« 今更 | トップページ | Tour de Suisse Stage8 »

2009年6月20日 (土)

Tour de Suisse Stage7

ボーネンの Tour de France 出場はUCIがOkしたものの主催者のASOがNGと。
"the image and behavior of Tom Boonen do not match the Tour de France’s image" なんて言われちゃってますよ。「アンタあたしのイメージに合わないから並んで歩かないでよね」みたいな感じか。まぁコカインやっちゃとーぜんだろ、と思えるのだけど、QuickStep は抗議するとか。UCI は例によって無反応。

もう一個 Tour 絡みだと3週間のうちの2ステージで無線が禁止されるそうです。前から無線の善悪の話はあったんだけど、試験的にやってみるんでしょう。監督車とのやりとりが出来ないので、レース全体の状況把握能力が試されることに。2日前の状況とかだと「うちのアンディが、アンディちゃんがいないよ!監督!」なんて無線が使えないので、更にオロオロして目視で探しまくって大声で叫んで探す、みたいになるんだろうか。こういうところ、無線大嫌い Di Luca 先生の怒鳴りメソッドが活躍するのかもしれない。各チームのエースがみんなで怒鳴るの図。楽しみ。

さて、レースはスプリンターメインの4人逃げが決まり一時は6分の差があったものが残り30kmで3分程度に。放送開始直後に落車2連発のコロンビアのマルティン。これを引くために止まるスプリンターのカヴ君とアイゼル。汚れた山岳賞ジャージが悲しい。降り出した雨でずいぶん滑りやすい模様。

マルティンを集団に戻したカヴ君はさっさとグルペット形成。グルペットと言えば「マキュアン友の会」が有名だがマキュアン先生は先日の落車事故で怪我してリハビリ中なのでツールには不出場。早く良くなって欲しいなぁ、なんて twit を見ると

new Wii golf record @ PRO level - 9 under for 9 holes!! 5 birdies, 2 eagles. wish i could do it for real...........

なにやってるんすか、先生…

レースは残り15kmほどで逃げが吸収されて集団に。山岳ゴールが期待されたのだけど見るからにスプリント勝負になりそうなかほりがプンプン。
残り5km からアスタナが強烈に引く。そういえばカザフスタン協会が今期の給与の完全支払いを保証したとかでスポンサー問題は解決とか。そんなことを思ってたら昨年チャンピオンのクロイツィゲルがアタック。もう少し総合系の選手の争いが見られるかと思ったら単独逃げ。残り400mで集団からキルシェンが飛び出しあっという間にクロイツィゲルを躱してステージ優勝。えー、コロンビア5勝目ですか?
クロイツィゲルとしては総合のタイム差を詰めて満足というところ。それにしても集団からカンチェラーラが直接仕掛けるシーンがあったりして、シュレク兄弟は今日もどこかに消えた。ツールに向けて Saxobank は大丈夫なのかしら?一方で案外走れてるクネゴ。久々にクラッシックレーサーの汚名(?)返上か。

総合トップはヴァリャベッチで変わらず。明日こそ山岳勝負。そして恐ろしく登れそうな感じを見せたカンチェラーラはどうなるのか。明日こそ楽しみ(なはず)。

|

« 今更 | トップページ | Tour de Suisse Stage8 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750111

この記事へのトラックバック一覧です: Tour de Suisse Stage7:

« 今更 | トップページ | Tour de Suisse Stage8 »