« la vuelta 09 18a etapa | トップページ | la vuelta 09 19a etapa »

2009年9月18日 (金)

ローマ字続報

先日の韓国人、中国人はローマ字を読めるのかという件。

数少ないサンプルに聞いたところ、中国人、特に年配の人はローマ字というかアルファベットすらどう読んでいいか分からない人も多いらしい。韓国人サンプルは無かったので不明。

ただ、中国も韓国もローマ字については決まりが一応あるようだ。国内でちゃんと広まっているかどうかは謎だけど。
ピンインは中国語の発音記号のようなものだと思っていたら、あれは中国で導入されたローマ字だったのだな。元は1958年に将来的に漢字をリプレースする目的で導入されたようだ。韓国で漢字=>ハングルになったみたいなのと同じ方向を目指してたのに、結局今に至るまで漢字が使われ続けて、ピンインは発音記号になってしまったらしい。
ピンインもローマ字とはいえ、日本とは全く違うので zsh とか uang みたいな表記が存在するし、そもそも中国語の発音を表してるので日本人は正確に読めないわな。逆に日本のローマ字を向こうで読むのも難しいのかも。

韓国も日本が占領していた時代に導入されてから何度か改変されて、政府が制定しているローマ字表記法があるそうな。ハングルは日本語のひらがなと同様、表音文字なので、ローマ字と1対1の表記が可能。さらにハングルは母音と子音の組み合わせで構成されているので、そのままローマ字に出来る。
ただ、それ故に本来の発音と違ったローマ表記になってしまうことがあるようだ。チェ・ジウ(崔志宇)のローマ字表記は Choi Ji Woo になってしまう。これでは「チョイ」だ。これはハングルの최 を分解すると、ch + o+ i になってしまうからなんだとか。

この辺り、All About に面白い記事があった。
韓国人5大姓とローマ字表記のナゾ - [韓国語]All About

というわけで、バス停の4カ国語表記は必要ということだ。少子化だし国内マーケットは小さくなるから観光がんばんなきゃね。

|

« la vuelta 09 18a etapa | トップページ | la vuelta 09 19a etapa »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

そうだな…

名古屋もブラジル人が多いらしいね。

投稿: shun | 2009年9月18日 (金) 19:00

いや、だからポルトガル語出来るならローマ字読めるでしょうよ。

ちなみに静岡出身の奴に聞いたらポルトガル語ニーズが高いそうです。彼女の実家も工場やっててブラジル人が何人もいるとか。不況でだいぶ減ったらしいけど。

投稿: しげお | 2009年9月18日 (金) 12:36

> バス停の4カ国語表記は必要

だとすると、ポルトガル語とかのニーズも多い気がするなぁ。その辺の優先順位は、在日○○人や観光客の統計とか取って決めてるのか、それともアジア優先なのかどっちなんだろう...

投稿: shun | 2009年9月18日 (金) 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750216

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ字続報:

« la vuelta 09 18a etapa | トップページ | la vuelta 09 19a etapa »