« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

iPad

昨日早朝(日本時間午前3時)に発表された iPad。詳細はニュースサイトに任せて。

意気込んで早朝?の発表をわざわざリアルタイムで見た人も多いみたいで。その感覚が分からないのだけど何だろう?3時に知る。オイラは寝て起きて7時に知る。advantageは4時間
よっぽどアクセス数の多いBlogをやっててアフィリエイトで儲けるのかな?とか色々考えてたんだけど、日本にいる個人が午前3時に起きて、もしくは眠気を我慢してLiveで知る理由がよーわからん。と思ったんだけど、そっかみんな AAPL の株やってるのね。企業のリリースをいち早く知りたい理由ってそれしか思いつかん。

そんなことを考えてたら10年近く前の同僚S君を思い出した。ある夜、オフィスで働いているとS君の携帯が鳴り。「はい、あ、そうですか、はい」と元々木訥な感じのS君が電話で話をし終わったので、何の気無しに「どうしたの?」と聞くと「XXがモー娘。から卒業するそうです」と。そう、彼モー娘。オタクだったのよね。それから数時間だったか翌朝だったか随分遅れてからネット上にその情報が出たときは、奴の裏側にある諜報部隊の恐ろしさを感じたものだが、ファンってのは少しでも情報が早く欲しいものなのだろう。
わざわざお金払ってリリースばらまいて、パートナーにチケットばらまいてもイベントの客足が心配、ってのはオイラもなんちゃってマーケ所属時代に経験したことがあるのだけど、AAPLの場合はほっといてもみんなが騒いでくれて、時差を超えてまで騒いで"報道"してくれる。うらやましか。

発表の前日に某ソフトウェア会社のR&Dの人と話をし。彼はある程度API等触れていたようだけど、どうなんだろうね?と。単にデッカイ iPhone/iPod Touch だとすると、WebのブラウズとかYoutube みるとかメール読むとかにはいいかもしれんけど、プレゼン作ったりっていうのには向かないよねぇ、と。iPhone も「見る」のは快適だけどメール書くのはやっぱちょっと面倒だし。やっぱ Kindle というか AMZN 対抗なのかな?

案外、壁紙を緑にして雀卓代わりに使える!とか。雀卓には小さいか。壁紙をモノポリーとかバックギャモンにして使える!とか。
昔、従姉の家にあった一箱で何枚ものゲームのボードが入ってて色々遊べるってのを思い出したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

未来予測

ケータイが持ち主の行動先読み、情報を表示

例えば、朝、家の近くを歩いていれば「出勤で会社に向かう途中」、昼に会社を出れば「昼食を食べに出る」などと判断。最寄り駅の時刻表や職場近くのグルメスポットなどを、自動的に携帯の画面に表示する仕組みだ。

時刻表を読み込むのはありがたいかな。自宅の最寄り駅なら大体分かるし調べてから出るけど、出先から急いで次に、というときは「時刻表を調べてから急ぐかどうか判断する(無駄走り防止)」か「時刻表を調べる時間が勿体ないからまず急ぐ」かは迷いどころ。時間を効率的に使いたい身としては。でも、渋谷駅とか品川駅の近くだと電車・バス含めてものすごい路線数になりそうだけど。

逆に考えると大都市圏で生活しないと別に便利な機能ではないのか。1時間1本の電車と1時間数本のバス、飲食店は駅前にちらほら、というような場所だと教えてもらうまでもないわけで。

徐々にオーナーの行動を学習するそうなんだけど、平日に自宅にいると「おい、今日は会社いかねーのか?」とか言い出すんだろうか。2週間ぐらい自宅にいると「お、お前、もしかしてクビになったのか?」とか。

そのうち故障してもないのに携帯ショップに行くようになると「そろそろ機種変されるんじゃないか」と危機感を抱いてオーナーをミスディレクションして殺そうとする、とか。

もう2010年なんだなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

グダグダ中和法

不愉快とか怒りの感情って時間が経てば薄まってくるわけだけど。

先週、Mtg てんこ盛りの日があった。

まず午前中。
11末からやってるサイト作りの案件。未だに「じゃあまず概念の理解を統一しておきましょう」みたいなところからスタート。サーバ周り担当の会社は12末に調達依頼したのに未だに「社内調整ができてなくて…」とか言ってきたので一瞬切れそうになった。その後、その会社からピンぼけなデモを見せられて倒れそうになったり(先週出した宿題と違うことやって来てる…)。2時間空費。

昼食後、同じ案件でデザイン事務所へ。この日が初顔合わせ。ご挨拶と名刺交換をして、ざっくりの説明のあと軽いブレスト。ディレクター、技術の分かる人、諸々出てきてくださってずんずん話が進む。スケジュールも滞り無く決定。1時間。

この後、次の打ち合わせまでの間オフィスに戻ったのだけど、何とも爽快な気分。頭のいい人、仕事の出来る人と話をすると爽快な気分になれるものだけど、この打ち合わせ2件の順番が逆だったらどうだったんだろうなぁ、と。先に仕事の出来る人ミーティング、後から gdgd mtg だったら、なんだか気分の悪いままオフィスで過ごすことになりそうだ。

単にグダグダへの怒りが2時間の時間で希釈された訳では無いとしたら、ダメ案件の打ち合わせは出来る限り午前中に入れるべきではないかと。出来ればその後に、良い案件を。
うん、今後は出来る限りそうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

国民総背番号

「人間に番号つけるのは牛と同じ」 名古屋市長が「住基ネット」離脱表明

人間に名前つけるのも牛と同じなのかなぁ。で、牛と同じだったら何が問題なんだろう?

国民に番号振る話が出ると決まってこういう議論?が出てくるんだけど。

鯨は可哀想といって牛食う人達と同じような脳みそなのかしら。

数字はダメだったら半角英字だったらどう?欧米人はみんな牛?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

ワイルドカードトーナメント

土曜朝。最高気温10度との予報に防寒対策。スキーの時に使うサポータをジーンズの下に着込み、膝掛けをリュックサックに入れてバタバタと家を出る。駅に向かう途中で時間つぶしに読む本を置いてきたことに気付くが、まあいいか、と急ぐ。信号待ちの間に座布団代わりに使う登山用マットも忘れたことに気付く。うーん、オケツが冷たいのはツラい。結局早足でとって返し、再度駅へ向かって地下鉄に乗り込んだところで襟足に汗。
これだけ頑張って秩父宮に1130に着いたら普通に座れた。拍子抜け。そしてポカポカして暑いぐらい。膝掛けなんていらねーし。

トップリーグ上位4チームは日曜のplay off へ。5位以下のチームはワイルドカードトーナメントで日本選手権出場権を争う。
土曜の秩父宮はその出場権2つを賭けた2試合。1試合目は NEC vs クボタ。中々の拮抗した試合であったが後半に21-12とクボタが突き放す。このまま決まるかと思われたが、NECが1本返して21-19。
残り3分でクボタが自陣ゴール正面でペナルティ。これが決まれば逆転というPGをNECのSO松尾がまさかのミス。その後もクボタのマイボールが続き、残り1分マイボールスクラムで時間を使い切ればクボタが勝利というときにまさかのファウル。コラプシングを取られ、今度こそ松尾が決めて21-22 の逆転勝ち。

今季でプロとしての現役引退を発表していたクボタのNo.8 トウタイ=ケフはこれが引退試合になってしまった。Wallabies としてCap 60、World Cup優勝も経験しているバリバリのプレーヤが30前の脂の乗りきった時期に来日し、日本で6年もプレイした末の引退。トータルで見れば正直南半球でやっていたときに比べて期待はずれではあったが、それでも十分レベルは高かった。この日も柔らかい走りを見せてくれたが、迫力不足は否めなかったかな。試合後の会見では涙を流して日本でのラグビー人生に感謝していたそうな。

「毎年チームはよくなっていった。非常にいい時間を過ごせました」。涙を浮かべたケフは代表60キャップ。NO・8で出場した試合数58は、豪州のポジション別最多記録だ。99年W杯で豪州の優勝に貢献したベテランは、体力的な限界を感じて退く。「1年間ゆっくり休みたい。その後はどこかでラグビーに携わりたい」。豪州に戻り、第2の人生をスタートさせる見通しだ。

第2試合がオイラのメインディッシュ、神戸製鋼 vs コカコーラ。リーグを見る限りは力の差は歴然。実際この日も開始から12分で4トライを挙げて26-0。おいおい、これは50点?70点?という感じで秩父宮の観客席はすっかり白けてしまった。前半を終えて33-14。
ところが後半、神戸に全くいいところがない。というか両チームともディフェンスがボロいのだけど、神戸がファウルを取られまくって防戦一方。どんどん点差を詰められて残り10分で33-28 になり、さらにコーラが押しまくる。終了間際にブラッキーが1本返して 40-28 で辛勝したものの、この内容では日本選手権は心許ないというか、NEC以下なのは間違いないなぁ。見所はブラッキーのCTBのようなランニング、途中出場の元木が外連味なく突進し相手のタックルを弾いていた辺りか。

スッキリしない気分のまま日が陰った寒空の下を歩き、途中蕎麦を手繰って帰ったのでした。

翌日のプレイオフは三洋、東芝が勝ち上がり。トヨタは良くやったけどな。東芝、サントリーはどちらも余り好きなスタイルのチームではないのだけど、三洋としては東芝の方が与し易しと言う感じか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

泣き言

昨年は中盤に纏まったCashが必要でな。思い切って色んな株式とか投信を損切りしたんだけどね。

こうやって年間取引報告書とか言って総額見せられるとツラい…ま、最初に入った会社のITバブル弾けっぷりを考えればマシマシ(と慰める

今年は還付金すごいのかな?頑張って早めに確定申告してみるか。今年のキャラクターは誰なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

Imperial units

US でスキー板を借りようとすると、身長は何フィート何インチかと聞かれる。んでもって解放値の設定のためか体重をポンドで聞かれたり。その度に訳分からなくなってUS在住の同じぐらいの体格の友人に尋ねたりするのだけど。

世界でメートル法をつかっていない国はたったの3国”というのを見かけた。アメリカとミャンマーとリベリアだそうな。この3国は何を使っているかというと「ヤード・ポンド法」なのだけど、英語では Imperial units というのな。急に厳かになる。
元々の欧州での単位系でありイギリスが固執したヤード・ポンド法に対し、フランスで定められたメートル法。両国の何となくの歴史的な仲の悪さもあるのか、イギリスを宗主国とする国々は最初はヤード・ポンド法だったようだが、徐々に国際化の波と共にメートル法へと移行、イギリス自体も1995年に正式にヤード・ポンド法の使用を禁止したらしい。

リベリアも実質的にはメートル法に移行しているらしく、実際残っているのはアメリカとミャンマーのみ。ところが、アメリカという国はメートル条約に加入しているので国としての公式な単位系はメートル法。じゃあ、なんで実生活でインチだなんだと言っているのかというと、"United States customary units"という名称でイギリスの Imperial units とは微妙に異なるものが利用禁止もされず、そのまま使われ続けているらしい。

おかしいのは、「微妙に異なる」故に、イギリスの1ヤードとアメリカの1ヤードが異なるため、両国間で「1ヤード=0.9144メートル」とメートルを基準に定めたという歴史的経緯。それやったらメートル法導入すりゃええやん、めんどくせー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

減量

元来、病気でもなんでも食欲が無くなることはない性質なのに、昨日は1日中まるで食欲がなかった。
自分でも面白いぐらいに腹が減らないので夕方まで水分だけ摂取して。

さすがにこれでは良くないと思ったので、気分が良くなった夕方にスープ、その後ピザまんを食ってみた。本当に「食ってみた」という感じで腹が減ったから食ったわけではない。

そのまま20時半に横になって起きたら7時半。少し腹に膨張感があるもののスッキリ。

体重を量ったところ -1.1kg とな。正月以来飲みが続いたりで中々落ちなかった(落としてもまた徐々に戻る)体重が一気に解決。このまま後1.5kgぐらい落として筋肉で戻していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

out of order

別に昨日飲み過ぎたというわけでもないのだけど。

起きたらダメな感じ。二日酔いの脱水症状ではない。年1ぐらいでくる定例の奴だ。
病院に行くと「過労とストレスですね」と言われる奴。だから病院はいかない。

とりあえず10時からMtgなので出社して、Mtgして、作業して帰宅。
家でもいくつか作業して枕元に携帯を置いて横になる。寝つけないがとりあえず安静に。
携帯が鳴る度に起き出して作業。こういう日に限って突発的な作業が2件入るのどういうことか。

17時を過ぎて復活。スープを飲んでこれから仕事。年末の仕事詰め込みまくりが3週間たって祟ったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

人参の味

昨年末、大晦日に鹿島から戻り、八重洲口の大丸の地下に潜ったとき、ちょうどタイムセールをやっていた。夕方で年末ということもあり、生鮮品を叩き売っておかないといけないのだろう、大粒の見事なプチトマトを一籠いくらだったか忘れたが随分安いと思える値段で売っていたので衝動買いして帰った。

帰宅して洗って食うと何とも青い香りが口中に広がって美味い。ガキの頃に母親と愚弟とブヨブヨの完熟トマトにかぶりついた時の記憶が蘇った。「いやー、ホントにトマトの味がするプチトマトだなぁ」と良い買い物をしたとご満悦だったわけで。

先日、友人宅で食事をご一緒した際。奥方のご実家からご両親が趣味で作っている野菜を送ってきたとのことで、鍋をいただく。人参を食べたのだが何とも甘みがあって美味い。
「この人参美味しいですね」と奥方に言うと、「でしょ」と。続けて小学生の息子に「ほら、食べてごらん。この人参ちゃんと人参の味がするわよ」と。

息子「そんなの当たり前じゃん

そりゃそうだな、人参かじってポテト味だったらおかしいもんな。真っ当な回答に思わず吹き出しそうになる奥方。

大人って変な表現するよね。まったく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

ハイチ

1月12日にハイチで大地震が起こったというのを聞いて、なんかあの辺多いなぁ、と。
何年か前の年末のインドネシアとか、こないだのサモアとか…と思ってたら、西インド諸島?隣がドミニカ?

勝手にハイチのことをタヒチだと脳内変換してた。それに気付くのに2日かかった。

そういや、ここんとこカリフォルニアで地震2連発じゃなかったっけ。そろそろアメリカのターン?

とりあえず先日のワインセラーをヤフオクで落とした時のポイントがあったので寄付しといた。ポイントなんか持っててもいらねぇし。普段ヤフオクなんて使わないから。楽天ポイントも寄付できないかな、と思ったら窓口ないっぽい。はてなはあるね。

インターネット募金「ハイチ地震救援金」 - Yahoo!ボランティア
ハイチ地震救援金の受付について - はてな義援金窓口

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

Top League リーグ戦閉幕

いつの間にやら Top League は最終節が終わり。
最終節は JSports で全7試合を全て中継したので録画チェックが大変。まだ1試合見てないんだけど。

首位は最終節にサントリーと引き分けた三洋電機。以下、サントリー・東芝・トヨタがプレーオフ進出。同時にこの4チームは日本選手権出場が決定である。我らが神戸製鋼は残念ながら5位だったので、wild cardでの日本選手権出場を目指すことに。

11位近鉄と12位リコーは入れ替え戦に回る。この2チームは個々のキャラが強くて面白かったのになぁ。そして13位ホンダと14位九電は自動降格。最終節にノーガードの打ち合いをしたホンダがいなくなるのも残念。慶應で天才と言われた山田も少し壁にぶつかったようで孤立するシーンが多かったかなぁ。

wild cardはどうなるんだろうか。10位に沈んだNEC、来期からプロ契約選手を0にする9位ヤマハなど下位にも曲者が多い。トップチャレンジやワイルドカードは今週末から開始。2月に入れば 6 Nations、南半球では Super14 が開幕する。まだまだ忙しいねぇ。

って、クラブ選手権みてたらタマリバが駒場に負けたのね。で、元トップリーグのワールド社員を受け入れた六甲クラブは「六甲ファイティングブル」に改称して決勝に進んでいるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

7円

さて、連休明けから値幅制限いっぱいの下げ2連発で7円まで来ましたよ。

順調にいけば明日は1円ですが、どうなることやら。
昔、あしぎんFGという銀行(持ち株会社)があってなぁ。国有化決定後に2円が5円になったりしてたんだが、いきなり24円とかつけて翌日に会社更生法適用申請したことがあってなぁ。どうなるのかのぉ。

とりあえず1円で指してる奴が多そうだ。20倍とかならちょっとした競馬の馬連ぐらいやね。
7円で買っても3倍になると踏むのも可。

日本航空の明日はどっちだ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

小さい子どもを叩くしつけも必要? 米調査で「良い子に育つ割合が高い」。

全体の4分の1は「全く叩かれた経験がない」ことが判明。そして、全く叩かれたことがない人は、叩かれた経験のある人に比べ「あらゆるポイントで、ほかのグループより悪い結果になった」そうだ。具体的には「反社会的行動や早めの性交渉、暴力やうつ」など、何らかの精神的な問題を抱えやすい傾向が見られたという。
最も良い結果になったのは「2歳から6歳までに叩かれた人」で、次いで「7歳から11歳までに叩かれた人」。ここでの違いは、7歳から11歳までの経験者の方が「よりケンカをしやすい」傾向があったものの、叩かれた経験のない人よりは「進学では成功している」そうだ。

どうも一緒に働いてる人など子持ちの人と話をしていると、近頃は子供に手を上げる=「悪」というようなカルチャーがあるようだ。「心の傷」とか「PTSD」とかいうのがやたらと報道されるようになったのと関係あるんだろうか。どちらかというとビビリ気味な気が。
体罰云々に過剰に反応してるようなモンペとかもその流れかも。

泣けば許される、とか、口先で謝れば許される、とかそんな状態で自分が悪いことをしたという事実が身に浸みるんだろうか。何やっても口頭注意オンリーでいいのかしら。

オイラが何か悪いことをしたとき、行儀が悪かったとき、うちの母親は良く「一度言って分からん子は動物と同じだからね」といってオケツをバッシンバッシン叩いたものである。一度は口頭で注意があった。不条理に叩かれた覚えはないし、今となっては部下に説教するのも面倒くさいのに、いちいちガキの悪事に真面目に説教してくれた親に感謝。

当然叩かれる子供は痛みや恐怖を覚えて楽しいわけはないのだけど、やりたい放題に放置しておくのはいかがなものか。後になって有り難いと思えるバランスで叩いておく、それが躾のような気が。
先日も子持ちもしくはこれから産まれるという友人達と久々に会ったのだけど上手に育てられるといいねぇ。それが子供のためだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

夢大陸アドベンチャー

正月、暇つぶしにと思って Wii のバーチャルコンソール用の「夢大陸アドベンチャー」をダウンロード。800ポイント(800円也)。どうやらMSXエミュレータが乗っかっているようで、懐かしのMSXロゴがせり上がってくるデモの後にタイトルが。

1986年か。四半世紀たったのね。中1ぐらいだったのかなぁ。やってみると、不思議と障害物の位置とか感覚で覚えてるもんだな。

で、このゲーム、全24面。バーチャルコンソールなので途中で中断することは出来るのだけど、もはやこの歳になってノーコンティニューで最後までいけるとは思えない。そんな熱意ないし。
そもそも今のヌルいゲームと違って、この頃はコンティニューなんて無いのが普通だったのだけど、夢大陸アドベンチャーは隠しコマンドでコンティニュー出来たはず。何かあったけど思い出せず、ソフトの説明書画面を見ると記載が。

キーボード?え、これってUSBキーボードが必要なの?うはー、ってことで保留。ノーコンティニューでは8面ぐらいまでしかいけなかった。

NORIKO と KAZUMI って元ネタなんだっけなぁ。当時というかちょっと前か、はコナミは広報の紙尾さんって女性を推してたんだけどな。確か明美さんだったはずだから違うんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

ジム復帰

いーつのーころーだかー、去年の6月ぐらいだったか?もっと前だったのか。トレーニング中に左胸に軽い痛みを覚えて騙し騙しやっていたのだけど一向に治らず。整形外科に行ったら筋繊維断裂ですと。
傷めるまで分からなかったのだけど、大胸筋の付け根ってあらゆる運動で収縮するのな。腕立てとかはもちろん、腹筋しても痛むし、クシャミする寸前にも痛む。走るのは比較的楽だけど、それでもやはり少々痛む。

で、リハビリ受けながら治療してたのだけど、軽くなってくると少しは動かしても大丈夫かな、と低負荷で運動したり…ってやってたら本気で治らなくなってきた。ので、気合いを入れて10月いっぱいでジムに行くのをやめ、走りに出るのもやめてひたすら体重の維持だけ行ってた。どんどん落ちる大胸筋。

12月に入って寝起き(起きるときに手を突くと痛かったりする)やクシャミでも痛みが走らなくなったので、ランニングを復活させ、満を持してこの1月からジム復活。
意気揚々と2ヶ月ぶりのジムのドアをくぐり、チェックインしようとカウンタに近づくも、オネーサン達がシカト。まるで俺様の存在が無いかのようにシカト。あれ?俺見えない?俺死んでる?とか思って立ちすくんでいると、一人が寄ってきて「あ、セルフチェックインになりましたので、こちらに会員カードを翳してください」と。

なんかすげー恥ずかしい人、俺様。浦島太郎。

2ヶ月ぶりのトレーニングは超低負荷でスロー気味、量も2/3ぐらいにしたにも関わらず晩には足がだるく、次の日は大胸筋と広背筋に筋肉痛という情けない状態であった。年末年始で少しきつくなったズボンの件もあり、早々に解決したいが、今度は焦らず行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

一夫多妻

南ア大統領が3人目の妻と挙式、年内に4人目と結婚

差別等も含めて文化というのは外から見て是非をあーだこーだ言うものだけど、中にいる人にとってはその中で育って暮らしているので普通なわけで。
一夫一妻が普通だから、彼氏/彼女や旦那/嫁が他の人に色目使ったり飲みに行ったり付き合ったりするとガーガー言うわけで。それが普通な中で生まれ育てば嫉妬も無いのではないかしら。0では無くとも少ないであろう。世の中の色々な下らないトラブルが解消しそうな気がするなぁ。

南ア国内でも多数が一夫多妻に反対、とかいう記事なんだけど、何だか不思議なコメントも。

大統領は英紙で「一夫一妻を装いながら愛人や隠し子を持つのに比べ、一夫多妻の伝統を誇りに思う」と持論を展開している。

男性は配偶者一人では満足できないという前提?まぁ、動物園のサル山とか見てると進化の系列的にはそれが正しい気もするけど。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者、エイズ患者支援団体は「一夫多妻は感染拡大の一因」と批判している。

コレに至ってはロジックが全然見えないなぁ。風が吹けば桶屋が儲かる式なのかしら。誰か説明してクレイ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

年賀状

毎年の事ながら年賀状は出さないのに来る。
基本的に「マーケティング・営業系(美容院・保険会社, etc.)」「個人的に受けてる仕事のクライアント」「真面目な仕事の後輩」「親バカ」「新婚ノロケ」のいずれかに分類できる。

対応としてはシカトかメールでお返事。「悪いけど俺様は紙の年賀状ださんのよ」と。

これを10年以上続けてると友人は皆メールをよこすようになるのだけど、それでも尚ハガキを送ってくる知人・友人がいる。中でも印象的だった2枚。

俺様が年賀状を出さないことを知りつつ、言い訳をしてまでも送ってくるそのモチベーションの源泉は何なのか。年賀状カルチャーにズッポリ入ってしまっているので出さないと気持ち悪いのかな。受ける分には構わんけどね。例によってメールでお返事。

それにしても名刺や封筒に「再生紙を使っています」なんてアピールする割に、紙に印刷コスト掛けて年賀状を送ってくる会社は矛盾していると思うのだ。普段のコミュニケーションはメールなのに。誰か気付けよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

初詣

年越しは仕事が無かった。珍しい。だからといって海外旅行など計画すると仕事が入るのだから不思議なものだ。

さて、正月といってすることもないので、元日から散歩に。東京は幸い年末年始の天気がよく。気の向くままに麻布十番から坂を上って溜池へ。赤坂のTBS前を通って乃木坂、六本木へ、と思ったのだけど山王日枝神社の山王鳥居をくぐる人波に興味惹かれ。

赤坂見附勤務中は何度となく前を通ったがあのエスカレータ付き石段を登ったことはなかった。

横断歩道を渡ると"じゃんがらラーメン"の客引きが五月蠅い。3人ほど出しているようだが採算合うのか?余程店が暇なのか?と要らぬ心配をしつつ石段を登る。登り切ったら「参拝の方は階段下から並んでください」と警備員。「?」と思ったら石段の右側に並んでいたのがそれらしい。

いくら東京人が行列好きとは言え、並びすぎだろオマイラ。日頃そんなに信心深くもないのに。週末に神社に行っても下手したらオイラ一人ですよ。
何せこの日は拝殿自体を拝めず。仕方がないので信心深い衆生の写真でも撮っておいた。

その後赤坂=>六本木と回ってヒルズを冷やかして帰宅。

2日は恵比寿を回って目黒方面へ。目黒不動でも行こうかな、と大鳥神社を通り過ぎようとしたら、ここも30人ほどが鈴を鳴らすために行列。で、お不動さんに向かおうと思ったらやたらと「五百羅漢寺」の幟。そういえばそんなのあったけど行ったことないな、中延に住んでた頃目黒不動まで良く歩いたけど。ということで、細い参道を登ると「本日は拝観料無料」とあったので、日頃は有料なんだろうか。
確かに入って見ると儲かってるなぁーと思わせるビルや会館の立派さであった。が、狭い境内にぎっしりと並んだ羅漢像は圧巻。全て写真撮影NGなので何もないけどね。
元は本所にあり、吉宗は土地や金を寄進したりと庇護したようだが、いつからか目黒に移ったらしい。

閉門間近ということでざざっと見て帰宅。3日は引き籠もって平和な正月が終了したのでした。
まぁ今日も開店休業みたいなもんだ。毎日やる仕事が有るわけでも無し、営業みたいに挨拶回り行くもんでもなし。突発的に仕事が湧くのでね。

気になった記事
鈴が中学生の顔面直撃、初詣で振ったら落下

 静岡南署によると、鈴は直径約28センチ、重さ約3・5キロの真鍮(しんちゅう)製で、2003年ごろに設置。拝殿の高さ約3メートルの位置にある梁(はり)に、直径約6ミリの金具で固定されていた。
     男子生徒は両親、妹と初詣に訪れ、鈴を鳴らそうと3本ある緒(お)のうち右端の緒を振り、鈴を鳴らした途端、落下した。見上げる形になっていた男子生徒は、とっさに避けようとしたが、避けきれずに顔面を直撃した。

昔なら神罰ということで村の面々に問い詰められたりするんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »