« Tour de France Stage20 | トップページ | すぐれもの »

2009年7月27日 (月)

Tour de France Stage21

2009年の Tour de France も最終日。最終日は逃げないという不文律があるので、パレード走行となる。
優勝は全く隙の無かったコンタドール、2位はよくがんばったよアンディちゃん、3位は何かと盛り上げたランス=アームストロング。興味はパレード中に見せる選手のパフォーマンスと、最後のスプリント。カヴェンディッシュとフースホフトの最後の戦いでもあるが、特に、先日のインタビューでBBoxのベルノドーGMは「ユキヤは最終日に10位以内に入るだろう」とスプリントをさせる予定であることを話していたので、そこも見所である。

デジカメを取り出して撮影するカンチェラーラや、携帯電話でどこぞへ電話する選手など、この日だけの特例でのんびりとした雰囲気が漂う。そしてチームメイトと一切一緒に走らないランス。来季は自分がチームオーナーになり、ツールの優勝を狙うということで選手の採用活動かと。つーか、ランス、スポンサー集めとかバイクデザインとかやらずに集中したら、もう少しコンタドールを追い込めたんじゃないのかと。Madone 作りすぎ

残り50km、パリ市内の周回に入ったところで別府がアタック。国際映像大写し。6名が追いつき7名の逃げが決まる。これまで何度か逃げを試みて失敗していた Fumy が最終日にやってのけた。集団はコロンビアがコントロールということで、正直逃げられるとは思えないんだけど、すんばらしいですねぇ。コンコルド広場を疾走する逃げ集団に日本人。袖にはかつての日本チャンピオンを示す日の丸。いつもなら退屈な周回なのに妙な緊張感。

残り2周で別府の逃げは14秒。苦しい。残り9kmで別府、ウェーグマン、ベッカネンの3人が更にアタック。
ラスト1周で別府と集団の差が10秒。集団の中ではアシストに引かれて新城がフースホフトの横まで上がる。
残り5kmで別府は吸収。集団はガーミンとコロンビアが争うも、最後のカーブでコロンビアが頭を押さえ、そのままカヴェンディッシュを発射。圧勝の6勝目でした。あまりの圧倒的な差に後ろはスプリント盛り上がらず。みんな踏むのをやめちゃった。
今日はカヴ君の強さというよりアシストの強さかな。Yukiya20位、Fumy134位。

ぼーっと表彰式を見ていたら、別府Fumy が敢闘賞確定と。えっと、この凱旋門前の派手派手ポディウムに登れるのかな?どうなのかな?

総合表彰では3位にランス。過去7連覇の男が3位。でも3年半のブランクの男が3位。
一人だけサングラスして上がってくるところがアメリカン。そういや以前誰だったかガーミンのアメリカ人が表彰にサンダル履いてきたことあったな。

結局、敢闘賞の表彰は最終日だけ無いとのこと。代わりに総合敢闘賞があるのだけど、こっちはペリッツォッティ。

でもまぁ、日本人が2人出場して3週間走りきった訳ですよ。そういう意味で盛り上がった大会でした。

|

« Tour de France Stage20 | トップページ | すぐれもの »

cycle」カテゴリの記事

コメント

今年はいつもと違った楽しみ方が出来ましたよ。捕まるに決まってる逃げに一喜一憂したり、スプリントの後方に視線が釘付けになったり。本当に2人の日本人には感謝。
彼らの来季の契約はまだ分かりませんけど来年も面白くしてもらいたいなぁ、と。そして本気のランス復活も。

投稿: しげお | 2009年7月27日 (月) 08:11

いやー最後まで楽しめましたねー。来年も楽しみです。

投稿: hidekoji | 2009年7月27日 (月) 04:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750158

この記事へのトラックバック一覧です: Tour de France Stage21:

« Tour de France Stage20 | トップページ | すぐれもの »