« 2009 Giro de Lombardia | トップページ | 宿@スペイン »

2009年10月19日 (月)

Corral de la Moreria

今回の旅の目的、1に水道橋、2にRYANAIRとすれば3番目は Corral de la Moreria。

ポルトからマドリに戻った日が実質最終日。次の日の朝の便で帰国するので空港近くのホテルにチェックイン。19時過ぎにホテルを出てマドリの中心、Sol へ向かう。Xevious ではないぞ。Puerta del Sol。
タクシーに乗って中心部に入ると人出が多い。そして道路工事をそこかしこで行っている。五輪招致と関係あるのかなぁ?と思ってると運ちゃんが「あそこにソンブレロが見えるだろ、あっちに歩けば Puerta del Sol だ。こっから先は車入れないから」と言って下ろされた。知ってるよ、Tio Pepe の看板。


Madrid もストリートビュー使えるのね。
奥にあるのが El Corte Ingres

さーて人混みを掻き分けて El Corte Ingres へ。異国に行くとスーパーマーケットに行くのが好きなのだけど、今回は古い街並みを回っていたこともあって全く行っておらず。ということで、ぐるっと回ってテンション上げて出たら20時ぐらい。マルチビタミン探したけど売ってなかった。スペインではクスリ扱いかしら。日暮れの街を歩いて Corral de la Moreria へ。

何かというとタブラオなんですが。フラメンコはご存じアンダルシアのもの。でも、Sevilla 辺りで名の売れた踊り手は Madrid に行ってしまうらしく。丁度、九州は高校ラグビー盛んだけど良い選手は東京の大学に行ってしまうようなもんだ。5年前に行ったときは、Cordoba, Granada, Sevilla とタブラオを回ったので、今回は首都 Madrid で。
それも VIP 御用達とか政治の接待用とか言われる老舗の名店を選んでみました。

20時半から予約で食事してると21時半頃からショー開始。案外タップリと90分以上やってくれて満足でした。特にオイラの好きな Guajiras やってくれたし。ソレアに始まる本流からすれば傍流の曲かもしれないけど明るくて陽気なのがよろしい。

Sevilla の老舗 Los Gallos と比べると切れがいい。ポーズ決めたときの「どや顔」も。振り付けも凝っている気がした。3人で踊る時は1人ずつターンするといったようなアイマス的(?)演出とか。
ただ、何とも言えない迫力というのはSevillaの方があったかなぁ。特に、Los Gallos で黒い衣装のオバチャンが Siguiriyas を踊ったときの迫力は未だに覚えているのですよ。

まあ、このお店「1,000 Places to See Before You Die」なる本に出てるそうで。1000は大杉やろ、せめて100に絞ってくれよ、と思うけど食事も美味しくて店員も感じの良い店でしたよ。それなりに良いお値段ですが。

お会計したらクーポンくれた。「いつまで有効?」と聞いたら「今年中です」と。「また東京から来られるように頑張るよ」と言って帰ってきたのでした。
誰か年内にマドリ行く人いればあげるよ。16ユーロ分らしいけど。

Flamenco. Restaurante - Tablao Flamenco en Madrid
Documento sin título

|

« 2009 Giro de Lombardia | トップページ | 宿@スペイン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750243

この記事へのトラックバック一覧です: Corral de la Moreria:

« 2009 Giro de Lombardia | トップページ | 宿@スペイン »