« JWC | トップページ | Dauphiné Libéré Stage2 »

2009年6月 8日 (月)

63rd Tour de dauphinelibere Prologue

正式名称は 61st Critérium du Dauphiné Libéré とのこと。61回なのか63回なのかよく分からない。1947年の第1回から数えれば63年目で67年と68年に欠けたのを抜くと61回ということか。ドーフィネ・リベレとはフランスの新聞社の名前。サンヨーオールスターとか京王杯スプリングカップみたいなもんですな。

Tour de France と同じようなコースを走るので、調整を兼ねて TdF の本命選手が出ることがあるのだけど今年は JSports で放送があるそうなのでまた眠い日を過ごすことになります。このレースは1週間のステージレース。

初日のプロローグは個人タイムトライアル(ITT)。ぶっちゃけタイムトライアルって観るには退屈なのよな。一人ずつ間隔を置いて走るので、途中で展開の綾があるわけでもなく。ロードレースの醍醐味の一つでもある綺麗な風景が見られる訳でもなく。前に走った選手とのタイム差を見て一喜一憂みたいなものなので、眠くなっちゃうのですよ。
まぁ、初日と言うことで総合優勝狙いの選手たちがどれぐらいのタイム差になったかという興味だけなのですが。今年は特にタイムトライアル強そうな選手もいないし。

総合で気になるのは昨年優勝のバルベルデ、昨年・一昨年2位のエヴァンス、このところアームストロングに話題を持って行かれ放しのAstanaのエース、コンタドール、昨年4位ヘーシンク、Giro ではエースで優勝候補と言われつつ、エースをペリツォッティに持って行かれたバッソ辺りでしょうか。後は、日本では信じられない"コカイン明け"のボーネン、それと何と言ってもツール出場候補に名前を残している新城幸也ですよ。

というわけでエヴァンストップ、2位コンタドールが7秒差でこの2人だけ20秒ほど突き抜けちゃいました。レベル違いすぎるって感じですが。Liquigasはバッソ40位でニーバリ5位ということで、またもエースがどっちなのか混沌と。新城は1分5秒遅れの56位。

ポイントはエアロヘルメットから耳がはみ出したステーグマンかな。もしかしたら清原バリに頭がでかいのかも。後、マイヨジョーヌのスポンサーはCA(クレディ・アグリコール)なんだなぁ。昨年でプロチームのスポンサーを撤退したCA。久々に見た気がする。

|

« JWC | トップページ | Dauphiné Libéré Stage2 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750088

この記事へのトラックバック一覧です: 63rd Tour de dauphinelibere Prologue:

« JWC | トップページ | Dauphiné Libéré Stage2 »