« インビテーション | トップページ | Dauphiné Libéré Stage7 »

2009年6月12日 (金)

Dauphiné Libéré Stage6

昨日のゴール前のシュミットは「単に足が止まってしまった」そうな。優勝目前で緊張して吐き気がしたと言っているが、ステージ優勝はくれるはずのバルベルデが先に行ったので焦ったんじゃねーのかと。そんな彼を待ってくれたバルベルデのことを「なんて素晴らしい選手なんだ」と手放しで賞賛。グランツールではエースの為に犠牲にならなきゃならないので、ドーフィネかロマンディを狙っていたんだそうです。
一方のバルベルデは「勝利をプレゼントなんかしてない。シュミットが強かったんだ」と言ってたけど、どう見ても後ろ振り向いて足止めて待ってましたが。

で、コンタドールは前日まで色々勝ちに行きそうなことを言ってた癖に、バルベルデには「ツールに向けてタイムトライアルの練習に来たんだ」と涼しい顔で言ったとか。そんな足馴らし感覚のコンタドールを気にしすぎたエヴァンスは動けず「コンタドールがもっと動くと思っていた」との無念の弁。要はスペイン人2人に騙されたオージー1人という可哀想な構図。

で、レースは残り30kmで逃げ集団のステーグマンがアタック。ボーネンとスプリント勝負するはずが謎の山岳デビュー(by 栗村さん)かと思いきや目立つためにやってみただけ、みたい。残り28kmでズルズル後退。さすが謎の多いステーグマン。

結局残り25kmを過ぎて逃げと集団のタイム差は5分以上。今日も逃げ容認ですか、そうですか。
最終的には逃げ4人に登りで遅れたBakが下りで追いついて5人。この5人の出し抜き合いを見るということに。いい感じに抜け出したヴァンデワールを最後の坂でフェドリゴが捕らえてゴール。フランドル旗のはためく中でハンドルを叩いて悔しがるベルギー人のヴァンデワール。

それにしても、城門を潜ってからの狭い石畳の斜面。道の両脇に並ぶ建物。南フランスは綺麗でございます。

集団はなんのこっちゃないTop3がまとまってゴール。うーん。

新城は10'31"の94位。単独でグルペットにもなってないぞ。どうした。バッソはDNS。ウイルス性胃腸炎で8時に医者に行ったとか twit してて大丈夫か。まぁ、ツールでないからしばらくお休みですな。

|

« インビテーション | トップページ | Dauphiné Libéré Stage7 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750097

この記事へのトラックバック一覧です: Dauphiné Libéré Stage6:

« インビテーション | トップページ | Dauphiné Libéré Stage7 »