« 商品券 | トップページ | Tour de France Stage14 »

2009年7月18日 (土)

Tour de France Stage13

グダグダだったピレネーの山岳コースは来年本気を見せるためのネタ振りだったとの噂。というわけで、本質的に最初の勝負所とも言える今日の山岳コース。
が、山頂は摂氏10度ほどという大雨コンディション。モナコスタートから数日は30度以上だったのが嘘のようである。
今日のニュースはアスタナの4枚看板(看板大杉)の一角が残念なことに。昨日落車したランスを集団に戻すためにアシストしたぐらいが見せ場だったか。今日からが活躍の場だったのに、ライプハイマー脱落。

しかしなんだ。後輪から噴水のように水が跳ね上がる中、選手はレインウェア着込んでいるのでゼッケンが見えず誰が誰だかわからない。ランスの顔も不良馬場を帰ってきたジョッキーのようにホッペタが汚れて茶色に。
予想屋マキュワン先生はクリケットを見にロンドンに行っているらしく。朝からホテルが火事だとかで叩き起こされた模様。ネタには困らない人です。全く。オーストラリアチームが試合やってるのかな?日本だとラグビー以上にクリケット情報は入ってこないな。で、忘れた頃にマキュワン先生の予想は「アンディちゃんが何かやるんじゃない?雨ならキルシェンも強いけどね」とのこと。

ところがアンディちゃんは勝負所でパンクして、それどころじゃなく。結局、総合争いの面子は集団内で何もしなかった。逃げたハウッスラーが快調に飛ばしてゴール。何とも面白味の無い山岳ステージになってしまった。
驚いたのは、2級=>1級=>2級と3つの山岳をカンチェラーラがしっかりこなして集団にいたことだな。本気で山を登れるTTチャンプになったらしい。恐ろしい。

春先から好調だったハウッスラーは最後は涙を流しながらのゴール。ハインリッヒ=ハウッスラー。いい名前だなぁ。オイラもこういう名前が良かった(ぉぃ
ドイツ人のハウッスラーはキス3回。山岳賞を取ったイタリア人ペリッツォッティは3回。同じイタリア人のノチェンティーニより多いのはイケメンだから?

結果的にマイヨジョンヌを守ったノチェンティーニと ag2r チームは立派と言うところか。昨日までで6枚のマイヨジョンヌを獲得していたノチェンティーニ。イタリア人としてはパンターニ、チポッリーニに並ぶ記録なんだそうな。この2人を抜いたというのは案外偉大な記録かも。
後、何気に集団に残っていたフースホフトはポイントを稼いでマイヨヴェールを取り戻した。
Fumy 86位、新城143位で無事完走。

明日はまた3級2つの平坦ステージ。また退屈な展開からカヴ君の優勝なのか。是非日本人選手に逃げに乗ってアクセントを加えて欲しいところ。じゃないと、Tri-Nations 始まっちゃうし、オイラ寝ちゃうよ。

|

« 商品券 | トップページ | Tour de France Stage14 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750146

この記事へのトラックバック一覧です: Tour de France Stage13:

« 商品券 | トップページ | Tour de France Stage14 »