« YUZUSCO | トップページ | 山高神代桜 »

2010年4月 5日 (月)

Ronde van Vlaanderen 2010

昨日はしこたま飲んで帰ったので、週末の花見の写真は追々。

北のクラッシックが始まり、ベルギーは自転車の季節。石畳と狭い道、ベルギーの気まぐれな天気。今年はレース前に大雨が降った模様。
酔っぱらって見ていたらしいのだけど、起きたら途中で止めていた。で、起きて倍速で見る。

常に集団前方に位置取り、色んな選手の動きにも即座に反応する調子の良さそうなボーネン。途中メカトラブルに見舞われたものの先頭に戻ってきたカンチェラーラ。この2人が途中から抜け出してスイスチャンピオンとご当地ベルギーチャンピオンの一騎打ちの様相に。てか、現役TT世界チャンピオンとかつてのRR世界チャンピオン、2人のアルカンシエルの戦いというゴージャスな展開。他の選手が霞む…

最後のMuur と呼ばれる斜度20%の石畳でカンチェラーラがシッティングのまま加速。ボーネンは口を開けてダンシングで追うもどんどん引き離され、登り切った頃にはカンチェラーラは20秒先。ロードレースは空気抵抗との戦いなのでカンチェラーラの後ろについて行ければボーネンはスプリントで楽勝のはずが、こうなってしまっては単独走行の戦い。タイムトライアルチャンピオンに勝つすべ無し。

ゴール前はチームカーと併走し、スイス国旗を振りながらの余裕でしたとさ。バイクにガソリンが入ってるとか、原子力エンジン搭載とか、怪物とか怪獣とか言われるカンチェラーラ。もうクラッシックでは単枠指定ですよ。これでE3に続いて2週連続でボーネンはカンチェラーラのベタ踏みに着いていけない展開。もう展開とか関係なく強い馬は強いって感じですよ。サイレンススズカ。

来週の「北の地獄」、Paris-Roubaix はどうなるんでしょーねー。

|

« YUZUSCO | トップページ | 山高神代桜 »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750356

この記事へのトラックバック一覧です: Ronde van Vlaanderen 2010:

« YUZUSCO | トップページ | 山高神代桜 »