« 借地借家法 | トップページ | ゲイツ謹製原子炉 »

2010年3月23日 (火)

甲州街道 第1話

昨年、山梨の七賢の蔵開きに行った際、向こうで色々とお世話になったAさんが「甲州街道で日本橋から甲府まで歩く」と素っ頓狂な事を仰りまして。
普段から週末は都内をフラフラしてたりするし、丁度暇なので参加させて頂いた。

ということで、日本橋に土曜朝10時。

道路原標周りをウロウロしてから出発。7人パーティ予定が5人で。春っぽく暖かい。

甲府市まで131キロメートルとある。後に暫く20号を歩いた後で「甲府 131km」という表示があったので、これは昔の甲州街道沿いなら日本橋から131km だったのかしら。

11時前に大手門。ここで遅れて追っかけてきたMさん合流。

堀沿いを歩いて半蔵門まで。と、実はここは本来の甲州街道からずれた道を歩いてしまったかも知れないとか何とか。まぁ気にしない。

ざっくり割愛して四ッ谷のバンビなる洋食屋で昼食。Aさんが名前を気に入ったので決めて入る。妙に間隔の狭いカウンターの座席で和風ハンバーグ。ニンニクがガッツリ効いた感じのなんというか学生の頃の味。オッサンには味、ボリュームとも少々インパクトが強かった。つーかこういう昼飯久々に食ったよ。営業の人に同行するときにありがち。何か営業って揚げ物と缶コーヒーとタバコが好きよね。

その後、「ここでトイレよって行きましょう」と四谷三丁目の消防博物館に入る。無料だからトイレだけでも借りて、と思ったら受付のオバチャンに用紙を渡されて記入し、バッジをもらって入館するという大事に。
だったらトイレだけじゃなくざざっと見てから行きますか、と。

案外展示がしっかりしてて、消防ヘリが2機飾ってあったり中々充実。が、

Fire Museum ってのに何となく違和感。東京ガスがやってそうで、Fire dance とか見せ物にしてそうだ、とか直感的に思ったんだけど、多分 Native にはこれで正しいんだろう。ちなみに東京消防庁管轄。

更に歩く。オイラが真人間から道を踏み外すキッカケになった学生ベンチャー手伝ってた頃のオフィス横(新宿御苑)を通り、新宿で「右脇腹が攣って起きられなかった」というSさん合流。これで7人。

午前中から風が強かったのだけど、午後になると更に凶悪さを増す。「これ何て LoR?」みたいな感じで前傾姿勢を保ちつつ歩くゾーンもあったり。

初台オペラシティ。先の新宿御苑のオフィスってかマンション借りてたんだけど、が手狭になって移ってきたのがオペラシティの向かいのビルであった。97年頃だったかなぁ。まだオペラシティができたてホヤホヤであった。
ここで少しつかれたから休む。昔手塚治虫ショップがあったんですよー、と行くと成城石井になってた…で、成城石井で釘煮と手取川なんぞ見ながら、ここで飲んじまってもいいかな、など弱気になってはいかん。

少し座って昼飯を食べずに来たというSさんの食事終わりを待って再度出発。
笹塚を越えて明大前の陸橋まで来たところで「今日の所はこれくらいにしておいてやろう」と言うことで終了。13.5kmだったそうです。時刻は15時半。
さてなぁ、これからどうするか。飲み屋に行こうにも17時ぐらいまで開かないし。新宿に戻れば何かあるかな?と思ったけどAさんは甲府まで特急では帰らないというので、だったら明大前から高尾に出るのがいいかね?と。とりあえずカフェで時間を潰すうちに、ああそうだ吉祥寺にいいお店があるのでそこにしましょうかと。吉祥寺なら中央線だし。

吉祥寺で18時から。これが恐ろしい会になった。途中合流のSさんが3時間半の内、3時間20分ぐらい喋る爆笑独演会で、オイラは後頭部を後ろの壁に押しつけた状態で笑い続けておりました。お店もステキだったんだけどなぁ、上喜元の濁りが美味しかったんだけどなぁ、独演会のインパクト強すぎ。
なんかずっと話が出来る人って、どっか話に隙を作るんだねぇ。で、突っ込むと更にそこから話を広げていく。

21時半過ぎにお開きとなり帰宅。ガキの頃から週末と言えば六甲山系を10km以上連れ回されていたオイラはさしてダメージも無かったんだけど、でもやっぱアスファルトより山道が楽だなぁ。

今後は週末どうなるのかわかんないけど、日が合えば参加しようかと。高尾から相模湖あたりはやってみたい。

|

« 借地借家法 | トップページ | ゲイツ謹製原子炉 »

」カテゴリの記事

甲州街道」カテゴリの記事

コメント

こちらこそお誘い頂かなければ甲州街道歩くなど思いも寄らなかったので、ってか普通歩かねーよって。

出来るだけ参加するつもりです。少なくとも前半戦は。

投稿: しげお | 2010年3月24日 (水) 23:49

お疲れさまでした。
せっかく伏せ字にしていただいたのに名乗ってしまったAです。
「そういえばそんな事もあったな」と、つい最近の事ながらやや懐かしく思い出しました。旅行記ってこう書かないとダメですね。勉強になりました。

次回もぜひ。

投稿: 青木@蔵 | 2010年3月24日 (水) 21:00

皇居から明大前は、普通に自宅への帰り道なんで、甲州街道沿いも何度か歩く道だ。
どっちかっていうと、六本木通りか、青山通り、後は千代田線の上を歩くパターンの方が多いけど。

しかし、そっから先、甲府市と言わず高尾山ですら相当狂ってる… じゃなくて、大変そうだなぁcoldsweats02

投稿: shun | 2010年3月23日 (火) 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750347

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州街道 第1話:

« 借地借家法 | トップページ | ゲイツ謹製原子炉 »