« ローマ字 | トップページ | Seadragon »

2009年9月10日 (木)

la vuelta 09 11a etapa

ついに今日はフランク兄ちゃんがDNS。これでルクセンブルク代表の3人はお帰りになってしまった。アンディちゃんの腹痛でリタイアというのもどこまで本当だったのか。
明日の休養日を控えてカンチェラーラもそろそろスイスに帰ってしまいそうだとかいう話もあって、Saxobank は面子的にはガタガタになりそうである。分かっていたことではあるけど。

コースは山岳2つ、がーっと下って最後は少し登ってゴールらしい。モンクティエが2つとも1位通過して山岳賞を確実にした後で集団が1つになったものの、カウンタでディ=グレゴリオがアタック。まぁ、ステージ優勝というよりは目立つためのアタックでしょうね。今日は集団スプリントの香りがプンプン。

残り20kmを切ったところでディ=グレゴリオが捕まり、カウンタアタックはゲルデマン。昨日も逃げてよっしゃいけるか、というところで前輪パンク。今日こそ逃げたいと思ったんだけど呆気なく吸収。そのままゴールへ集団で向かう。

集団コントロールはリクイガスだがイケメンベンナーティはいけるのかなぁ。またグライペルにやられそうな予感。結局ゴール前は各チームアシストが崩壊してガーミンのファラーがロングスプリントで勝利。久々のスプリントもいいものだ。リクイガスは引き損。
それにしても、ミラノ=サンレモの時はカヴェンディッシュに「お前、登りこなせるのか?フフン」なんて言ってたボーネンは途中の山岳で遅れてスプリントに参加出来ず。コカイン騒ぎ以来歯車がかみ合っていない感じではある。

さて、今日もカヴァのコルクが折れた。それも中途半端に折れて少しジュブジュブと吹き出す程度に。やり直し無し。

|

« ローマ字 | トップページ | Seadragon »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750201

この記事へのトラックバック一覧です: la vuelta 09 11a etapa:

« ローマ字 | トップページ | Seadragon »