« ブブゼラ | トップページ | iOS4 on iPhone3GS »

2010年6月21日 (月)

佐賀の日本酒を楽しむ会 in 東京

そろそろ「酒」というカテゴリを作った方がいい気がしているが、それをやったらお終いな気もする。

先週の木曜の話なのだけど、掲題の会に行って参りました。恐らく前日の日本酒フェアで佐賀から上京してそのままイベントを、ということのよう。白金台の八芳園。蒸し暑い夜に行くとテーブル指定の立食パーティであった。時刻になると協会長挨拶やら何だか佐賀ゆかりのライター(?)だかの挨拶が結構長めにあって乾杯。
この乾杯に凝った趣向があって、「乾杯に用いているお酒は今日利き酒できるお酒のどれかです。1時間程後に投票して見事に的中させた人には賞品を進呈します」というもの。おかげで乾杯の掛け声は景気よく上がるが、皆一口すすって難しそうな顔をする、という変な空気。

さて、この会は佐賀の酒蔵が19出て来て利き酒を出来ると言うもの。それぞれの蔵が4種類~6種類ぐらいのお酒を出してきているので、大体100種類ぐらいの酒がある。その中から1つを探せと。
まず香りをかいで、吟醸だな、と。ただそれほど強くも無いので純米吟醸に絞る。味は水っぽくもなく、酸味も少なくて美味しい。元々佐賀の酒は芳醇なものが多いのだけど。

で、立食パーティということで、皆様食事に走る中で注目を集めていたのは佐賀牛のローストビーフ。


どどーん

これに長蛇の列が出来るのを横目に、一人利き酒モードに入って乾杯の酒を当ててやろうと食べずに試飲しまくっていたのでした。恐らく前日の鑑評会での自分のダメさ加減をどうにかしようという意識があったのだと思う。
結局ぐるっと回って全ての蔵の純米吟醸を飲んで、「七田」か「万齢」ではないかと。この2蔵にもう一度行って夏吟も含めて飲んで「うん、これは万齢に違いない」と結構な自信を持って決める。隣のMさんの大学時代の友人という方、この人は佐賀出身で遠縁の親戚が東鶴酒造だという人なのだけど、彼も「万齢ですね」と言う。

ということで、投票して後は食べに入る。結構どの料理も美味しくて、特にこういう立食にしては刺身が美味であった。最初から食いに走ってもよかったなー、と少し後悔してみたり。ローストビーフもとっくに無くなってたし。
また、春の佐賀旅行で見学させて頂いた鍋島の飯盛杜氏にご挨拶。「やっぱりそうですよね。どこかでお見かけしたと思って見てたんですけど」と社交辞令かも知れないけど仰って(まぁ、そんなことわざわざ言うような人じゃない気がするけど)少しお話ししたが、人気の蔵ということで余りゆっくりお話しする訳にもいかず。また、天吹でお酒を細かく説明してくださった好々爺といった感じの木下社長は佐賀酒造組合の会長だったというのに驚き。更には日本酒造組合中央会北九州支部の支部長だそうなんだけど。
ということで木下社長にもご挨拶。

さて終了が近づいて乾杯の利き酒クイズの正解発表。結構自信をもっていたのだけど、答えは何と「東鶴」の特別純米だと。もう吟醸じゃない時点でかなりショックだったのだけど、上述の「万齢」だと意気投合した彼ともう一度「東鶴」に行って特別純米を注いで貰う。これはこれで美味いけど(吟醸に絞って利き酒していたので飲んでなかった)、でも乾杯の酒とは味が違うぞ。「納得いきませんよねぇ」といいながら戻ってきた。

全体的にお酒も食事も美味しく、イベントも何というかほのぼのして楽しいもので良かったですよ。普通の利き酒イベントよりは少しお値段が張ったけど、それだけの価値はあると思いました。
お開きの後、近所のMさん宅で飲もうかとお誘いを受けたのだけど、少々仕事があったのと、Tour de Suisse と World Cup の消化のために帰宅。


会の途中、お酒を注いで貰っていたら後ろでガシャン、という音。誰かグラスでも倒したのかと思って振り返ったら、スーツの男性が突っ伏してぶっ倒れていた。倒れたときにテーブルにぶつかった模様。そのまま大腿部から下が痙攣していて一目見て「ヤヴァい」状態。救急車とかAEDとか頭をよぎるが、iPhone は電波入らず、AED使い方分からないしどこにあるのか分からない。ドラマやコントでしか見ない「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」イベントが発生してどうやら一人医者なのか看護師なのかが付き添ったようであった。
ああいうときに名乗り出てしまって患者が死亡してしまうと、後でDQNな遺族に「何で助けなかった」とか逆ギレされて大変なトラブルになる事があるので、近頃はあまり名乗りでない、なんて話も聞いていたのだけど、勇気ある行動というところか。
15分ほどたった時か、男性がむっくりと起き上がり意識が戻った模様。ほぼ同じタイミングで救急車がやってきて、ストレッチャーで運ばれていきました。とりあえずは一度は意識が戻って良かったというところか。一瞬酔いが醒めきったのでした。

|

« ブブゼラ | トップページ | iOS4 on iPhone3GS »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37750435

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀の日本酒を楽しむ会 in 東京:

« ブブゼラ | トップページ | iOS4 on iPhone3GS »