« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

ドーピングの季節

Schumacher confirmed as second Olympic cyclist positive
Italian Olympic Committee summons Rebellin

去年の北京オリンピックのドーピング再検査が1月から行われ、4末になってやっと終わったと。持久系種目の出場選手の948の検体を対象に再検査したそうな。大変な仕事ですなぁ。去年7月の Tour de France の途中から検査方法が確立された CERA という第三世代EPOと言われる薬物の検出ということで当たりは6人。内訳は自転車2、陸上3、重量挙げ1だそうで。

Schumacher は TdF の途中、驚異的な逃げを連発したあとで検査に引っかかり途中退場。なので今回の北京オリンピックでのドーピング発覚は別に驚くこともなく。所属していた Gerolsteiner もスポンサー絡みで解散となった。そのときの同僚がイタリア人の Rebellin。

Rebellin は今シーズンはフレーシュ優勝、リエージュ3位ということで好調だったのになぁ。まだB検体の検査を申請できるとは言え、37歳、このまま引退だろうか。残念な感じ。
ドーピングが確定すれば4位のコロブネフが銅メダルにあがるのだな。

それにしても今年の春のクラッシック。今期からヨーロッパトップチームの BBox Bouygues Télécom に移籍した新城幸也選手がすごい。アムステルゴールドでは逃げに乗って国際放送映りまくりで完走。リエージュも完走。これまで日本のチームではエース扱いだったので、初めてのアシスト仕事も大変そうだけど頑張ってほしいなぁと思うのですよ。日本人でも知ってる人は少ないだろうけど、ここにも1人世界のトップで活躍してますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

Google App Engine for Java

前から Google App Engine があるのは知ってましたよ。Googleさんが、無料でWebの実行環境貸してくれると。でも言語は python 限定。
python なぁ。別に特にやりたいこともないしなぁ。まぁちょっといじってみたい気はするけど。

と思っていたら Java も使えるようになったとのこと。

とりあえず、Google Account 持ってるのが前提だけど、java 使うためには普通に app engine の利用手続きに加えて更に sign up が必要とのこと。
目出度くお返事のメールが来たら Google Plugin for Eclipse をEclipseに入れる。するってーと g マークのアイコンで"Web Application Project" っつーのが作れるようになるので、後は煮るなり焼くなり好きなように。一部のクラスの利用は制限されている(The JRE Class White List)らしく、今は亡き(まだあるけど)SUNWの開発者がお怒りとか言う話だけど、とりあえず JSP と Servlet が動きまする。

で、何やるかな-と思って、とりあえずありがちだけど駅データのAPI使って自分のいる場所の半径500m以内の駅リストを出してみることに。
au の GPS 情報取って、APIに緯度経度を投げて帰ってきたXMLを処理して表示というだけなのだけど、久々のJava って面倒。ちょっとしたことやるには異常に面倒。型の cast とか初期化とか五月蠅すぎ。後、もう一個別に作ったアプリではファイルアップロードやってみようかと思ったけど萎えた。tomcat じゃねーのでな。

そうそう、JSP使いたい時は JRE じゃなくて JDK 入れてそっちを使うようにしないと動かない。後、何故かJSPに直接書いた日本語が化けるのよね。localhost でテストするときは大丈夫なのだけど、app engine に上げると化ける。オイラが悪いのかどうか謎。それ以外は至極普通に開発出来ますよ。オフィスで app engine に上げたファイルを自宅で落とすなんてことが出来るのかどうかは謎。

ということでQRコードはau 限定の謎ツール。例外処理とかいい加減なのでしれっと"null"とかいうけど気にしないこと。やる気になれば3キャリア対応出来るけどやる気にならないので多分放置。当然国内限定。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

Canon G10

もう半年近く前のことになるのだけど、韓国に行ったときにデジカメの電池が切れまくりまして。単3x2本を使うんですが、ものの1時間ほどで切れてしまい。日本から持って行った8本はすぐになくなりまして。仕方がないので現地の売店で買っても同じ。ヒドイので、神田のオリンパスに持ち込んだのですよ。

結果「異常ありません」と。懇切丁寧に電圧について説明された挙げ句、「古い乾電池をお使いではないですか?」と。ex-電気屋勤務親父の子として、幼少のころより乾電池の構造から電圧云々まで知っておる。わしゃ100円ショップで乾電池買うようなことはしておらんわ(韓国の売店は分からんが)。と、ちょっとイラっとしたけどそこは大人、それに「こちらの利用がおすすめですよ」と専用3Vリチウムバッテリーをくれたので大人しく帰ってきた。モノに弱いの。にはもっと弱いわ。

んで、試しに近所に散歩に行く折に持って行ったところ、家に帰って画像見てびっくり。今度は光軸がぶれてますがな。
小学生の頃に親父に一眼レフを叩き込まれ(今ではほとんど忘れてるが)、ファインダーは脇を締めて覗くもの、と教えられたオイラは近頃のデジタル一眼だとライブビューって言うんですか?あの、液晶画面を見て撮影をするのが苦手でして。ファインダー覗きたいんです。
どうも修理に出したときにファインダーの光軸とレンズの光軸がずれたっぽい。もう一回修理に出そうかとも思ったけど、このSP-350は買ったときから妙に相性が悪く。いろいろ検討して Canon PowerShot G10 を買って去年末の帰省から乗り換えていたのです。ちょっとでかくなっちゃったんだけどね。SP-350購入が2006年4月なので2年半でしたか。物持ちのいいオイラにしては短いな。

で、いつか両方のカメラで撮り比べてみようと思っていたのに、ずるずると4ヶ月。思い立って近所に散歩に行ってみました。

上がG10、下がSP-350。G10の方が広角なんだけど、どうも白の方に飛びやすいのよなぁ。明るいといえばそれまでか。買ったときから思ってたんだけど、並べてみると歴然。色味はSP-350の方が好きだなぁ。まぁ、それ以外のスペックとかはさすがに2年分ほどG10の方が良いのだけど。

撮影場所は散歩ついでに横川省三記念公園というところ。ほとんどの人が知らないだろうし、オイラも知らなかった人の名前なのだけど、公園の奥に壇と碑文がある。

明治三十八年戦役ニ特別任務ヲ帯ヒ北満ノ野ニ壮烈ナル最後ヲ遂ケタル志士横川省三君ハ南部盛岡ノ人ナリ(略)大詔下ルヤ輙(すなわ)チ擢(ぬきん?)テラレテ敵後方輸送路遮断ノ命ヲ拝シ嫩江鐵橋爆破ニ赴キシカ遂ニ敵兵ノ為ニ捕ヘラレ四月二十一日同志沖禎介ト共ニ哈爾濱ニ於テ銃殺セラル(略)後年其功ニヨリ勲五等ヲ授ケラレ特旨ヲ以テ靖国神社ニ合祀セラル

AEのページで色々なオタ記事(?)に紛れて中々読み応えのあるお話(2009年4月21日分)があるので読まれると良いかと。ただのオタクサイトではないのだ。オイラもここで知った。なんだかジパングの前半を思い出すような話である。
ちなみに港区の紹介ページにある「カエルの形をしたかわいい水飲み」つーのがこれ。

か、かわいいかな…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

集中力低下

春のせいか集中力低下中。

家出るのに必ず何か忘れたり、オフィスの鍵開ける前にノブ回してみたり。

で、ついにやっちまった。

ビールは飲みたくないけどさっぱりしたくて、でも甘いのはどうも、という時に昔は缶入りのウィルキンソンを常備していたのだけど敢えなく生産中止。ということで、レモン入りの三ツ矢サイダーに変えていたのだ。そろそろ在庫も無くなるということで検索してたら、異様に安いサイトがあり。500mlだとかさばるけどまぁ安いからいいかと注文したら、レモンじゃないただの三ツ矢サイダーが届きまして。

驚いて注文確認のメールを見直したら、確かに普通の三ツ矢サイダーを注文してました。それも2箱。

教訓:商品画像のない通販は気をつけよう。

ていうかなー、ただの三ツ矢サイダーだと甘いんだよなぁ…どうすっぺ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

オーガニック

ねたミシュラン ★★はたしてどっちが正しい?

以前、一緒に飲んだ人がオーガニック支持な人で。別に布教活動をするような鬱陶しい人ではなかったので楽しく話をしたのだけど(主観を理屈っぽく押しつけてくる人は苦手だ)

で、以前から気になっていたことを聞いてみた。有機栽培とか無農薬の野菜とかを好んで食べるというのは分からなくもない。なんだけど、以前膝掛けを探しに行ったときに「オーガニックコットン」で作られた膝掛けというのが売られていて少し割高だったのだ。
別に口にするものでもないし、膝っつーか大腿部経由で何か影響があるとは思えない。だったら染料とかの方が影響が大きかろうと。

そのことを聞いてみたところ、飽くまでその人の考えなのだけど、オーガニックを支持するというのは体にどうこうとか味がどうこうということではないのだそうな。要は化学肥料とか農薬を利用することで土壌を中心とする環境に対して悪影響を与えることを好ましく思っていないらしく、普通のものより高い金額を出しても有機栽培とか無農薬のものを買うというのは、化学肥料や農薬を利用しないで(自然を汚さずに)頑張っている生産者を応援する、という感覚からくる行動なのだそうな。
なので、その人は別にオーガニックだからといって「美味しい」とは思っていない(期待していない)と。

というか、無農薬と有機栽培は微妙に違うかも。むしろ「無農薬だから美味しい」って方が怪しいもんだな。今のリンゴとかは収穫量と味の改善のために品種改良を繰り返した結果農薬無しではまともに育たないそうな。そう考えると、「無農薬の方が美味しい」と単純に評価するってのは、ペットショップの犬より野犬が可愛いって言うようなもんだな。まぁ美味いとか可愛いは主観だけど。

で、オーガニックの話に戻ると、なるほど、そういう考え方があるのかと理解すると共に、オーガニックコットン膝掛けの謎も雲散霧消したのでした。オイラは正直共感する部分は少ないのだけど。

共感できないというのは、別に反対じゃないんだけど、高いお金を払うっていうのが非効率な気がして。貧乏くさい意味ではなくて、お金って基本的に労働力とか生産の対価なので、それをわざわざ割高に使うって言うのは一周回って環境によろしくないんじゃないかと思うのだよな。資源の有効利用の効率性とかそういうところ。しっかり吟味したわけではないけど。
つーか、考えてみるに同じ「環境保護」といえども「自然環境を守る」ってのと「資源の有効活用」っていうのは別問題だし、しばしば相容れないこともあるんではなかろうか。案外一緒くたにされている気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

サッカーイギリス代表

The British & Irish Lions : British & Irish Lions tour squad announced

ブリテン島の4カ国とアイルランドからのラグビー選抜チームが4年に一度南半球遠征に出る、今年はその年である。オリンピックやサッカーワールドカップと同様4年に一度、選手としてのピークが間に入ってしまったり、怪我をしてしまった選手は残念なことになってしまう。また、当然自国の代表になるよりも難しい。それだけに、ワールドカップに出るよりもLions のメンバーに選ばれることを栄誉と思う選手も少なくないようだ。

で、今年は南アフリカ遠征の年。現地13時半に Squad が発表になった。結構サーバが重かったので、それだけ向こう及び南半球では注目されている発表である。

今シーズン前にはキャプテンは Brian O'Driscoll だと普通に報道されていたのだけど、各国リーグやハイネケンカップ、6 Nations を終えた時点で、今回のキャプテンは P.O.C. こと Paul O'Connell に決まったそうな。活躍ぶりを見れば妥当なところ。

内訳は England 8, Scotland 2, Ireland 14, Wales 13 ということで、グランドスラム達成の Ireland が最多で、昨年優勝のWalesがそれに続くという状況。ここのところ低調な Scotland は寂しい。England はWilco が怪我で入らず。CTB (Centre と書かれているのがさすが British) に NZ 出身の Riki Flutey が入ったのは楽しみ。個人的には CTB は Shanklin と Flutey がよかったと思うのよね、今シーズン。

そういえば、自転車レースの世界でもイギリス人選手を集めたチームを作ろう(Announcing Team Sky      A Professional British Road Cycling Team)という動きがあったりするのだけど、サッカーイギリス代表って見たことない。World Cup では毎回 England が優勝候補の一角に挙げられるのに、オリンピックでは見かけないねぇ。

調べてみると1972年のオリンピック以降、イギリス代表は組織されていないらしい。各国(?)のサッカー協会の確執が凄いようだ。欧州U-21選手権がオリンピック予選を兼ねているらしいのだけど、そこには England など各国(各地域)で代表を送ってしまっているので、イギリス代表はオリンピック予選を勝ち抜くことがないんだそうな。出てないんだから当然よね。
さすがに今度のロンドンオリンピックでは組織しようという動きがあるものの Scotland 協会が反対してるとか。ラグビーは仲良くやってるのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

説教

世の中には部下を叱るのが趣味のような人がいるんだけど、オイラは人に説教すると自分も凹むので嫌なのだ。嫌なのに先週は2回も説教してしまった。説教自体何ヶ月ぶりかって感じなのに。

1つはオイラの絡んだコンサル案件で、クライアントに押し込まれて弁解もせずに帰ってきた営業に説教。自分がプロとして関わった仕事だけに、勝手にこっちの落ち度にされてそのまま引っ込んできたのはどういうことかと。そもそもの契約も見直してみろと。

で、2つめが酷かった。実質2週間続いたんだけど。プロマネはオイラの一回り近く上。案件はちょっとした検索システム。で、その人の下にプログラマのオイラと、別のデザイナがいる。小規模案件ならよくある進め方で、普通はそのままHTMLが回ってきてデザイナとは顔も合わさず終わるんだけど。

このプロマネが理解不能。

  • メールで3つ質問したら1つしか答えない(携帯メールかよ?)
  • 仕方がないので1つだけ質問したら、全然関係ないメールが帰ってくる(私は今これやってます、みたいなの)
  • 実はクライアントに仕様確認する前にオイラに仕様投げてた(ちょ、おま)
  • 何故か知らんがメールがしょっちゅう行方不明になる(ブラックホール?)
  • 「デザイン確認しました」といって転送されてきたHTMLが当初仕様と全く違う(二重人格?)
  • 自分で「項目はA,B,C,D,Eです」と決めたくせに、最終案見たら3つぐらい勝手に項目増えてる(曰く、「出来ると思ってました」)
  • デザイナに検索ページだけ発注して検索結果ページは発注してなかった(僕たち何作ってるの?)
  • 最後に投げ出して「デザイナと直接話してください」(給料俺様によこせ)

細かいことあげるときりがないのですが。

オイラ、人間的に好きじゃない人とでも仕事だったら割り切ってやりますよ。少々仕事が遅い人とでも我慢してフォローしながらやりますよ。でも、コミュニケーションのレベルで破綻した人とどうやればいいのかと。自分が昨日メールで書いてきたことと全く違うことを次の日送ってくるっていうのはちょっと危ないんじゃないのか?
これまで酷い客とかいたけど、敵が内部にいてここまでヒドイのは社会人になって初めてです。本当にありがとうございました。

色んな事があって2週間、最終的にデザイナと会って話をしたらデザイナも「いや、何か良く分からないんですよねぇ」ということで不思議な指示を受けて仕事してたらしい。
で、納品3日前にまたやらかしたので、さすがに説教しました。それまでは粘り強く頑張ってきたんだけど。
お前さんの頭の中で思ったことが全自動で全員に伝わると思うな。出来るかどうか分からないことを勝手に出来ると判断するな。その他諸々。
ひたすら「ごめんなさい」と繰り返し、「システムのことはよく分からないので」との弁解。いや、IT の事分かれって一言も言ってないやん。つーか、結局お前何が問題か分かってないやろ。
挙げ句に向こうにとってはオイラは怖い人らしい。変な評判立てないで欲しい。

社内的には遅くまで残って頑張ってる人らしいですよ。でもさぁ、結局仕事が出来ないか、チョンボが多いから遅くまで残ってるんでねーの?日本の法律だと残業代払わないと違法だったりするよねぇ。無下に首切るとなんとかユニオンとかと組んで訴えられたりするよねぇ。なんか不思議。
とりあえず彼の人とはもう仕事したくない。万が一引き受ける場合はがっつりプレミアム乗っけさせてもらう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

dynabook CX/45H

5年以上連れ添った Mebius だけどここにきて調子が悪く。"C"キーの感度が異常に悪くなり。
「はちみつ」と打ったつもりが「はひみつ」とか。

かつてDisk換装し、メモリも増設し、さらにキーボードを交換するのかと。もうゴースト以外は全部作り物といった感じになりそうだ。遅さを感じるわけではないのだけど、なんだかんだでDiskもいっぱいになってきてるし、近頃のサイトみると画面が狭く感じることも多いしなぁ、そろそろ潮時かと。

久しくNotePC市場など見ていなかったので量販店に偵察に。だいたい10万ぐらいでないかなぁと探してみるとほとんどが15インチモニターもの。でけーよ。13インチだと高くなるらしい。
というわけで探すとちょうどよいのがMacBook。11万ちょっと。もいっこがNECのLavie N だったと思う。が、このLavie、店頭でさわったら左手の部分が半端なく熱くて。実用的とは思えない。設計ミス?オイラが敏感?それとも展示品が壊れてる?

MacOS も惹かれるんだよね。BSD ベースだし。ただ、オイラの使っている会計ソフトはWin版しかなく。bootcamp でやってもいいんだけど、KEi-sanにMacにWin入れる奴は人間の屑だと言われたのでなぁ。そういえば、前に飲み会でマック使いな自営業の方々と話してたら、皆さんいい会計ソフトが無いと言っていた。とはいえ、予算にFitするのがMacだけなら仕方あるまい。

そう思って帰宅してから調べていたら、dynabook の13インチのCPU 2GHz, メモリ3Gが10万ほど。何かもうめんどくせーしこれでいいやとご購入ですよ。結局 Mac使いに戻るのはまだ先になりそう。一応、12年ほど前はMac使いだったのでね。

で、この後格闘することになったのだけど、その件は改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

源氏名

ここんとこ色んな仕事しててもそこかしこで「個人情報うんたら」の話を聞くわけですよ。

個人名と住所・電話番号・メールアドレスのようなものが紐付くと個人を特定できる個人情報になるんだそうで。で、これを持っていて、紛失したり漏洩したりすると会社としては大問題になるんですね。だもんで、最悪紛失しても漏洩しにくくしようということで、PCのHDD暗号化とか、メールをPOPダウンロードからサーバ側に残すWebベースのものに変更したりと色んな事が行われているわけですが。

以前、某アパレルブランドに提案に行ったら「顧客情報は全部捨ててしまいました」と言われてショックを受けたことが。まあ、無くして怒られるものなら最初から持たなければいい、というのはある意味正しい。同じように、名刺の受け取りを拒否する会社があると聞いたことがあるのだけど本当なんだろうか。
確かに名刺は受け取ってしまったら立派な個人情報であり、名刺の管理は各社員が個人的に行っている、と考える会社も有るようだけど、実際に漏洩したら企業が責任を問われる可能性は0ではないだろう。だったら「お前ら名刺もらって帰って来るな!」というのもある意味正しい。

そもそも、仕事の関係であれば本名を曝す必要なんてないんじゃないか、と思ったり。相手が田中さんだろうが山田さんだろうがどうでもよくて、この案件のシステム開発のプロマネとか、某社の広報宣伝部長とか、広告販売の営業担当者とか、そういうラベルだけが重要なわけだ。
実際、お水の世界はそれで成立してるんだし。

そう考えれば、名刺なんて全部源氏名でいいような。
「初めまして、システム担当のアキラです。よろしくお願いします。」とかそんなんでいいんじゃね?電話かけて呼び出すのが少々恥ずかしいが、世の中みんなそうなっちゃえば問題ないだろう。もちろん名刺の角は取って丸くしておくこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

偽装?

朝日新聞阪神支局襲撃:週刊新潮誤報 編集長「捏造したわけでない」 「被害者」強調

取材が不十分でしたごめんなさい、ってところで幕引きしようとしてるみたいなんだけど、これって産地偽装以下じゃねーの?と思ったのでした。
オイラが買ったわけではないけど、山手線でこの「手記」について大見出しを打った新潮の広告は何度も見たし、それ目当てで買った人もいるんじゃないの?で、あげくに「うっそよね~ん」っていうのは中国産ウナギを三河産と言ってた以下のような気がするのだけど。そもそもウナギでも何でもありませんでした、みたいな。

食品だと訴えられなくとも取り締まりや罰則があるのだけど、こういうのにはないのよね。言論の自由ってやつなのかしら。まあ、たけしと所ジョージが嘘記事だけで作ったネタ雑誌がバカ売れという話もあるので、一括りに規制できないのか。

それにしても、毎日の英語版トンデモ記事とか、朝日新聞社員が2chに変な書き込み繰り返したとか、既存紙メディアのお粗末なニュースが多すぎるような。ただでさえ苦しいのに自滅の道でしょうか。報道とかジャーナリズムを標榜した末に嘘記事では2chとか個人ブログと変わらないんじゃねーの?と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

同窓会

“同窓会”女性は「行かない」20代は「大人数はちょっと……」
"「同級生みんなに会いたいわけではないから」は、女性(77.6%)"って辺りに女性特有のクラスタ性を見る。小学校の修学旅行の班分けで女子が延々と揉めてたからな。男はすんなり人数調整してたのに。

で、オイラはどちらかというと面倒くさくて同窓会に行かないのだ。てか東京に住んでて神戸の同窓会だし。あ、大学の方は金がかかるとか言われて学科の名簿に載ってない。
なもんで、名簿の更新もしてなかったのだけど、毎度実家に郵便物が送られて、その度にオカンが「これいるの?いるなら送るけど」と電話してくるのもなんだか悪いので、意を決して高校の同窓会事務局だかに今の住所を伝えておいた。

そしたら封筒が。同窓会の東京の寄り合いがあるとか。ん?と思って開けてみたら、同じ出身校のOBの集まりらしく。辞書引くと同窓会って同級生ではなくて同じ出身校の人の集まりなんだね。
もう自分が何期なのかも覚えてないのだけど、何かうちの学校出身の国会議員によるディスカッションが目玉らしいですよ。って、ただの選挙対策ちゃうんかと。

やっぱ同窓会なんて行きたくない。同級生の集まりならまだしも。行きたい奴のモチベーションって何なんだろう?そういえば、有名私立大学OBとかってやたらと同じ大学だというのを大事にする人多いな。あの感覚が分からないのは特殊なのかな。いい年のオッサンになるとそうなのかな。そういや文系に多いような気もするけど気のせいかな。

ちなみに小学校の同窓会は最初の2回を連続ブッチしたら以後誘われることはなく。開催されているのかいないのかも分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

関東信越きき酒会

昼から午後休にしてさいたま新都心へ。お誘いいただいたH女史と愉快な仲間たちと合流してスーパーアリーナへ向かうと行列。前の方はスーツのおっちゃんが多く、後ろに行くにつれ学生っぽいのとか、WINS が似合いそうなオッサンとかが増えていくのだけど、まあ日頃見かける行列には似つかわしくない人種が揃っている。

最後尾について15分待ったところで開場したので入る。入り口で深さ3cmほどのアクリルのカップをもらい、ペットボトルを配っているところで水をもらって戦闘開始。
このイベントは何故か国税の関東信越国税局が後援しているきき酒会。関東と言いつつ、国税の管轄の関係で埼玉・群馬・栃木・茨城+信越の長野・新潟の6県。ちなみに、その他の関東?は東京国税局管轄らしく、そこに東京・神奈川・千葉・山梨が含まれるそうな。基本的なターゲットは流通や飲食店のはず、後「記者席」ってのがあったから何かは知らんが記者も来るみたい。グルメ雑誌とかですかね?別に一般人も入っていいのだ。

とうことで、6県の日本酒をメインに果実酒・地ビール・焼酎飲み放題。1630スタートの1900終了。日本酒だけで200種類以上があるので、とりあえずは気になっていた蔵を回り、そのうちボロボロと面白そうなとことか、空いてるところを狙って飲んで回る。
スーツ着た営業担当が手慣れた感じでやってる蔵もあれば、場慣れしてない感じのおっちゃんが法被着ているところとか、若めの女子社員立ててオッサン連中を集めてるところとか、そういった個性もあり。

結局、20種類以上飲んで1830頃には「もーいいです」って感じになって来たので、カタギの方々とのテンションの違いに気をつけながら駅まで戻る。何故かその後渋谷で飲むことになったりしたのだが…

今回の収穫は遠藤酒造場という蔵かな。すっきりしつつ甘口のお酒があって面白かった。立ってたオッチャンも気さくで楽しい感じの人で、「この週末、桜と蔵の祭りがあるから来てくださいよ!」とかいろいろ話かけてくれたり。
他にもいろいろあったけど、もう一つ、昔から気になってはいたが口にしたことの無かった「スキー正宗」を飲んでみたことかな。お金払って買う気にはなれないけど、一度は飲んでみたかったのよね。個人的にはきわめて普通だったけど。

ということで気になった蔵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

Google Talk を複数アカウントで

諸事情により Google Talk を複数アカウントで使わねばならぬ。別に Chat 目的ではなくて、POP3/IMAP を禁止した GMail の Biff として。

で、Pidgin 使えって話なんだけど、Firewall の設定なのか何なのか、Pidgin だと不安定で、ぶちぶちと接続が切れる。本家の Google Talk は大丈夫。

が、Google Talk は1つのアカウントでしか利用できないのでNG。どうしたものかと思っていたら Tips and Tricks about Google Talk なるページを発見。
googletalk.exe を /nomutex オプション付けて起動すると複数起動可能なんだそうです。で実際やってみたよ。

とりあえず問題なく動いておりま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

占い

最後の頼みは占師 男性客増加「私リストラされますか」

30日夜の東京・新宿駅西口。小さなテーブルにあんどんを置き、道ばたで客待ちをしていた占師久保み津さん(75)。「今年に入って40代の男性が急に増えた。これまでも1、2割が男性だったけど、今では半分の日もあります。約20年やっていますが、初めて」という。

電車のなかで某新興宗教の書籍の広告を見上げていたら「未曾有の経済危機なんて嘘です、すぐに明るい世の中になります」みたいなメッセージが書かれていた。まぁ、経済予測なんて学者や政治家の間でも色々なんだから誰が何言おうと勝手なんだけど、とはいえ余りに自信に満ちた言い切りが何だか可笑しかった。

でも、上記占いの記事を見て納得。なるほど宗教というのは上から目線で衆生に「安心」を与えてやれば成立するのだなと。「安心」にロジカルな裏付けとか必要ないわけだ。万が一「安心」が破綻したとしても、それは衆生側の行いが悪かったとかそんな曖昧な理由付けで終わってしまうんだろう。
その辺、細木数子や江原なんとかと繋がるところ。逆に言うと、リストラされるかどうか、会社が倒産するかどうかを占い師に聞きに行くようなナンセンスな行動を取りたくなるぐらい弱まった人は、宗教にも取り込みやすいってことかも。宗教まで行かずとも自己啓発系とか。

元々の宗教ってコミュニティの中で上手くやって行くための方法論を説くようなものなんだと思うんだけど、そこに生死が絡んだり、「幸せになる方法論」みたいなのが加わった挙句、妙に即物的になってる気がするなぁ。本当は自ら悟りを開いて解脱するために色々と努力をして探求したもののはずなんだが。念仏唱えるだけ、とか1周回すと経典全部読んだのと同じ意味がありますとか、そういうショートカットを準備しすぎたんじゃないだろうか。

まあでも占いでも宗教でも、そうやって背中を押してもらったり安心させてもらって幸せな、というか幸せだと信じてる人もいるわけだから片っ端から悪いともいえないのかな。人それぞれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

エ音便?

夜中のさまぁ~ずの番組を見てたら、三村が「俺は『ちげぇ~よ』とは言わないよ」という話をしていた。なるほどなーと納得した話。

ツッコミの関東代表のように言われる三村だし、言ってそうなもんだと思ったんだけど、「ちげぇよ」というのは彼らが若手の漫才を見ていて非常に気になる(気持ち悪い)ツッコミなんだそうだ。

彼らの解説によれば「ぇよ」となるのは語尾が「い」で終わる形容詞に限る。「痛いよ」=>「いてぇよ」、「固いよ」=>「かてぇよ」といった具合。その点、「違う」は「う」で終わるので「ぇよ」とはならないと。
もし、「違うよ」が「ちげぇよ」なら「思うよ」も「おめぇよ」と言うべきだけど、でも「おめぇよ」ってのは「重いよ」になっちゃうでしょ、と。だから三村は一回も「ちげぇよ」というツッコミをしたことはないそうだ。「俺は違う!ってときは『ちがうよ!』って言ってるよ。ビデオでライブとか全部巻き戻してみて。俺一回も『ちげぇよ』って言ってないから。ていうか言うと気持ち悪いもん」だそうな。

確かに身の回りで聞くし、オイラも標準語モードの時は使っているような気がするので気をつけてみよう。気をつける必要あるのか?彼らも言ってたけど20代なら新しい言葉もすんなり受け入れるんだけど、30過ぎてからの新しい言葉は受付にくいってね。言葉はそうやって変わっていくのでせう。

関西弁だと有名なネタになってた「違う」=>「ちゃう」ですな。「あれ、ちゃうちゃうちゃう?」「ちゃうちゃうちゃうんちゃうん?」って奴。
「違うよ」というツッコミは差し詰め「ちゃうやん」といったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

定額給付金

やっとお知らせが来ました。と言っても、オイラはサモシクないので受け取りませんが。

嘘です。税金が返ってくるのだから請求します。

同じ特別区に住んでる知人に聞くととっくに申請を終えている人も多いのに、オイラの居住区は4月を過ぎての発送。ま、別に12k Yen なので急ぐ訳でもないのだけど、申請には本人確認と口座確認の資料を添付しろと。この口座確認資料というのが、振込を希望する口座の通帳かキャッシュカードのコピーなんだそうな。

テレテレっと申請書を書いてから気がついたのだけど、オイラの口座は所謂 Web通帳って奴で、紙の通帳がないのな。ということでキャッシュカードをコピーしようと思ったんだけど、これまたVISAカード付きなわけで。
そのままコピーするとクレジットカード番号と有効期限がもれなく付いてくる訳ですよ。そんなのコピーして郵送なんて嫌過ぎ。ということで、番号の末尾のところをマスクしてコピーしたんだけど、どうなることやら。これで一悶着とかだと面倒すぎる。

つーか、何で紙のコピーが必要なんでしょう?その気になれば、あんなのスキャナで取り込んで PhotoShop 辺りでちょろっとレタッチすれば口座番号なり名義なり変えてコピーっぽく出力出来そうなもんだけど。そんなのよりも、金融機関の提供する情報を使った方が良いのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

菅田天神社

塩山に行った目的はもう一つ。塩山駅から徒歩5分ほどでいける菅田天神社なる神社。元は素戔嗚尊と、天照大神の子供である八神を祀っていたところに後付けで天神さんを持ってきたそうな。

で、何で行きたかったかというと、普通の人にはどうでもいいかもしれないけど、武田氏の家宝の一つ、楯無鎧があるから。公開されてないんだけどね。

元は八幡太郎と号する源義家が天皇に拝謁を許された記念に作らせた源氏八領と言われる鎧の一つと言われるけど、そのときの楯無と武田の楯無は別とも。一応、甲斐武田氏は義家の弟で新羅三郎と号した源義光を祖とした甲斐源氏の中で最終的に最有力となった家。まあ、新羅三郎もそもそも甲斐国に入ってないとかいう説もあったりするのでいい加減なもんだけど。何せ武田家的にはそういうつながりで源氏八領の楯無が伝わったということになっている。

武田家当主が家を継ぐときには楯無を着用することになっており、また出陣の際には「御旗、楯無(も)ご照覧あれ」と掛け声をかけて出たものだという。御旗ってのはもう一つの家宝である日章旗。
織田信長らの武田討伐を受け、穴山・小山田らの裏切りで窮地に陥った勝頼は嫡男に楯無を着せて当主とした後で共に自刃したと言われる。

ということで、楯無があるらしい社。シャッターまでついてて結構厳重。

江戸時代までは公開されていたのだけど、悪戯されたり壊されたり盗まれたり散々で明治以降は「もう見せてやんない!」と公開されていないそうな。あまり大きな神社ではないのだけど、神楽殿があったり、鬱蒼とした木立が雰囲気を出していて結構ちゃんとした造り。ただ、土曜の昼過ぎなのに参拝客はオイラのみ。一時は武田家の鬼門を抑えるということで大変な力を持っていたそうなのだが時代が変われば、というところか。


阿吽の狛犬

ちなみに神社の看板には甲府(甲斐府中)の鬼門とされているが、方角的にも武田信虎(信玄の親父)が躑躅ヶ崎館(現在の武田神社)に移す前の本拠地であった石和の鬼門というのが正しいのではないかと思う。もしくは甲府盆地の鬼門かな。まあ、普通の人にはどうでもいいところですよ。一応天神さんなので信心深い人で試験を控えてる人とかにはいいかもね。

最後に手水のところに無造作に置いてあった箱。伊勢から下されてきたようなのだけど中身が気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

慈雲寺のイトザクラ

以前、何の気なしに開いた冊子に出ていた枝垂れ桜が見事で。区報か何か普段は開きもしないものだった気がする。

山梨県の慈雲寺。調べると塩山駅から行けるようだ、ということで、見に行こうと半年ほど前から企画していたのである。因みに塩山駅の一駅手前、勝沼ぶどう郷駅はホームに沿って甚六桜と呼ばれる桜並木があってこれも美しい。

さて、将軍様が衛星打ち上げるかと言われていた土曜、塩山駅に降り立ったのが午前11時。改札の外にある花見パンフレットに地図があるのでそれを見ながらスタート。一応、モデルコースには分岐点に標識があるので迷うことはない。コースは途中から果樹園に入り、スモモや桃の中を抜けて行くのだけど、この慈雲寺、何気に登坂力を試される。のんびり歩いて1時間半弱だったのだけど、山梨の気候が分からず、薄手のフリースの上にフリースのジャンパーを着ていったオイラは春の日差しの中で汗だく。何もない畑だけの長閑な風景の中にピンクの固まりが見えたらそこがゴール。

決して大きくないというかむしろ小振りな寺の境内からあふれんばかりの枝垂れ桜。これは「イトザクラ」と称しているのだけど樹齢は300年とか。参道から見たときは長方形で不格好に見えたのだけど近づいてみると滝が流れるかのような造形で素晴らしい。六義園のシンメトリーな美しさもありだけど、見ていて見飽きないのはこちらの方。


クリックで拡大

そして、ここの桜は枝の内側に入って見ることができるのですよ。ドームの中に入った感じで極楽浄土ですよ。酒池肉林ですよ(違


180度ほど見回してパノラマ合成
クリックで拡大

汗が引くのを待つのを兼ねて、近くのベンチに座り、近所でオバチャンが売ってた草餅食べたりしながら10分か15分だか眺めてました。でも飽きない。今まででベストの枝垂れ桜かも。

その後、別の道を通って駅に戻ることとし、途中スモモ畑の石垣に腰掛けておっちゃんが受粉作業をするのを見ながらコンビニで調達したビールでおにぎりを食い、駅まで降りてきたのでした。こっちの道はサクランボ農園と葡萄棚が多かった。桃、すもも、サクランボ、葡萄といかにも山梨って感じですね。隠し金山は無理でもブドウ園辺りは序盤に買って農業王を目指したい(意味不明

桜とスモモは今が満開、桃は来週か再来週ぐらいなんでしょうかね。桃はまだ蕾が堅い状態だったのだけど開けば斜面がピンクに染まってそれはまた見事なんでしょう。


スモモ畑舐めで西方の山を見つつ昼飯
ここからは南アルプスは見えないのかな?
一番奥のレイヤーはそれかな?などと思いつつ

塩山駅目前にして一天俄に掻き曇り、雨が落ちてきたのだけど無問題。満足な花見でした。春です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

お引っ越し

民放テレビ局、節約の春 4月番組改編

この記事にあるように打ち切りもあるようだけど、今回のクールまたぎは番組のお引っ越しが多発しているような。深夜番組が好調だからゴールデンへ、とかゴールデンのアニメが不調なので週末の朝へ、とかそういうのは従来からあったけど、金曜のゴールデンから木曜のゴールデン、みたいな感じの横滑りがバラエティを中心に多いようである。

どうやら生放送の長い番組、要は王様のブランチ的な番組を増やしたいようだ。録画になると編集が入るので放送時間より長く撮影することになりタレントの拘束時間が長い=ギャラがそれだけ発生する。んでもって、同じタレントを使うのでも1時間を2本で拘束する(押さえる)よりは2時間1本の方がギャラを抑えられるんだそうな。
ということで、お引っ越しは長い番組枠を確保するための番組表デフラグですかね。

明石家さんまが「俺、トータルテンボスとギャラ同じにしてもらおうかと思ってるのよ。だって使ってもらわれへんねんやろ」などと冗談を言うご時世ではあるが、テレビが面白くなくなったとかそういうことだけじゃなくて、一方的な広告が効かなくなってきたってことじゃないのかなぁ。テレビよりも酷い雑誌やラジオなどの減収をネット広告が完全に埋め切れているわけではなく。不景気の影響ももちろんあるだろうけど、仕事で色んなメーカに行くと、今までマスメディアにばら撒いていた広告費をいかに有効に使うか、というブレストに巻き込まれたりもする。Web絡みでも単純にネット広告打ちましょうという話にはならず。

そう考えると、近頃各ポータルが始めている行動履歴連動広告というのも一つの解なんだろうけど、もっと大きく見るとモノを売るためにはサンプリングやモニターなどのベタなSPが見直されてくるような気もするのでしたよ。後は案外どぶ板営業かね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

六義園 2009

朝から初めてのライブラリを使って結構なスクリプトを書いてたら、全くバグがなく動いてしまった。今日の仕事はこれと決めていたのに。

中途半端に時間が空くしやることないから、片道20分ほどで駒込へ。
4年前の秋に行った六義園 に行ってみる。目的は有名なしだれ桜。着くと入り口に行列ができているので萎えそうになったけど、ここまで来て帰るわけにもいかないので並ぶ。1分ほどでチケットを買って中へ。中がそんなに混んでるわけではなく(とはいえ前に行ったときよりは格段に人が多いけど)、チケット売り場の捌く速度の問題らしい。

で、入ってすぐの枝垂れ桜。

満開になったのは25日ぐらいだったらしく、花はしっかり残っているものの、下枝の方は葉が出始めていた。しかし朝からの強風の割にはあまり花が散っていなかったような。構造上、枝垂れ桜は風に強いのかも。他のソメイヨシノは花ごと落ちてるのもあった。

平日だからゆっくり見るわけにも行かないし、ベンチはバーチャンどもに占拠されてるので、さっさと回って帰ってきましたよ。桜を見るのでなければシーズン外してゆっくり回った方がいいなぁ。ここの庭園は本当に好きなので。

桜は確かに見事なんだけど、単発なのでそんなにテンションあがる感じじゃなかった。単発でも身延山とか神田の大糸桜ぐらいのサイズがあればテンションあがるんだけどな。じゃなきゃ、三嶋大社とか目黒川みたいに物量作戦で脳内麻薬大量分泌みたいなのかな。

最後に出口のところのベンチでカメラを片付けてたら、座ってたバーチャン2人の話は「厚生年金がどうたら」。そんなの六義園まで来てまでする話じゃねーだろーよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

fencer

フェンシング太田仏修行へ「成長の1歩」
フランスにはプロのフェンシングクラブがあるのかしら。よく知らないけど、TVでちらっとニュースを見たら「フェンサーとして」というようなコメントをしていたように聞こえた。

フェンサーっていうと、Su-24 か、RPGの職業かと思っていたのだけど、フェンシングする人=fencer (剣闘士)なのな。fence というのが「フェンシングする」という動詞で、その動名詞が fencing、プレイヤーのことを fencer というんだな。言われてみれば納得なんだけど、今まで知らなかった。

でも「フェンス」というとグラウンドとかにある塀とか柵のイメージが。

元々 fend(ere) というラテン語は「打つ」という意味、それに away の意味を持つ de- がついた defendere(「打つ」から遠のく = 守る)となり、defensum(守られたもの)というラテン語名詞になったと。これが中世の英語に伝わって短くなったのが fence なんだそうな。
ちなみに ob- という接頭辞は against の意味で、ob + fendere = offendere は「~を叩く、罪を咎める」という意味で、offense になったと。

fence は、そのうち「防御すること」という意味を持つようになり、名詞の「柵」の意味を持つようになったようだ。
動詞のほうは、この名詞から派生したらしくどちらかというと攻撃のためと言うよりは防御のために剣を取って戦うのが元々らしい。

今では盾も持たずに裸で突き合うどっちかというと攻撃的なイメージのスポーツではあるが、元々は防護柵と同じ語源というのはおもしろい。
ちなみに、

fencing was regarded as unlawful in England. The keeping of fencing schools was forbidden in the City of London, "as fools who delight in mischief do learn to fence with buckler, and thereby are encouraged in their follies."

ということで、13世紀頃にはあまり褒められた競技ではなかったようだ。今で言う暴走族のイメージですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »