天ぐらいか」と言っていたのを思いだし。オイラも行ったことのない帝釈天でも行ってみるかと電車に乗って新柴又(最寄りは柴又駅ね)で降り、江戸川沿いにフラフラ散歩。

神戸には大きな川はなく、上京してから住んだところも西方のため、せいぜい目黒川ぐらい。歩いてみると河川敷カルチャーというのも良いものですな。野球、サッカー、自転車、ジョギング、散歩の老夫婦等々、結構な人口密度でしたよ。

肝心の帝釈天は信仰心0の神社仏閣拝観マニアにとっては何か別に大したことない寺でした。多分、普通の鎮守様みたいな地元の信仰対象だったのが「男はつらいよ」で有名になっちゃっただけなんだよね。参拝客は年齢層高め。

彫刻とか庭園が自慢なんだそうですが、有料というので見ませんでした。東から入ったので西の表参道側に出ると凄いテキヤの数。一本外れた道を歩いたのだけど、名物らしい川魚料理屋がいくつかあり、後は鰻屋・焼鳥屋など。なんで表参道って鰻屋とか焼鳥屋なんでしょう。成田山も伏見稲荷もそうだったんだけどな。坊主とは縁遠い気がするのに不思議。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

牛乳

先日マーケティング会社の人と話してたとき、「牛乳が売れない」という話を聞いた。もう10年以上前から消費量は減り続けてるんだそうな。
で、アンケートを取ってみると「おいしくない」とかそういう理由に混じって「子供が美味しくないと言うから飲ませない」というステキお母様の回答があったそうな。子供にとっては生きやすい時代が来てるようですね。まぁ、元々渋谷で高下駄履いてる頭の良さそうな女子が「太るから」とかいう理由で牛乳飲まないとか言われたのが10年以上前だから、その辺りが子供を産んだらそんなもんか。

んで、もう1つ気になったのが「動物性だから」という理由で子供に牛乳飲ませないという回答。「動物性は悪で植物性は善」みたいな思想はどこから来たんだろう?といつも思う。サラダオイルかマーガリンの広告宣伝の賜物か、はたまたベジタリアンチックな「ほげほげ健康法」みたいなものなのか。
以前、化粧品会社のマーケティング担当の人と話したときに「実は植物性のものが体に良いってことは特に無いんですよ。私たち動物ですからね」と言っていたのを思い出す。タンパク質や脂肪を体内摂取するなら影響が無いとは言い切れないけど、顔に塗りたくる油がどっちであろうと変わりはなかろう。というか、植物由来100%のスギ花粉で苦しむ人たちを見ていると、むしろ動物性の方がいいんじゃないかとすら思えてくるのだけど。

しかし何だ、世の常識的な味覚では牛乳って美味しくないんですかね?小学校の頃から「ミルク飲む強い子よい子」と育てられたオイラは今でも美味しく週に1リットル以上飲んでるわけですが。別にデブらないし健康ですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

Physical Peeling

ずっと前に一緒に飲んだ人が帰りのタクシーを降りた瞬間に何故かダッシュしたくなり、足がもつれてこけたと。で、買った洋服の紙袋を庇おうとして顔面から着地したのでズサーとなって、結果的に顔の皮膚がキレイになったよ、という話をしていた。ツッコミどころ満載で面白かったのだけど、先日飲んだらまた別の人が酔っぱらって駅のホームでお酒の瓶だかを庇って顔面から着地してズサー。1週間で治ってホクロが無くなったよ、と。

二人とも女性なんだけど、まぁそんな話しながら「なにやってんだか、オイラは酒で怪我したことはねーよ」とか言いつつ2時か3時までアヒャアヒャ言いながら飲んで帰った。

次の日、久しぶりに気分が悪く。「いやー、久々の二日酔いだわ」と思いつつもトイレに行き(吐くためではない)、用を足して立ち上がったところで Blackout。痛覚はあるが視覚と制御を失ってヒートロッド食らったセイラさんのように床に突っ伏してしまい。その途中で頭3カ所を撃ったのもしっかり認識していながら体は対応できず。

復帰してから再度就寝、起きてシャワーを浴びたところが額が痛い。どうも額を擦りむいたようですよ。とはいえ 1cm 四方ぐらいなので美肌効果は期待できんなー。
言っておくけど酔っぱらって転んだわけじゃないからな。つーか、Blackout は過労気味の時によく出るのよな。気をつけねば。

とりあえず事故が土曜日、木曜の今日は傷跡もなくなりました。顔面は毛細血管が多いので回復が早いらしいのだけど、キズパワーパッドも凄いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

カーネルの呪い

Boston がベーブルースをトレードに出したがために途端に優勝できなくなった「バンビーノの呪い」は有名だが、つい最近解けた。トレードが1920年、優勝が2004年、実に84年である。

「『カーネルの呪い』も解けて、今年は日本一でしょう」

阪神タイガースの日本一は1985年、ちょうど世の中の話題はハレー彗星の接近(86年)で「次の優勝とハレー彗星はどっちが先か」なんて冷やかされたものだ。当時弱小だったヤクルトなんかが上昇機運に乗る中、2003年星野が優勝させるまでは20年近く最下位争いメインを張った阪神。その星野も日本一にはなれず。これをいつからか道頓堀に放り込まれたカーネルサンダース人形にかけて「カーネルの呪い」と。

今でも関西では高視聴率を誇る探偵ナイトスクープの第1回放送の依頼が「カーネル・サンダース救出作戦」だったらしい。見た記憶があるけど第1回をみたのかなぁ。再放送かなぁ。なんせヘドロだらけでサンダース像どころじゃなくて探せなかったんだな。

もう24年も経つんやね。当時、銀座を練り歩いたという虎キチの従兄の娘も20歳である。オイラ何してたかなぁ。阪急ファンだったのでセリーグ興味無かったんだよなぁ。甲子園は高校野球を見に行くところで、ナイターは今まで1回しか行ったこと無い。中学の友達が阪神巨人のチケット余ってるとかで一緒に行って、ガリクソンが負けた。阪神は仲田幸司で奇跡的に勝ったんだよな。当時、巨人に阪神が勝つってありえないことだった記憶が。
上述の従兄は先日会ったときに「今度の外国人はバース以来らしい。今までろくな奴来んかったから」と言っていた。呪い解けるかしら。まあ、従兄はいつも開幕前はこんな感じなんだけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

時刻表

JTB時刻表、5月で1千号

999号は将来プレミアつくのか?すげー表紙だ。

ガキの頃は毎月買ってもらってたものだ。JTB時刻表だったかJR時刻表だったか定かではないけど、記憶の中の表紙のデザインはJTBだった気がする。

小学校低学年の当時は神戸から淀川を越えて大阪に行く事なんて1年に1回あるかないか、自力で移動できる範囲は"丁目"単位だったし、そんな中で時刻表に出ているL特急とか新幹線とか、遠い東京を走るロマンスカーなんていうのはちょっとした架空の世界みたいなもんだった。今みたいにネットで動画がポン!の時代ではないしな。
中の日本地図上の路線図を追っかけて乗り換え電車探してみたりもしたんだけど、乗り鉄・撮り鉄・コレクターいずれにもならなかったのは不思議。

インターネットで路線検索ができる時代となり、国鉄最後のダイヤ改定となった1986年11月に200万部だった部数は、15万部にまで減った。

確かにね。学生時代はスキーとか旅行とか言うとみどりの窓口にあるボロボロの時刻表めくって切符買ったもんだけど、えきねっと出来てから便利どす。

あの頃読んでた雑誌っていえば学研の科学以外には、時刻表と親父の FM fan, 後は自作スピーカーが趣味の親父がたまに買ってくるトラ技だったかラジオライフだったかだったような。活字好きだったオイラは何でも読んだわけですが、出来上がりがこんなもんですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

花粉症

昨日朝起きたら鼻が詰まっており。起きても妙にくさめが出るので、「お、ついに花粉症が俺様にも!?」と嬉々としていたのだけど。

お出かけして夕方家に戻り、月曜からの仕事の予習をすべくPCに向かっていたら急に首が凝り。程なく目の上から額がぼんやりとして心持ち痛み出した。本当に急に。これはいかんということで2004年が使用期限の葛根湯を探し出してきて飲み、18時に布団に入る。
起きたら21時。頭はスッキリだが油断は出来ないのでかつて無いほど部屋を暖かくして軽い食事を取り、22時過ぎからの Paris-Nice 初日を見るも1時間ほどで眠くなってきたので寝た。

風邪だったのかなぁ、過労かもなぁ。今年に入ってから手を動かす仕事以外に、受注前の調整やらで面倒な案件に巻き込まれており。先週は飲み2件で1件は結構な深酒をしてしまい。お疲れだったのかもしれぬ。

先日、何故かUSから送られてきた"Pain Relief for Kids (Ages 3+)"なるもの。嫌がらせとは思えないが、もらっても嬉しくないリアクションに困るもの。送った当人に確認したところ「不条理なものを送りたかった」とのこと。とりあえず熱っぽかったので冷凍庫で冷やして使ってみたけどまるで効果がありませんでした(苦笑)。そもそも冷えた感がほとんどないし、すぐに常温に戻っちゃうし…
おそらくはグズる子供に与えて機嫌を取る目的のものではないかと。電子レンジで温めても使えるらしいのでまたの機会に。

今朝はスッキリ。残念ながら花粉症ではなかったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ドット単位

man's miracle survival after being run over by truck

このオッサンすごすぎ。
ドット単位で敵を躱す技術はグラ2世代に違いないと思ったらやっぱり32か。それぐらいだな。

それにしても美しいよSCC音源のBGM。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

高速料金値下げ

高速道路料金:休日1000円、麻生首相「28日には開始」

集めた税金をわざわざ返す"だったら取るなよ"定額給付金ぐらいしか知らなかったのだけど、予算案成立で高速道路も値下げになるそうな。海外の文字通り Freeway と比べるとそれでも金取るのかよとも思うけど、日本の路面のクオリティは高いからね。
結局、道路公団に5000億円が国家予算から下ろされることになるわけで。って、道路公団って無くなって株式会社化してたんだったな。
車に乗らないオイラからしてみると、税金取られて還元先が高速道路利用者という全くありがたくない話なんですが、レジャーに行く人やちょっと遠くに買い物に行く人が増えて経済効果が生まれるんだそうです。ふ~ん。

高速道路会社によれば割引制度を使うと土日祝日、例えば青森―鹿児島間の通行料金が片道3万9250円から2500円に下がる。

とかいう記事もあって、なんで500円の端数が出るのか謎なのだけど、東京と大阪の周囲は適用範囲外というからその辺なのかな?

この法案、2年間有効だそうですが、これまで飛行機とか新幹線に乗ってた家族が安くなるってんで、頑張って車で移動してお父さん過労死とか高速で事故多発とかにならないかな?なんて、以前仕事した人が帯広出身で子供2人いて「家族4人だとお金がかかるからろくに帰省できないですよー」と言ってたのを思い出したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

お内裏様とお雛様

昨日お邪魔したお店に可愛いひな人形が飾ってあり。

「今日はひな祭りでしたね」と言うと「関西は逆なんですよね?」と江戸っ子の店主。そう言えば逆だったような。あれ?どっちだっけ?ひな人形なんてちゃんと見たの幼稚園ぐらいかしら。

元々、中国に倣って日本でも皇帝/天皇の前に大臣・官僚が並ぶ際は左大臣・右大臣と左から右への順序が決まっている。この場合の左は天皇から見て左なので向かって右が上位。ちなみに左大臣の上に太政大臣というのがあるけど、これは昔の横綱のように臨時の大臣であり、本来は功労のあった皇族が就くもの。だったのだけど、"惚れた男は皇族にしたくなる"困った孝謙天皇(女帝)が藤原仲麻呂・弓削道鏡を任命してからは藤原氏など皇室外の人間が就くようになる。

閑話休題、ということで、男尊女卑というか何というか昔の風習ではお内裏様は向かって右、お雛様は左であって、現在でも京都を中心とする関西ではこの並び。ところが明治になり都が京から江戸に移った辺りから、江戸を中心に関東ではお内裏様が左になったそうな。これは、ヨーロッパの王と王妃(向かって左が王)の並びを参考にしたとも、天皇の即位式の並びを参考にしたとも諸説あってはっきりしないようだ。宮内庁の両陛下の写真を見ると確かに天皇陛下が向かって左だ。

と、ここで女王のいる英国はどういう並びなのかと気になって調べたのだけどよく分からず。他に王室サイトを見てみたところ、トップの写真はバラバラ。と思ったら案外女王って多いのね。

Casa de Su Majestad el Rey de España (スペイン王家; トップの写真は王が左)
Kongehuset (デンマークは女王; トップの写真は女王が左)
Kungahuset - Kungahuset (スウェーデン王家; トップの写真は王が左)
The Dutch Royal House (オランダ王家; 女王が左?)
kongehuset.no - Forsiden (ノルウェー王家; トップの写真は王が左)

んー、男女に関わらず王が左なのかな。イギリスは残念ながら公式な写真が見あたらず。いや、探せばあるんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

警視庁ジャック

昨日はお仕事で山手線。

行き、ぼーっと釣り吊り広告を見ると「4月1日より首都圏の駅は、全面禁煙に。」との表示。以前から特急列車が全面禁煙になっていたのだが、更に推し進めた模様。首都圏限定というのが謎ではあるけど素晴らしい。首都圏はホームの人口密度が高いから?地方は喫煙率が高いの?

帰り、ぼーっとするまでもなく、入ってきた列車に素人感イッパイのにこやかな警察官の顔。警視庁の警察官募集広告でジャックされたADトレインらしい。これが中まですごくて、吊り広告も、壁の広告も、ドア上の動画まで全部警察絡み。
この動画がすごい中身で、「街を守りたいと警察官になったお父さん編」とか「新宿に配属された新人警察官編」「体鍛えてる機動隊編」など昔懐かしい道徳教育テレビみたいな感じでしたよ。

どうやら、あの編成は1編成だけらしく、たまたまツモったらしい。総費用約4600万円だそうです。団塊の世代がずぼっと抜けるので採用のテコ入れなんだそうな。幼稚園の頃、将来の夢に警察官になりたいって奴はいたけどなぁ。オイラはパイロットになりたかった。パイロットになりたくて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

借地権

週末知人の付き合いでモデルルームへ。分かる人なら分かるあの借地権物件ですよ。神宮前。どういうものか興味があったのでね。

普通のマンソンは土地と建物を買うもので所有権と呼ばれ、高層マンションになれば同じ土地をフロアの数分で分けるので正しく猫の額ほどの土地の権利と上物が手に入る。借地権の場合は土地は借り物で上物だけの値段で購入するので一般的には安い。その代わり土地の借り賃を払い続けるのと、契約満了字には土地のオーナーの判断で返さなきゃいけない可能性あり。

さて、件の物件、色々噂は聞いていたものの開けてビックリ。40平米ちょっとで3000万前後。普通に都内で所有権でマンション買えますよ。同じ値段で。かつ、管理費とかと別に月4万ほどの「借り賃」を払い続ける。極めつけは住めるのは2059年までの50年間で、その後2年で解体して更地にして東京都に返すという契約が決まっているとのこと。延長はありえないんだと。マンションも使い捨ての時代。

まー、普通のマンションでも50年経てば建て直しとかそういう話が出そうなもんだけど、オイラがもし購入して終の棲家として住んだとしたら85で追い出されるわけだ。それは厳しいということで途中で売ろうにも、価値は上物だけなんだし、例えば20年住んでから転売を考えれば築20年かつ後30年で壊される前提の物件という余り魅力的じゃないようなもの。

そう考えると

  • 愛人加工用囲う用
  • 50年後なんて俺には関係ないし財産残す相手もいねーぜという金持ち世捨て人用
  • 転売じゃなく家賃収入目当ての投資用

ぐらいが用途なのかなぁ。キャッシュで投資用にポンと買えれば15~20年ぐらいで回収出来るのかしら。ローンでも、まあローン支払より高く借りてくれる物好きはいるかも。立地というか土地の名前があるから。

でもなぁ、最寄りのスーパーまで徒歩15分ぐらいかかりそうな場所に住む気はしないなぁ、オイラは。後2ヶ月で入居可能で、まだ半分ぐらい売れ残ってました。これがどの程度の販売水準なのかは分からないけど。
不景気とはいえ、マンションは売れてるらしいし。と言っても、3末決算に向けた中小プロバイダの投げ売りメインだから大手には関係ないのかな?3末はまたバタバタ行くんでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »