« あいほん 序章 | トップページ | あいほん 番外編 »

2009年6月30日 (火)

あいほん 実践編

土曜は「パーティーいかなあかんねん」状態で19時ぐらいまで用賀の知人宅で飲んでいた。さて、帰り道に表参道を通るのだけど、ソフトバンクモバイルの表参道店は表参道といいつつ実質原宿だ。駅から往復がちょっと面倒。それに原宿エリアって苦手なのよね。精神的に

ということで千代田線に乗り換えて乃木坂。少し歩いてアマンドはす向かいの六本木店へ。入ろうとするとドア脇に「iPhone 3GS 32G は完売しました」との張り紙。32G も何に使うねん?という感じのオイラは無視して入店。すぐオネーサンが寄ってきて用件を聞く。張り紙を指さしつつ「16Gはあるんですよね?」と聞くと「ございます。白と黒がありますがどちらにされますか?」と。店入ってから考えようと思ってたので不意打ちにスタン。「えーっと」と言いつつ海の向こうの御仁が白が品切れで入手できなかったことを思い出して「じゃあ白で」。うむ、古来、林檎製品は白だ。え?Newton ? 何それ?

番号をもらって真ん中で待つ。3人目だったが、しばらくしたら再度オネーサンが接近。「すみません、ここは21時までなんですが、ナンバーポータビリティーの受付が20時までですので繰り上げて受付させていただきます。予約番号はお持ちですか?」と。時計を見ると19時50分。なるほどギリだ。
予約番号ってのはMNPするときに利用中のキャリアから発行してもらう番号な。用賀からの帰り道に  au のトップページから申請しておいたので、その辺り抜かりはない。ちなみに au のサイトから申請しても予約番号が振り出されるまでに数分かかるので注意な。

で、後は呼ばれて色々説明されてサインしたり免許証見せたりクレジットカード番号教えたり。大体30分ぐらいか。で、「アクティベートするのに時間がかかりますので30分後ぐらいにお越しいただけますか?」と。別に作業だけやって渡してくれれば30分後に家で確認するのに、と思ったけど仕方がない。フラフラとヒルズまで散歩。少し店を冷やかして帰ってくると出来上がっていた。店を出たのは閉店間際の20時50分頃。実質1時間かかったね。書類云々があったとしてもやはりUSより時間かかりすぎ。

後、古い携帯電話のアドレス帳を店頭で一旦ソフトバンクのサーバに吸い上げて、iPhone から取りに行けるようにするサービスがあるそうなのだけど、金曜からの3GSの販売の影響か、サーバがパンクしてここ数日は使えない予定だとのこと。鎮火してから店に再度行くか、自力でやるかどっちかだと言われた。

これについては、帰宅してからW53TのUSBケーブルを引っ張り出し、東芝のサイトからドライバを落としてきて入れ、ソフトバンクモバイルのページから「iPhone3G用電話帳コピーソフト」を落としてインストールすることで移し替えが出来た。このソフト、使い方が書いてないのだけど、インストールしてデスクトップに出来るアイコンをダブルクリックすれば後はサルでも分かる。移したら漢字で登録されている名前が全部インデックス"#"に入って不便なのだけど、ソート順序を「名, 姓」にしたらちゃんと並んだ。
メモリの移行について | SoftBank

正直ソフトバンクの販売ってあまりいい話を聞いていなかったのだけど、オイラの対応をしてくれた人はとても丁寧でいい感じでしたよ。あと、株主優待も使えたので8月ぐらいに1万円の商品券が届くはず。これでau と WILLCOMのペナルティを相殺ってことでね。

ということで、ツーカー時代からの152ヶ月だかの au 生活は終了したのでした。ちょっと切ない。

|

« あいほん 序章 | トップページ | あいほん 番外編 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750120

この記事へのトラックバック一覧です: あいほん 実践編:

« あいほん 序章 | トップページ | あいほん 番外編 »