« 元木引退 | トップページ | 佐賀旅行1日目 -栄螺編- »

2010年3月 8日 (月)

佐賀旅行1日目 -烏賊編-

九州旅行は今週で片付けたい。

日曜朝、実家に帰っていたMさんとレンタカー屋で合流。これで3人。10年前にサンフランシスコのダウンタウンで降り損ねてオークランドまで行ってしまったきり運転していないオイラはとてもじゃないが人を乗せては走れないのでMさんの運転にお世話になる。

まずは雷山(らいざん)の千如寺へ。真言宗大覚寺派の別格本山で楓の名所だとか。他にも色々と花の見頃がありそうだがこの日は社務所の裏の梅ぐらいで、苔生した冬枯れの風情であった。だがそれがいい(c)花の慶次

なるほど見事な楓である。樹齢400年とかで秋はさぞかし綺麗であらう。

小高いところにある開山堂の横の斜面にはびっしりと五百羅漢が。基本的に皆楽しそうな顔をしている。

更に寺から5分ほど上がったところに雷神社(神宮:いかづち)という神社。狭い境内の中にデッカイ杉が3本、銀杏や桜も立派な巨木があって不思議な空間でした。後、何と言っても灯籠が不安定性良好
ちなみにこの神社の近くには神籠石があるそうな。


別に鳥居が小さい訳じゃない

山を下り、虹の松原なるどこまでも続く松原を抜けて呼子の港に到着。この頃にはすっかりいい天気。江戸では寒空の雨の中、津波騒ぎの中、東京マラソンをやっていたそうだが。

呼子と言えばイカ。呼子のベストは5月~8月頃のケンサキイカのピークらしいのだが、今の時期は地元でミズイカと呼ぶアオリイカ。

とはいえ透明でコリコリとしたイカは美味しゅうございました。食べてる間にも白くなっていくのよね。

刺身が終わったらゲソの部分を天ぷらに、とお願いしたら、どう考えても足の数が増えて帰ってきて不必要に満腹になって呼子を後にしたのでした。他にイカシュウマイだの茶碗蒸しだのあったので。この時点で14時頃(続く)。

|

« 元木引退 | トップページ | 佐賀旅行1日目 -栄螺編- »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750337

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀旅行1日目 -烏賊編-:

« 元木引退 | トップページ | 佐賀旅行1日目 -栄螺編- »