« 幾楚者" | トップページ | 京都御所 »

2009年11月19日 (木)

但馬 -天滝-

帰省の写真を整理しておかねば。

土曜日、田治米を後にしてから出石で蕎麦を食った。
元々信濃上田藩から移封されてきた仙石氏が蕎麦職人を連れてきたということで根付いたという出石蕎麦。皿で供された蕎麦を、山葵を溶いたそばつゆに卵とすり下ろした山の芋で食う。

仙石氏の大名としての祖は仙石秀久なのだが、この人は美濃斎藤氏=>秀吉配下=>大名=>九州征伐から逃亡=>高野山追放=>小田原征伐に陣借り=>大名復帰というネタ人生を絵に描いたような人なので興味のある人は色々読んでみるとよろしい。奴がいなけりゃ長宗我部信親も存命で関ヶ原もどうなったか分からん。
仙石秀久 - アンサイクロペディア

さて、もう一軒、西山酒造を訪ねようかという話もあったのだけど、天滝という兵庫一の滝が近くにあるというのでそちらを選択。天滝とかいて「てんだき」と呼ぶ。天から降るように見えるから天滝らしい。

駐車場についた頃には夕暮れ近い。徒歩1.2km。渓谷沿いを歩くとなるほど天から降るような滝がバハーンと現れる。

さらに階段を上がったところに展望台。落差98m。もう夕刻なので少し映りは悪いが。

この日も都合3台のカメラを背負っていた親父に色々教わりながら、絞りとかシャッタースピードをいじって遊んでみたのでした。


レタッチとかしてないよ

滑りやすい路面を1.2km降りてこの日は終わり。運転&観光案内の親父に感謝。

|

« 幾楚者" | トップページ | 京都御所 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750265

この記事へのトラックバック一覧です: 但馬 -天滝-:

« 幾楚者" | トップページ | 京都御所 »