« Tour de Suisse Stage2 | トップページ | Tour de Suisse Stage3 »

2009年6月15日 (月)

「ハッキリ言って残念だよね」

高校の頃全日本プロレスが好きだった。全日本は日テレ系列で夜中、新日本はまだかろうじて夕方とかに放送していたような。

新日も三銃士とかG1とかで盛り上がって来てたたけど、格闘技とか確執とかを押していくのに対して、全日の方は昭和の温かさみたいなのがあって。今はフリーになってから数字に苦戦している福澤朗がまだ日テレの若手で鉢巻きをして「ジャストミート福沢」であったころ。エースはジャンボ鶴田。飛べないタイガーと言われていた三沢光晴はどちらかというと若手~中堅で鶴田に当たっていくポジションだった。
その頃からカメラの前では少しはにかみ気味に照れながらインタビューを受けたりしていたもんで、なんつーか、WWFとか三銃士みたいに"こなれて"いなかった。
福沢のコーナー、「ぷぷぷプロレスニュース(+1)」のインタビューのテロップは決まって「ハッキリ言って XX だよね」という言い回しが使われていたものだ。

大学に入ってからもしばらく見ていたけど、新日本がどんどん訳の分からない方向(選手絶叫しまくり)に進み、全日本もgdgdになっていったので見なくなった。テレビコンテンツとしてもどんどん冷遇されていったしなぁ、見る機会がそもそも無かったかも。
社会人になった頃だったか、ジャンボ鶴田が手術失敗で亡くなったと聞いてショックを受けた。ちょうどオイラが大学に進んだ辺りで肝炎だかでメインを降りていたのだけど、最後は移植手術の失敗だった。

この週末、土曜にロードレースを見ながらネットを見てたら、三沢がバックドロップで頭を打って心肺停止で運ばれたと。基本的に事故現場では死亡しないのな。救急車で病院に運ばれて医師が診て初めて死亡が確定する。
心肺停止で運ばれた、という報道の時点でまさかと思ったけど、やはり残念ながら亡くなっていたようだ。

好きだったなぁ。飛べないタイガーでも魂のエルボー。はにかみながらのインタビュー。不器用で実直な感じで真面目にプロレスする感じだった。ここ数年というか10年以上か、試合を見ることは無かったけど、馬場嫁との確執やらノア立ち上げやら社長業で大変そうだなとは思っていた。
月並みながらご冥福をお祈りするのみ。

久々に三沢バージョンのスパルタンXを聞いたら鳥肌立った。

|

« Tour de Suisse Stage2 | トップページ | Tour de Suisse Stage3 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750102

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハッキリ言って残念だよね」:

« Tour de Suisse Stage2 | トップページ | Tour de Suisse Stage3 »