« 武士の家計簿 | トップページ | Giro d'Italia 20a tappa »

2010年5月29日 (土)

Giro d'Italia 19a tappa

鬼の山岳を前にして昨日のスプリントステージの上位5人の内3人がリタイアして帰っちゃったと。

残り90kmを割って7分以上の差で9人が逃げる。集団はリクイガス。もうひたすらケースデパーニュを攻撃するしかない。

残り72km、1つめの1級の登りにかかったところでガルゼッリが集団から飛び出す。リクイガスの相手はアロヨとエヴァンスということで特に動きはなく。先頭集団もパラパラと落伍者が出て4人ほどに。

2つ目の1級モルティローロの登りで真打ちシュミット登場。鬼の引きでマリアローザのアロヨが付いていけない。続いてサストレ脱落、ヴィノもきつそう。追走先頭はバッソ、ニーバリ、スカルポーニ、エヴァンス。
そして残り40kmでまさかのエヴァンス脱落。ただ、山頂ゴールではないので山頂までにどれだけタイム差を付けられるか。

ノリノリのバッソは残り38kmでガルゼッリを捉えて先頭に。エヴァンスに1分以上の差をつけた。そしてガルゼッリも置き去りに。山頂付近は結構な雨が降っているようだが、この後の下りがどうなるか。
うーん、インを攻めきれないバッソがまどろっこしい。エヴァンスは体調が悪いのかアロヨに躱される。てか、アロヨ下り速い。結局降りきったところで差は1分以内に。

最後の緩い登り、追走はエヴァンス、アロヨ、ヴィノ辺りが合流して5人での追い。5人はイマイチ連携が取れていないようだが、先頭3人は外連味無く踏み続ける。残り5kmで1分50秒差。残り1kmで2分53秒。バッソ逆転か。最後はスカルポーニがアタックしてステージ優勝。バッソとしてはボーナスタイムも取れれば理想的だったんだけどそうはいかず。2位バッソ、3位ニーバリ。
追走集団は3分以上の差。これでマリアローザが移動。ポディウムのバッソたんは朗らかに色男でした。イタリアメディアも大盛り上がりでせう。ニーバリも3位だし。
山岳賞も手にしたバッソ、一方でポイント賞ながら冴えない顔のエヴァンスが対照的。

結果、バッソの一番のライバルと目されたエヴァンスは4分差の5位に。明日の山岳と最終日のTTでどれだけ縮められるのか?ただ、アロヨの調子も良さそうなので何とも言えず。

|

« 武士の家計簿 | トップページ | Giro d'Italia 20a tappa »

cycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750417

この記事へのトラックバック一覧です: Giro d'Italia 19a tappa:

« 武士の家計簿 | トップページ | Giro d'Italia 20a tappa »