« Aranjuez | トップページ | 五輪招致 »

2009年10月 2日 (金)

AVE

さて、アランフエスからセゴビアに移動することになったわけですが。

セゴビアにAVEの駅が出来たのは最近(2年前?)らしく、マドリから30分強で行けるようになったそうな。それまでは2時間だったのでかなりな進歩。ただ、トレドやコルドバ方面のAVEはマドリの南のアトーチャから、セゴビア方面は北のチャマルティンからと分かれているのだ。昔の東海道新幹線は東京から、東北新幹線は上野から、みたいな感じ。
なので、トレドもしくはアランフエスからセゴビアに行くには、アトーチャに戻ってから、ローカル線(当時の日本で言うE電)でチャマルティンまで移動して、もう一度AVEに乗る、というステップを踏まなければならない。
そもそも、ヨーロッパの大都市って駅がターミナル(終点)になってることが多い気がする。で、デカイ駅が2つとか3つとか。

ただ、1日1本だったかな、アランフエスからアトーチャ、チャマルティンを経由してセゴビアまで行くAVEがあるのですよ。で、今回はそれをツモった。

AVE のチケットは日本からでも直接Webで買えるので楽勝。Renfe のサイトの左上から駅名と日付を選んで検索すればズラズラっとリストが出るので時刻を選んでクレジットカードで購入。するってーと、PDFがダウンロード出来るので印刷して改札まで持って行けばOK.
Renfe

改札では右上のバーコードを読み取ってくれるのですんなり入場。Coche が号車で Plaza が席番号ね。紙を忘れていっても、購入したクレジットカードを持っていけば駅で発行してくれるみたいだ。

ちなみに renfe のサイトは当然スペイン語なんだけど、左下にある言語切り替えで英語に変更可能。ところが、ページを遷移してる間にスペイン語に戻ってしまうことがあったりするのがご愛敬。後、選択肢のプルダウンは上の方がメジャーな駅、それ以外はその下にまとまって A-Z であるのでご注意を。最初 Aranjuez が見つからなくて問い合わせしてしまったことよ。

[追記]
近々スペイン行くという人に、renfe.es でのチケットの買い方を教えたら「G001 というエラーが出て進まない」と言われた。調べると国内外問わず困ってる人多いみたいだ。
renfe G001 - Google Search
で、日本人の多くは「日本のクレジットカードは使えない」と言ってるけど、別に使えている人も多いし、「何回かやったら買えた」という人もいる。また海外の情報だと「renfe の営業時間じゃないとダメ(ほんとかよ?)」「renfe のサイトと各クレジットカード会社が接続できる時間が決まってる」などという噂あり。
G001自体は「お前の使ってるカード会社に接続できないから与信が取れねぇよ」という意味。とりあえず試してみるべきは「ブラウザはIEを使う」「他のカード使ってみる」「他の時間帯に試してみる」ぐらいだろうか。まあ、確かにブランド(VISAとかMaster)が通っていても、発行している会社やカードの種類によっては使えないこともあるからなぁ。オイラのカードは恵比寿三越の食品コーナーだけで使えない(涙)

後、最後のPDFはポップアップで出るので、今の大抵のブラウザではブロックされるので注意。購入完了するとメールが飛んでくるので飛んでくるまでは課金もされてないってことだ。
まぁ、スペインクオリティに目くじら立てても仕方ないのでのんびりやろう。ちなみに、ある程度前から旅程が決まっていると、サイトで買うときだけ割引サービスがあったりするのでお得。
[追記終わり]

日本の新幹線も海外からWebでチケット買えるのかなぁ。こないだみどりの窓口に並んでたら、散々待たされた挙句に「じゃぱんれーるうぇいぱすはびゅーぷらざで」と辿々しい英語でガイドされてた異人さん達がいて可哀想だったので。
後、バーコードってUS の TicketMaster とか今回のAVEとか経験すると凄く便利というかスムーズだと思うんだけど。日本だと未だにイベントのチケットは目検でモギリで非効率な気がするのだ。Top League はバーコード採用してるけどね。

さて、今回乗ったのが Alvia S130 という軌間変換可能な車両編成。スペインの国鉄は1668mm の広軌を採用しているのだけど、AVEは1435mm の標準軌。また、フランスは標準軌なのでスペイン国鉄がピレネー越えしてフランスと接続するときには軌間を変更することが必要なのです。そういう事情もあってかスペインでは車輪の間隔を変更出来る編成があるのだす。
ちなみに新幹線は標準軌で、在来線は狭軌。日本もUSに実験場借りて実験してたはずだけどどうなったんだろう。ま、オイラは鉄じゃないので分からん。

ん、


ローカル線と

AVEが

同じ線路を走ってるってことはアランフエスでは Alvia は広軌で走ってたのかな。チャマルティンで切り替えたのかしら。まあローカル線も標準軌に切り替え計画があるとかいう話だったから、もう標準軌なのかもしれない。鉄じゃないので分からんけど。

ま、そんなこんなでアランフエスからアトーチャを過ぎ、チャマルティンについたところで待てど暮らせど発車しない。どうも何らかのトラブルらしいのだけど、車掌の男性の早口スペイン語は全く聞き取れないので諦めて座っておく。15分ぐらい過ぎたところで、オイラわくわくしてきたぞ
確か、AVEはスペイン人気質に珍しく時間厳守をモットーにしているので、30分以上遅延すると全額返還と聞いた。これは期待できる、と思っていたら30分遅れぐらいでスタート。
どうなるかなー、と思ってたら27分遅れで到着しました。残念。

と、帰国してから調べてみたら15分~30分の遅延でも半額払い戻しって書いてあるな。本当かなぁ。それらしい手続きしてる人を見かけなかったのだけど。

ついたセゴビアの駅は荒野の真ん中。ローカル線の Segovia 駅とは別に Segovia AV というAVE専用の駅を造ったらしく。あまりの荒野っぷりに日本の新幹線の用地買収とかでヒーヒー言ってるのがおかしく思えるぐらいでしたよ。

駅に着いたのが19時過ぎだったのでタクシーで宿まで行って飯食って寝た。ホテルのレストランを20時で予約しようとしたら、「ごめんね、レストランは20時半からなのよ。それでもいい?」と言われた。そう、ここは宵っ張りの国スペインです。というか、朝暗かったりするので標準時の設定が間違ってる気がする。


宿から見るすいどうばし

夜空も快晴で周りが暗くて星が本当に綺麗に見えたのでした。随分と南に近く見えるオリオン座を見ながら、もう秋なのだな、と。昼間は30度近いのだけど。

|

« Aranjuez | トップページ | 五輪招致 »

」カテゴリの記事

コメント

> おそらく子供のこと考えてのアジアじゃないかしら。

いやいや、バリ島とかタイとか、絶対子供の為じゃないから。 ;-)

投稿: shun | 2009年10月 6日 (火) 15:24

N子嬢はジブラルタル行きたいって言ってたけどな。おそらく子供のこと考えてのアジアじゃないかしら。

まあ、熊本城はオイラも一度見てみたい。行くべきところは国内にも多いし。

投稿: しげお | 2009年10月 6日 (火) 12:13

そうなのよ。実は夏の旅行は自分はスペイン(アルハンブラ)か既に自分は行った事のあるドイツ(ハイデルベルグとヴュルツブルグの城)を候補地としていたんだけれども、やつの熊本城に負けたwww

招致活動に問題があったのだろうか…

N子も、ユーロよりアジア好きなので、どうも分が悪い。

投稿: shun | 2009年10月 5日 (月) 12:03

スペイン良いですよ。ビールかワインが飲めれば better w
でもお子様には、リゾートっぽいところが受けるんだろうなぁ。

投稿: しげお | 2009年10月 5日 (月) 08:44

写真、どれもきれいだねぇ。スペイン行ってみたくなった。

で、ヨーロッパのどこかで車輪の幅が可変なやつが合った気がする。AVEかは、知らないけど(鉄じゃないからw)

パリやロンドンも、市内に、でかいターミナルが3,4つあるパターンだよね。

投稿: shun | 2009年10月 2日 (金) 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750229

この記事へのトラックバック一覧です: AVE:

« Aranjuez | トップページ | 五輪招致 »