« 流水麺 | トップページ | プロの流儀 »

2009年5月25日 (月)

じゃぱにめーしょん

今年は毎ステージ面白い Giro。捨てステージがない。
昨日もまったり移動ステージ(大した競り合いもなく終わるステージ)だと思いきや、思い出したようにバッソが突然のアタック。んでもって、エースのサストレとバッソのタイム差が開いちゃいかんと思ったサーベロチームは、順調に先頭を逃げていれば優勝できそうなパウエルスに「お前、後ろに戻ってサストレをアシストしろ」と。状況としてはパウエルスとベルタニョッリの二人逃げ。

バイクカメラの映像でアップにされるチームカーの監督とパウエルス。明らかに言い争ってます。そりゃそうだな。
「え、だってこのまま行けば俺優勝出来るかもしれないんすよ!」
「お前、うちのエースはサストレだろ。お前の優勝よりサストレの順位だ」
「えー、まじっすか。まじっすか!?」
てな感じで泣く泣くパウエルスはスピードダウン。世界三大ツールのステージ優勝を「ダメ」と言われたパウエルス君の心境や如何に。

ところがこの直後、バッソも「やーめた」とばかりに漕ぐのを止めてアタック断念。サストレは他の選手と自力でバッソに追いついちゃいました。パウエルス君は後ろに戻りきれず、でもベルタニョッリは自力で行ってるので宙ぶらりん。
「えー、まじかよー(汗+怒)」と改めてスピードアップをはかるパウエルスですが順調にこぎ続けたベルタニョッリとの差は大きく。そのままベルタニョッリ優勝、パウエルス2位。明らかに監督の戦略ミスで選手としての履歴書のポイントアップ失敗。これを見た Lance のレース後の Twitter

Wouldn't wanna be at the Cervelo dinner table tonight.

レース後のパウエルスと監督はどうなったんだろう。解説の栗村さんだったら「(レース中にチームカーの)ウインカー出して帰りますねw」とのことだったのだけど。ムクレるパウエルスに平謝りかしら。プライドが許さないので監督は何も無かったことにしようとするかしら。チームメイトも気まずいだろうなぁ。サストレもっと気まずそう。

で、本題。週末のステージで確か永井孝樹さんが解説に来てたのだ。永井さんっちゅうのは、自転車選手やった後で5年ぐらい本場イタリアで自転車チームのメカニックやってた人でな。(最後の3年ぐらいは超一流チームだ)
んで、その永井さんの話で面白かったのが「(差し入れの)おにぎりを食べてたらチームの同僚が来て、『あー!それ悟空が食ってる奴じゃん』と言った」という話。

友人に世界各国のドラゴンボールを集めてる奴がいたのだけど、あぁ、ドラゴンボールって実際にボールがあると信じて集めてる訳じゃ無いよ。各国語版のドラゴンボールを集めてるの。で、イタリアでも人気があるらしく、そいつもイタリア語版持ってたと思う。

で、イタリア人にしてみれば、漫画に出てくる「おにぎり」って身の回りに無いわけだ。骨付き肉とかは分かっても、おにぎりは見たこと無いので「悟空が食べてる架空の食料」だったんじゃないかな。それを永井さんが食ってたので「あー!」ってことに。

日本のアニメが世界で評価されてるというのは良く聞く話だけど、実は細かいところは理解されていなかったり、知られていないものが一杯登場したりしてるのではないかと思った次第。
でも裏を返すと、洋画を見て「なんだろな?これ?」って思うことは余りないわけで。余りというか、今考えてみて思いつかない。それだけ日本人の生活は欧米化されているってことか。中東とかインドの映画を見れば「なんだ?あれ?」ってものがあるのかも。見たこと無いけど。

|

« 流水麺 | トップページ | プロの流儀 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750077

この記事へのトラックバック一覧です: じゃぱにめーしょん:

« 流水麺 | トップページ | プロの流儀 »