« 二の腕 | トップページ | Jリーグデビュー »

2010年5月 6日 (木)

館林

連休はどこも混むのは嫌だ。でも日帰りならいいかなと。
今年は桜好いていたので、ここまできたら松島辺りまで桜を追いかけてみようかと思ったら新幹線「はやて」は既にほぼ満席。なら京都?とか思っても結構朝早くまで遡らないと指定が取れない。ってことは無理していっても人一杯よね。むぅ。

気を切り替えて写真の練習に行こう。そういえば毎年ニュースで見かける芝桜。あれどこなのかしら?と思ったら、その名も http://www.sibazakura.com/ というドメインが。
芝桜のガーデン 野鳥の森ガーデン

2日の朝起きて押上で乗り換え久喜行き急行に乗る。1時間ほどだったか。どこここ?って感じの久喜に着き、館林行きに乗り換え。ここで発車ベルが鳴らずに危うく乗り遅れるところであった?ヨーロッパ?
更に30分ぐらいか、板東太郎を渡って群馬に入り、館林の手前の茂林寺前という駅で降りる。結構な人が降りる。

10分ほど歩くと茂林寺に到着。結構な人出。
茂林寺は分福茶釜のモデルだとか何とかで狸がイパーイ。

でも境内は雑多な感じで正直どうでもよかったです。

出ようと思ったら分福酒造の直売所。ちょっと気になったけど荷物持ちたくないので華麗にスルー。

で、沼地の遊歩道を歩いて10分ほどかな。件の庭園に到着。入ってすぐが芝桜。

なるほど見事なものです。

藤も綺麗でした。

隣には「青のガーデン」というのがあるそうで、行ってみます。

♪くーるまっにっ ぽっぴ~って関西ローカルなのかしら?(cf. 車にポピー)

なるほど青い。


オマケのルピナス。

さて、芝桜も堪能したので移動。何やらつつじヶ丘公園というのがあるそうで、バス停に長蛇の列。そんなの並びたくない。けど行ってみようと歩く。何とも言えず鄙びた、そして長閑な町の中を移動すると体育館やら野球グランドが現れ、暫くすると川、そして池に行き着く。これが城池というところで、館林城が近いらしい。

さらに少し行ったところがつつじヶ丘公園。燃えるような赤とか毒々しい赤とか何せツツジだらけでした。

更に奥に行こうとしたところがもう凄い人だったので真ん中ちょっと行ったぐらいで引き返すことに。それにしても暑い。
関係ないけど園内は「ゴミ持ち帰り運動」とやらでゴミ箱が無く。結果として自販機の周りに缶やらペットボトルやらが散乱して却って見苦しいのでした。意図は分からんでもないけど逆効果では無いかなぁ。有料の公園なんだから近所の住民が生活ゴミ捨てに来ることも無いだろうしさ、と思ったり。

さて、帰りは特急りょうもうを抑えてあるので散歩がてら館林駅へ向かう。途中の川で不思議なものを見た。鶴生田川という川らしい。

市内に5000匹を超える鯉のぼりがあるらしくギネスブックに登録されているそうな。へぇ。確かに壮観でした。

フラフラと20分ほど掛けて館林駅へ。市内はそこかしこに花が植わっていて綺麗な街並みでした。そういう町おこしというか施策の市長さんなんでしょう。

駅について特急が来るまでしばらく iPhone をいじる。
館林城は大した城址では無かったのだけど、元はと言えば榊原康政が封ぜられたところと。でもって、城池の東側の善導寺には榊原康政の墓があったらしい。シマツタよ。そうと知っていればそちらを優先したのに。

まぁ、行き当たりばったりにしては良い旅でしたよ。うん。

|

« 二の腕 | トップページ | Jリーグデビュー »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750375

この記事へのトラックバック一覧です: 館林:

« 二の腕 | トップページ | Jリーグデビュー »