« Paris-Roubaix 2010 | トップページ | 桜納め »

2010年4月13日 (火)

甲州街道 第2話

というわけで甲府を目指す旅第2弾。

前回は10時スタートで余りに早く終わってしまったと言うことで、11時半集合で昼食処を探しながら歩いて…なんて言ってたのだけど例によってgdgd。6人パーティ予定が11時半に集合したのは4人。「とりあえず飯食いながら待ちますか」ということで明大前のインド人のやってるカレー屋へ。「野菜カレーとビール」900円。ここへ遅れてSさん合流。

というわけで12時半に明大前の陸橋に復帰。

桜上水陸橋。"残り"121km。この辺だっけなぁ。明大前からMさんが走って合流。即座におにぎりを食べ始める。元気な人だ。

甲州道中一里塚跡。日本橋から16km。昔は大きな塚があって榎が植えてあったそうな。

ここで中央高速とは一旦サヨナラ。旧甲州街道へ。

散り始めの桜。天気は上々で半袖で十分な陽気。

20km踏破。なんとなく一区切り。この日は案外ポンポンと京王線の駅を通過できる。良いペース。

野川横断。多摩川上流で、桜と緑のコントラストが美しい。散りかけの桜は遠目がよろしい。

この後、国領駅のモスバーガーで休憩。何となくアイスココア。
暫く歩くと、当初の目標調布駅に着いてしまったが、まだ15時過ぎということでもう少し頑張ろうと。「府中行けるんじゃね?」ぐらいの勢い。

ダラダラと市街地を歩き、西調布辺りで思いがけず近藤勇座像。
調布の西光寺は、鳥羽伏見の戦いで敗れて江戸に逃げ帰った新撰組が幕府の指令により再度甲州へ出陣するに辺り休憩を取った場所だという。この後、勝沼で官軍に敗れて江戸に戻り、千葉で捕らわれるのである。
勝沼か。甲州鎮撫隊の足取りを追う旅でもあるのかも。

近藤勇の生家は今では調布飛行場だということで、結構な頻度でセスナ機が頭上を飛び交う。

右手に味スタが見えたと思ったら先の交差点に赤青の人々がイパーイ。交通整理も出てる。でも、FC東京サポのHさんはさっき自宅作業中みたいな twit してたしなぁ。と思ったら、この時刻(16時過ぎ)に出勤してる人達はスタジアムで飛んだり跳ねたりしたいサポーターなんだそうな。

そろそろ足が痛い、ビール飲みたいとSさんが嘆きだしたところで東府中。17時前ぐらい。
丁度打ち上げ会場?の調布の焼鳥屋が17時からということで、今日のとこはここまで。京王線で17個の駅を歩いたことになる。よく頑張った。

全体に道路端、それも前回と違ってきっちり歩道が別れてなかったので歩きにくかったなぁ。あと自転車大杉。特に歩道は自転車のものだと信じてるじっちゃんばっちゃんがウザすぎ。


東府中から調布へ戻ろうとしたら。東府中止まりの各停がやってくる。
土曜日。17時。中山開催の日。
翻訳すると、メイン(桜花賞)ではない土曜日に、中山開催なのに府中競馬場に来て、メイン終わりなら16時過ぎに帰っているだろうに最終レースまでやった漢の中の漢がやって来たんですな。というわけでそういうオッサン達にもまれながら調布まで戻って焼鳥屋へ。

ビール1、酒3合。愛知の「奥」というのが美味かった気がする。例によってAさんが高尾経由で甲府へ帰るために9時半お開き。ちなみに遅れてきたMさんは都内在住だと思っていたら、打ち上げに参加せず、荻窪だかからバイクで甲府へ帰ったとのこと。朝も中央道で都内まで来たらしい。すげー。

調布の駅に入った辺りで、渋谷で呑まないかという別のお誘いが。疲れたところに酒が入って断るどころか判断力が無く、「とりあえず新宿着いたら連絡しますー」とメール。ところが一緒に新宿まで戻ることになったSさんに「ワイン1杯だけ飲んでいきましょう」と。
何か電車の中は青赤のHANYU とか書いた奴とか胸に TOSTEM とか書いてある奴らに囲まれ結構な混み具合。

新宿についたら西武新宿まで拉致られ。あんだけ歩けない足痛いゆうてたのに。
ワインの立ち飲みバーのようなところで辛うじて腰掛ける場所を探して(この足で立ち飲みは無理)、赤を1杯ずつ頼んで飲み始めるも、Sさんが「この赤は時間置いた方が化ける気がする」といって店員を捕まえ「美味しい白を2つ」と。
「1杯だけって言ったじゃ…まぁいいや」。ディスプレイで流れるマンU - バイエルンをボーッと眺める。見るの3回目じゃね?NANI のヒールは絶妙だったなぁ。何で負けたかなぁ。

どういう話の流れか女神転生トークになり、クーフーリン萌えの話をしたり。メシア教会のBGM かなんかを口ずさむと、「ああ、そういやこの人プロの声楽家だったんだ」と思い出させるかっちりした音程だったりするんですが、そんな声を飲み屋で披露すんじゃない、という話もあったり。
結局店を出たのは23時半過ぎ。渋谷の方々からは「もう終電近いからお開き。またね」というメールを頂いて大層申し訳無い気がしつつフラフラと帰途に。
最後の最後、最寄り駅から自宅までの歩きが非常につらかったのでした。

|

« Paris-Roubaix 2010 | トップページ | 桜納め »

」カテゴリの記事

甲州街道」カテゴリの記事

コメント

なもんで、あの後あんだけ飲めるんだったら、後5kmぐらいは歩けるんじゃないかとw

投稿: しげお | 2010年4月13日 (火) 15:36

お疲れさまでした。
何度も言ってますが「あの後まだ飲んだのかよ」と。素晴らしい体力。そして忍耐力(色々な意味で)。
次回も是非。

投稿: 青木@蔵 | 2010年4月13日 (火) 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750362

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州街道 第2話:

« Paris-Roubaix 2010 | トップページ | 桜納め »