« 日韓戦 | トップページ | カントリーマアム »

2010年2月16日 (火)

何だかんだでラグビーの季節

  • トップリーグが終わって、国内は日本選手権の季節。帝京と東海は今までの大学勢とは一味違ってひょっとしたらひょっとするぐらいの勢いを見せた。帝京は栄養管理やトレーニングなどもしっかりしているという。これまでの「歌を歌うんだ」とか「ジャージの授与式で涙」とかそういうスポ根感動モノとか、伝統校のウンタラみたいな時代は終わったんじゃないかな。
  • そんな日本選手権で神戸製鋼はトヨタに完敗。復帰した大畑が2トライして流石というところを見せたがそれまで。平尾GMは契約が切れるということで身を引くことを示唆。大畑と元木は今後について言葉を濁したとか。大学のスター選手が綺羅星のごとく入ってスタイルを崩してしまってから一世代回った感じ。
  • 同じく負けて終わったサントリーは清宮監督が退陣表明。早稲田では華々しかったけど、サントリーでの評価はどうなんでしょう?自分でハードルあげて転けた感があるんだけどな。ま、それだけ潔い幕引きか。今後はU-20だかの監督要請があるとかないとか。
  • そのサントリーはグレーガンと1年契約で更新。危機管理の面で素晴らしい場面が何度もあるのだけどアタックでは効いているのかな?もっと突破力のある3列がいれば更に活きそうなものだけど。外から見てると分からないけど他の選手に及ぼす目に見えない影響はいいものがありそうではある。
  • 欧州では 6 Nations が開幕。France=Ireland>Wales>England>Scotland>>Italy ぐらいの力加減かと思ったけど、France のFW とBK のバランスが素晴らしい。これはグランドスラムいくかもね。かつてのラフプレーしまくりのFrance の頃を彷彿とさせるけど悪さをしない力強いFW、伝統的にシャンパンラグビーと言われる華麗なラインにCTBバスタローの突破力が加わったBK、堅実なPG。バスタローがギャラスの従弟というのを初めて知ったのだけど、確かにギャラスならラグビー出来そうだ。England はやっぱり Wilco だねぇ。怪我無く終わるかしら。
  • 南半球は Super14 が開幕。欧州に去った選手もいるが、C.Jack や McAlister, DC など戻ってきた大物の方が多い。来年のRWCを見据えての帰国か。そういえば、All Blacks の SO 不在の時に名前が挙がった "King" Spencer が南アの Lions にコーチ兼任で復帰したとか。是非見て見たい。
  • Blues に Brett が加入して Nacewa 以降穴になっていたSO が充実。でも開幕戦は後半失速したのでどうかな?にしても All Blacks Squad の強制休養で出ていない McAlister の復帰と合わせて好材料かと。
  • NZ では顎髭が流行りらしく、特に Nonu, Weepu 辺りは暑苦しい。向こうはまだ夏だというのに。しかしなんだ、Weepu を見て思ったのだけど、髪の毛は真っ黒なのに顎髭は赤茶色なのね。やっぱ別物なんだ。

というわけで忙しくなってきた。オリンピック?アイスホッケーのカナダ代表以外興味なし。日本で放送あるのかしら?

|

« 日韓戦 | トップページ | カントリーマアム »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750323

この記事へのトラックバック一覧です: 何だかんだでラグビーの季節:

« 日韓戦 | トップページ | カントリーマアム »