« 「科学」のおもひで | トップページ | Google 音声検索 »

2009年12月 7日 (月)

上野動物園

日曜天気が良かったし、丸の内に用事があるので歩こうかと。近頃仕事が立て込んで運動不足だし。
ただ、自宅から丸の内の道は歩き尽くした感があって食傷気味。ということで、一旦上野まで出てそこから歩くことに。

根津で降りる。上京して20年弱。いつか行ってみようと思っていた動物園へ。券売機に「パンダはいません」という悲しいお知らせが。FAQになっているのか。チケットを買おうとしたら後ろから来たオバチャン?おばあちゃん?がガードマンに「水族館はどこですか?」と尋ねていた。呆けとるのかな?と思ったのだけど、年配のガードマンは「水族館は葛西に移ったんですよ」と。
え?葛西の水族館って元は上野にあったのか?と思って調べたけどそれっぽい情報はなし。ただ、かつては上野動物園に海水水族館があった(1952年)というから89年に移設されたのかもしれず。

まあ何だ、園内は「少子化って何?」ってぐらいお子様があふれておりまして。展示はなぁ、正直期待したほどじゃなかった。個体数も少ないし。というのも幼少の頃より神戸の王子動物園に良く行ってたから。あそことどっちが広いんだろう?少なくとも神戸にはパンダがいるぞ。須磨の水族園もあるし、神戸っていいとこだな。

つーことで、目的は今更感のあるハシビロコウ。生態は不明ながら恐ろしく燃費が悪く、ほとんど動かない鳥である。

中々男前なんだが、メスだった。動かないという割りには首は動かすが胴体は動かない。ただ見てたら急に飛んだのでデカさにビビった。

動物園の表門から出ると脇に東照宮が。祀られているのは家康以外に吉宗と慶喜である。吉宗ってのが面白いな。ただ、本殿?は平成25年まで工事中だそうな。

かつて江戸幕府開幕時には藤堂高虎の下屋敷が上野にあり。家康を偲んで高虎が立てさせたのが元という。後に藤堂家の屋敷は寛永寺の敷地として接収され、東照宮も家光が改築して寛永寺の一部となった。明治維新に伴い、寛永寺から神社を分離するということで別の管轄となり、徳川家の菩提寺だった寛永寺の敷地のほとんどは上野公園にされてしまう。そこに作られたのが動物園であり、園内の間抜けな場所に重要文化財の五重塔が。

なんだか旧統治勢力の敷地内に動物園を作るというのは韓国で見た昌慶宮(日本軍が接収して動物園と植物園を造った)を思い出させる。

その後、秋葉原、神田を抜けて丸の内へ。数年ぶりに秋葉原の西側に行ったのだけど、極めて居心地が悪く、やたらと「ご主人様」という声が飛び交うゾーンになっていたのにショックを受けたのでした。

|

« 「科学」のおもひで | トップページ | Google 音声検索 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

御願いだから「ご主人様」はやめてくださいご主人様。

コワイと言われると見たくなるのが人情ですね。半笑いで丸呑みというのがやっぱりダンディーで好きです。

投稿: しげお | 2009年12月 8日 (火) 18:04

以前にも増して歩距離が伸びたような気がするのですが、
気のせいでしょうかご主人様。

パンダいなくなっちゃったんですね。
上野動物園にハシビロコウを見に行ったら、かれらの
捕食シーンは超怖いよと言われてググってみたら実に怖かったです。

投稿: Furo | 2009年12月 8日 (火) 16:02

野生のよりは飼育されてる方が良く動くらしいのだけど。
寒い寒いと言っていても3ヶ月もすれば花見の季節か。1年早いものだ。

投稿: しげお | 2009年12月 8日 (火) 00:19

ハシビロコウ、英会話の先輩が言ってました☆ ほんとうごかないらしいですねっ。
上野動物園、最近は花見でいったくらいかなぁ。

投稿: こぶさま | 2009年12月 7日 (月) 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750277

この記事へのトラックバック一覧です: 上野動物園:

« 「科学」のおもひで | トップページ | Google 音声検索 »