« 加古里子 | トップページ | 梅見 »

2010年2月 8日 (月)

後付け

旅先で朝青龍引退を知った。

最早語られ尽くされている感のあるネタではあるが、中学・高校の頃から一時期を除いて毎場所幕内全取組を録画してまで大相撲を見続けているオイラとしては看過出来ない。一時期ってのは千代の富士が引退してしばらくしてからの間。

横綱朝青龍がいた。決して大きくない体で凄いスピードの相撲を取り、そうそう投げられないスタイルが好きだった。色々言う人がいたけど、キャンピージだろうがカントナだろうがスポーツのフィールドで活躍するのは人格がどうであれスターなのよ。スポーツやってるときに問題起こすのはダメだが。

スピードというと立ち合いが注目されがちだが、朝青龍の場合は組み合って動きが止まってから次の動きだしのスピードが素晴らしい。よくマンガでふとしたキッカケで両雄が電光石火の技を繰り出す、なんていう中2病全開なシーンがあったものだけど、そんな感じの巻き替えや引き付けを見せたものだ。惜しいことをした。

今回の件の細かい感想は閣下とほぼ同じ。
デーモン閣下の地獄のWEB ROCK: Feb.05.DC12:朝青龍引退。

ただ、「横綱を理解できなかった」のではなくて、後付けで色々と「朝青龍はちゃんとしてない」とするためのルールが制定されたような気がしてならない。スキージャンプで日本が勝てなくなったのは「不当に」ルールが改正されたからだとする話が一時期話題になったけれども、それと同じじゃないかしら。
前にも書いたけど「左で懸賞金取るな」「立ち合いは手を付け」など、昔から相撲を見ている人間にとってはおかしくて仕方が無い。昔の名横綱の立ち合いやら力士の手刀をみてごらんよ。結局今回の件でも、(暴力は悪いが)最終的には相撲協会から見て「外国人」だったんだな、という気がしてならない。
後は親方の力不足だろ。サッチーもたまにはいいこと言う。
野村沙知代さん「高砂親方こそ引退すべき」

まぁでも「国技」と言われることもある(実際はそうではないけど)相撲だけに、「横綱の品格」なんていうアバウトな表現で表されるものを守るのが日本文化的に大事なのかもしれん。
誰だったか野球選手でメジャー挑戦の条件に球団から「チーム(優勝だったか?)への貢献」というのを提示されて、次の年に揉めてた選手がいたと思うんだけど、提示する方もする方なら受ける方も受ける方だと思って見てた記憶がある。かっちり決めきらないところが「和」の精神なんだな。

朝青龍お疲れ様。相撲界は残念な結果だけど、今後は外国人力士に「スポーツなのか儀式なのか」をハッキリさせた方がいいと思うよ。強いからって横綱に昇進させるのもね。
元々横綱は選ばれた品格ある大関がなるものなんだから、何勝したからなるってもんじゃないんだし。相撲人気の為に横綱を製造しておいて、後から品格云々言うんだったらその辺りも昔に戻した方がいいんじゃないかしら。そう考えると「作られた大関」雅山や出島も不憫であったなぁ。

今後は先場所器用な相撲を見せた把瑠都に期待かしら。強くなって大関になって横綱昇進を「私は品格がないから」と断って、横綱倒しまくって優勝しまくる大関とかやって欲しいな。

|

« 加古里子 | トップページ | 梅見 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

チームの貢献度は、MLBなんかだと (Win Share) という数値にして管理してるみたいですよ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414991694?fr=rcmd_chie_detail

http://www.hardballtimes.com/thtstats/main/?view=winshares
さすが、統計の国。
こいつで今季の登録選手の合計を出して、年間の勝ち数の予測を立てたりする(時もある)。

日本じゃ、(外国人とか)マイノリティーはひたすら弱いよなぁ。格差社会とかわめくわりには。

投稿: shun | 2010年2月 8日 (月) 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750318

この記事へのトラックバック一覧です: 後付け:

« 加古里子 | トップページ | 梅見 »