« 忘却 | トップページ | ダメプロジェクト »

2009年12月21日 (月)

芸術の冬

ここのところ仕事と飲み会で多忙であったので、週末ぐらいは歩きたい。
ということで散歩。冬枯れの青山墓地を目指していたら、広尾の手前でちょっとした人だかり。

前からフランス大使館がリニューアル中だったのは気付いていたのだけど、その横の旧施設を開放しているそうな。「No Man’s Land」展だと。

イベントのタイトルは「No Man’s Land(ノー・マンズ・ランド)」。建物が解体されるからこそ実現できるウォール・ペインティングや解体廃材を用いて創られたオブジェの展示など、 アーティスト達が自由に空間を創りあげます。作品は事務室、廊下、資料室、階段、地下室、中庭などあらゆる空間に展示されます。ほとんどの作品は現場で制作され、何人かのアーティストは会場にアトリエを設け創作活動を続けることで、鑑賞者とアートの新しい形のコミュニケーションを提案します。

だと。

散歩中だし、大使館に入るなんてそうそうないので入って見た。壁にマリオ書いたり、廊下塗りたくったりやりたい放題されてるんだけど。

まぁ、なんだ、これが一番わかり安かったよ、オイラには。他の作品はフォトレポートがあったりするのでね。気に入ったのは庭でプカプカ上下してた羽毛ぐらいかな。どちらかというと仕組みに興味持ったんだけど。

しかし、フランス大使館というからオサレでデカイものを想像してたんだけど、学校みたいで、部屋も廊下も随分と狭いのでした。後、随分な斜面に建てられているのでお庭を散策してみたかったのだけど、途中からフェンスで遮られてしまって大して歩けないのが残念でしたよ。

中にはカフェテリアをやってたりして、来年1月の月末までだそうです。興味ある人はどーぞ。

|

« 忘却 | トップページ | ダメプロジェクト »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750287

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の冬:

« 忘却 | トップページ | ダメプロジェクト »