« 天高く豚インフルの秋 | トップページ | la vuelta 09 7a etapa »

2009年9月 5日 (土)

la vuelta 09 6a etapa

第4ステージの大工ラッシュ、大クラッシュの様子が上がってた。

US(?)ではHD放送なのかなぁ。

第6ステージはバレンシアの南、サティバの街を出てサティバに戻り、また小さな周回をしてサティバゴールというクリテリウムのような設定。何か今年のブエルタはこういう設定が多いような。
そして展開は毎度、プロコン3人+プロツール1人という感じで逃げ展開、集団はマイヨ・オロを持つコロンビアが引く。
残り20kmほどで、集団の引きはベンナーティのためのリクイガスとボーネンのためのクイックステップに。今日こそは、という感じだがどうなることか。

残り12kmの登りでアルカンシェルのバッランがアタック。デンマークチャンピオンのブレシェルが合流。更に残り7kmでデラフエンテ、ジルベールが合流。興味深い逃げ面子だが、さすがに集団は逃がしてくれず。と思いきや、今度はモンクティエとヴァカンソレイルの選手が逃げるも、やっぱり残り1kmで捕まる。
結局今日も集団スプリントですよ、と。

あれ?最後はガーミンとリクイガスのアシストがエース発射のタイミングを計ってると思ったら、後ろからヌルっと出てきたヴァカンソレイルのジャージが加速。誰も追いつけない。あれ?
ということで、スロベキア人?のボジッチが優勝。2位ファラー、3位ベンナーティ。何かベンナーティがナイスネイチャに見えてきている件。

そして表彰台慣れしないボジッチ、1分ほどでもシャンパン(カヴァ?)が抜けず、コルクを折ってしまう。これで本ブエルタ2本目。でも今回はスペアが用意されていたので、これまた30秒ほどかけてやっとの事で開ける。やったこと無いけどシャンパンファイトって難しいものなんかな。F1 でグズグズになってるのを見たこと無いんだけど。

明日は少し北上してバレンシアでのITT。またカンチェラーラですかね。

|

« 天高く豚インフルの秋 | トップページ | la vuelta 09 7a etapa »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750193

この記事へのトラックバック一覧です: la vuelta 09 6a etapa:

« 天高く豚インフルの秋 | トップページ | la vuelta 09 7a etapa »