« 館林 | トップページ | Giro d'Italia 1a/2a tappa »

2010年5月 7日 (金)

Jリーグデビュー

オイラが上京したのが92年、その翌年にJリーグが発足した。当時世話になっていた家の子がマリノスの傘を買って貰っていたのを思い出す。スペイン坂の上のJリーグショップが激混みだったり。

サッカーは当時僅かなテレビ番組で海外の試合を見たりしていたので、ZICOが来る、とかいうのには少し興奮したものだけど、何だか結局 J はあまりレベルが高くないというか、海外とは比ぶべくもないのにガッカリして見なくなった。当然、スタジアムに足を運ぶなんて事は無く。1回だけ生で見たサッカーは何故かシアトルにて。

先日飲んでるときに熱烈東京サポの方に誘われて、この連休に行くことに。J発足18年目にして初めての観戦です。
初夏の陽気と言われる暑い中、キックオフ1時間前に飛田給駅。駅の階段も人が一杯で駅からの道もぎっしり。交通整理が出てます。秩父宮30分前でもこんなに混まないのに、やっぱプロスポーツは違うんですかなぁ。

持ち物検査受けて入場。「この先ビジターグッズを身につけた方は入れません」なんて表示があったりして、何だか殺伐とした観戦するもんなんだねぇ、サッカーは。ラグビーは両チームの応援する人が入り交じってるのが普通なんだけど。同じイギリス生まれの紳士のスポーツでも大層な違いである。

席に座ってビール。日焼けするかと思ったけど屋根があって影になり、涼しい風が吹き抜ける。綺麗なスタジアムですよ、味スタ。

試合はと言うと、両チーム決定機だけで言うと4-2ぐらいだったんだけど、スコアレスドロー。まぁ、あたしゃ熱烈サポータってわけでもないので、俯瞰で全体を見られたのは案外楽しいな、という感想だったんですが。これはラグビーも一緒ね。やっぱボールの無いところの選手の動きが見えるのは面白い。
レベルとしては普段見慣れてるプレミアに比べて皆さんトラップが上手じゃないので、ボールが一度高く上がると中々落ち着かなかったりするのがユルいんですが。
後はなんだ、飛び跳ねるサポータ達が「何か家で嫌なことでもあったのか?」というぐらい太鼓鳴らすわ、ずっと歌ってるわで、案外騒がしく、隣の人と話をするのも一苦労でしたよ。

帰りはバスで吉祥寺へ。バスで後ろに座った子どもがお父さんに「今日はFC東京としては出来が悪かったね」なんてことを一人前に言っているのが面白く。
そうだよ、そうやって日本代表だとか言うだけで騒いで「気持ちで負けないことです」なんていい加減な精神論に騙されてる大人達じゃなく、ちゃんと技術で語れる目の肥えたサポータになってクレイ。そうすれば日本のサッカーももう少し良くなるんじゃないかな。

|

« 館林 | トップページ | Giro d'Italia 1a/2a tappa »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750376

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグデビュー:

« 館林 | トップページ | Giro d'Italia 1a/2a tappa »