« la vuelta 09 7a etapa | トップページ | TL開幕 »

2009年9月 7日 (月)

la vuelta 09 8a etapa

いよいよ山岳ステージ。というか、いきなりの頂上ゴール。
総合争いで最初の動きが、と思っていたら放送開始時にはアンディちゃんがリタイアとの知らせ。ルクセンブルクの協会は今年の世界戦にかなりやる気を見せているらしく、怪我とか体調不良ではなくリタイアさせたようだ。同じくルクセンブルク代表のキルシェンは既にリタイア済み。シュレク兄、カンチェラーラもそのうち消えそうだからなぁ。この辺りがブエルタの盛り上がりきれないところ。
ん、と思ったらチームのプレスによればアンディちゃんはストマックにプロブレムがあったらしい(ルー風味)

6人が逃げて、ケースデパーニュがヴァルヴェルデのために集団を引く動き。
今年はここまで、大人げなく逃げが集団に潰されてきたのだけど今日はどうだろうか。ツールなどでは総合争いに関係なさそうな選手の逃げは容認されることが多かったのだけど。

最後の山の登り口で逃げがばらけて2人になるところ、集団ではシュレク兄が脱落。ツールの登りでは弟と一緒にコンタドールと火花を散らしたフランク兄ちゃんも全くの本気モードではないということ。ヒゲのヴィノクロフも脱落。
残り5kmで先頭はモンクティエ一人に。今日は逃げ切れるかな?

集団は残り2kmでクネゴちゃんのまさかのアタック。てっきりイタリア代表での世界戦モードだと思ったんだけどな。バッソ、ヴァルヴェルデ、エヴァンスは静観。
残り1kmでモンクティエとクネゴの差が12秒。ここまで逃げてきたモンクティエ、あっさり躱されるの巻。

そのままクネゴの勝利。ステージレースでクネゴが勝つのは久しぶりに見た気がする。表彰台でのカヴァの捌きも慣れたもの。

総合はエヴァンストップで、ヴァルヴェルデが2秒差、サンチェス8秒差ということに。バッソ46秒差かぁ。何か決めて欠く感じだなぁ。頑張れ。エヴァンスは表彰台でキス3回行こうとして2回で空かされてた。初日のカンチェラーラもそうだったけど、スペインは2回なんだな。エヴァンスはオージーなのだけど、どこのルールでキスしてるんだろう。

|

« la vuelta 09 7a etapa | トップページ | TL開幕 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750195

この記事へのトラックバック一覧です: la vuelta 09 8a etapa:

« la vuelta 09 7a etapa | トップページ | TL開幕 »