« リード | トップページ | ヨーグレット »

2009年5月15日 (金)

好き嫌い

「すべらない話」から派生した「許せない話」。不定期でやっていたものの、数字的にいけるね、ということでレギュラー化したのだけど「許せない」だけでは企画がキツイと思ったのか「○○な話」という番組名に。

最初2回は「許せない話」だったのだけど、3回目にして「好きなものの話」に。芸人が色々自分が好きなものについて熱く語るわけですが、何かイマイチぐっと来ないままダラっと終わってしまった。個人的な感想ですが。
許せない話は、むかついたり不条理に思ったことをぶちまけて、周りの芸人が「それわかるわー」みたいに盛り上がってたんだけどな、「好き」に関しては乗っかれない感がアリアリ。見てるこっちも乗っかれない。

思うに、怒りっていうのは理由があって色々と論理的に説明できるんですかね。「こうあるべきなのに、こうなってないから許せない」とか。で、大体の場合は同意できたり、同意できなくても「なるほど、この人はそう考えるから許せないんだな」ということが理解できる。ロッシーとかサバンナ八木みたいな本当に意味不明なのもいるけど。

番組見ていて「好き」ってやっぱロジカルじゃないんだなと。iPod のカリカリ音が好き、っていう論理的な理由は無いよなぁ。「こういう理由で好き」って言われても感覚的/感情的だったりすると同意できること少ないし。
そう考えると、飲み屋でダラダラ話すには愚痴の方が場が持つような気がしてきた。「あれすげー気に入ってる」っていう話題だと「ふーん、そうなの」で終わってしまうけど、「あれすげーむかつく」という話題だと「あー、それはひどいねぇ」と理解して乗っかることが出来るんじゃないだろうか。

それにしても松本人志から黒田官兵衛の話を聞くとは思わなかった。だいぶバイアスかかってるっぽかったけど。

|

« リード | トップページ | ヨーグレット »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750071

この記事へのトラックバック一覧です: 好き嫌い:

« リード | トップページ | ヨーグレット »