« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

OLYMPUS PEN E-P2

前々からずっと興味があったのよ一眼レフ。でもゴツいから諦めてた。何より持ち運び不便。
先日、スキーに行ってカメラ好きのオヤジと話をしていたらまた沸々と物欲が復活してきまして。所謂マイクロ一眼。

30年前、一般的な家庭にどの程度のカメラがどれぐらいの数あったのかは知らないのだけど。叔父がカメラ好きでオヤジに仕込んだとかで、うちの実家にもそれなりに良い Nikon などがあった気がする。ずっしりしたボディに15cmだか20cmぐらいの長さのレンズをつけて構え、ピントを合わせる方法を習ったもの。
そのため、未だにファインダーのないカメラが苦手。直方体で薄っぺらいカメラで、裏の液晶を見て写すタイプなんてフワフワして落ち着かないことこの上なく。右の脇を締め、左手で筒を支えてファインダーを覗くのがしっくり来る。

ってことで、ビックカメラに行ってオリンパスとパナのを見る。パナの方が軽いがちょっと安っぽい感じ。つーか、今使ってるのはキヤノンだけど、その前は2台続けてオリンパスだったのよねー。

ある日先輩と飲んで帰った夜に変なスイッチが入って、価格を調べまくって、PEN の E-P2 パンケーキレンズセットとズームレンズをご購入。酔っぱらってたので、ズームレンズセットとズームレンズをカートに入れてて後でビビりまくってキャンセルしたけど。
あ、後電子ファインダー。E-P2本体にはファインダーがなくて(本体裏に3インチの液晶は付いてる)、電子ファインダーつーのをオプションで付けられるのよね。要はCCDが受像したものをそのまま見られる小型の液晶ディスプレイですよ。すごい時代。

なもんで、先週末は練習を兼ねて色々取りまくったのでした。先のスカイツリーとかもその一環だけど。

中々パキッと写って個人的には気に入っている。キヤノンに変えたときに少し色味が淡いのが気になったのだけど、やっぱオリンパスのレンズが好きだ。というか、長年オリンパスを使ってたからそっちに慣れているだけかも知れない。
難ありなのは、やはりファインダーが別ってことかなぁ。ファインダーを付けるとフラッシュ付けられないし、ズームレンズを付けたまま収納できるケースがあるんだけど、ファインダーを付けたままだと入らないとか。まぁ、本体そのものの問題ではないのでね。

これからもスキーとかにはキヤノンG10に活躍してもらうけど。後、海外旅行どうするかなーとか。あんま治安が良くなさそうなところには一眼持って行くのは荷物になるだけのような気がする。

べ、別にトイレにずっと置いてる雑誌の表2に影響受けたとかどうとかってことじゃないんだから。

宮崎あおいは別に取り立ててどうとも思わんのだけど、このADだけは何かグッと来るのよね。
AD Gallery | PEN STYLE | オリンパスイメージング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

湯島天神梅祭り

実は今週火曜日デッドラインの仕事があったのだけど、オイラへの発注元が何故か日曜デッドラインと勘違いしていて、先週はエラく急かされた結果土曜日に仕事が終わってしまい。本当は日曜忙しくなるはずが急に暇に。
ということでスカイツリーを見に行ったのだけど、それだけでも何なので浅草・上野を散歩しつつ湯島へ。

梅祭りと合格祈願でもって凄い人混み。オイラが大学受けるときには、ここで合格祈願すると落ちるという変な噂があったもんだが。

普通、エマ絵馬ってせいぜい3枚とか5枚ぐらいが重なってるもんだろうけど、これは酷い。絵馬を掛ける場所も1カ所ではなく幾つかあるのだけど、どこも鈴なり。こんだけあると、流石に天神さんも読みきれんでしょうな。

今年は妙に梅好いている。満開度合いは今年一番かな。とてもいい香りでした。

ただまぁ凄い人出で、かつご高齢の方が多いので歩きにくいのでしたよ。

何となく老夫婦だと道をブロックしてることに気付いて空けてくれるのは奥さんの方で爺さんはKYな感じがしたのでオイラも気をつけようと思ったり。でも、あの世代だと嫁が若いのが標準的だから単に年齢によるセンサの劣化の問題だけなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

確定申告 2010

昨日いってきた。申告書作るに当たって予定納税の領収書が見つからず。家捜ししても見つからず。
仕方が無いので税務署に電話したら「去年還付を受けてらっしゃいますね。今年度は予定納税されていません」とのこと。「あ、そうですか、お手数おかけしました」とスゴスゴ。

今年も還付だ。お金が返ってくるのは嬉しいが、元はと言えば自分の金。2年連続はあまりよろしくないなぁ。一昨年そんなに稼いだかしら?と思うけど、確かに去年の夏辺りは暇であった。ん?金融資産?ん?ん?考えないことにしよう。

それにしてもポッポをニュースで見る度に、こんな数万、数十万のために手間暇かけて納税してるのが馬鹿らしくなる。そういえば今年の確定申告のイメージキャラクターが見当たらないのだけど、この辺も事業仕分けなんだろうか?黒木瞳、仲間由紀恵辺りの流れは途絶えるのか?
経費削減なら、いっそ鳩ポッポとか土地大好き小沢をイメージキャラクターにしたらどうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

Podium Guy?

Podium っつーのは、表彰台で、大体大きな自転車レースの表彰は、表彰台の上に乗って、美女2人から花束と発砲ワイン、土地の記念品みたいなのをもらってキスしてもらうのよね。

今年の Giro'd Italia は国境を越えてオランダはアムステルダムがスタート。んたら、オランダの政治家で「女性はやめろ」とか言ってる人がいるそうな。
Podium Guys in Amsterdam for the Giro?

''In a city like Amsterdam, known as the gay capital, it would be nice not to have two beautiful misses, but two fine misters,” Marco de Goede of the GroenLinks party argued Wednesday at a city council meeting, according to Reuters.
    “Do not let a beautiful lady with long legs present the pink jersey award to the winner of the prologue, but a man with a broad chest. Or a drag queen,” he suggested. “A 'Miss' is hopelessly outdated and sexist.”

…アムステルダムって「げいきゃぴたる」だったのか。

初日の個人タイムトライアルを優勝するともれなく佐々木健介とかマツコ・デラックスみたいなのに祝福のキスを頂ける、って感じかしら。カンチェラーラへの罰ゲームとしては楽しそうなんだけど、みんなゴール寸前で微妙な駆け引きのブレーキングするとか。それでもマリア=ローザ(総合ジャージ)が欲しいということで、果敢に突っ込む若者が出たりとか。色々ネタ的にはよさげ。

と思っていたら
Giro organiser says Italian girls will be on the podium in Amsterdam
主催者から「アホか!表彰はイタリア美女がやるんじゃ!」とのツッコミが。確かにポディウムガールってレース中帯同するので3週間スケジュールを抑えられる(余り売れてない)モデルがやるって聞いたな。初日だけマッチョマンってことは許されないのだ。やるとしたら3週間マッチョマン(ぉぇ

というわけで盛り上がってきたサイクルロードレース。オイラは忙しくてやっと tour down under を消化したところなのでした。HTCのグライペル vs カヴのネタも楽しそうだなぁ。アスタナのヴィノ vs コンタドールと合わせて楽しみたい。内紛好き(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

東京スカイツリー

TOKYO SKY TREE

都心にビルが増え、333mの東京タワーから発する電波も障害を受けるようになったとかで、第二の東京タワー計画が決まったのがついこの間。と思ったら、

300m 超えてました。もうすぐ東京タワー越え。いや、すぐって言っても1割か。ということで、

浅草線で押上駅へ。駅に降りたら「スカイツリー建設現場はこちら」みたいな張り紙が。地上に出ると、そこらに携帯で撮影している人々がおり。近隣のアパートとかにも「関係者以外立ち入り禁止」と軒並み。どうも階段とか登って撮影するのがいるみたいね。
ということで、隅田川の脇の堀割?に沿って浅草方面へ歩く。

はたらく自動車がこんなに小さいよ!奥に見えるのが東武線の駅だよ!

オイラが見て連想したのは「バベルの塔」。そういえば東京タワーって1年にどれぐらい雷落ちるんだろうか?逆に考えると豆腐屋うかい辺りまでは雷おちないんだろうか?野田岩はダメそうだが。

来年の冬竣工で再来年の春頃には600m越えで開業するそうで。お子ちゃまとか連れて行っておくといいんでないかい?「わしがガキの頃にはあの辺ぐらいまでしか出来てないのを見に来たんじゃよ」と。浅草も近いし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

あらら

継続は力かどうか知らんけど、毎日続けてたこのブログの更新を忘れてた。なんて珍しい。

いやー、今日は朝から JavaScript 書きまくり、午後から2時間Mtg、その後も書きまくり。18時にオフィス出て仕事のお付き合いの方と遅い新年会。先方は下戸なので中華料理やで青島2本で終了。えひもせず。

帰り道に気がついたのだけど、今日は朝飯がヤクルトとマルチビタミン。血糖値が下がってきたので昼前に缶入りのココア。昼過ぎにSOYJOY一本。空腹を感じる暇もなく、1830からがっつり中華を食ったら満腹。

結局、血糖値さえ上げておけば物理的な空腹はどうにかなるってことだ。朝昼食おうが食うまいが、晩飯を普通に食べれば満腹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

Fumyの行方の結果

スキーに行ってる間に決まったのだけど。

昨年11月末に突然にしてランスの新チーム、RadioShack のロースターに名前が載っていた Fumiyuki Beppu。ところが、その後で所属チームの Skil-Shimano から待ったがかかり、その後は本人も twitter では粛々とトレーニングの様子を報じるだけで進展が表に出てこなかった。

結局、2月頭になって

  • Fumyは自分の解釈でチームに連絡することなく勝手に移籍した。これは認められないことを双方で確認。
  • でもチームとしては、こういうことがあった以上信頼関係の維持が難しいので契約解除を認める。
  • 解除の条件としてはチームの言い値を支払うこと

という決着をみたようだ。で、晴れて RadioShack 入り。
別府史之インタビュー レディオシャックのチームキャンプより

まぁ、本人楽しそうで幸せそうなのでいいか、とも思うのだけど、Skil-Shimano の今西さんとか土井選手はどう思ってるんだろうな?とちょっと気になったり。後、強豪(?)チームに行ったことで、Skil にいればある程度可能性のあった TdF を初めとするグランツールへの出場確率が下がったような気がするんだけどな。まぁ、この辺は RadioShack が春のクラッシックレースをどれぐらい狙ってくるかによるんだろうけど。

新城幸也もタイ合宿を終えてヨーロッパに戻った模様。今年のシーズンもオーストラリア、砂漠の国々を経て、もうすぐ欧州で開幕でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

カントリーマアム

おわび会見も準備万端?千葉県柏市が危機管理研修

先日、仕事の絡みで上場してる大企業なんかでは、不祥事や事故発生の際の役員の謝罪会見の練習もリスク管理の一環として行う、という話を聞いたのだけど、まさにそれだな。
役所はいざ知らず、企業の場合は後の対応の善し悪しでも売上や株価に影響するので。

先日のスノボ選手の件、河野太郎のサイトによくまとまっていた。
河野太郎公式サイト | ルールと価値観

個人的には電車で制服を股下たっぷりで履いてる高校生を見る度に「お前、本当に格好良いと思ってる?みんながやってるからやってるだけちゃうん?」とルーズソックス流行の頃と同じような感想を持つのだけど。まぁ、ファッションは生き物だからどうでもいいかもしれん。スーツ着て家康の前に言ったら無礼討ちにされるかもしれんしな。
ただ、彼がオリンピックに出たかったのだとすれば、無駄なリスクを取りすぎたよね。で、もし自分のファッションが大事なんだったら謝罪なんかせずに帰れば良かったんだし。出たいんだったら1回目の謝罪をかっちりやれば良かったんだし。そう言う意味でどこまでも中途半端。
可能性としては、件のスノボ選手がそもそも自分がリスクを冒していることに気付いていなかったというのもあるけど。だとすると非常に残念な大学生、ってことだな。

オイラだってスーツなんて面倒で嫌いだけど、銀行に融資のお話に行くときとか、初めてのお客さんを訪問するときはスーツでネクタイ締めていくわけだ。夏にポロシャツで行きたくっても、行くことで生まれるリスクをワザワザ背負うことはないからね。すんなりお金貸して欲しいし、仕事させてもらいたい。

タイトルは twitter か何かで「国母 = カントリーマアム」ってのを見かけて軽くツボに入ったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

何だかんだでラグビーの季節

  • トップリーグが終わって、国内は日本選手権の季節。帝京と東海は今までの大学勢とは一味違ってひょっとしたらひょっとするぐらいの勢いを見せた。帝京は栄養管理やトレーニングなどもしっかりしているという。これまでの「歌を歌うんだ」とか「ジャージの授与式で涙」とかそういうスポ根感動モノとか、伝統校のウンタラみたいな時代は終わったんじゃないかな。
  • そんな日本選手権で神戸製鋼はトヨタに完敗。復帰した大畑が2トライして流石というところを見せたがそれまで。平尾GMは契約が切れるということで身を引くことを示唆。大畑と元木は今後について言葉を濁したとか。大学のスター選手が綺羅星のごとく入ってスタイルを崩してしまってから一世代回った感じ。
  • 同じく負けて終わったサントリーは清宮監督が退陣表明。早稲田では華々しかったけど、サントリーでの評価はどうなんでしょう?自分でハードルあげて転けた感があるんだけどな。ま、それだけ潔い幕引きか。今後はU-20だかの監督要請があるとかないとか。
  • そのサントリーはグレーガンと1年契約で更新。危機管理の面で素晴らしい場面が何度もあるのだけどアタックでは効いているのかな?もっと突破力のある3列がいれば更に活きそうなものだけど。外から見てると分からないけど他の選手に及ぼす目に見えない影響はいいものがありそうではある。
  • 欧州では 6 Nations が開幕。France=Ireland>Wales>England>Scotland>>Italy ぐらいの力加減かと思ったけど、France のFW とBK のバランスが素晴らしい。これはグランドスラムいくかもね。かつてのラフプレーしまくりのFrance の頃を彷彿とさせるけど悪さをしない力強いFW、伝統的にシャンパンラグビーと言われる華麗なラインにCTBバスタローの突破力が加わったBK、堅実なPG。バスタローがギャラスの従弟というのを初めて知ったのだけど、確かにギャラスならラグビー出来そうだ。England はやっぱり Wilco だねぇ。怪我無く終わるかしら。
  • 南半球は Super14 が開幕。欧州に去った選手もいるが、C.Jack や McAlister, DC など戻ってきた大物の方が多い。来年のRWCを見据えての帰国か。そういえば、All Blacks の SO 不在の時に名前が挙がった "King" Spencer が南アの Lions にコーチ兼任で復帰したとか。是非見て見たい。
  • Blues に Brett が加入して Nacewa 以降穴になっていたSO が充実。でも開幕戦は後半失速したのでどうかな?にしても All Blacks Squad の強制休養で出ていない McAlister の復帰と合わせて好材料かと。
  • NZ では顎髭が流行りらしく、特に Nonu, Weepu 辺りは暑苦しい。向こうはまだ夏だというのに。しかしなんだ、Weepu を見て思ったのだけど、髪の毛は真っ黒なのに顎髭は赤茶色なのね。やっぱ別物なんだ。

というわけで忙しくなってきた。オリンピック?アイスホッケーのカナダ代表以外興味なし。日本で放送あるのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

日韓戦

今年は支払調書運が悪く。3回も再発行してもらったクライアントが居たりで、やっとこの週末に青色申告+確定申告の準備が整った。
で、青色申告まで終わったところでテレビを付けたら日韓戦で闘莉王がレッドカードもらう瞬間だった。すごいな、ATOK.。とぅーりおが変換できるんだ。

まぁ、ゴール内で相手選手蹴ったとかいうからよーしらんけど、とりあえず審判団はオージーだったということで、キャプテンがまずやるべきは「僕たちはクジラなんて食べてません」と言っておくことだったんじゃないかな。キャプテン誰かしらんけど。

そういえば、以前岡田監督のインタビュー記事があって興味深く読んだ。結局、日本代表監督なんて中小企業の社長さんみたいなもんだからな。社員にルーニーやメッシが居る訳じゃ無いし。大企業に勤めてる奴とかは「もっと事業を理解してる人間を採用しないと」とか「使えない奴は首切ればいいじゃん」とか簡単に言うけどそうもいかないのよね。アシュリーコール骨折?じゃあブリッジ?でもテリーと並べるのはどうよ?みたいな贅沢な悩みは出来ないわけです。
選手切ったら切ったで恨まれるしなぁ。オイラも恨まれてるんだろうなぁ、なんて昔の我が身に投影しながら読んだのでした。
岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは

オイラはSuper14 と Six Nations の消化に忙しいので続きは見なかったけど負けたみたいね。ま、どうでもいいでしょ。韓国にはパクチソンとかイチュンヨンとかイビョンホンとかチャンドンゴンとかいるんだし。こっちにはワガママ本田とか首になる俊介ぐらいじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

サイマル放送

大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ

中学時代、洋楽に出会うまではAMを聞いていたけど、全く聞かなくなった。代わりに高校までずっとFMを聞いていた。大学に入ったときも親父からFMチューナーを譲り受けて上京し、タイマーかけてジョン=カビラの声で目覚めたりしていたもの。
でも、だんだんと聴取時間が減り、数年前の引っ越しの時に部屋をスッキリさせたいからという理由でチューナーを処分してしまった。周囲のウレタンがボロボロになってしまったスピーカーも、動作が怪しくなったカセットデッキとMDプレーヤも。一式まるっと捨てて、AirMac Express と PC上の iTunes と BOSE の小さいけどある程度パワーのあるスピーカのみ。

近頃オフィスでモニタのスピーカを iPhone につないで Tokyo FM アプリを流しておりまして。久々に聞く FM 放送だったんですが、流してみると何とも耳障りのいいものですね。あのパーソナリティっつーかの人達のスッと入ってくる感じの声が仕事しながら聞くには飽きが来なくてよろしい。

ということで、フライング気味にサイマル放送していた Tokyo FM を追うように、J-Wave やTBSラジオ、ニッポン放送のようなAM局も開始。PC上でFlash Player利用のようです。Flash ってことで iPhone を封印した感があるけどね。

聴取率低下に喘ぐラジオとしては PodCasting したり色々やってたんですが、電波だろうがネットだろうが聴く人の数を増やしてスポンサーにアピールしたいところ。これはテレビも同じで、欧州ではテレビ番組をCM込みでストリーミングしているところもあるようだ。ただ、局が良し、スポンサーが良しでも出演者がNG(もしくはもっと金よこせ)だったりして上手くいかない訳ですが。
10年ぐらい前、企業がWebサイトでキャンペーンを始めた頃、いくつかの企業と打ち合わせをしたんだけど、CMやポスターに使っている芸能人は契約上サイトに出せない、ってことで非常に質素なページを作らざるを得ないことが多かったのを思い出す。

芸能事務所がストリーミングを拒み、結果としてTV局の広告収入が減り、芸能人のギャラが減るというサイクルが発生しているので、そのうち事務所としても門戸を開かざるを得ないのではないかな?という気がするのだけど、どうでしょうね。
さんまが良く「俺ずっとテレビ出たいからギャラ下げてくれ言ってんねん」とネタのように話しているが、板東英二や宮根誠司などは破格のギャラで仕事を受けて出演を増やしているようだ。テレビ番組の価値(内包する価値ではなく広告収入で量る価値)が下がれば出演者の価値が下がるのは当然っちゃ当然だけど。

さて、今回のサイマル放送開始でラジオ局は助かるんでしょうか。広告代理店主導ってのが、もちろん彼らにしか出来ないことだったんだろうけど、何かこう良い方向に向かいそうにないような気にさせるのは気のせいかしら(凄い婉曲表現)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

親孝行プロジェクト 2010

3年ぶりに親父とスキー。例によって栂池高原。

今年はここ数年見られなかった大雪ということで、栂池も質・量ともに素晴らしい雪。
行きは新幹線も長野からのバスも遅れなく到着。前日に入っていた親父がターミナルまで迎えに来てくれていたのでいつもの宿へ。ご主人、奥様に挨拶し、早速部屋で着替えてゲレンデへ。
昨年は一度も滑らなかったので少々不安だったが、案外滑れて初日は1度もこけなかった。晴れはしないが明るくなることもあるぐらいの天気。

2日目は八方へ行ってみようかと。ずっと定宿が栂池高原なので白馬で他のスキー場へ行ったことがなかったのだけど、近年無料で色々なゲレンデ間を結ぶバスがでているらしく、一度八方尾根に行ってみようと。
この日は雪最高ながらも頂上付近は真っ白で。長野オリンピックでも使われたこのゲレンデ、最後に一本上まで上がってみようかといったのが運の尽き。足下の新雪が1m先ぐらいで目の前の真っ白なガスとシームレスに繋がる状態。辛うじて斜面がどっちに下っているか分かるのだけど、3回ほど激しくすっころげた。
予定以上に時間を食ったので、帰りのバスに乗るためゼーゼー言いながら必死に裾まで滑って何とか宿に帰り着いた。

3日目は起きたらすごい雪。宿の回りでも20~50cmほど増えてるし。

昼には帰るので8時半頃にゲレンデに出ると「大雪のため整備中」とのこと。ぼーっと待ってると、遠くに渦巻きが。「あー、雪降ってると つむじ風って可視化するんだなー」っと見てたら何か近づいてくるし。バシバシっと顔面に当たる雪に「イテテテテテ」という感じ。地吹雪 tiny 版って感じ。
やっと動き出したリフトで上がったものの、途中の吹きっさらしがきつく。足首まで埋まるような新雪での練習は中々面白かったのだけど太股の前が張る。徐々に吹雪がきつくなったので切り上げて宿へ帰り、栂池で数年前に掘り当てたという温泉へ行って暖まる。

オイラは長野までバスで出て新幹線、親父は南小谷まで出て糸魚川~富山回りでサンダーバードで帰宅予定だったのだけど、大糸線が雪のため動いていないと。iPhone でいくつかオプションを探して、結果一緒に長野に出ることに。


行きに親父が撮った大糸線キハ52

しんしんと降る雪の中、待てど暮らせど来ない特急バス。15分遅れて現れたバスに乗り込み、結果35分ほど遅れて長野駅へ。駅前も積雪してる状況。こんな日の善光寺はキレイじゃないかなーと思うけど、ここはちゃんと帰ることを考えよう。
オイラは新幹線で東京へ、親父は特急しなので名古屋経由なのでここでお別れ。ガラガラの車内は半分以上がオージーと思しき外国人。大宮を過ぎた辺りから何が珍しいのか市街地の写真を撮りまくってた。
そういえば、ゲレンデにも異人さん多かったのよね。滑る方じゃなくてリフトのバイトとか休憩所の店員とかにも侵出してきているので、そのうち日本のスキー場は異人に席捲されるのではないだろうか。

今回は天気は悪かったけど雪質最高で、親父のテレマークが非常に楽しそうに見えたのでした。こけるときは無残だけど、深い雪は楽そうだし楽しそう。まぁでも、今回は新雪のアルペンでの滑り方も掴んだので、もう少しアルペンで頑張るよ。

次の日も筋肉痛は無く。上手くなったのか、無茶をしなくなったのか。天気以外は良いスキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

梅見

今年はどこに桜を見に行こうかと思ったのだけど、案外近場は行き尽くした感があり。

ふと、青梅にいったことがないなと。梅。
で、見頃を調べようと思ったら凹むニュースが。
植物ウイルス:梅1500本伐採も 東京・青梅の名所
青梅市/プラムポックスウイルスの発生について

アブラムシで伝染するウイルスらしく、梅やら桃やらにつくんだと。むぅ。モチベーションダウン。

日曜、風は強いが散歩に行きたい。どうしようか迷っていたら都内には羽根木公園という梅の名所があるらしく。そういえば、その名も「梅ヶ丘」という駅があったな。渋谷までバスに乗りそこから歩く。
道玄坂を登り、駒場を抜けて代沢へ。高級住宅地っぽいところを歩いていると右手に都内にしてはそこそこのサイズの八幡さんが。さらにその隣におそらく神仏分離で八幡さんと分けられたのかな?と思しきお寺が。この境内が中々に綺麗で。見事な銀杏の巨木が3本、奥には綺麗に刈られた梅がありました。

帰宅してから調べたらこの森巌寺、結城秀康が開基であり、結城秀康の位牌があるんだな。

この寺を出た正面に蕎麦屋が。寺に入るときは気にならなかったのだけど入ってみる。オッチャンが2人、酒を飲みながら上品な前菜のようなものを食べていたのだけど、散歩途中のオイラは蕎麦を手繰ることに。とはいえ、誘惑に負けて穴子の生姜煮と出汁巻き卵を頼んで上喜元を1合。中々に美味でした。

散歩に復帰、しばらく歩いて環七を越え、小田急沿いに歩くとそこが羽根木公園。「梅まつり」をやっているということで、出店やら植木屋やらが出て人出もまぁまぁ。梅は半分ぐらいの木が開いてましたかねぇ。

温度が急激に下がってきたので公園をぐるっと回ってから下北沢まで歩いて散歩終了。近頃、家の近所は行き尽くしたので少し移動してから散歩するのも良いものだと。

しかしなー、梅とか桜とか見に行くと一眼レフが欲しくなるんだよなぁ。でもデカイから散歩には邪魔なんだよなー。むー。上の写真は全部iPhone.

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年2月 8日 (月)

後付け

旅先で朝青龍引退を知った。

最早語られ尽くされている感のあるネタではあるが、中学・高校の頃から一時期を除いて毎場所幕内全取組を録画してまで大相撲を見続けているオイラとしては看過出来ない。一時期ってのは千代の富士が引退してしばらくしてからの間。

横綱朝青龍がいた。決して大きくない体で凄いスピードの相撲を取り、そうそう投げられないスタイルが好きだった。色々言う人がいたけど、キャンピージだろうがカントナだろうがスポーツのフィールドで活躍するのは人格がどうであれスターなのよ。スポーツやってるときに問題起こすのはダメだが。

スピードというと立ち合いが注目されがちだが、朝青龍の場合は組み合って動きが止まってから次の動きだしのスピードが素晴らしい。よくマンガでふとしたキッカケで両雄が電光石火の技を繰り出す、なんていう中2病全開なシーンがあったものだけど、そんな感じの巻き替えや引き付けを見せたものだ。惜しいことをした。

今回の件の細かい感想は閣下とほぼ同じ。
デーモン閣下の地獄のWEB ROCK: Feb.05.DC12:朝青龍引退。

ただ、「横綱を理解できなかった」のではなくて、後付けで色々と「朝青龍はちゃんとしてない」とするためのルールが制定されたような気がしてならない。スキージャンプで日本が勝てなくなったのは「不当に」ルールが改正されたからだとする話が一時期話題になったけれども、それと同じじゃないかしら。
前にも書いたけど「左で懸賞金取るな」「立ち合いは手を付け」など、昔から相撲を見ている人間にとってはおかしくて仕方が無い。昔の名横綱の立ち合いやら力士の手刀をみてごらんよ。結局今回の件でも、(暴力は悪いが)最終的には相撲協会から見て「外国人」だったんだな、という気がしてならない。
後は親方の力不足だろ。サッチーもたまにはいいこと言う。
野村沙知代さん「高砂親方こそ引退すべき」

まぁでも「国技」と言われることもある(実際はそうではないけど)相撲だけに、「横綱の品格」なんていうアバウトな表現で表されるものを守るのが日本文化的に大事なのかもしれん。
誰だったか野球選手でメジャー挑戦の条件に球団から「チーム(優勝だったか?)への貢献」というのを提示されて、次の年に揉めてた選手がいたと思うんだけど、提示する方もする方なら受ける方も受ける方だと思って見てた記憶がある。かっちり決めきらないところが「和」の精神なんだな。

朝青龍お疲れ様。相撲界は残念な結果だけど、今後は外国人力士に「スポーツなのか儀式なのか」をハッキリさせた方がいいと思うよ。強いからって横綱に昇進させるのもね。
元々横綱は選ばれた品格ある大関がなるものなんだから、何勝したからなるってもんじゃないんだし。相撲人気の為に横綱を製造しておいて、後から品格云々言うんだったらその辺りも昔に戻した方がいいんじゃないかしら。そう考えると「作られた大関」雅山や出島も不憫であったなぁ。

今後は先場所器用な相撲を見せた把瑠都に期待かしら。強くなって大関になって横綱昇進を「私は品格がないから」と断って、横綱倒しまくって優勝しまくる大関とかやって欲しいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

加古里子

加古 里子(かこ さとし、1926年3月31日 - ) ってことで、失礼ながらまだご存命なのね。「かこりこ」って読むと「ココリコ」っぽい(意味不明

「だるまちゃん」シリーズとかで有名なんだけど、オイラが小さいときには親が買ってくれた「宇宙」という本がありまして。これが好きで何度も何度も読んだ。天体とかロケットとか人工衛星とかの絵の上にひらがなで文章が書いてあるの。

先日、仕事の移動の合間に時間が出来たので大型書店で時間つぶしをしていたのだけど、小学生向けコーナーに平積みになっていたので思わず手にとった。何度も読んで色あせて傷だらけになった表紙しか記憶に無かったのかけど、本当はこんなに真っ白で綺麗な表紙だったんだと。

で、中身を見て愕然。当時と変わってないのな。当然と言えば当然なんだけど。

この本は初版が1978年、背表紙を開くと第46版だか48版だかと書いてあった。ロケットや人工衛星も天体の情報も全部30年以上前のまま。スペースシャトルも飛んでないし、冥王星も惑星のまま。いい本なんだけど、今の子供に知識の源泉として読ませるにはちょっとなぁ、という感じかと。

まぁ、オイラぐらいの世代、つまりはお父さん・お母さんが懐かしむためのアイテムなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

指紋認証

仕事上やむを得ず開いた銀行口座がありまして。家の近所というか、どこにいってもATM少ないし不便なんだよ!りそな銀行!

で、個人事業主ってのは個人だけど事業主なので、たまには大きなお金も動かさなきゃならんのです。ところが、件の銀行はカードでの出金制限を50万にしやがったので、仕方ないから指紋を登録してICカードにしたわけです。
なのに、こないだ恵比寿行ったら恵比寿プライムスクエアも代官山のATMもIC非対応だとよ。中目黒支店まで降りてこいというのか。ふざけすぎ。

それはいいとして(良くないけど)、先日健康診断で行った診療所の近くにりそな銀行がありまして。上述の通り近所では不便なので金を下ろしておこうと。と、りそなのカードを持ってこなかったことに気がつきました。
まぁ仕方ないんだけど、よく考えたら「指紋+カード+暗証番号」で認証する理由ってなんなんだろう、と。

既存の「カード+暗証番号」だと危険だから「指紋」を使います、ってのは分かる。でも「指紋」だったら、例えば昏倒させられて指だけ当てさせられたら通過しちゃうのかな?なので「指紋+暗証番号」も分かる。
カードいらなくね?おそらくカードのICチップに指紋の情報が何らかエンコードされて入っててそれを比較してるので、中央のサーバには指紋情報がありません、的なことなんだろうけど、そこは改善しようよ。むかしはキャッシュカードに暗証番号入ってたけど、今はそうじゃなくなったんだしさ。

指紋はいつも持ち歩いてるし、暗証番号だって頭の中にあるのにカードがないから金が下ろせない。何となく不自由な気がしたのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

そいじょいあげいん

一応、おかしな体重エリアは脱したのだけど、どうも飲みとか多いし低いところで安定してくれない。

ので、半年ぶり?ぐらいに復活します。おひつでの昼飯SOYJOY。安上がり。

今回は2ヶ月ぐらいで1.5kgぐらい落とせればいいかなと。
食べ物の写真を美味しそうにレタッチするよ!っていうサイトがあったのでやってみた。
FoodPic! - Make your photo looks delicious!

やっぱサイボーグ食はダメか(アホ

ちなみにジムのインストラクター曰く、冬場の食事制限は危険なのでNGとな。しっかり運動で落とすのが筋ですよ、と。もちろんジムも行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

サヨナラツイカ

TVは録画してから見るのでCMをほとんど知らない(スキップ)のだけど、近頃は番組内にやたらと中山美穂が出てくる。所謂タイアップ。何かと言えば映画の宣伝である。
先日も HEY^3 に映画の主題歌を歌う中島美嘉と絡めて取り上げられてたり。中山美穂の露出は久々だ。儂が中学の頃には「つ~いてるねっ」なんて歌ってたので年上なイメージがあるが実は70年生まれで3つ上。

さて件の映画は旦那の辻なにやらが原作でCXが提供でソニーの中島美嘉が主題歌歌って、という取り合わせの邦画かと思いきや韓流映画だったのでびっくり。

監督 イ・ジェハン  製作総指揮 キャサリン・キム  製作 シム・ジェソプ  ファン・ヨンサン  脚本 イ・ジェハン  イ・シンホ  イ・マニ   音楽 ソ・ジェヒョク  撮影 キム・チョンソク  編集 チェ・ミニョン

なんだこれ?キャストと主題歌以外は全部韓国人。

どっちの思惑なんだろーなー?と。日本人俳優の出てる映画は韓国でも当たるんでしょうか?頭の中のなんたらとか当たったから、日本人使えばもっと当たるんじゃね?ってことかな。ヨンさま追っかけのオバハンから若者へ浸食しようと言う感じ。
それとも韓国映画市場より今やお寒いと言われる日本映画市場の方がまだ大きいのか。
瀕死の日本映画界が韓国に救いの手を求めてるのか。向こうで作った方が制作費が安いのか。

そういえばCX提供なのにNTVとかでもタイアップしてた気がするなぁ。もう何でもアリだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

トップリーグ決勝

今年に入ってから深酒をするとお腹を壊すようになった。急激に老化したのだろうか。

そんな感じで昼過ぎから自宅観戦。神戸製鋼が決勝に行くならもう2時間前ぐらいから秩父宮で待つけどね。いつになったら出てくれるんだろう。もう「古豪復活」といったぐらいに縁が無い。今年のカードは東芝-三洋。カードも、か。

シーズン中の力加減で言うとかなり三洋が上だと思ったのだけど、準決勝でトヨタといい勝負した辺り、怪しく。おまけにインフルエンザで2名欠場。それもキャプテン霜村とフィニッシャー北川。

試合の方はディフェンス合戦でブレイクダウンでの激しい攻防は見ていて力の入るものだったのだけど、鮮やかに崩してトライ、というのもなく、6-0 で東芝。わずかに2PG。地味。東芝の勝因がどう、というより三洋のキックミスが多かったのが敗因かな。北川の穴を感じるシーンにまで行き着けなかった。

ちょっと疑問だったのは、プレーオフMVPが東芝のFB 立川だったこと。彼は決勝でも swing arm (腕を振りながらラックに突っ込む)でファウルを取られていたし、前の試合でもラフプレーっぽいことしてなかったっけ?あれはシーズン中だったかな?何せ、技術的には素晴らしい選手だが、トライ後に相手を挑発するような行動をしたり、ラフプレーが多かったり、喧嘩ふっかけたりと、Most Valuable だとは思えないんだけどなぁ。スティーヴン・ベイツ辺りが相応しいのではないだろうか。

日本選手権では激しい攻め合いを期待。神戸も頑張れ(難しいけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »