« Giro d'Italia 3a tappa | トップページ | 2010年度吟醸新酒祭 »

2010年5月11日 (火)

ハッピーターン

随分前の話になってしまった。期間限定とかだともう売ってないかも。

そもそもは第2回の甲州街道歩きの途中。確かサンクスだったと思うのだけど、トイレを借りることにして、そのまま出るのも何だと言うことで水でも買おうかと思って目に付いたのがハッピーターン。

別に普通のハッピーターンなら何とも思いませんがね。あの「魔法の粉」が200%ですよ。仕事で来てホームシックになっていたアメリカ人がこれを知った途端に帰りたくなくなったとも言われるハッピーターンの魔法の粉。
で、甲州街道歩きの日はネタ的に買ったものの食べることもなくリュックにしまっていたのです。

どうせならば食べ比べてみなければ。スーパーで普通のハッピーターン購入。10%増量は全体量であって「粉」ではない。ちなみにソーセージにしか見えないマスコットは「ハッピー王国のターン王子」らしい。「ターン星人」の方がしっくり来るぞ。

で、200%の方を開けてビックリ。

いやビックリしたのはおいらだけか。てっきり個包装されてると思い込んでたら、"生"で入ってました。これは開けたら食わねばならんのだな。面倒な。
で、口にしたところ、普通のよりちょっとシャリっとします。そして少々しょっぱい。でもこれはこれでありかなぁ。喉渇きそうだけど、それは本家も同じよね。本家って言うのは変か。本家なんだもんな(ややこしい

で、取り出したるは、近所のセブンイレブンで見かけたもの。その名も「超DX級 ハッピーパウダー250%」

200と250で大した差は無かろうと思ったのだけど、開けた瞬間に違う。

写真じゃ分かりにくいかもしれないけど、明らかに白く粉吹いてます。
口に入れると妙なふんわり感。最初塩辛いような気がして、その後に来るこってりした甘み。これはクドいわ。

この後、もう一度ノーマルを食うと、案外これまた塩辛く感じるのだけど、非常に軽いお煎餅のように感じる。やっぱこれがベストかなぁ、と思いつつ200%。やっぱ、これはこれでアリだな。で、250%。無いわ。

一応 nutrition facts を。案外カロリーはノーマルが高いのな。でも粉の重みが入ってるから相対的なものかもしれず。塩分は順調に増えている模様。


50g換算で262kcal、食塩相当量 0.644g

残ったハッピーターンは実験後スタッフが美味しく頂きました。つーか食べきれないから何日かに分けて消費しましたよ。

|

« Giro d'Italia 3a tappa | トップページ | 2010年度吟醸新酒祭 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750380

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーターン:

« Giro d'Italia 3a tappa | トップページ | 2010年度吟醸新酒祭 »