« 説教 | トップページ | オーガニック »

2009年4月22日 (水)

サッカーイギリス代表

The British & Irish Lions : British & Irish Lions tour squad announced

ブリテン島の4カ国とアイルランドからのラグビー選抜チームが4年に一度南半球遠征に出る、今年はその年である。オリンピックやサッカーワールドカップと同様4年に一度、選手としてのピークが間に入ってしまったり、怪我をしてしまった選手は残念なことになってしまう。また、当然自国の代表になるよりも難しい。それだけに、ワールドカップに出るよりもLions のメンバーに選ばれることを栄誉と思う選手も少なくないようだ。

で、今年は南アフリカ遠征の年。現地13時半に Squad が発表になった。結構サーバが重かったので、それだけ向こう及び南半球では注目されている発表である。

今シーズン前にはキャプテンは Brian O'Driscoll だと普通に報道されていたのだけど、各国リーグやハイネケンカップ、6 Nations を終えた時点で、今回のキャプテンは P.O.C. こと Paul O'Connell に決まったそうな。活躍ぶりを見れば妥当なところ。

内訳は England 8, Scotland 2, Ireland 14, Wales 13 ということで、グランドスラム達成の Ireland が最多で、昨年優勝のWalesがそれに続くという状況。ここのところ低調な Scotland は寂しい。England はWilco が怪我で入らず。CTB (Centre と書かれているのがさすが British) に NZ 出身の Riki Flutey が入ったのは楽しみ。個人的には CTB は Shanklin と Flutey がよかったと思うのよね、今シーズン。

そういえば、自転車レースの世界でもイギリス人選手を集めたチームを作ろう(Announcing Team Sky      A Professional British Road Cycling Team)という動きがあったりするのだけど、サッカーイギリス代表って見たことない。World Cup では毎回 England が優勝候補の一角に挙げられるのに、オリンピックでは見かけないねぇ。

調べてみると1972年のオリンピック以降、イギリス代表は組織されていないらしい。各国(?)のサッカー協会の確執が凄いようだ。欧州U-21選手権がオリンピック予選を兼ねているらしいのだけど、そこには England など各国(各地域)で代表を送ってしまっているので、イギリス代表はオリンピック予選を勝ち抜くことがないんだそうな。出てないんだから当然よね。
さすがに今度のロンドンオリンピックでは組織しようという動きがあるものの Scotland 協会が反対してるとか。ラグビーは仲良くやってるのになぁ。

|

« 説教 | トップページ | オーガニック »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750057

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーイギリス代表:

« 説教 | トップページ | オーガニック »